サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

人様から、お金を貰って提供できるだけの何かを形にするためには、最低でも10年は必要。確固とした専門スキルを持たぬ者が「大事なのはお客様」などと主張するのは持たざる者の言いわけ。それを、いかにして成すかを理解せぬ者が、何をするかだけを決めるのは間違いのもと。


テーマ:

前回の記事は、こちら─、
『「 名選手、名監督にあらず 」の意味を都合よく解釈してないか!? 』



前々回の記事─、
『 自分より優秀な人間は採用しない、ある開発部長の話 』 で述べた、



私が配属されたセクションの部門長も兼任する、
社長と言うのは、もっぱら営業畑を歩んで来た人間で、



一応、業界関係者としての IT の知識も、
多少は持ち合わせてはいたものの、



業界の専門家というには、はるかに、
見劣りするレベルであったことは否めない。



そのような人間を上司に持った場合、
専門知識においては、



こちらの方が圧倒的有利な立場に、
立つことになることから、



そういう点では─、



部下にとっては、非常に、
仕事がしやすい (!?) 環境となる。



発言力のパワーバランスが、どうしたって、
上司よりも部下の方に、傾くことになるからだ。



しかし─、



そのような人間関係は、
例えば、地中奥深くの大陸プレートに、



徐々に負荷 ( ストレス ) が蓄積し、
やがては甚大な被害をもたらす巨大地震ように、



人の外面と本音とを支える支柱を少しづつ浸食して行き、
遅かれ早かれ、チームを崩壊させる腫瘍へと発展する。



その理由はいたって明快で、
ソフトウェア業界の、ある重鎮の言葉を借りるなら、



「 いかにして実現するか? 」
という問いに答えられぬ者が、



「 何をするか? 」
という問いにだけクチを出すというのが、



そもそもの間違いのもとなのだ。



あなたがいま、上司という立場で思い当たる節があるのなら、
自分だけは違うなどとは考えぬことだ。



また─、



自分が部下という立場で、その専門スキルにおいて、
見劣りする上司の下にいるというのなら、



たとえ今が、良好な関係に思えても、
自分の上司だけは理解してくれている、などという考え方は、



( もしあるのなら )、この際、キッパリ捨た方が良い。



( 次回へつづく... )
『 経営の神様は小卒だった… 』



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフトさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。