いつも木端微塵

ギタリスト:テリー木端の日記。音楽的影響:King Crimson,XTC,Japan,Joy Division,The Smiths,Morrissey ギターは、80年代フェルナンデスのThe Revival、Tokai SEBレスポール木端モデル。
連絡先:postmasterアットmorrissey.jp


テーマ:

俺は学校出てないので頭が悪い。
頭の悪い俺にもわかるように説明してもらいたい。


サービスで売り上げをあげていくという考えがある。


プロジェクトマネージメント
インストール
保守
監視
運用
その他


インストールで10万かかります。端的に売り上げUPするのなら
20万円に値上げである。


他社が280円で牛丼を売っている中、480円にしますと言っているような
ものである。テキサス牛丼でも出せば売れるかもしれない。


テキサスインストールでもやれば20万円払ってくれるのか?
いったいそれは何だ?


付加価値や特別な価値がなければ高いお金など払わない。


スマイル0円を明日から100円にしますということか?

つまりそのサービスは利用されない。


サービス利用率の話、付加価値の話、競争力の話、
これからが、一切ないような
サービスの話を一切したくない。


そのような崇高な話し合いには、私ではついていけない。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

世の中はGWに突入らしい。

GW?? 

私にとってはもうこれは、

Voice Gatewayでしかない。


死験対策をしなくてはならない。

先日ギルドのオフで、ゲームの神様

遠藤さんに会えたので、

5月4日は、リアルガチャのために行ってくる。


このくらいだけかな。お休みは。


ちなみに遠藤さんのブログはこちら。

http://ameblo.jp/evezoo/


また、エネルギーあふれるオフ会だった。


朝までとはならず、終電ギリギリで帰れた。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Voice名人もそうだが、継続課題がつみあがっていく

傾向にあるので地道にやる。資格は、更新に絡んだものと

あと追加で少しサーバ系の資格を取るがそれで終わりだ。


実案件は、90%ネットワーク系の案件かセキュリティ系の案件

という状況なので、サーバ系のスキルとかUC関連も

キャッチアップできているのかというと正直できてない。


まじめにVoice名人戦がUCスキルアップの唯一の機会になっている。

やっていて、他と違ってこれは専任のスペシャリストとして

やっていくべき分野だと思う。


R&S,SP,Securityとやってきて、今振り返ると

その3トラックそれぞれにそんなに大きな差はない。

SPは、R&Sの延長である。Securityは、別物ではあるが、

Voiceから見るとかわいいほうだ。

だいたいネットワークエンジニアは、

セキュリティ案件もやるのは当たり前だし。


業務経験的にも前の3トラックはそれなりに経験もあった。


しかし、机上お勉強だけで多少知った気になっていたVoiceは

そんなにあまくはなく。やっぱりしっかりした技術者に

多少教わらないとつらいと思う。

今までで一番苦戦している。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

世の中は、Cisco360免除の件で話題持ち切りだが、

私のような一般庶民には縁が無い。


しかし、スキルアップしないといつまでも

Voice名人になれない。何とかしなくてはならない。


苦しんでいたところ、ブログの読者から情報をもらった。


http://www.ccbootcamp.com/360/voice/exercise-workbook.html


Cisco 360 voice workbookだけ別で購入できる。

749ドルとそれでも値段が高いが、購入することとにした。


おかげでVoice貧乏になり、

今日は食事がおにぎり一個とシュークリーム一個

以上終わりみたいなことになっている。


しかし、ラボ試験に払うお金は変わらないのに、

Cisco360を受けた人だけ、ショートアンサーが免除されるというのは

何かの権威主義だろうか。うらやましい限りである。


何が起ころうとやるしかないから、それは、自分の固い決意だから

不愉快でも我慢するしかない。

実際のところ最近ふざけたことばかりな感じもする。


ともあれ、同じような境遇にある人は、

このworkbookとリモートラボという手がある。


R&Sはこちら

http://www.globalknowledge.co.jp/elearning/elearning_details.aspx?code=CSX0173V


まともにCisco 360 Voiceコースを受けると、R&Sより高額だということなので

百数十万の世界だ。それから考えたら現実的な話である。

負けないでがんばろう。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「じゃあね、またね」
と言って家に帰るとしても
その「また」はもうやってこないかもしれない。


大切な人だろうが、仲の良い友人だろうが。


憎くて憎くて仕方ない人間が、クズ野郎だと思ったとして、
その人間が明日、瀕死の状態で死ぬと想像してみると
「ざまあ見ろ!」と思うかもしれない。
でも、もしかしたら「もういいや」と思うかもしれない。


私は、腐っているなと思うと
「ほんとふざけてるね!」というタイプである。


でも、人生は1度しかない。
自分も明日死ぬかもしれない。


前向きだとか、建設的だとか、大人な対応とかは
この際置いておいて、
自分が価値を感じるものに最大限に時間を使うべきだと思う。


心の安らぎと愛と感動のために。(めったにはないのだが)


