いつも木端微塵

ギタリスト:テリー木端の日記。音楽的影響:King Crimson,XTC,Japan,Joy Division,The Smiths,Morrissey ギターは、80年代フェルナンデスのThe Revival、Tokai SEBレスポール木端モデル。
連絡先:postmasterアットmorrissey.jp


テーマ:

ほとんど誰も知らないようなデビューアルバムが
ビルボード136位


この偉大なアルバムが、ビルボード37位
まあ、そんなものかもしれない。


ドラムスのセカンドも聞いたし
レッチリの新譜も聞いた、
そのほかにもいろいろ聞いた。

でも、結局また引き戻され
家に帰るように
Father Son Holy Ghostを聞いてしまう。


何度も何度も聞いている。


これは!と同じように思った最後の作品は、
Arcade FireのThe Suburbs


あと、リバティーンズの特にファーストなどは
恐ろしい回数聞いているが、
同じくらいの勢いになる。

モリッシーの作品と同じぐらい聞いている。
感情的にはまた異種のものだが。


初めて聞いてすばらしいと思って
聞きまくってやっぱりすばらしいと思い。
いろいろ考えたり、分析したりしてもすばらしいという
答えになる。


しかし、いろいろ思うところがある。
例えば根本的にこんなの演奏できないとか
思ったりしない。けっこう普通にできると思う。


一歩間違えるとつまらない感じになりかねない。


しかし、聞けば聞くほど、これはあるべき姿の1つと
思えてならない。納得感がある。

そのくらい迷いが感じられない。
コーラスもこれだと思えてしまう。


これは、感性だという結論になる。

で、この感性を強く感じさせるものに
やはり薬物があると思う。


ある種の魔法を感じていて
これは普通の状態じゃつくれないんじゃないかという
結論になった。


もともと普通じゃない人がつくってるからだと
思ったが、もっと人間というものは迷うと思う。


初めに素晴らしいと思った感覚が結局真実だと
インタビューで答えている。それはそうなんだけど、
人間は迷ってそこからも手を加えたがる。
とにかく迷いは感じず、これだという確信があって
すばらしい作品。


ビルボード37位でもGirlsは後々伝説になると思うし、
このタイミングで彼らを見ることができて本当に良かった。
人生の中でこれは逃したら2度とやってこない。
たった1度きりのもの。
もし逃していたら、後々に必ずこういったと思う。


何でこのとき、このアルバムを無視したんだろうか
来日も行かなかった大失敗だったと。


他の人はどう思うかはわからないし、関係ないが
最重要な作品ということになった。


もう比較するのも考えるのもめんどうなので
これが今1番ということでいい。


http://www.youtube.com/watch?v=3eVaYQ24Yy4&feature=related

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

過重労働が問題だという。
「はっ?」って感じだ。


理由は、それこそ10年とかそれ以上前から
ずっとそうだからである。


どのくらいの期間それが存在して、
それがどこにおもに存在したのか
知らないはずない。


それをある瞬間から問題視しはじめた。
世の中の背景や時代の変化がある。


高度経済成長の流れもあり、
身を削って過重労働しているのが
美徳だったといえるし、
いまだにそういう風に考えている
人もいると思う。特に営業に多いように感じる。
ワークライフバランスなんて言葉すら
存在してない人もいる。


どこに過重労働は存在するのか
フロントで顧客対応しているところである。


バックエンドで過重労働している人も
これに引きずられているだけだと思う。
少なくとも経験上そう思う。


もちろん改善してほしい。
特に歳をとればとるほど、
そんな風にやってかれない。
人生も豊かじゃないし。


でも、組織編成から、人員配置に至るまで
抜本的に変えないとよくならない。
昔より少しましになった。
それが問題だと考えるように少しずつなったからだ。
でも、結局ましになったというレベルだと感じる。


社員数が倍以上になっている。
でもフロントで顧客対応をしているのだが、
自分の経験上何もよくなっていない。


「顧客への品質があがったか?
スピードがあがったか?
手厚い対応ができるようになったか?
苦しい時助けがくるようになったか?
手がける案件数が増えたか?
売り上げは右肩あがりになったか?」


社員数が倍になったのだ。
たとえば200名なら400名である。
これはすごいインパクトだ。


でもフロントで顧客対応している営業も技術も
どう感じているのか?


僕はたいして変わってないと思う。
むしろ、いろいろな社内のフローのせいで
働きずらくなり、生産性も落ちていると感じる。


組織連携?できてない。1つの組織でよくないか?


