いつも木端微塵

ギタリスト:テリー木端の日記。音楽的影響:King Crimson,XTC,Japan,Joy Division,The Smiths,Morrissey ギターは、80年代フェルナンデスのThe Revival、Tokai SEBレスポール木端モデル。
連絡先:postmasterアットmorrissey.jp


テーマ:

spike


家に帰ったところで落ち着く暇もなく賞金クビを追っかける。

今日の稼ぎは800万ウーロン。

これで肉なしチンジャオロースが食べられる。

気のせいか指のマメが悪くなっている。フェイが中国娘を撃退したのだが、

その後シューティングで海の藻屑と消えた。

今日はこのくらいが限界だろう。

もしかしてドラクエ以来のはまりかた?

終わらない夢を見ていたいんだ!

以上終わり


AD
コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

あっしはしがない賞金稼ぎ。賞金クビをおっかけて星から星へと旅をつづけておりやす。


今日も激しいバトルのために指を痛めました。(マメが)


旅と言えば、良く海外旅行はお金がかかると言いますが、国内旅行も十分お金がかかります。


ホテル代、移動費とばかになりません。それなら、少しお金をたしてピークをはずして海外へ行くというのでもそんなにすごい差がないということにもなりやす。


よって死ドニーはピークをはずしていく予定。


ちなみに生まれも育ちも江戸っ子のあっしは、意外に東京のことを良くわかってなかったりします。番犬さんが、観光地に住んでいるがその場所に全く興味なしと言っていたのはすごく良くわかります。


例えば、東京で泊まるホテルはどこがいいか?ときかれてもすごく困るわけです。


だって東京に住んでいるのでホテルにまず泊まらないので。


しかし、深夜まで作業があったとき東京のホテルに泊まりました。


そこは値段も安くて、その割に奇麗で豪華な感じもしてお勧めなのです。ポイントは楽天トラベルから予約することです。日によっては7500円とかで泊まれます。


ホテルは、こちら。


http://www.sunroute-shinagawa-seaside.com/index.html


江戸に来られるときは皆さんどうぞ!

AD
コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

networker

今週はずっと体調を崩していた。風邪を引いたのだが、これが夜つらいのである。夜咳き込み朝起きるのも辛い。しかし会社ではけっこう平気という状態だ。

そろそろ僕の死期が近いのかも。

何だか最近思うように物事がいかずストレスフルである。

今日は英会話も休んでしまった。勉強もせず何とゲームしてしまったのだ。

これである。

http://www.bandaigames.channel.or.jp/list/ps2_cowboy/character/01.html

いつもながら、せっかく賞金クビを捕まえても器物破損で出て行くお金がすごく。

いったい何のために命かけて捕まえに行ったの?状態で笑える。

これがいいのである。Cowboyの真骨頂。

しかし、1面クリア(懐かしい表現)にやたら手間取る。

僕は達人のはずだったのに(クソ)。。。。。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

他の人のブログを読んでいて驚くことがあった、けっこう自分と似ていると。ちょっと驚いた。その人に僕は1度だけたぶんあったことがあるのだが。けっこう前からたぶんこの人じゃないかと思ったのだが、コメントも受け付けないし連絡先も無いおもしろいブログなのでただ読んでいる。

こういうのも面白い。似ていても全く別の道を行っているのだから、不必要に刺激する必要も無いだろう。けっこう苦しんできている人なので幸せになってもらいたいものだ。

あの場所にあんなふうに来る人は皆そうなのだから。

僕も僕の道を行く。精一杯行く。

わかったことがあって

嘘で無いとういことは=真実であるということではない。

多くの人が嘘じゃないだから真実だと言いきかせたいし、自分を擁護したいのだ。

でもそう甘くは無い。

嘘じゃないよね。でもさ、絶対に真実と言い切れるか?では、なぜ?そういう疑問が生まれるのだ。

真実は、兵頭さんの神が降りてくると言う言葉があるように果てしなく遠いような気がする。なんというか別に試験やCCIEに限らず、例えば命がけのレースとかもそうだろう。死ぬか生きるかの中でトップに偶然おどりでるようなそういう世界。

僕にも何度かそういう全く持って奇跡的な瞬間があったように思う。生まれてきて良かった。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前にも書いたかも知れないのだが、僕の名前はとても言うのが難しい。外国人から名前はと聞かれるときいつも困る。


彼らは1度聞いたぐらいで覚えることができない。


僕はいつも書いている。自分の名前をあらかじめ書いたものを持っている。


名刺があればそれを渡すし、なければ予め書いておく。


それでも彼らは忘れると思う。でも今はそれで良いと思っている。一部の人は忘れないし。


僕は自分に英語のニックネームをつけようなどとは思わない。自分の名前を変えようとも思わない。


僕の父親は自分で勝手に他の名前をつけていたような気がするが、すごく抵抗があった。なんというか潔くない気がした。


まあ、あんまりひどい名前をつけられたならそれもありなんだとは思うが、何と言うかコンプレックスの中に埋もれるような気がするのでやりたくないのである。


つまりあるがまま受け入れるというか。


だって、そもそもすべての人間の名前は、親が勝手につけた名前なのである。自分で好んでつけた名前ではない。自分で好んでつけるにしても、それはあとからすることだ。


僕の名前は言うのが難しいが一部の人は覚えてくれている。ジュリアもデヴィッドもたぶんモリッシーも


友達100人つくるために生きているわけじゃない。だからそれでいい。


しかし、彼らがもし忘れたら僕は不平を言うだろう。


You forgot me. Remember me 」

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

知らないうちに励ましの言葉をいただいていた。

http://ameblo.jp/cisco/entry-10005516778.html

TOMOさんのブログである。

きっとCCIEに合格される際に、こういったコミュニケーションのすべてが良い想い出になるのだと思う。

僕もまだまだこの程度で終わらないでしょう。

ニュータイプなので。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

実はけっこうダメージを受けている。仕事でショックなことがあった。

一生懸命時間をかけて努力したことが無残な結果に終わった。

冷静に考えて自分ではどうすることもできなかった。

僕の問題じゃなかった。だから努力してもどうにもならない。

仕方ない。こういうこともある。でもダメージもある。

すごくストレスになっているのだ。

http://main.health.msn.co.jp/mind/check/index.aspx

ストレスチェックをしてみたところ、専門の人に見てもらったほうがいいとか言う結果になった。みなさんもチェックしてみましょう!