つまりそういったふざけているものは放っておいてという意味だ。


久しぶりに再会した友人でも、その時が最後の再会かもしれない。
人間皆誰もがいつか死ぬ。そんなこと言われなくてもわかってるよと
思うかもしれない。しかし、わかってないよ。


みんなして、集団的にそのことを忘却の彼方に置き去りにしている。

そして誰かが亡くなった時にあらためてそれを考える。
最悪なまでに愚かな生き物だ。


いつもすぐ忘れてしまい
意識するのは極めて難しい。本当に難しい。


これができている人というのが尊敬に値する人かもしれない。


Oneday goodbye will be farewell

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

案件の話ではなくて、


インターネット通販で買い物したら、
物が足りない。


ipod nanoが突如起動しなくなる。


食事に行ったら、会計ミスにあったり
ポイント制度があるのだが、ポイントもれもある。


なんかついてないかも。


ちなみに私はクレーマーではない。
クレームはもちろんするのだが、
よく人間性を疑いたくなるようなクレームをする
人がいるが、そういう人間ではない。


なぜなら、国際航空貨物の会社で働いてた時、
今となってはものすごいはるか昔だが、
カスタマーサービスをしていたことがあるからだ。


世の中には当然、モラルを失ったクレーマーが存在する。
今だともっと世の中おかしいから大変なことになってる
ような気もする。


言う時も、「~~だと思っていたのですが、私の間違いでしょうか?」
ときく。そうすると向こうがあわてだす。


「良いお店だと思うのでまた利用したいから改善してください。」
と言ったりする。


だいたい、追加でサービスしてくれたりする。


もちろんカスタマーサービスの経験もあるので
対応には厳しい目線があるけど、
自分が痛い思いをしているのでモラルのないクレーマーは大嫌いだ。


相手だってわざとやってるんじゃないんだよね。
まあ、この話はまたいつか。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

http://www.morrissey-solo.com/article.pl?sid=10/04/25/0134214

言葉を失った。


モリッシーのコンサートを見に行っていると
知りあう人間はたくさんいる。


しかし、頻繁にコンタクトをとるかというと
そういうことはなくて、
みなそれぞれ、自分の人生を生きている。
日本においてもそうだ。


David Tsengにしても会えばいろいろ話すだろう。
とても身近な人間として。
でもめったなことではコンタクトを取らない。
juliaにしても。


海外でmelindaを見かけたことはあったが
当初はまったく知らなかった。


とても変わっていてなぜか日本に英語の教師として
きていた。結局アメリカに帰って別の仕事を手にしていた。
なぜ日本に来たのか全くわからなかった。
仕事の条件が良かったからと言っていたが
それで来るものなのだろうかとも思った。


サマソニにモリッシーが来日にしたときも皆で見に行った。


彼女は亡くなってしまい、もう葬儀もとり行われたという。
モリッシーも最前列にいてかなりの数のライブに来る彼女を
知っているし、彼女自身モリッシーに会ったことがあるはずだ。


いずれにせよ。あまりに早すぎる死で現実感がまったくない。


時は流れているからこれからこういうことが起こるのだと思う。
新しいアルバムが出てツアーが始まっても
死んでしまえば行くことはできない。


モリッシーが死ぬのか、私が死ぬのかどちらが先だろう。


願わくば、最後のアルバムまで聞いてから私は死にたい。


5月にmemorial serviceが開かれるようだが、
日程的に行くことができない。


いまだに信じられないし現実と思えないという感覚だけで
今日という日が過ぎる。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

一応店頭に行って、いろいろ見てきた。


スマートフォンに関しては、
市場動向やビジネスに興味があるのかというと
直接あまり関係ないフィールドで戦っているので
それがメインではない。


でも何度かこのことで書いているのは、
つまり自分が欲しい機種が手に入るのか?
ということである。


これは意外と切実なテーマだ。
ノートPCは人生の中で何台使用してきたかわからないし、
PDAも使ったし、携帯電話も何台目だろう?


