いつも木端微塵

ギタリスト:テリー木端の日記。音楽的影響:King Crimson,XTC,Japan,Joy Division,The Blue Nile,
The Smiths,Morrissey ギターは、80年代フェルナンデスのThe Revival、Tokai SEBレスポール木端モデル。
連絡先:postmasterアットmorrissey.jp


テーマ:

ロックとかポップばかりだから

こんな人いるとは知らなかった。


http://www.youtube.com/watch?v=psScSXzqgy0&feature=fvwrel


上手すぎる。


道を歩いていてこんなプレイされたら

動けなくなって、唖然として、ずっと

見てると思う。


とりあえずモリッシーのドラマーあたりから

いれかえたほうがいいだろう。


こういう人は何やらせてもいいプレイをする。


すばらしいドラマー。

知っている人からすればいまさらなんだろうけど。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

来年1月に出るファーストは買う。

この人はちょっと違う。


個人的には、Lady GAGAより
インパクトがある。


時代を無視してる。


各方面で注目されて話題になったのもあり
周囲の状況が本気になってきてる。


Video Games
のクリップを見たとき、
金がない中とりあえず
思うように作ってみましたという感じで、
こんなのを今出すのかと思った。


おそらくこの人頭がいいと思えていて、
それでいて、なんというか今にも
消えてしまいそうなところがある。


来年は来日してもらいたい。


Laterに出演しているが、アルバムを一枚も出してないのに

よく出演できる。


http://www.youtube.com/watch?v=83kfch8JacI


young the giantも出ているが、


GIRLSやThe Drumsは出ていない。


不思議な選出基準。とても不思議。

来年が楽しみ。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

you find
Everything dies

(このタイトルを予想してた人はかなり危険)


小悪魔天国の繰り返しによって
SR5になる。


転職できるらしいが、
どうするのがいいのかよくわからない。


時間もないからそんなにレベル上げできない。


小悪魔天国をちまちま続ければ
おそらくSR6はいける。


ファイターレベル15なので
大型ダンジョン実装の折には
何とかこれで突撃できるといいのだけど。


レッサーは、年内に遭遇できそう。


開発は寿命を削ってやってるらしいので
期待大。


サービス開始して間もないのもあり
全体的に勢いがある。


勢いが大事。


最近読んでるブログ
http://applenapple3.blog77.fc2.com/blog-date-20111015.html


おもしろい。
ナイトに犯罪者用アカウントつくろうかな。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

どんなに何かをすらばしいと思い、
それを伝えたいとしても経験しないかぎり
わからない。


恋愛でも、愛でも
なんでもいい。ロックでも、宗教でも
旅行でも、登山でもなんでもいい。


私の場合、
何かを素晴らしいと思って、
それを誰かに伝えたいというよりも
自分が素晴らしいともっと感じたい。


経験すると人は慣れるため
もう一度同じ経験をすると
感動はやはり薄れる。


生きれば生きるほど、
過去を思い浮かべるが、
過去はまさしく辛く過酷であって
もどりたいものではない。


過去の1部分に想いを馳せる。


紹介よりも何よりも自分が
すばらしいと思っていることが
大事だと思う。


そこに多くの人がいて
共有できるのはいいと思うが、
それは、極論、運でしかない。


で、特定の何かがいかにすばらしいかという
ような説教をされると私は腹立たしくなる。


だって言っていることがまったくわからないから。
そういう人間はみんな死んだほうがいい。


まず、お前自身が感動し続けられるのか
今もその経験をしているのか?
今日もその経験をしているのか?
明日もその経験ができるのか?

