いつも木端微塵

ギタリスト:テリー木端の日記。音楽的影響:King Crimson,XTC,Japan,Joy Division,The Smiths,Morrissey ギターは、80年代フェルナンデスのThe Revival、Tokai SEBレスポール木端モデル。
連絡先:postmasterアットmorrissey.jp


テーマ:

Adamがようやくユーザの手元へ。
Adam,Edenとかなり興味がある。


iPadに対抗なんてできるはずもない
というかそもそもそういうことでもない。


買ってる人たちは、基本的にITリテラシーが高くて
リスクをかえりみない厳しいユーザ。


要求も高い。そんなユーザじゃなきゃ買えない。
しかも、海外ばかり。


競争激しくなることも目に見えている。


だいたいローハンがいなくなったら終わるような
気がしてならない。会社そのものもプロダクトも
終わりそう。


http://www.youtube.com/watch?v=PstVDlK2lGA


スピード感や決断とか見てると
この人がどうなっていくのかは、
興味がある。


みんなが使っている良いものよりも
まず、普通の人が使ってない特別なもの。


むしろそっちに惹かれてる人たちのためのデバイス。
こういうほうが楽しそう。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110120/biz11012011140090-n1.htm


一瞬で予約終了。
すさまじい。


このために欲しいのだと思う。


http://www.youtube.com/watch?v=9lfwcw9rB9c&feature=related


個人的にはそれ以外考えられない。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Goddamn Americans

Take me back to beautiful Japan

I fear our blood won't rise again.

Pack up your troubles, let's head out

to the fountain of death.


初夢はなぜか、ライオンの子供を抱く夢を見た。


その後、英語とにらめっこ。

PJ harveyの新しいアルバムのタイトルや収録されている
曲のタイトルに、とんでもないなと思ってしまって
一生懸命調べた。


もともと常に彼女は、ちょっと別の存在だと思っていた。


とても小柄でやさしい感じの人で、ライブも見ている。


いろいろな女性アーティストがいるけれども、
やっぱりこの人だけは別格だなと。


ビョーク、レディガガ、コートニーラブ、マドンナとか
カリスマ的な人たちはいるけれども、
やっぱり、PJ harveyだなと確信してしまった。


http://www.songmeanings.net/songs/view/3530822107858853732/


http://www.songmeanings.net/songs/view/3530822107858855007/


ただ、うらやましいというか、これを本気に首相目の前に
歌ってしまうのが、すごいなと。


虚しさとうらやましさと、複雑な気持ちになり
最終的に敬服する。


http://www.youtube.com/watch?v=CWBrWhrKchQ&feature=related


Goddamn' Europeans!
Take me back to beautiful England


この強烈な一言。来月はずっとこれを聞いてるんだろう。
端的に言って、誰かのあるアルバムと重なるだけ。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

http://iwakamiyasumi.com/archives/5587#more-5587


これを見てて、なんというか
こんなにすごい状況だったのかと
すごいなーと思った。


とにかく菅直人についていけばいいんだという
岡田幹事長。


どっかの教祖につき従えと言っているような感じ。


ずっとずっと考えている以上にひどいので
ここまでひどいと、ここまで来れるのかと
ある種、すごいなと思ってしまう。


菅直人に従うくらいなら、伊達直人に従うよ。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

新年早々、残念なニュース。
ミックカーンが、亡くなった。


http://www.nme.com/news/various-artists/54435


ガンがかなり悪化していたとのこと。


もう2度と見ることができないと思うと凹む。


好きとか嫌いとか言う前に
あのベースプレイには驚いた。


ベースと言うのは基本目立たない楽器だと思う。
基本的に注目して聞かないのはけっこう普通のこと。


驚いたのは、
まず、そういう風にはひかないでしょう。
それ思いついても実行に移せないでしょう。

何なんだそれは?という感じで
天才ってこういう人なんだなと心から思った。


彼は楽譜も読めなかったし、全部独学でやった。


彫刻も自分の感性だけでやっている。


シルヴィアンがインタビューで、
ミュージシャンは、弟のスティーブだけで
ミックに今のフレーズの理由をきいても
説明できないというように言っていて、

だいたい、天才に説明を求めることが無意味。


そもそもこんな風にひく人を見たことない。


ポカーンとベースを弾いているところを見ていた。

ベースが強烈すぎる。歌と同じくらい強烈に聞こえる。


http://www.youtube.com/watch?v=OOM7N924Rls


偉大だった。

これを経験すると普通のベースがなんだか
物足りなくなってしまう。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