現状ベストは、iphoneである。理由はipodと統合できるから。


スマートフォンを2台目の携帯にという意見があるが
とても受け入れられない。


私のような客商売しているエンジニアは、会社で業務用携帯電話を
もっているのが一般的である。これは作業時などの通話がメインになる。


それ以外に当然プライベートで携帯電話を持っている。

この時点で2台だ。


さらにもう1台?それは、勘弁してほしい。

時としてノートPCも持ち歩いたりするが、
全体的に見てノートPCを持ち歩く時代で
なくなってきている。
特に業務でも厳しいセキュリティ事情から
極力持ち歩かないがベストとなっている。
プライベートでもそういう傾向だと思う。


ipad,netwalkerみたいなものを持ち歩く人も出てくるのかもしれないが
私は否定的で、つまり何が言いたいかと言うと
携帯電話2台で完結したいということである。


何が駄目なのかという否定的な意見はやめて、
個人的に何が欲しいのかというテーマで列挙する。

これは個人差が出てくる。例えば携帯電話でも
ワンセグなど必要ないと言う人もいれば必要だと言う人もいる。
そういう違いである。


スマートフォンがこうだとありがたいということで書くと


通話できる。
キャリアメールが使える。
インターネットメールが使える。
インターネットweb等
wifiに対応
GSM搭載
オフィス系のドキュメントが開けて編集できる。
PDFが見られる。
(電子書籍サービスもつかえるとうれしいかも。)
ipodをやめて携帯電話で音楽を聴く。
バッテリーが長く持つ。バッテリー交換可能である。
サクサク動く。
重さはiphoneぐらい。
ワンセグが使える。番組録画をしてメディアに保存できる。
ゲームができる。
MicroSDHCなど外部メディアが使える。(2010年の時点で32Gが出ている)
カメラがついている。
動画を取れて保存ができる。
オサイフ携帯が使える。


比較的多くの条件を満たしているのはiphoneになる。


ここまで出来たらノートPCは持ち運ぶ必要がない。
つまりこんな感じのスマートフォンが欲しいのだがあきらめた。

普通の携帯電話の機種変更をする。


しかし、今は機種変更がものすごく値段が高い。
持ち込み機種変更を初めて行うことになる。
1万円こえる携帯電話を買ったのは初めてかも。

今まではポイントだなんだとほとんど携帯電話に
お金はかかってない。


MicroSDHC 16GBを搭載してipodが壊れたので携帯に統合する。
節約しないと。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

自由と言う言葉の存在は私にとっては重い。

自由であることを重要視している人間と形容されることもあるが、

自由を知らない人たちから何も言われたくない。


「あなたは自由か?あなたの意識は自由か?」


理論がすべてひっくりかえるようであるが、

私は自由ではない。私の生活も自由ではない。

環境も社会も自由ではない。


しかし、こう言い切れるのは自由を知っているからである。

自由であること、その瞬間自由になること。

自由に生きていいんだ!ありのままの自分でいいんだ!

そう勇気づけられると同時に、自由を望み苦しみ、

その危険性と醜さまで目の当たりにする。


それでもいまでも自由であることの重みを意識する。


これは、ものすごい、途方もないリスクや悲しみと引き換えに

神が我々に与えたものだと思う。変な宗教の話ではない。


日本では、社会的なシステムの抑圧というものは大したことはない。

しかし、若者は束縛がないようでありながらけして自由ではない。

ニートは自由ではない。けして一人で生きられるわけではなくて

親に生かしてもらっているから。


理想の人生などない。幻想である。自分の思い込みだ。

なぜならその人間は自分が理想だと思うその人生を生きてはいない。


想像して、見て聞いただけでそれが理想だと信じて

人にまでそれを強制する。ひどい話だ。ほとんど宗教に近い。


親が自分が若い時はできなかったから、

お前にはそうなってほしくない

と子供に押しつけることがそれである。

自分がそれをやってから言ってくれ。


人は偏見と思い込みの産物である。

でも、唯一幸福だったのが本当に自由を経験した

瞬間があるということで、その時を何度も思い返す。


変化する人間と変化しない人間、大きく2通りある。

痛い思いをして反省するから変わる。これも1つの事実だが、

腐った意識から離れて自由になること私はそのほうが好きだ。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

正直この記事 を読んで

がっかりした。


意識のズレというのは恐ろしい。

政治の世界と同じ。


例のリモートラボキャンペーンなんて本当に興味あるの?

だったらあなた方自分で書き込んで自分で使ったら?

当初からみな興味ないだろうなと思った。


最近、いろいろな意味でがっかり感がある。

形骸化していくだろう。


まるで最前線で戦闘が行われている場所を、

ただひたすら想像だけで物を言っているようである。

そういう最前線を知らない、業界の変化をつかめない。

変化への対応が乏しい人たちの考えだと思う。


もし、CCIEラボ受験者が減っていることに疑問を持っているとしたら

こちらのほうが疑問である。


1部上場企業の何割の会社が、

賞与が減りコスト削減が重要テーマになっている

かご存知ですか?とききたい。

ルータ・スイッチだけバカバカ売れていますか?

とこの辺にしておこう。店を開いて客が来ないなら

学ぶしかない。みんなそっぽむくだけだから。


ラーニングネットワークを見て、

今からCCNAやCCNPの勉強する人間ってどれだけいるんだろう?

ものすごく遅いし、市場が見えてない。

コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。