とにかく昔のほうが人数もすくなくて
利益率も高いのだから、昔のほうが良かったと思う。


つまり働いている1従業員の立場で言うと
社員数が倍以上になってよかったことは何もない。


すくなくともフロントで顧客対応していてそう感じる。


これらのことを総合すると話し合う気もなくなってきて
もっとほかのことにエネルギーをかけなきゃと思えてならない。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私はあまり自分の働いている
職場なり、会社なり興味がどんどん
持てなくなっている。
昔は興味を持っていたし、
志もあったように思う。


しかし、今はない。


若い人ほど、会社に対して不満を
言っているし、私もそれに同調したり
そう思ったりすることもある。


しかし、よく考えると
もし、たとえば本当にある会社がひどくて
そこで働いてたとして、
その人間が優秀ならば、もっといい会社にいける
はずである。


優秀な人間はそのひどい会社を辞めて
転職する。で、ある日辞表を出す。
上司からどうしてやめるのかきかれるだろう。


しかし、まあ、他社の内定をもらって
辞めると言っているわけだから、
飛ぶ鳥あとを濁さずで、自分の人生の
前向きなプランでもしゃべって
ご迷惑はおかけするが、辞めますみたいな
話になるかもしれない。


そうすると、まったく1度も文句や不満など
言わずにやめてほかに行くかもしれない。
もちろん、その人には愛社精神などはなく
きわめてドライだと思う。でもそれでしかるべき
だとも思う。もうそんな時代ではないし。


人生において一番大事なものは自分の目標だと思う。
理由は、それを達成するときの納得感が違うからだ。


しかし、特に新卒から入社して、長く働いている
人間はどこか、その会社の上司なり、あるいは
営業だとか、会社の風土だとかカルチャーだとか
そういうものにどこか洗脳されてしまい、
このことがわからない。


人生の目標などなかったりする。


ある村社会の、哲学や考え方、ルールが社会だと思うようになる。
でも、市場で見たとき、それは1つの考えに過ぎず、
いろんな理屈も自分の人生の目標には及ばない。


それは、自分の納得感において違ってくる。


たとえば震災により現地の復興に寄与する仕事をはじめることが
人生の目標だとするとどんな一般的なことを言っても
意味をなさないし、それはその人の人生の目標である。
そういう意味だ。


あるAという目標があって、そのために、まずはじめに30万円必要だとする。
だから、30万円をかせぐためにどぶ掃除をはじめたとする。
目標はどぶ掃除をして30万円かせぐことではなくて、
あくまでAという目標である。


この理屈は当たり前だし、その人生の目標がないとしても
それも悪いことではないだろう。
ただ、納得感だけは違うと思う。


そういうものを持って、達成する人としない人では
そこが違う。


しかし、たったそれだけのことでしょという
考えもあって、それもそうだと言える。
まあ、自分が何が大事かということになる。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

何て書いていいのか全くわからないのだけど。

とにかくこれしか聞いてない。


ひたすらリピート。

すばらしいんだけど、
一体何が素晴らしいのか全く説明できない。


音楽的には聞いてもらうとわかるのだが、
何一つ新しくない。


かといってよく聞けば何だか
普通じゃないのがわかる。


試聴公開されている。


http://hypem.com/#!/artist/GIRLS


まず、この曲がどうとかいう世界ではなくて
アルバム全体を通して表現されてるので
全部聞いて判断するべき作品。


1曲インターネットでダウンロードみたいな
作品ではない。

期待していたらすばらしい作品が来た。


アマゾンのレビュー


ちょっともうしばらく聞いてから
感想を書こうと思うが、ひたすらずっと
聞き続けるかもしれない。


ちなみに10月は見に行くことにした。


たぶん、そこは天国になると思う。


日々の生活では、最悪なものが来ると
予感すると案の定最悪が来る。
そういう意味では
けっこう予想どおりなのかもしれない。


僕は宗教には罪があると思う。
これを聞くとそう感じる。


ここには、あるべき論は何もなく、
はっきりと歌われる。
僕は疲れましたというフレーズ。
何もなくただ巣のままだ。


悪い宗教にはまっている人には
ぜひ聞いてもらいたいが、
聞くはずもない。
讃美歌なんて歌う必要はない。


http://www.youtube.com/watch?v=Pu8jHRZymNs


もっかのところ今年最高の作品。
必然性というものを感じてしまう。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