現在、抽選制度のため当たらないと参加できないのだが、
今週は当たった。


メインのガーディアンが当たったので悲願達成。


去年は悲惨だった。落雷で1撃死なので。


76なので全力モードで行く気だった。
倉庫から持っているもの引っ張り出して
なりふり構わず全力。


結論から言うと6回死亡。


超青POT 30個ぐらい
超青タブ 30個ぐらい
超赤タブ 30個ぐらい
香木 ノーマルで攻撃・防御
攻撃スピードがアップするポーション
HPアップ
MPアップ
エリクサー6個
以上が使用したもの。


所感としては、

正面からがちでやると死ぬ確率が高いかも。


エリクサー使ってすぐ死んだときには凹んだ。

6000くらうとどうにもならない。


HP 1670ぐらいなので通常は1撃は持ち堪える。
しかし、気絶・転倒があるとかなり危ない。


1200ぐらいくらってもタブで回復すれば継続できる。


5回はぐらいは死を覚悟すれば問題なくやれる。


結論から言うと課金アイテムなしでは参加できない相手と
言っていい。全員がしんどい相手。


もらえたものは、冥の侵攻37Fで必要ないので売りさばいた。


前回は落雷で死亡というみじめな状況だったので
プリの敵は取った。


今年早々、1つの目標は達成。めでたし。


プリだったせいもあり、去年は唖然。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

朝の通勤ラッシュというのは、
日本のシステム的にもどうにかならないだろうかと
心から思う。11カ国海外に行っているが、
同様のレベルを海外で経験したことは個人的にない。
ニューヨークも混んでいるとしてもこんな殺人的じゃない。
ロンドンもこんなじゃない。


まじめに政策的に勤務時間をずらすと優遇されるとか
少しは緩和されないかなと心から思う。


世界的に見ても絶対にひどい部類に入ると思う。


通勤ラッシュがひどくない路線に引っ越すという人
が実際いるわけだから。


そんな状態じゃトラブルは起きるのだろうが、
長い人生、電車の中でトラブルになったことはない。
むこうのほうで何か揉めているなぐらいのことはある。


先週だが、
ギュウギュウ詰めの電車に乗り込むと、
いきなり隣の男性が睨んでどなってきた。


この混んでいる中、リュックを背負っている。


これも迷惑な話で、棚にあげるとかすればいいのだが。

言葉づかいがヤクザのようだったからということではなくて
本当にわかりずらくて、よくわからず、それによりびっくりした。


だいたい謝ってすむ話なのだが、何を言われてるのかもわからないし
押すんじゃない、顔にあたるだろうみたいな話になっていて
言葉はもっと汚くて、なめてんのか殺すぞみたいな感じなのである。

しかも、ねちねちと継続してやめようとしない。


結論から言うと、朝からあれだけぶちきれたことはなかった。
「おまえ、ごちゃごちゃ言ってると、取り押さえて警察つれてくぞ!」
怒鳴った。おそらくこちらも相当主戦上等という感じだったので
そいつは、顔をうつ向け、目をつぶりぴたりと動かなくなった。


こっちが降りるときに何かしてくる可能性もあるので
警戒していたのだが、何もなかった。


感情的になったとはいえ、大変なことにならずに良かった。
絶対遅刻したし、殴ってきたら本当にどうなったかわからない。

私は格闘家じゃないので強くない。それに若くもない。
格闘技やっている人で強い人は冷静に手加減ができる。
被害を最小限に食い止めるスキルがあるが、そういうことにもならない。


