いつも木端微塵

ギタリスト:テリー木端の日記。音楽的影響:King Crimson,XTC,Japan,Joy Division,The Smiths,Morrissey ギターは、80年代フェルナンデスのThe Revival、Tokai SEBレスポール木端モデル。
連絡先:postmasterアットmorrissey.jp


テーマ:

今日何とか70-291合格しました。
70-290ではありません。


相性が悪すぎるので先に70-291を受けたところ
一発合格でした。738点と言う微妙な点数ですが。


忙しくて勉強は2日ぐらいしかしてなかったです。
シュミレーションなどは自分の考えでやりましたが
1問は確実に間違ったように思います。


でもネットワークインフラなので
ネットワークエンジニアの僕が受からないというわけにも
行かないでしょう。


教訓:僕にノーと言い続けるものをムキになって攻めない。
距離を置く、他のものから攻めると勝てるかも知れない。


次は、70-227とか行こうかとも思っています。
とはいえいつまでも70-290から逃げられないです。
まあ、ぼちぼちやります。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

いろいろあるのは幸せ。

良い人に知り合えるのは幸せ。

ちゃんとした考え方に接することができるのは幸せ。


井の中の蛙が、井戸の中だけで物事の価値をかたるのは不幸。

大海ではもっと違うかもしれないのに


白い花の道をーーーー
風のふるさとへーーーー

つれてゆくのね♪

つれてゆくのね♪


シスコの死ドニーへーーーー

つれてゆくのね♪

つれてゆくのね♪

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

1度脱落すると中々その世界には戻れない。


これは、人生すべてにおいて同じである。
脱落すると言うのは、その人間の意志である。


厳しい言い方だが、チャレンジする気もなければ
持続する気も無いのである。


そのくせしていろいろああでもない、こうでもないと
言い訳をくりかえし、能書きを垂れて自己弁護する奴がいる。


「お前さ、だってチャレンジする気ないんだろ?」

以上終わりである。


チャレンジしないことを悪いとは思わないが、1ついただけないことがある。


ああでもないこうでもないと言い訳たれて自己弁護するところである。

これは人として辞めてもらいたい。醜い。
己をわきまえて潔く引いてもらいたい。


チャレンジして闘っている人間からしてみるとものすごく醜い。


その気持ちは偽りだった。その結果だけが残る。
そして自分の弱さを振り返ってあとは自分で自分の人生を考えて
生きればいいと思う。それを変に正当化するのは絶対に間違っている。


1人で孤独に闘っている人間がまだ残っているのだ。
必死に闘っている人もいる。

その人たちに失礼だ。


自分で自分の駄目な部分を認めるだけの許容の広さは持ってもらいたい。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

もしかしたら僕が基本的なことを忘れているのか

わかっていないだけかも。


でも、IS-IS(アイシス)において
L1とL2で同じルートをもらっているなら
L1優先とういのはわかるのだが。


L2を優先したい場合はどうすればいいのだろう。


L1とL2でadministrative distanceが別々に設定できればいいのに。
Juniperでできることがシスコではできないのだろうか?


教えてーーおじいさんーー♪
教えてーーおじいさんーー♪

教えてーーーーアルムの森の木よーーーー♪

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

moomin


ムーミンの発言

「目的にむかってがんばっているときは、苦しいこともあるけど
楽しいんだね。」


「この仕事が終わったらいったい何をすればいいのだろう?」


スナフキン「何か他のものをみつければいいんですよ。」


何となく印象に残った。こんな感じ。


がんばるぞ!




コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

作業も今日になってトラブルがあり、
宿題をもらってしまった。


しかたない。僕の問題ではないのでメーカーに問い合わせする。

ややつらくなってきた。


いい感じで追い詰められてきている。
ちょっと黙って闘う時が来たようだ。


Do Your Best and Dont Worry!


僕もがんばらないと。


兵頭さんは相当がんばっている。
次の死ドニーではきっと神が微笑んでくれるだろう。


僕ももう少し自分を発展させていきたい。
このままではいけない。


今の状態に満足したらもうその先はないのだ。


でも心から望んでいるのは、真に安息の時。
それはきっと瞬間にしかないような気がする。


少なくとも今までの僕の人生においてはそうだった。


その瞬間を幾度となく求めてさ迷っているようだ。

そんな風にして長いことさ迷っていると感動麻痺になる。


そんなくだらないものに満足できないという
死に至る病である。(笑)

