熱党のブログ

世の中、真面目に見てみたい。
リンク、シェアはご自由に。


テーマ:

東京都議会選挙で小池百合子氏率いる、都民ファーストの会が圧勝した。

東京都民でもない人間があれこれ書くのも少し気はひけるものの、ニュースでは「自民大敗!」と国政選挙と同じ扱いで報じているので、ネットでも書いておく。

 

正直、今回、都民ファーストの会が圧勝したことは、東京都にとって最大の不幸だろう。

一言で言えば、「これから落ちるだけ。」

だからだ。

 

ここまで圧勝するとは小池百合子都知事も考えていなかったのではないかと思う。

そして、ご本人が今後の都政運営に頭を抱えているのではなだろかとも思う。

ほとんど新人で、政治の素人や、他党から波に乗ってやってきた、浮き草のような政治家が多いからだ。これを取りまとめるのは至難の技だろう。

さらに、小池氏は一匹狼タイプであり、人をまとめたり、育てたりは得意ではないだろう。

このど素人集団で東京オリンピックを行わなければならないのだ。

これから2年半、東京都はオリンピックに向け、都民や企業の協力が必要となる。

いままでなら、古い狸政治家であっても、その人の人脈や立場を使って、鶴の一言で物事が進んでいたのが、まったく政治にも経済にも素人の方が突然やってきても、企業などそう簡単には動かないだろう。

それをするには、小池氏ご自身が這いずり回るしかないだろう。

 

今回の、一過性ブームは、民主党が政権取ったとき、古くは消費税導入を巡って、社会党が大躍進をした時の構図と同じだ。

マスコミが筆頭に自民叩きを行い、新しい風を吹かせて、民衆をそちらに流すという手法だ。

そして、2、3年後に叩き落とすという、最悪のシナリオがすでにマスコミの中では出来上がっている。

ほぼ死に絶えた社民党、何をやっても支持率が下がり続けるだけの民進党。

行く末は、見えている。

 

持ち上げて、叩き落とす。

これは、マスコミとってとても大事なことなのだ。

政治が長期的に安定すると、購読者が減り、視聴率が落ちてくる。これがマスコミである。

世の中には政治でなくとも、芸能人ゴシップなどネタはたくさんあるが、新聞はそちらは基本大きくは取り上げない。

また、芸能ゴシップや派手な事件などの賞味期限は1週間であるが、政治に関しては、数ヶ月から数年のネタになることが多い。

それらとからめ、2年3年スパンで、大きな浮き沈みをマスコミが作りあげていく。

小池百合子氏は自分が標的にされてしまったことに、今、恐怖を感じているだろうと思われる。

 

都民ファーストの会は、これら、豊洲問題やオリンピックに向け、徐々に叩かれ始めるだろう。

それは、今回新人で議員になった人などから狙われ、2年3年かけ小池氏を追い詰めていくだろう。

 

小池百合子氏は民主党(現民進党)が政権を取った時点の時の首脳陣よりもキレる政治家ではあるだろう。

しかし、ここまでの風が吹いてしまった後は、もう落ちるしかない。

東京都をメインにした地域政党が、どれだけ頑張っても国政で力を持つのは難しい。

大阪維新の会などを見ても、国政への影響力は少ない。

小池百合子氏も、近い将来、最悪の場合、ご自身の師匠である小沢一郎氏のような道を辿る可能性も高いだろう。

ある程度は評価の高い政治家だったために、非常に残念である。

マスコミを上手に使っていると思っていた間に、マスコミの餌食になってしまっていた、というのが実情だろう。

 

 

民主党が政権を取った時などの記憶は新しいのに、どうして民衆はこうもマスコミが作った風にすぐ乗っかってしまうのか。悲しい限りである。

小池百合子都知事となり、非常にクリーンで新しい風が吹いているように見えるが、彼女の政治家としての本質をマスコミは語らない。

優れた政治家ではあるが、新しい風でもなんでもない。小池氏こそ、古い体質の政治家なのだ。

築地移転問題で、石原慎太郎氏の批判もされいたが、今回、豊洲移転の方向性を打ち出す流れをみていると、石原氏とそっくりそのままである。

石原氏であれば、バシっと決定をしていたが、小池氏は豊洲も築地も…というのらりくらした方向性を出しただけで、これから、都民ファーストの会の新人ちゃんが、それの具体的方向性を決めるとなれば、築地のオヤジに怒鳴られるだけで、さらに、築地の跡地利用など進まないだろう。

また、小池氏にはブレーンがほとんどいない。その中で、様々な問題を小池氏一人が動かなければならなくなる。

すでに、都知事となって様々な問題に対して、全部お一人で動いている。

小池氏一人で都内の問題全てを抱えることは無理だろう。

落とされる前に、倒れてしまうかも。

 

 

小池氏がマスコミの餌食になってしまったと書いた。

小池氏ご自身は、その矛先を自民党へ向けさせようとする可能性は高い。

自民党に今のような不祥事が相次げばマスコミもその方向へと目を向ける可能性もあると思うが、自民党に変わって任せられる政党がいない中、安倍首相を失脚させるのは、マスコミにとっても得策ではなく、最終的に国民の興味があつまり、また東京都だけのこととして扱える、小池氏のロックオンは解除しない可能性が高いと思う。

小池氏自身もこれ以上、自民党との溝を作った場合、自身の人気に翳りが見えてきた時に、なすすべもなくなり、悲惨な政治家の末路になることは、ご自身が一番想像できているのではないかと思う。

 

 

これから4年間、東京都は大変だろう。

石原氏が財政を立て直し、世界最高レベルの都市を作り上げたが、逆戻りだけにはならないように願う。

なにより、オリンピックだけは、世界に恥をかかないよう、成功させてもらう必要がある。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

宇多誠一郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。