いつも木端微塵

ギタリスト:テリー木端の日記。音楽的影響:King Crimson,XTC,Japan,Joy Division,The Smiths,Morrissey ギターは、80年代フェルナンデスのThe Revival、Tokai SEBレスポール木端モデル。
連絡先:postmasterアットmorrissey.jp


テーマ:

CCIEのトラックがまた1つ増えるようだけど、

何かもういいかなと。


正直意味も価値も良く分からないし。

CCIE SP Operationと言われると
 
「え!?それってSPと何が違うんですか?」

と疑問に思い。最後説明を受けて

「へぇー」で終わると思う。


あれは、結局趣味の世界でしょう。


そう言わざるを得ないし、

趣味だからいいのだと思う。


私が、CCIEを目指したころからは

かなり変わってしまい、

まあ、昔にもどることももうない。


何か、CCIEの数が増えるばかりで

価値やインパクトはそれぞれ目減りしている。


まあ、お店を開店してどれだけお客様が

来店するかで最後判断するのだろう。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

権利を主張する前に義務を果たすというのが
大事というのはよく言われること。


この不景気もありどこの会社も利益を出すのが大変な最中
自分の権利ばかり主張するような人材はいらないと判断されても仕方ない。


少なくともこういうことを配慮できないような
発言をするという段階で、もうその人の育ちがわかる。


権利を主張するのは、状況によって大事ではある。
すべてを否定するわけではないけど、
自分が会社にとってどんな貢献ができるかなど
全く1%も考えないとしたらそれはそれでどうなんだろう?


相手の立場になって考えて、それでも反対して反抗するとしたら
それは、ある意味辞める覚悟も持つべきだ。


私は、自分の人生を不幸にしていくのは、究極的には自分だと思う。
他人が私にこういうことをしたとか、
会社が悪いとかいろいろすぐ言う人間は
このことをたぶんわからない。


