サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

会社勤めを始めて、そろそろ十年…。いまだ年収は400万円台。自分が勤める中小企業では、この先も大幅な収入アップは考えにくい。周りを見れば友人達が家庭を築いて行く。将来のことを考えると、もう少し収入を確保したい。そんな、サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト


テーマ:

前回の記事は、こちら─、
『 メディアの報道は、実は "風の便り" と大差なかった!』



同様の理由から─、



成功者たちや、偉人たちの言葉を、
安易に引き合いに出すのも要注意だ。



そのような突出した人物たちが、どういった、
前提や文脈の中で、その言葉を発したのかを、



凡百の我々は、正しく理解していない可能性がある。



例えば─、



「 天才は 1% のひらめきと 99% の努力 」



これは、ご存じ「 偉い人 」の代名詞、
発明王トーマス・アルバ・エジソンの言葉だが、



一見、努力の重要性を説いた含蓄のある言葉、
のようにも聞こえるが、



よく読むと、決して 1% の ( 天才的!? ) ひらめきのを、
否定しているわけではないことが分かる。



ましてや─、



ひらめき以上に努力が大事、
と言っているわけでもなければ、



大事なのは努力で、ひらめきなど、
二の次と言っているわけでもない。



むしろ─、



本来の意味は、どちらかと言うと、



「 1% のひらめきがなければ 99% の努力は無駄 」



といったニュアンスだったようで…、



そういう意味では、後世の凡人たちが、
都合よく解釈して受け取った典型例と言えるだろう。



確かに─、



とりたてて優れた才能や能力を持たぬ者にとって、


大事なのは努力であるという主張は、

心地よく聞こえるものだ。


また─、



世界的成功者の代表格、ご存じ、マイクロソフト社の創業者、
ビル・ゲイツの言葉に次のようなものがある。



「 Windows にどんな機能がついているべきかを決めるのは、
誰なのか?それは、Windows を買ってくれる消費者だ。」



これも─、



一見、消費者目線の重要性を説いた、
名事業家らしい発言とも受け取れるが、



その前提には─、



OS を開発するだけのソフトウェア技術を確立し、
世界でもトップレベルのプログラマーたちを束ねて来た、



スーパープログラマーの、
発言であるということも忘れてはならない。



OS を開発できるレベルなどというのは、
誰もが、そう簡単に到達できる領域ではない。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフトさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。