だから、良かった。


でも、そもそもこの環境もおかしいと思うのだ。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ブログ書いてると、新規に読者登録してくれて
おもしろいので更新を楽しみにしてますと
コメントをくれる人やら、
相当私のことが嫌いなのか、ねちねちしている人
がいて両極端だ。

そのねちねちしている人というのは1名だけなのだが。
ソースを見る限りそいつだけ。


だから、両極端と言っても、
多くが好意的だったりする。


読者も結構な人数が実際いる。


ずっと右肩上がりではないけれども。


一部分だけのことや、事実と違うことを言われても
正直私は、何も言う気にもなれない。
あと、自分に一切悪い点がないという気もない。

記者クラブ問題じゃないけど、
やっぱりすべての事実をちゃんと公平に吟味して
どうあるべきかという議論のもとそうなっているなら
それでいいんじゃないかと思う。


不毛だなと、何にもならないなということを
する気もないし、議論する気もなく、
好きにしてくださいというのが一番正確な感じ方だ。


去年の年末だが、ある同僚が会社を辞めて
そうなると思ってなかったから驚いたが、
モラルハザードというキーワードを出していた。


何が原因かということよりもそのキーワードがでると
思わなかった。全体論で言うと良いとは言えない。


建設的に話し合いが行われたり
課題点を共有して改善していったりという
そういう環境だと良くなっていくのかもしれない。



最後に
自分の進む方向に全く自分の意志が0%ということはないでしょ。
これは、ほとんどの人がそうだと思う。

私としては、
ブログはそもそも仕事とも資格とも関係は薄く
私の生活や興味、キャリアパスなどがベースになっている。
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

差別化できないもの=値下げ


私の身近な人たちや、業界長いエンジニアはもう
みなとっくにずっと前から気がついている。


競争が激しくて、他社もできて差別化が難しいものは
値下げするしかない。


そうなると、IPネットワークに関わる技術が
どれだけお金になっていくのかという話だが、
メリハリがはっきりしてくる。


トークンリング、IPX、DLSWなど
かなりの長い時間を費やした技術が
1円も稼げない技術になっているのを
まざまざと経験しているのだから
実質的には技術に対するこだわりはない。

同じような経験をしている人は同じ気持ちだろう。


先を見据えて行動をするという人も意外と少ないなと
感じていて、暗い現実に対しては目をそむけて
何もしない、する気もないという人が組織的に見ると
けっこう自分が考えているよりずっと多い。


触れちゃいけないことのようでもあるので議論すらしない。
することも珍しい。
そういう意味では、状況が本当に能無しだなと思う。


気がつくこととそれに対して対策を練ってアクションを起こすことは
別の話ということになる。


この前提にたつとますます、状況はひどいような気がしている。


優秀な人たち、それがエンジニアなのかどうか、技術に関わることなのかどうか
実質関係ないようにも思うが、見据えてアクションを起こしている人たちも
少なからずいる。

その理由というものは明確だ。


私は予想屋ではないので、自分のことは自分で考えなくてはいけないし
予想が当たっても何にもできてなければ意味はない。

だから、あえて1つだけ今年宣言しておこうと思う。


これが、この先、どうなるのかは結果次第だが、
あの時激しく、こう感じていたから自分としてはこういう
行動にでましたという確固たる理由になると思う。


端的に言って

私は、牛丼の値下げ競争みたいなビジネスはやっていかない。


それが私の目的ではない。

そもそもそういうビジネスを望んでこの業界に来てない。
そもそもそういうビジネスにやりがいを感じてない。


ネットワーク技術という分野は昔はまったくそういうものではなかったが
今必然によりどんどん変わってきている。、その状況下においても
私は消耗戦ビジネスをやっていくつもりはまったくない。


一時的にやるとしても継続的にはやらない。


誰が優れているかは、わからないが
優秀な人は、2倍、3倍と発展の実績、成長の実績を
つくっていけると人だと思う。


そういうことができる人は、優れていると心から思う。
むしろ優れている人と言うのはそういう人だけで
市場的にみてもそうである。


コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。