いつも木端微塵

ギタリスト:テリー木端の日記。音楽的影響:King Crimson,XTC,Japan,Joy Division,The Blue Nile,
The Smiths,Morrissey ギターは、80年代フェルナンデスのThe Revival、Tokai SEBレスポール木端モデル。
連絡先:postmasterアットmorrissey.jp


テーマ:


http://ro69.jp/news/detail/89444

うれしいかぎり、
クリムゾンが帰還する。


本当にうれしい。

存在するということだけでうれしい。


常に変化をして、常に捨て去り
他とは異なるありかたを示し
別の選択肢があるということを
世の中に示し続ける。


これが最後かもしれないし
どんな作品がでるのかもわからない。
大きく転ぶかもしれない。


本当にほとんどの存在が退屈なので
クリムゾンが帰ってくるという事実だけで
ただ、幸福感を感じる。


ヴォーカルはモリッシーのほうがずっといいけど。
バックバンドはダメだから
メンバーで考えたらクリムゾンメンバーのほうが
ずっと、すばらしい。


AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

漢字でどんなビジョンを
表現しようとも実態が架空だったら意味がない。


技術も架空。
請求も架空。
ビジョンも架空。
例えば2015年の計画目標も
実態のない架空。

なんて組織があるとしたら、

まず、こういったものは信用されない。


でも、それ以前に、日本そのものが、
相対的かつ全体的には、
架空のようなことばかり言っているような
気がしてならない。


何をどう考えても出生率なんて伸びていかない。
汚染水まみれの国で、
子供は学校に行ってもいじめられる。


大人社会もある種のいじめ社会なので
社会の縮図みたいなもので
それが子供社会に伝染している。


経済発展なんてするわけなくて
国を捨てる若者が増えるのが健全だと思う。
ブラック企業に利用されるぐらいなら
海外にでたほうがいい。


生きるのには、夢もお金も必要だというのは
ある種の真実を言っている。


昔、新宿の西口の地下にたくさんの不労者が
いた頃、課題は山積みだったが
もっと町にエネルギーを感じた。


インターネットが始まるぞって時も
すごくエネルギーを感じたし、
チャットなんか初めて登場したときは
何てすごいんだろうと驚いた。


何かこれから、始まるんだというような
空気が感じられた。


そういうのが大事で架空は架空。
嘘は嘘。


勢いというものはその存在から
滲み出るようなものであって
そのことを、思い出した。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は人から度胸があると言われるが、
別にあるとは思わない。
どうでもいいことをどうでもいいと
しているだけで、
他の人が気にしているだけ。


気にしていたとしても実際
何の役にも立ってないと思うんだけど。

みんなで沈んだらそれでおしまいたいなもの。


あと、
人生で何か成し遂げたことは?
という質問をされて
何もないと答えた。


ものすごく驚かれたけど、
僕が求めているものを1言にするならば、
英語だと「emotion」
になる。


ある一つの出来事が起こると
もうすでにその次を求め始めているから。


英語力を伸ばす上で
いつも言われるのが続けることが大事だということ。
技術もそうで続けることが大事。


ある一つことができたらと
そこで止めてしまうというのは
やっぱりちょっと違っていて、
しかしながら、人は怠惰なので
それは自然とも言える。


脳みそが疲労してきた。


半沢直樹の原作を今読んでいるが、
こういう人がいると違うんだろうなと思う。


まあ、会社はひどい状態で
善意何てないし、ただ押し付けるだけで
仕組みはもう救いようがない。


競争相手がいる中で顧客に提供していくということを
視野にいれてない。


これは一般社員が悪いのではなくて
仕組みを作っている人やそれで運用すると決めた人などが悪い。

1000倍返しぐらいしないとだめという感じだ。
商売していくというこを致命的に意識していない。

とれる商売もとれなくなるだろう。


とにかく勢いのないものは、
そういう雰囲気が漂っていて
勢いがあるものは、そういう空気や雰囲気という
ものが感じられる。


そうじゃないものは、そうじゃないと
シンプルに感じられるものだ。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

モリシーの自伝は、
いったい、いつ出るんだろうか。


もう今回は洋書を輸入することになるんだろう。
こういったことをする人間の
絶対数は少ないと思うけど。


kindleでダウンロードは、
無理な気がするので、
昔流のやりかたで
地味にイギリスから輸入か。


そして、地味に辞書でも引きながら
根気よく読まなくてはいけない。


もともと英語を勉強しはじめたのは
こういったことが理由だった。


ライブDVDよりもこっちのほうが

個人的には興味深い。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

http://ro69.jp/news/detail/89150

このニュースを見て思ったので
書いておこう。


僕はピンクフロイドという名前を
使ってほしくなかった。


法律的にはそれは可能だっただろうが、
その判断をした
デイヴィッド・ギルモアとニック・メイソンの
その判断が嫌いだ。


だいたい2人の作品は、
どうでもいい作品だ。


いまだにロジャーウォーターズが
全米ツアーをやって、すごい収入が
得られるのはピンクフロイド時代
の影響が大きく、ピンクフロイドの代表作とは
ロジャーウォーターズがいる作品に他ならない。


