サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

人様から、お金を貰って提供できるだけの何かを形にするためには、最低でも10年は必要。確固とした専門スキルを持たぬ者が「大事なのはお客様」などと主張するのは持たざる者の言いわけ。それを、いかにして成すかを理解せぬ者が、何をするかだけを決めるのは間違いのもと。


テーマ:

もう十年以上、前の話であるが、



ある年輩の経営コンサルタントから、こんな話を、
聞かされたことがある。



どういう経緯で、そのような話になったのかは忘れたが、
私が大学院 ( 修士課程 ) を出ていると言う話になった時、



「 修士課程までなら、まぁいい、
でも博士課程まで出てる奴は、企業では使えん 」



と、その年輩の経営コンサルタントは、
吐き捨てるように言い放った…。



こういう話は─、



その経営コンサルタントのみならず、
それ以外の場面でも、ちらほら耳にした記憶がある。



その理由は総じて─、



「 博士課程まで行った人間は、
あまりに専門的になり過ぎて、柔軟性がない 」



からだそうだ。



それを聞いた、当時の、
私の印象を率直に述べるならば、



大いに違和感を感じた、
というのが正直なところである。



私も修士課程まで進んだ関係上、
博士課程の者たちとも、接触はしてきた。



その私の目に映った彼らの印象を述べるならば、



確かに─、



専門性に特化した者たちではあるものの、



彼らが、そこに到るまでに培って来た土台は、
決して、専門に特化したものなどではない。



確かに─、



プライドも高く、自分たちは優秀だと思い込んでいる、
一癖も二癖もある連中であることには違いない。



場合によっては、( いや多くの場合… )



指導教授よりも、自分の方が優秀だとてさえ、
考えいるだろう。( もちろん、大人の対応も心得てはいる。)



それを─、



若さゆえの思い上がりと見る向きもあるかも知れないが、



こと─、



彼らに関して言えば、
あながち、勘違いとは言えないのも事実である。



実際─、



指導教授などと言うと聞こえは良いが…、



( 次回へつづく... )
『「 博士課程出身者は企業では使えない 」(!?) 確かに、お前たちでは使えない!』



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフトさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。