自分の働いている会社が、
業務委託とか派遣契約で
いわゆる協力会社から
人に来てもらっているケースがある。


個人的には、孫正義と同じ考えで
極力正社員対応すべきで、できない部分は
使わざるを得ないかなぐらいの考え方をしている。


それは、おいておいて
協力会社にしてみれば、発注している側は
お客様である。

人を派遣したり業務を請け負って
サービスを提供してお金を稼いでいる。


そこの社員を引き抜かれたら飯のタネがなくなる。
当たり前の話である。


しかも、裏で自主的に退職したと見せかけさせて
翌月から客先の正社員になっているというのは
ものすごくたちがわるい。

お客様から飯のタネを奪われる。


まず、はっきりいっておくけど気づかれる。
数か月のうちに気づかれる。
この業界同業他社に行くだけでだいたい
気づかれるのに客先の正社員になって
気づかれないわけがない。


だいたい、みんな、お客にしたってパートナーに
したって名刺を配って挨拶をしている。
他部署で契約があったりするとそこからでも
情報は伝わっていく。こんなの自明の理である。


で、こういうことをいろんな部署の人間がやりだすとどうなるか。
あの会社に人を派遣すると引き抜かれるという話になる。

引き抜かれた側は犠牲者だから、警戒心が強まる。
モラルのない会社と言われる。まあ、そうだから
実際痛い思いをしたほうがいいと思うけど。


だから紹介予定派遣というのものがある。
本人の希望もあるし、採用する側の会社も
希望しているから、ある程度の期間をおいて
紹介料を払って採用しましょうということだ。


これに対してなんでそんなお金を払わなくちゃいけないんだと
平然と言う人がいる。


人材紹介会社を経由して転職した経験のある人はいると思うが、
相場は紹介料が、年収の2割と言われている。

企業というものは、新卒採用に関してもお金をかけてしている。
説明会をしたり、宣伝を出したり、
採用というものはお金がかかるものなんだけど。。。


派遣元が、それは困ると言ったら
その話は当然無しだし、


本人のためにも受け入れましょうという
話になれば、進めればいい。


裏で辞めるように仕向けてというようなことをしてはならない。
まさかそんなことをする人間が、あどまいあーどうんぬんと
策定してたら死んだほうがいいと思うんだけど。


へっどうぉーたすなんて会社はまさに犠牲者だと思う。
他にも今後犠牲者がふえていくのかな?


そういうことをした人間も、そこからきた人間も
商売のしきたりってものを考えろってことだよ。
だって当たり前なんだから。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

1年近く前から、とっくに知っていることを
ぐちゃぐちゃ言ったところで
どうにかなるもんだろうか。


あるところ馬鹿ミツバカップル
と呼ばれているバカップルがいて
ホテル代、タクシー代、飲食代
を会社のお金をつかってたというだけ。


それを一般社員が経費精算して
上司の課長は、黙認承認していました。
知っててね。


ご丁寧に今も領収書は保管されている。


アドマイヤー度なんだから普通クビ
なんだけど、なんでクビにならないのか
は、考えても答えは出ない。


そういう環境が嫌で競合他社に転職した
営業もいる。


普通に考えたら全員処分で、
管理監督責任が問われる。


また、全然話は変わるが、規定で協力会社への
採用活動はしないというのにもかかわらず
裏から社員にならないかとか言っている
あほ部長がいる。


規定で禁止だから、
紹介予定派遣にもならない。


裏から辞めるように仕向けて
採用しようとするという噂が
人材紹介会社の中で流れていることも知らない。


そういうのは仁義を通して
紹介料払うからという前提で話を通していくのが
まともな会社。


どうしようもない職場はどうしようもない。


日暮里のホテルに、富士通の人間なんかいない。
どうして同じベッドで眠るのかだって?
ホモなんだろ。察してやれよ。


あほ派遣女もいまだにのさばっている。


上の前で泣き出せば許されるんだろう。


見解はそれぞれあるとして
領収書が残っているのだからそれをもとに
判断すべきで、今の状況になっている。


裁量労働だフレックスだところころ何言いだすか
わからないところでお金がもらえなくなるなら
バカップルにもらうのがいいと思うよ。


全部経費でやってくれるから。


あと一般社員が、もらったインセンティブを

上司の口座に振り込まされていた。

これは2年ぐらい前から知っている事実。


まあ、とにかくお金に困ったことなんて

ないと思う。

めでたし、めでたし。


コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。