この問いに答えてからにしてくれ。


意外と過去の成功体験に浸っているだけ
だったりする。


それなら単なる思い出話としてほしい。
それなら聞きたいと思ったりするかも。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

また参加する機会にめぐまれたので
感謝しなくては。


さて、今回はちょっと違った切り口、作風で書きたい。
どうせ基本ロックファンの読者がメインだと
思われるので。


まず結論から書くと、7回連続賞品はもらえず
敗北してしまった。隊長はにこやかにワインを
もらっていたが。


敗因は、いつもと同じだ。
「何が何でも勝ってやる」という気持ちがないからである。
マインドの点で負けていると言っていい。


10年近く前、R&S受験1か月ぐらい前の気持ちで
挑むことができたら勝てたと思う。


精神的に追い込まれて、自分に言いきかせる。
「俺ならできる。俺ならできる。ウォー!!」
単なる精神病ですね。はい。


問題は守秘義務によって言えないのだが
生命保険を検討したことがある人なら知ってるよという
すごい簡単なんものから、いきなりものすごく難易度があがる
ものまでという感じだった。


シスコシステムズ Y氏のコメント
「はじめから、難しい問題を出すと、怒ってみんな帰る」


心の中でつぶやいたこと
(いや、CCIEは初めだろうが、何だろうが、ものすげー難しいから怒らないよ。みんな。)


シスコシステムズ T氏が
「問題に対するクレームは私で、食事とかに関するクレームはあちらで」
みたいなコメントをしていた。


心の中でつぶやいたこと
(どんだけめんどくさい人間のあつまりなんだ。)


たしか、この日に深夜作業がありますみたいな書き込みをしていた
馬鹿がいて、何だかものすごく大人な対応をしていた記憶がある。


私だったら「お疲れ!」で終わりなのだが。

こういう発言をするから敵をいっぱいつくる。。。


会場には若い女性たち(CCIEフォルダー)が来ていた。
シスコの戦略としか思えない。


男子校柔道部みたいな環境が少し緩和されていた。


男女雇用均等法で考えても、
女性比率がもっと多い会社のほうがいいなと
思った次第である。


会場では、
他社へ旅立った人、
他社へ旅立とうとしている人
早く脱出したいと思っている人
なんだかんだ惰性で残っている人
などの人が
いていろいろ話した。


転職した人で、IT業界ろくでもない会社がいっぱいあると
いっていた人がいて、「そりゃそうだろ」と思った。

歴史もないんだし、今自分が良ければそれでいいという
カルチャーなわけだ。


歴史があってもJALや東電、オリンパスみたいな局面に遭遇したりする。


だから、全体的に今自分が良ければそれでいいが
この先も加速していく。誰も止められないと思う。


自分が大事にされているなんて誰ひとり思わないから。
新たな価値観が生まれたり、
新たな価値観を提示する企業が出てこないかぎり
無理だと思う。


最後にCCIEに話を戻すと

トリプルホルダーの人が亡くなったことも聞いた。
私はまだ生きてやらなくちゃいけないことがある。


あと、ストレージの受験者数がおもわしくないのかな?
というようなコメントがあった。
UCSから仮想化までシステムとして技術範囲としないと
単にストレージとして何の意味があるのか。


