サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

人様から、お金を貰って提供できるだけの何かを形にするためには、最低でも10年は必要。確固とした専門スキルを持たぬ者が「大事なのはお客様」などと主張するのは持たざる者の言いわけ。それを、いかにして成すかを理解せぬ者が、何をするかだけを決めるのは間違いのもと。


テーマ:

観賞したのは、もうずいぶん前のことだが─、



π 』という映画が、
なかなか衝撃的だったことを覚えている。



主人公の天才数学者マックスは─、



第一、数学は万物の言語

第二、全ての事象は数字に置き換え、理解できる。

第三、それを数式化すれば、一定の法則があらわれる。



「 ゆえに全ての事象は法則を持つ 」



という考えのもとに、
世界の本質を解明する研究に没頭している。



「 数字であらわされる世界経済、
何十億人もが参加し、世界に広がるネットワーク、
それは自然の有機体、
わたしの仮説、株式市場にも法則がある。
眼の前を流れる数字の影に、ムカシも今も。」



これに対し、数学の師ソルは─、



「 昔の日本人は碁盤を宇宙の縮図と見立てた
一見単純で整然としているようだが
勝負の形は無限上に存在する
雪の結晶のように1つとして同じ形はない
一見単純な碁盤は実は非常に複雑で
混沌とした宇宙世界を表現しているのだ
我々の世界もまたそれと同じことだ
数学のようにはいかんよ、単純な法則などない 」



と、たしなめるのだが…、マックスは─、



「 でも勝負の形を解明できれば
全ての動きを予測できます
私たちはまだ法則に気づかないだけです
必ずあります
碁の全ての勝負の根底をなす法則が 」



と、反論する。



アーサー・C・クラークの短編小説、
『 究極の旋律 』という作品には─、



「 すべての現存するメロディは、一つの根本的な、
メロディに近づこうとした悪あがきの結果にすぎない。」



と、考える科学者が登場し、



クラシックやポピュラーの名曲を分析器にかけ、
究極の旋律を生成する自動作曲装置を作りだそうと試みる。



結局、映画『 π 』の主人公にも、
小説『 究極の旋律 』の科学者にも、



ハッピーエンドは訪れない。



宇宙の深淵を覗き込もうとする者に対しては─、



世のストーリーテラーたちは、
いささか厳しい結末を用意するのが常のようである。



しかし─、



ここで語られている内容は、フィクションとはいえ、
実に興味深い着想に思える。



ともすれば、本当に実現可能かも…、



とさえ思わされてしまいそうだ。



一見、複雑に見えるパターンや現象の裏には、
単純な法則が隠れているのだろうか?



それは音楽にも経済にも、当てはまるのだろうか?



小説の主人公は、
一体どんなメロディを聴いたのであろうか?



せめて、美しいメロディであったことを、
祈るばかりである。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフトさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。