不死身のnetworkerもそろそろ年貢の納め時か。

引き際は潔く、引退のときか。

我が「感涙富士コミュニティー」は永遠に不滅です。

以上終わり

コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

fuji1

英会話の教師が変わることもあり、振替え分として


イギリス出身のLisaの授業を受ける。


彼女が目を輝かせて着物の話をしてくる。


着物レッスンを受けているのだ。


なんでも外国人は自分だけで、日本語がまだまだ駄目なので


苦労して会話しながら着物の着方を教わっているのだ。


彼女は当然、富士に登り、朝日を見ている。


カナダ人のalexは、何と富士に5回もの登っていて富士に登るなら


いくつかのrecommendationがあると言う。5回?。。。。


君はカナダ人だろうに。。。。


彼は相撲が好きでしょっちゅう相撲を見に行っている。


Lisaは、着物のことを熱心に英語で僕に説明をする。


三味線がどうのこうのと、着物の着方を覚えたら着物を着て


歌舞伎を見に行くという。歌舞伎を見たことがあるか?ときかれても


当然ないのである。彼女の着物の話も僕にしてみれば知らないことばかりである。


またもや、日本人として恥ずかしいと感じたのでそれを言うと


Lisaは自分の生徒のほとんどが着物なんて着ないし、歌舞伎も見たことがないし


富士山にも登ったことがないという。


たしかに、会社で隣に座っている人間が、富士だーー!!と言っても


歌舞伎がどうのこうのと言っても勝手にすれば。。。。と思うのだ。


しかし、このシチュエーションだとそう思わないのである。


なぜなら、彼らは純粋に日本の文化に対して興味を持っているのだ。


それならば、日本人としては、welcome! では、いろはを教えましょう!


というスタンスが人の道のような気がしてならない。


とにかく複雑な心境である


僕がどう感じているか何となくだが伝わるのではないかと思う。


そしてこれは、僕を少しずつ変えていく。


彼ら、外国人は日本人よりも日本人であるような気さえする。


いつか、Lisaが知らないイギリスの伝統について目を輝かせて話したいものである。


Lisaこれ知っている??みたいに。逆襲である!!!


番犬さんの情報だと、富士に500回とか、1500回とか登っている人も存在するらしい。


僕としては、alex5回で


すでに十分にトリプルCCIEの兵頭さんと同じかそれ以上に遠い存在なのだが。


あの山に5回も登るなんて精神的に逝ってるとしか思えない。


500回とか1500回とかになると、もはや富士登山も裏庭でひなたぼっこのレベルだろう。


CCIE500回とか1500回とか受けたとしたら(お金の問題は別として)


シスコ機器でちょっと遊んでくる!という状態だと思う。


何がきかれても設定できてしまうだろう。


僕も早くプロの登山家からエキスパートの登山家になりたいものである。


Cisco Certified Fuji Expert(CCFE)になる予定である。


山頂で富士の写真入盾をもらいたいところである。


すみません、書いていてアホだと思いました。。。。。

コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

何と今日ある人のメールで知ったのだが、TOEICが変わるらしい。

そういえばそんなこと誰か言ってたっけ?

ブログ「TOEICを生きる」の執筆者としては反省しなくてはいけない。

良識ある読者の方々はとっくに知っていたことだと思う。

じゃ、何が変わるの?

WEBを見ているとあった。

http://www.toeic.or.jp/toeic/new/new01.html

唖然とした。こりゃ難しいだろう。

点数落ちること間違いなしである。

びっくりした。まあ、僕は受け続けるのでやれるだけがんばるだけだが。

ちょっと辛い。

英語に自信がある方、TOEIC900点以上という方にはぜひ受けてもらいたい。

点数が落ちるかどうか知りたい。僕は落ちると思う。

来年は波乱だ。

でもとりあえず今は来月に集中!

コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

他のブログを読んでいると、最年少CCIEは、24歳らしい。

まったくもってすごい。頭が下がる。

でも比較しても仕方ないので自分は自分である。

しかし、ちょっと意識して最年長CCIEを目指そうかと思う。

例えば、61歳で5つ目のCCIEにチャレンジしていますとか。

そっちのほうが、たぶん、24歳でCCIEとるよりずっとつらいと思う。

いろんな意味で逆境である。若いときのチャレンジってある種当たり前だと思う。

歳取ってからのチャレンジのほうが尊敬する。

この人もう2度とチャレンジしないんだろうなと思える人がたくさんいる。

別にCCIEに限ったことではない。

努力して自分ができないことができるようになるというような意味合いである。

歳を取れば取るほどそういうことを多くの人がやめていくのである。そして偉そうにえばって他人のことをああでもないこうでもないと言うのだ。

あげあしとりになっていくのである。そしてそれが顕著なのがやっぱりこのIT業界な気がしている。僕はそういう恐ろしく了見の狭い腐ったものは嫌いだ。

兵頭さん、kazuさん、TOMOさんなどのブログを読んでいるとホッとするのだ。

コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。