いつも木端微塵

ギタリスト:テリー木端の日記。音楽的影響:King Crimson,XTC,Japan,Joy Division,The Smiths,Morrissey ギターは、80年代フェルナンデスのThe Revival、Tokai SEBレスポール木端モデル。
連絡先:postmasterアットmorrissey.jp


テーマ:
MILES OF HOMES by pony club.

There s miles and miles of rows of empty family homes

I want them to be right.
I want to hold them close.

Now you ve wrecked my heart.
Now you ve wrecked my home.

And i want things to be right.
But somethings never are.

And i want things to be right.
I havent got the heart.

Now you ve wrecked my heart.
Now you ve wrecked my home.

Family business on sale

http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1893331
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
友人もテーマにしていたことなのだが、、
僕は毎年何か新しいことを始めるとか
目標を持って日々努力してとか大切にしてきた。

どちらかというと性格からいっても有言実行型で
責任感も強かったと思う。
後輩からも、行動力はすさまじいですよねとか
言われるし。

特に研究とかさせるとやばいと思う。
かなりはまっていく。

僕は文系でも体育会系でもない。そもそも大学行ってない。

性格的には武闘派である。
言ったらやれよな!やらなきゃ蹴るよ!って感じである。
あくまで、あえて分類するならばだ。
もちろん人生にはやれないこともあるんだけどね
そのときはごめんなさいだ。

また、追い詰められている自分を客観的に見て楽しんでいるような
ところもある。
自分が苦しんだこととか辛かったことを他の人もしていると
うれしいと感じてしまう。
にこやかに話しかけて、いやーあれつらいんですよーーーとか
言っている自分がいるし。

やりもしないで能書きたれている奴見ると後ろから
蹴ってでもその世界に落としてやりたいとさえ思うことがある
こう書いてみると最悪だ。。。。。

目標をいくつか掲げて自分を追い込んでいるがこれは
間違っていると思う。そもそもである。
目標が10個も20個もあったらそれは本当に目標か?

僕も6つとか掲げたが当然プライオリティーに差が出るし。
6つ全部達成するよりも1つに命を懸けたほうが僕は成果が出ると思う。
しかし、それほどまでに命を懸ける1つというのがいろいろな意味で難しい。

タイミングもあれば他者が絡んだりして思うようにいかないこともある。
どちらかというと自分の努力だけでやりくりしてなんとかなるようなものは
すべて楽だと思う。
そういう意味でも目標設定というものをしっかりできていないと
僕は反省している。

僕は目標を1つに絞ることをどこかで恐れているんだと思う。
つまり臆病者である。それが駄目になったときを意識しているのである。
目標をたくさん掲げる奴など多かれ少なかれこの傾向にあると思う。

言いすぎかなあ。。。。。。

例えばである、僕がある女性がすごく好きになってその人
と結婚するのに命をかけるとする。
どういうわけか、ものすごく犠牲を払わねばならず、
仕事もお金も失ってまで努力しなくてはならないとしよう。
そうするとそれが駄目になったら??

すごく極端な例だが、なんというかこういうことを恐れるから
目標が絞れないのかなあと思い始めてる。

また、目標を1つにしてそれ1つに打ち込むということは
そこで成果を出せたとしてもそれ以外のことでは成果が出せないということを意味している。つまりできるということはそれ以外できないということを表してもいる。かと言って何から何まで皆できますなんていうのはなかなか難しいし苦労や苦しみがないと人は愛着がわかないような気がする。

つまりやっぱり絞るべきなのである。そして1つとは行かないまでも3つぐらいが妥当だろう。そして必ず成果を出す必要がある。
成果とは?

たぶん、どんなに苦しくてもつらくても、面白かった楽しかったとか
幸せだったとか感じられなくちゃいけないのである。
そうじゃないと辛い。以上終わりになっちゃう。

何書いているんだろう、、うーんと
つまり僕見たくがんばっているとはいえ、もはや何が何だかわけわからず
時折意識が朦朧としているのは良くないと思う。

落ち着け!ラブアンドピースだ!