実際には、自責・他責の両方がある。
でも、すぐ他責の追求をしてまるで害悪のように言う人は、
自責という概念が消失する。

これは、自分も注意しなくちゃいけないなと
頻繁に反省することが多い。


そして、最終的に最後の一線とは自責であって

自分の人生を不幸にするのは自分自身だと思う。

この確信だけは揺ぎない。


すぐ、すべてを他責にしてそれで結論付けてしまう人
そういう人を誰も結局止めることはできない。


社会人になってある程度早いうちにしっかり
こういうことを教わるのは大事で
30歳すぎてだともう目も当てられない。


AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

著作権に絡んだような市場がことごとく縮小している。

例えばCDだが、98年をピークに比較して半分以下になっている。

本も売れない。

DVDも売れない。


ネットで入手できたりするというのもあるし、

作品が小粒で買うにあたいしないというのもあるのかも。


市場が活発でないと、才能ある人材がそこに向かわない。


ロックミュージックは、高齢化してしまって

ビックネームが過去の実績により大きいビジネスをしているが

新規参入という意味ではほとんどない。


小説にしたって、自分も日本の作家の本を買おうとは思わない。


縮小している市場に、夢をもつことはできないから、

とんでもなく驚かされるようなものが現れることもないだろう。


仕組みそのものを変えないと、ずっとこのままこの傾向が続く。


自分がビジネスをしている市場は、全体として横ばいなのだが、

これが半分になることを想像すると恐ろしい。

幸いそんなことを経験したことは一度もないけれど。


これは、持論だが、若い才能が登場できるということが

そのビジネスが活発で魅力があるかどうかのキーだと思う。


一番最悪な例が、政界でまったく人材育成がされておらず

相互に悪口を言いあっているだけである。


選択の余地もないし、層もあつくない。


将来政治家になりたいなんて言っている子供がいたら

やめときなさいと即座に言いそうだ。


AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

モンハン3はたたみ

ドルアーガへ集約した。


2010年は塔の年


去年 Voiceラボもあったので56で

ずっとストップしていたレベルを

少しずつあげて、今は59に。


しかし、もうレベル上げがしんどい。


現在は、

ガーディアン 59
ドルイド 23
スカウト 19

の3キャラでがんばってるが、

まあ、60階まで長い戦いなので

ゆっくりがんばる。


15F、今年は解明されるのだろうか。

コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

この1、2年

結局盛り上がっていたのは、仮想化技術だったように思う。


今も引き続き大きな需要がある。

自分のお客様でもサーバ複数台を仮想化で集約することに

興味があったりする。


サーバリプレイスのきっかけになるので重要なビジネスチャンスだ。


しかし、サーバビジネスの全体市場で考えると箱の台数は減る。

保守費用も減る。つまり売り上げ金額は減る。


そうすると、サーバ技術者の需要が増えていくかと言うと

全体として減るし、淘汰されていくと思う。


つまり、Linux多少さわれますという技術者とか、

Windows多少さわれますみたいな技術者がいらなくなる。


データセンタービジネスが加速すると企業はデータセンターに自社のサーバを

ホスティングして、しかも仮想化で動かしたりすると運用要員も減るだろう。


というように盛り上がっているが大きい視点で見ると

ビジネスのパイは減るんじゃないかという気がする。


サーバエンジニアは、

Unix,Linux,Windowsも全部できてさらに仮想化までばっちりです

というような人ぐらいしか需要として残らないんじゃないかと思う。


ちなみに私はサーバを仮想化で導入した経験がないし

VMWareのノウハウも個人的にはないので、この分野は乗り遅れた。


ビジネスでターゲットが見えれば追いかけるが、

とりあえず、今年は目の前のネットワーク案件や

セキュリティに絡んだ案件を地道に取りに行く。


世の中不景気なので、とにかく地道に一つ一つビジネスに

していくことが目標である。


技術の将来性を見越したアクティビティは実はできてないのだが、

あえて言うとVoiceのスキルアップに邁進している。


シスコで言うところのUCは、ビジネス市場としてはホワイトスペースで

PBXやビジネスフォンが減っても私は困らない。


コラボレーションやアプリケーション連携なども言っていることは理解できる。


しかし、国内シェアが貧弱すぎる。10%も行ってないと思う。


日本市場において急激にシェアを伸ばすという気はしないので

当面動向をうかがってという感じである。


でも、何でも盛り上がる前にスキルは持っていたほうがいい。


あえて言い訳をすると

このご時勢、目の前の飯の種だけであってもすごい大変 ><

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

デフレを実感する時世の中が不景気なんだと感じる。

すき屋の牛丼が280円なのだが、私はすき屋には行かないので実感はないが、

牛丼の値下げ戦争が勃発している。しかし、これは牛丼だけの話ではない。


コンビニがビジネスに苦戦している。理由は明白で値段が高いからである。

たとえばコンビニの弁当など買うより、牛丼のほうがずっと安い。

夕食を牛丼ですませる人たちは当然、コンビニの弁当を買わない。

昼飯や夕食というビジネスチャンスをいかに横取りするかという戦いである。


つまり徐々に全体の問題となっている。


当然、私の働いているIT業界でも値段の叩きあいになっている。

ずっと以前からそうなので、景気が悪くなってその傾向が強まっているのを感じる。


4年に1度のリプレイスというビジネスチャンスを何が何でも横取りするための価格である。


食事の場合は、あきらかに美味しいので少し高くても払うというのがある。

毎日牛丼というのはけっこう苦痛だろうし。


しかし、ハードウェアビジネスは、限界があって多くの機能を搭載していますとか、

この機能がすばらしいですとか言っても、顧客にインパクトがなければ搭載してなくてもいいのである。


しかも、その機能が唯一であって、ニーズがあって、

