サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

人様から、お金を貰って提供できるだけの何かを形にするためには、最低でも10年は必要。確固とした専門スキルを持たぬ者が「大事なのはお客様」などと主張するのは持たざる者の言いわけ。それを、いかにして成すかを理解せぬ者が、何をするかだけを決めるのは間違いのもと。


テーマ:

前回の記事は、こちら─、
『 プログラマーって、こんなに華がない職業だったっけ!? 』



私も、もうソフトエンジニアとしては、
中堅と呼ばれる世代に差し掛かってしまったが、



私の世代で、
ソフトウェアの分野を志した人間であれば、



恐らく『 ウォーゲーム 』(米'83) という映画の、
影響を受けていることは、ほぼ間違いない。



映画『 ウォーゲーム 』というのは─、



いわゆるコンピュータに精通した主人公の、
高校生ハッカー ( クラッカー ) が、



軍司令部のホストコンピュータへの、
バックドアを見つけてしまったことから、



米ソを巻き込んだ騒動を巻き起こすという、



元祖ハッカーお騒がせ (!?) 映画の、
金字塔とでも言うべき作品で、



当時─、



まだ、コンピュータの「 コ 」の字も知らなかった、
小学生の私は、ただならぬ関心を持って、



幾度となく観返したものだ。



しかし─、



その後、順調に (!?) 大学で情報分野を専攻し、



さらに─、



その後も、順調に (!?) プログラムを書いて、
飯を食う仕事にも就いては来たものの、



少なくとも─、



自分の周囲で、実際に映画や小説に描かれて来たような、
ハッカーを体現して行った人間を私は知らない。



それ故に─、



映画等で描かれる "ハッカー" とは、
かくも罪な存在であるとも思える。



もちろん─、



それは、ハッキング ( クラッキング ) という行為自体が、
違法であるという事実は言うまでもないことなのだが



私が思うに─、



それは、ソフトウェア業界におけるヒエラルキーに、
起因しているようにも思える。



どんな業界でも、そうだと思うが、



外部から眺めた印象と、実際の内部の実情とは、
少々、状況が異なるということは少なくない。



( 次回へつづく... )
『 業界を支えている者たちは常に見えないところにいる!? 』



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフトさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。