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「CCIE」


この4文字の存在は大きかった。
もちろん今でも大きい。


しかし、なる前はまるではるか彼方にあるような
気がしてつかみどころがなかった。


僕はCCIEになってからもCCIEから解放されなかった。
1年前に現場にもどりようやく解放された。


ようやく僕がCCIEであることを周囲も忘れた頃だろう(笑)
しかし、また受けることになるとは思わなかった。


CCIEも人なので、当然死ぬし、
鬱になって働けなくなることもあるし、
自ら命を絶ったりする人間もいる。
だから考えてみると儚い。


これは事実なので事実として書いておく。


僕は様々なCCIEを見ているし接している。


儚いとはいえ、
もちろん名刺にロゴが入っているので
お客様に提案説明したり、案件を手がける際は
重い責任を感じるし、意地もあるしプライドもある。


いい加減なことは絶対できない。


CCIEでいい加減なことやっている奴がいると馬鹿じゃないの?
と思う。


それは、知らないことがあるとか判断をあやまるとかそういう次元ではなくて
無責任な対応ということだ。


人なので当然ミスもあれば知らないこともある。


無責任とか不誠実とか別の次元である。
それは論外だ。まあ、他人のことをどうのこうの言っても仕方ないので
自分の仕事についてがんばるようにはしている。


CCIEになって手に入るのは、盾だけだ。
それもそんなに豪華な盾ではない(笑)
豪華であれば良いということではないが、どうってことはない。


しかし、思い出は残ると思う。


CCIEになったときは声をあげて喜んだ。
プレッシャーもあったがうれしかった。


実はさらにもましてうれしかったのはRHCEだ。
これは、生まれて初めてのラボ試験で
Redhat 6.2→7.1に上がって初受験で社内には情報が0だった。
半分以上は落ちると当時聞いていたのと
今ほど人数もいなかったし、とにかく情報がなかった。
合格したときの安堵感は一生忘れない。


上司から落ちたらまた受けろ。乗りかかった船だと言われた。

この「乗りかかった船」という言葉が僕の人生をその後大きく変えた。

「乗りかかった船」は何とかしなくてはいけないと
いまだに思うし、ものすごく僕が弱い言葉である。


もしあなたが、この「乗りかかった船」
という超最強 暗黒呪文をかけられたなら
きっと私のようになるであろう。


そのくらいやばい呪文である。


もし、メンバーがもう富士なんて行かないと言い出したなら
僕は唱えるであろう。この暗黒呪文を


先人の偉大なる教えを伝えよう!

「乗りかかった船!」


以上終わりである

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日から今日にかけて東京は台風。
今は茨城を北上中らしい。


昨日は、家に早めに帰った。

勉強だと思いきや気がついたら眠ってた。
気を失ったに近いかもしれない。
いつ眠ったか覚えてない。


実は、台風の日に大きなニュースが飛び込んできた。
まだ油断はしないが。


僕は11月12月の予定をほぼ全面的にキャンセルした。
激動の変化が来るかも。


母親から旅行の話なども出ていたが
今は一切予定はいれられない。


それ以上のことが起きそうなのだ。
しかも全く予想外だった。疲れる。

人生とは本当に予想外で
いつも予想が外れる。


あと、できたら12月に死ドニーチャレンジをしたいと思う。
実はかなり無茶なことを考えている。


兵頭さんは10月3日に死ドニーリベンジだそうだ。

僕が一番出遅れている。
地道にがんばらないと。


仕事も地道にがんばる。


会社でのスタンスで僕が1つ共通している考えがある。

会社は自分のことを考えてくれない。

でも考えてくれる人はいる。

僕は考えてくれる人のことは考える。


自分のことしか考えず、都合のいいようにしようとする

人たちのことは考えない。考える必要が無い。


僕も自分の人生を発展させたい。自分の利益につながるようにしたい。

会社にはいろいろな人間がいる。いろいろな考えの人。立場や状況も違う。

それを尊重できないと信用という言葉はなかなか難しいと思う。

コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

家に帰ってきた。勉強だ。がんばらないと
来月はTOEICも受ける。これまでのように右肩上がりを
維持するのも難しくなってきた。


MCPも受ける。


仕事も忙しくなり今週末はひさしぶりの作業だ。


また、いつまでも兵頭さんにばかり死ドニーに
行かせるわけにもいかないのでCCIE SPの勉強を始める。


しかし、気がついたのだが随分と感が鈍っている。

全盛期の自分から比べるとちょっとそれずれているだろう
というようなところもあり辟易してしまった。


思い返せば何と!4ヶ月間近くCISCOのルーター、スイッチに
触ってないのである。


ひどい話だ、こんなことありえるのか?ありえる!!


しかし、何とか光明も見えたのでキャッチアップすれば
いけるだろう。


感を取り戻さなくては。


その昔、CCIE R&Sの世界に関しては
日本中の誰にも負けないぐらいの自負があったのだが
あの時ぐらいの全盛期の自分に戻りたい。


がんばろう!

コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。