そういう考え方をしている会社を他にも知っているが、
ネットワーク系だと、どうしてもこういう勘違いをするのか
よくわからない。


箱売り感覚でしかない。


もし会社が変わったとしても
8回目に立ち会えたら
良いなと思って会場をあとにした。

その時にもう少し私自身の気持ちの問題を

改善したい。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

悪名高い 2405Eを使っていて
いきなりワイヤレスで接続ができなくなった。


壊れたのかと思い、なんだか調べるのがめんどうなのもあり
別のAPを用意しようと
オーダーまでしたところで壊れてないことがわかった。


別のPCからだとAPが見えていて
もう一つのPCからだとAPが見えない。

おそらく推測だが、
ファームが自動的にあがった。


その際にデフォルトの設定が変わり、
かつ現行の設定をすべてデフォルトにされた。

おそるべし。


SSIDが変更されており、
かつアクセスするためのパスフレーズがわからなかったが
ここは製品のデフォルトのままだった。


アクセスしたらWPA2オンリーになっていて
これで、1台がつながらない理由がわかった。


しかし、ここから悪戦苦闘 WPA/WPA2にしても
見えない。この設定をしても結局WPA2しか受け入れない
んじゃないだろうか。


802.11nのスピードが選べるが
この設定を変えるとまったく接続ができなくなる。


結局この時間になって復旧したが、
何で家に帰ってまでトラブルシュートするのか
わからない。


もう2405Eはやめようかな。


新しい無線ルータオーダーしてしまった。


ここのところずっと雲の中にいるような感覚。


今日は懐かしいトラックを見た。
1番最初の会社にいるとき何度も見ていたトラック。


何だか、誰かから現状を打破しろと言われているような
気持ちになった。


でもどうなるかなんて、風の向くままで、
いけなかったらいかなければいい
としか言えない。


コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

SR4でLv12に
忘却の寺院に突撃するも
ボコボコにされる。


最後の決戦場は完全に
お荷物。


例の死神だが、2撃で死亡。
石化されるとほぼ絶対死亡。
即死といっていい。


結果的に救われて何とかクリア。
ひととおり突撃したので
ちょっと落ち着いて
次のダンジョン公開に備える。


レッサーデーモンとグレーターデーモンに
遭遇したいが、どちらもいまだ見たことがない。
この1,2年でもっとも惹きつけられる。


たどりつきたいのはこの現場

http://www.youtube.com/watch?v=FouGnaCk1CU

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

人身事故はやめてほしい。


誰もが思っていると思うが勘弁してほしい。
死ぬのは自由だけど、
もっと違った死に方がある。


首をつってもいいし、
他にもやり方がある。


まったく無関係な人に対して、
大勢の人に対して嫌がらせのように
死んで満足か?


我々生きている側はそんなことされても
何も後悔しないし、何一つ反省もできない。
今日はついてないぐらいに思う。


単純にろくでもないと思う。


予測の範囲内だと思うが、
もはや、その人はそういう段階にないのかもしれない。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

I can't live Wiz or without you.♪


志半ばに倒れる。
志半ばに倒れる。
志半ばに倒れる。

膨大な死亡履歴。


いったいどんだけ死んでるんだ。
これにはいろいろな理由がある。


まず公私ともに忙しくて時間がない。


だから、プレイする時間もないので、
レベルもあがらない。レベルが低いのに
ダンジョンにつっこむから死ぬ。


装備もPKで取られたりしているので
費用対効果の高い槍で向かう。
装備も強くない。


とにかく死ぬ要素満載だ。


でもなんとかSR3になりユニオンを結成する。


レベルは11で、アリアの2層1つ目の決戦場を
奇跡的にクリアして、2つ目の決戦場に向かうところ。

SR4には来年ぐらいにはなれるかも。


レベルはあがらないのでこのままだろう。


アリアを突破して8日にアップデートされる
マップも突破すると全制覇。


まあ、死上等でやればけっこう先に進める。
死に疲れるが。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

The Drumsのセカンドもようやく
じっくり聞き出した。


この数か月は、ほぼGirlsばかり聞いていた。


The Drumsの
How it ended
は繰り返し聞いている。


GirlsのDuo Exchangeでのライブに行った。
この会場は実は好きになれない。
何度も来ている。
何度目か忘れたけど、
理由は柱にある。


行ったことがある人ならわかるのだが、
あの2本の柱はどう考えてもおかしい。


柱の後ろは死角になる。
たぶん、ライブをするスペースを
想定して作ってないと思う。


そういう風にしか受け取れない。
説明がつかない。


クラブというかディスコというか
そういうための場所じゃないのだろうか。
実際のところはよくわからないが
そうでないとあの柱は説明つかない。


The Drumsもここでみたけど。


話をもどしてGirlsだが、
ライブはすばらしかった。
ステージの上に飾られた花は、
スミスを意識させられる。


Father,Son,Holy Ghostが
最高の作品だと思うのだが、
思いっきり感動したのは
一曲目のLaura。


これはもう幸せを感じた。
日々ろくでもないことでいっぱいなので癒された。



あと途中で歌われた My Ma
最後の方で歌われた Hellhole Ratrace


あれ?結局ファーストなのか?と
自分でも自分が良くわからなくなった。


サマソニでこれに感動したのは事実だが、
Girlsはもう実際のところ自分にとってよくわからない。


ただ、週に1回ぐらい、週末に地元で見たいというような
存在だということは確かなので、
とりあえずこの結末を見たいと思う。

http://www.youtube.com/watch?v=O5Oa6ih0kgA&feature=relmfu
コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。