サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

人様から、お金を貰って提供できるだけの何かを形にするためには、最低でも10年は必要。確固とした専門スキルを持たぬ者が「大事なのはお客様」などと主張するのは持たざる者の言いわけ。それを、いかにして成すかを理解せぬ者が、何をするかだけを決めるのは間違いのもと。


テーマ:

前回の記事は、こちら─、
『「 お客様のことを第一に考える 」と主張する人間の、よくある勘違い!? 』



ただ単に、自分の収入を、
増やしたいという理由でも良いだろう。



別に─、



志の高さに比例して、
売り上げがあがるわけではない。



ただ問題は─、



あなたが、お客様や社会に対して貢献し、
売り上げをあげて行きたいというのなら、



「 それ相応のものは、持ち合わせているんだろうね? 」



ということは、問われることになる。



人がお金を払ってでも、あなたが提供する、
商品やサービスを購入しようと考えるだけの、



何かを持ち合わせているというのならいざ知らず、
それを伴わずして、



「 私は、お客様のことを常に第一に考えています。」



などと主張したところで、失笑をかうだけだということは、
日の目を見るより明らかであろう。



もちろん─、



これは、私がこれまで過ごして来た、
ソフトウェア業界の、私の会社での話であり、



申し訳ないが、他の業界のことや、
他の会社のことまでは、存じ上げない。



しかし─、



たとえ、他の業界や企業に話を置き換えたとしても、
そう的外れなことではないと思う。



曲がりなりにも人さまからお金を貰って、
提供できるだけの何かを確立するなどいうのは、



決して─、



一朝一夕で築き上げられるものではない。



ラーメン一杯作るにしても、
人の髪をカットするにしても、



人さまからお金を貰って提供できるだけの、
何かを確立するというのは、



最低でも十年くらいは、
わき目も振らず、そのことだけに専念し、



己の技やスキルの研鑽に、
励まなければならない期間が必要である。



まずは─、



それだけの土台を築き上げて来た者が、
その上で初めて語って行ける "特権" …。



それが─、



お客様のことを第一に考えると言うことである。



決して─、



確固とした土台を持たぬ者が、己の専門スキルの欠如を、
正当化する手段ではない。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフトさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。