以上終わり。
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
緊張感が走る。

とうとうWEBに日程が、、、、

がんばらないと。

http://www.juniper.net/training/certification/
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
8時30分ぐらいに目を覚ます。
寒い、、、、東京にいても何でこんな寒いんだ。

昨日は体調が悪かったので洗濯機に洗濯物
放置状態。
こいつを乾かさないと明日困る。

僕は乾燥機持ってないのでコインランドリーで乾かす。
その間この日記を書いている。
はやく乾いてくれないと会社いけないんだけど、、、、

昨日は日記書いた後何と押してはならないボタンを押してしまい
冒険の始まりである。。。。。
1時間ぐらいやる、どうしようもない王子の子守から
ようやく開放されて鏡も手に入れた。

しかし、今日、明日は勉強しないとまずい。

乾燥機をかけてから町を少し歩く、パチンコ屋の前で
この寒い中並んでいる人たちがいる。
理解できんなと思いながら、はたからみれば僕がイギリスやアイルランド
でやっていることも大差ないかと思った。

お金が儲かることはないまでも、パチンコやる連中にしたって
それはそれでそれなりに楽しんでいるのだろう。

昨日は、ドラクエやってたらまた気持ち悪くなってしまい
そのまま倒れるように眠る。
しかし、何か体調は復活の兆しだ。

よし2日ぐらいならデスマーチに耐えられるだろう。
がんばれーーーーー
でもいい加減にこの人生なんとかしたい、、(涙)
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
旅行記12月20日

さて、今日のモリへの一言。

あのー、やっぱり、寒いんですけど(涙)





ホテルで眠るもののやっぱり深い眠りというわけには
行かない。それに疲労もかなりたまっている。
6時30分ぐらいに起きて、7時過ぎにホテルを出る。
さすがに寒い。まだ暗い。

1時間以上時間かけてポイントシアターに向かう。
昨日と同じ道順だ。
会場まであと30分ぐらいというところで前からとことこ
歩いてくる人がいて、

ん?あ、ヘレナだ。
彼女に話しかける

「もう会場に誰かいたか?」
ヘレナ「うんうん、誰もいない。」
「何時からいたんだ?」
ヘレナ「6時30分から。」
「。。。。。。。」
ヘレナ「凍えてるので一回ホテルにもどるの」
「わかった僕は会場に行くよ。」
ヘレナ「わたしの場所もキープしておいて!」
「ok」

雰囲気的には彼女の必死さにびっくりして、御意にって感じでした。
僕が8時30分ぐらいに会場につくと何ともう人が来ている。
何!!!
6人もいるぞ(汗)

モリッシーもアルバムが売れたせいか、
こういうことになったのか。
はあ、僕も次回は6時30分だな。

会場の外の門の前で座り込んで待つ。
アメリカ人3人、オランダ人2人、イギリス人1人
あとから聞いたらカルロスは5時30分から来てるという、
お前ら、、、、、おかしいだろそれは、、、、

じゃあ、僕は4時30分に行けばいいのか、、、、
しかし、実際本当にその時間に来たかはわからない。
だって誰も見かけないだろうから(笑)

ポイントシアターの人が会場内部に柵を作り出す。
僕らは少しずつ中に入れる。
徐々にいつもの面々が集まってくる。

ヘレナは、僕が場所をとってるから安心したのか中々
戻らない。うーんいいように使われているような、、、、
10時ぐらいまで彼女の場所をキープしている。

近くにガソリンスタンドがあってそこの中にコンビにみたいな
お店がある。コーヒーを買ったりスープを買ったりした。
何とか体をあたためないと身が持たない。
トイレもそこで借りた。

そのときの写真がこれ。
ヘレナはまだ戻っていないのと僕も写ってはいないが。
あと午前中だったのでこのあと書こうと思っている
日本人の女性も写ってはいない。

全員名前を知っているわけではないが、
古くからの仲間もいる。
右から マリリンスー(彼女にデヴィッドツェンを紹介してもらった。
99年はじめて出会った。)
クリス(彼は良く知らない)
リンダ(ジュリアから紹介される、ブライトンでは彼女は僕の隣だった)
イアンハミルトン(彼は古くからの友人、モリッシーにも会っていて
モリッシーのファンの中では有名だ。)
あと、前回も写真をつけたマルコ、ウォルター。

Dear,lovely friends.

Why do you come here?
Why do you hang aroung?
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,


I m so sorry:)

...............ask me why
i ll die.
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
季節はずれなタイトルだが、
インターネットでさんざん検索するものの
CDは買えそうにない。
ウィンドウズメディアプレーヤーのフォーマットなので
MP3にコンバートする。
これでIPODに入る。
とりあえず一安心。

こんなことしてていいのか、、、、(とほほ)
でも美しい曲で心が落ち着く

追記:どうやらクリスマスに家族のもとに向かっているが
車が大渋滞という歌みたいだ。貧弱な英語力で一生懸命聞き取る。
最初の、トラブルトラブルってのもそれでわかる。

なかなか思うようにいかないクリスマスっていう美しい歌。
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
下見時のポイントシアターの写真

What did you expect by pony club.