ただ、
この時代にあんなに興行収入があるというのが
信じられないし、想像を絶しているけど。


今の人は、ピンクフロイドなんて聞くんですか?(汗)
という感じだ。


僕の学生時代ですら、周囲で聞いている人はいなくて
例によって僕だけだったんですけど。。。。
18歳ぐらいのときに。


だから、
ピンクフロイドは、かなり聞きこんでいる。
僕はクリムゾン派だが、フリップには悪いが
セールスで言うととても比較にならない。


プログレでクリムゾンとピンクフロイドという
2つの名前がまず出てくるが、
まったく比較にならないぐらいピンクフロイドのほうが
ビッグバンドである。


フリップは、恐ろしくてそのことを
コンプレックスにも思ってないというか
相手にしてないというか。


クリムゾンは3度世界最高だったという
発言をしている。


アルバムが売れなくてもこの発言をするところが
もう次元が違う。


例えばアンディパートリッジは、
自分たちのチャートアクションが振るわないことを
コンプレックスに思っていた。
歌にまで歌われている。

Mayor of simpletonなんてそのまんま
彼自身のことだ。


このコンプレックスが結果的に偉大な作品を作ったとも
言えるので、これはこれでいいのかなとも思う。


あの異常な凝り方は、

コンプレックスのあらわれじゃないかと
今も思っている。


モリシーでさえプロモーションがうんぬんと
批判を言い、気にしてないように見せかけて
実はかなり気にしているし、
半ばあきらめているようなところもある。


そういう意味ではフリップは恐ろしい。
もう、はやくから超越してしまっているところがある。

どうせ自分たちは入れないというあきらめともいえる。


僕にとって、ピンクフロイドは、
シドバレットもロジャーウォーターズも
いてほしかったし、その両名がいない状態で
ピンクフロイドという名前をつかうと決心をした
あの2人が好きになれない。


恥知らずって感じに思える。


ピンクフロイドはプログレの

代表と言われるが、

そもそもサイケなんだよ。


知っている人はみんなそれを理解しているし、
そもそもプログレか?という議論もある。
ピンクフロイドはピンクフロイドという
見解も実際ある。


僕にとっては複雑な存在で、
何が何でもピンクフロイドを見たいという
想いは自分の中に持てなかった。


でも好きか?と言われるとやっぱり好きという
答えしかでないが。

「あなたがここにいてほしい」も大好きだ。


でも、たとえば、フリップがいない状態で他の
人間がキングクリムゾンと言い出したら、
ファンから殺害されるかもしれないと
それはとても重い名前だということを
クリムゾンのメンバーはわかっている。


だいたい、モリシーがいなくて
スミスと言い出したらあきれるだろう。


アンディ―パートリッジだけでXTCというと
たぶん大ブーイングになる。


ポールマッカートニーが一人ビートルズで
ツアーするようなものだ。


自らその名前を使わないと決断をしろという。


だから、結論は、

プログレとは、やっぱりクリムゾンなんだ。
売れりゃいいってもんじゃないんだ。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「今何やってるの?」とか
「仕事は?」とか
と言われると、竜騎士ですとは言えずに
「コンピュータ関係の」とか
BPSのような微妙な答え方をすることになる。

http://www.youtube.com/watch?v=VuB9IovZcZs

BPSを知らない人はこちら。


何か最近どんどん物事がおかしくなっていて
やっぱり沈んでいくような。

やっぱだめかも。。。。


信用とか信頼を失っていくような気がする。

お祭りしながら沈んでいくというのは滑稽だ。

戦い続けようかと思う。


「串刺しにしてやるぜ」
今日もまた武闘派と言われる。


賞賛云々の前に信頼されない。信用されない。


ひさしぶりに
フィッシュ&チップスを食べたが
日本のはすべて偽物と言えるんじゃないだろうか?
日本人向けと言っても
まったく納得できず、
最終的には自分でつくるしかないんだろう。


すべてが微妙と言うか最悪と言うか。


コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

槍という武器は自分の性質にあっている。
ひたすら受け流し
防御しない。


攻撃特化の急所連撃みたいな。

もし、「串刺しにしてやるぜ!!」
と言っているキャラがいたら
それはたぶん自分だが。


ようやく竜騎士41に。
やる時間がなくてかなりゆっくりモード。


http://www.youtube.com/watch?v=tyuTliX5gWk

このあいだのタイたん。これでジャンプするってありか。


http://www.youtube.com/watch?v=lL-HXaHwo1o

イフリートはけっこうすぐ倒せた。


ガルーダ戦はたぶん、
ちょっと時間がかかりそうだ。


FF14は楽しい。蛮神戦が楽しい。
オンラインゲームへの足掛かりとしても
いいと思う。良い出来だ。


気に入らない点がないわけじゃない。
でも、総合的に見て相対的にみて
かなり良い。


年内はAtomosでこれ以外のものはやらないと思う
勉強もしないといけないのでちまちま
少しずつ進める。

コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。