かつ売れるところも1つだけとかいうことはないので

実際厳しいと思う。


箱売りの限界は以前から言われていることだ。


新製品が出ると定価ベースで安くて性能も良いとする。


もうその時点で売り上げが減るということを意味している。

ソリューションという言葉も、もう最近皆使わなくなった。


私は古いビジネススタイルの中で育っているので、

やっぱり顧客に目を向けるべきだと思う。


そこに必ずビジネスの需要があるのだから。


プロダクト単体での付加価値は難しく、他社だっていずれ追随してくる。


個人的にはちゃんと動いてトラブルが無ければ、

どこの機器でも良い。


働いている会社の売り上げになればいいのだから。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

少なくとも、社会でけっこう働いて生きてきたわけだが、

基本的に社会で生きていく術は、

1番最初の会社で教わったと思う。


よって、私はいまだに一番最初に就職した会社へのこだわりがある。


学校では誰も何も教えてくれなかったとは言わない。

そもそも教わる気もなかったから。


世の中のことを学んだという意味では、

フリーター時代に、下北沢界隈で飲んだくれていたときだと思う。


じじばばという宗教に入っていたので

そこのマスターから良くありがたい教えを受けたものだ。


とってもすばらしく究極と言えるお店だった。


下北界隈には、もう伝説的な店はないような気がする。

全盛期に自分はあそこにいた。


振り返って思うのは、全盛期というものを逃さないことが大事だと思う。


ネットワーク技術の全盛期はもう過ぎたのかもしれない。


CCIEの全盛期も過ぎただろう。でも全盛期に僕はそこにいた。


そろそろ、次の全盛期に遭遇したい。

きっとそれがおもしろい。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

すごく抽象的な質問で答えずらいが、

結局、取得しようとする側、受ける側はまともな意見が多い。


https://learningnetwork.cisco.com/message/47896

読んでいて、やっぱり普通にそう思うよねと共感する。


leaning network japanのコンテンツだが、個人的にはイマイチで

ややKY感が漂うが、見ているほうはまともなことを言っている。


こういう意見が普通に出てこないと、もう終わっていってしまう。


自由に意見を募っているというスタンスに関しては

ニーズの把握という意味では共感する。


あとは、こういう意見からどれだけ変化できるかにかかっている。


私も人知れずコメントしてみた。

より良くなって欲しいなと素直に思う。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

http://news.livedoor.com/article/detail/4446798/


このニュースの影響で宝くじを買ってしまった。

しかし、当たっても6000万円らしいから辞められない。


日本の当選金額は少ないような気がする。


このニュースのようなことはとても㍉。


もし、私がジョンさんだったら、

辞める時に言うだろう。


「われわれが辞めるので

他の人をかわりに残してあげてください」と。


宝くじがあたって集団でこういう行動に出ましたというのが

非常に興味深い。


日本で3億当たった人に何の興味も持つことはできないのだが

やっぱり当選金額の問題なのか日本人だからなのか良くわからない。


私が10億当選したら、そりゃもう木端微塵なわけだから、

何をしでかすか面白いと思うんだけど。


でも、絶対に失敗しそう。


無駄使いしたので、節約しないと。


コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

小学校に電車で通っているある日、駅を乗り過ごしてしまった。

次の駅で降りて反対側のホームから、電車に乗るのだが

とても満員の通勤電車なので、

小さかった僕は降りれなくなりそうだった。

誰かが助けてくれて降りることができた。


当然授業に遅刻した。しかし、この理由を上手く説明できなかった。

思うにクラスに、これを理解できる子供は一人もいなかった。

教師に説明すると長くなりそうだった。


何か自分の中で歯車が狂っていくような感じがした。


私は小学校の後半から高校まで夏休みの宿題というものを

ほとんどやった記憶がない。

夏休みが終わって学校に出てきてやってない

人間というのはけっこういるのだが

その後もしぶとくやらずに、無かったことにしてやろうと思った。


借金を踏み倒すようなものである。

このライフスタイルを貫いていて

教師がキレた。

個室に監禁されて終わるまでそこでやれと言われた。

通常の授業は全部うけない状態である。

朝から授業中眠ってたから賢い選択かもしれない。


もしも僕がミサイルランチャーを持っていたら

間違いなく、学校と教会に撃ちこんだだろう。


そのくらいこの2つの存在は、僕には許し難いものだった。


特に高校時代だが、ものすごい反抗的で相当担任とぶつかり合っていた

その後、彼は数学の教師だったが胃潰瘍になってしまった。


学校生活の中で真実を言っていた

教師は小学校から数えて2人しかしらない。


他は全部ゴミだった。くだらない話を聞きたくなかった。

嘘ばっかりつきやがってと怒っていたのだが、

今思うに、彼らの人生にも教育にも何の説得力はなかった。


人が嘘をついて失うものそれは説得力だと思う。

わかりやすい例では、教会の牧師がセクハラをしていたら

もうそれまでのすべてにおいて何の説得力もないはずだ。


社会に出て、やはりこの人の行動や言動は説得力があるよね。

だって人生でそれをちゃんと証明している。戦っているというのは

大事なことだと思う。


今は大人なので、この多くの嘘に満ちた

病んだ世界を仕方なしとしているが、

説得力の価値だけは変わらないと思っている。


学生時代、若かった僕はとにかくすべての腐ったたわごとを許せなかった。


今も受けつけないが、あの頃より多少温和になった。


学校生活から脱出して私は繰り返しこの歌を聞いたものだ。


http://www.youtube.com/watch?v=5vHKJGMawow


歌詞はとても的確だった。


コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。