職場の送迎会に

行った時の話。




人付き合いや

飲み会といった類の集会が

大嫌いな俺。



今回は送別される側だが

どの立場であれ、上の奴にいらん気を遣ったり

無理やり朝まで飲まされるのは御免なのだ!




思えば就職して数年。

ずっと心の中で職場の飲み会は

何かと戦争している気分だった。




しかしそれもこれが最後!

「これで最後だ!必ず生きて帰ってくる!」

と自分に言い聞かせて出発する。




最早Ipodだけが

俺の心のよりどころ、




何で送られる側なのに

こんなに気を遣わねばならんのだ!




いよいよ

目的地の駅に着く。




「はぁ、もう帰ろうかな

 (;′Д`)」



すると駅で職場の後輩さんと

ばったり会う。




何でも駅から目的地までの

各ポイントで何人かで誘導係を

しているとのこと。




この寒い中よくやるよ。

いや、騙されんぞ!



これは俺の逃亡を防ぎ

酒の集中砲火をあびせる為の

罠にちがいない!




いよいよ腹をくくるしかない

しまった!ウコンの力を忘れてしまった。



いくら俺とはいえ

酒の席でIpodを効き続けるわけにも

いかんし。



万事休す!

どうする俺(゚△゚;・・・!! 




もうトイレにでも籠ろうかww




しかし今回ばかりは

違ったみたいだ。




無理な煽りはないし、

好き勝手出来るし、




何というかゲストとして、

しっかりともてなしてくれている。




いつもこういう会合では

相手をもてなすばかりだったが

今度はとんだサプライズ!




いつも俺から

時間と平穏ばかり盗みやがって。




今度こそ無事に生きて帰ってくるはずが

俺は最後にとんでもないミスを犯してしまった。





最後の最後で

奴らに俺の心は

盗まれてしまった!


奴らルパンもびっくりの大泥棒だったよ。

負けだ!完全に俺の負けだ!




こうして数年に及ぶ俺と職場の数年戦争は

終了寸前の見事な盗み技で終幕を迎える事となった。





まあ色々あったが

終わりよければ全てよし!

いい思い出だったという事で




この借りは必ず返す!

いつか奴らの心をこぞって

かっさらってやる!




それまではしばしの別れという事で

数年間、本当にありがとうございました!



























AD