(listen to the songs from this link)
http://www.ponyclub.tv/audio.htm


4.59 am I cant sleep again.
5.01 am and this night will end
like the rest of them
What did you expect
Can you face yourself
And be satisfied
What did you dream of
Was it bitterness
Was it beautiful
What did you expect
Was it skies so blue they made your anger dull
Whad did you dream of
Was it nights so still
You hoped you would not wake up

I never did enough
I never did enough
I never did enough

よく眠れない。。。。
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先週から意識していたが、今日は限界がやってくる
体調を崩してしまった。英会話欠席。頭痛もひどい。
薬もないのでひたすら眠る。
まあ、僕が死んでも誰も気がつきはしないだろう。

やっぱり金曜日頭使いすぎたのが良くなかった。
ただ、トラブルの落としどころは見えた。
それ以外のトラブルも連発したがなんとかめどがついた。

そうすると緊張の糸がプッツン!
起きれなかった。吐き気もするし。

今は頭痛がだいぶなくなった。
明日はやっぱり会社行かないとやばい。
資料まとめてメーカーに問い合わせしてもらわないと。
月曜日朝一ミーティングの準備もしていない。

しかも無謀にも試験を火曜日に申し込んでしまった。
もう日にち変更はきかない。で勉強は当然してない。

当然、明日体調をなおして仕事が終わったら身を削って
英語の資料読まなくちゃいけない。月曜日は徹夜だろう。

だいたいそんな最中、なんで日記なんて書いているんだ?
順位ひたすら下げているわけだし。読んでいる人間がそんなに
いるとも思えない。

無理しすぎである。やっぱり僕って馬鹿だな(ふっ)

まあいいや。

日記の順位も集計されないのでプレッシャーは減った。
来月からまたプレッシャーである。
自分は自分といっても毎日何位と表示されて
矢印のアップダウンがあれば、さすがに人なので気になるんだけどなあ。

日記を書いているというより日記を書かされていると
錯覚することあるし。

誰か助けてくれーーー(涙)。つらいよーーーーー(涙)

無制限に何も気にせずひたすら眠りたい。
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
うーーーー寒い!
以上終わり!

旅行記 2004年12月19日続き

アイルランドの町は、クリスマスシーズンということもあり
活気があって町もきらびやか。
しかし、僕は町外れの会場目指して歩き出す。

地図を見て歩いていると、町の外れであることを認識しだす。
川沿いをとことこ歩くとそのうち人影もなくなってきて


僕はここで何をしているんだろうみたいな、、、、

だいたい、いわゆる観光とかとは僕は無縁である。
海外もいつも一人旅だし。いつもだいたいこんな感じだ。

他の人の海外旅行の話とか聞くとうらやましいなとか
ちょっと思ったりもする。
自分には良くわからない世界だ。

上手く説明できないが、自分の人生とは違った。
ほとんど無関係であるような感覚。

誰かと観光旅行していろいろなところに行ってとか、、、
良いと思う。否定はしない。

でも僕はそれをしない。いやできないのかも。
どうせ行くところなんてないし、することなんてないから。

モリのファンでアメリカ人のスコットがロンドンで言ってた。
自分は他にすることがないからここで並んでいるって

でも時々思ったりもする夕方から来てシート席に座って
どんなに楽だろうかって。
わざわざ海外に来て日本にいるときより辛い思いしているし。

まあ、どうでもいいや。もっと違ったものを心の奥のほうで
僕は求めている。

さて、歩いていて本当に道があっているのだろうかと
不安になるものの
1時間以上歩いて会場にようやく到着。

BOXOFFICEは真っ暗(写真のように)
誰もいない。うーん。
会場の前は何か別のイベントがやっているようで
人の並びができている。

とりあえず会場は確認できたし帰るか
ダブリン中心部に歩いて戻る。
行くのも、戻るのも時間がかかる。
寒い、、、、

ダブリン中心部のレストランで
フィッシュアンドチップスを食べる。
けっこう美味しかった。

ホテルに戻り明日に備えて眠る。
いよいよ明日決戦!!!

コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。