サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

人様から、お金を貰って提供できるだけの何かを形にするためには、最低でも10年は必要。確固とした専門スキルを持たぬ者が「大事なのはお客様」などと主張するのは持たざる者の言いわけ。それを、いかにして成すかを理解せぬ者が、何をするかだけを決めるのは間違いのもと。


テーマ:

かねてよりアナウンスのあった、
スターウォーズのシリーズ、第 7 作目─、



『 スターウォーズ / フォースの覚醒 』



が、ついに 2015 年 の 12 月に公開され、
その年の暮れから、翌年の初めにかけては、



世間が、スターウォーズフィーバーに、
沸いたことは、まだ記憶に新しい。



この、お祭りぶりは─、



そのわずか、四か月前に公開された、
ミッションインポッシブルの最新作、



『 ミッション:インポッシブル / ローグ・ネイション 』



の存在さえ、過去のものへと、
引き離してしまうほどであった。



しかし─、



今回、あえて取り上げたいのは、

そのさらに、二ヶ月前に公開された、



『 マッドマックス / 怒りのデスロード 』



という作品である。



『 スターウォーズ 』も、気が付けば前作の、
『 エピソード3 / シスの復讐 』( 2005 年公開 ) から、



はや、十年の歳月が経過しているが、



こちらは前作の『 マッドマックス / サンダードーム 』
( 1985 年公開 ) から数えると、



実に 27 年ぶりの復活と言える。



この『 マッドマックス 』シリーズも、
1979 年の第一作目公開以降、



その独自の世界観から、多くの「 信者 」を獲得し、



後の映画やコミックなどにも、
多大な影響を与えたことは、周知の事実であろう。



私も、かつて十代の頃に、
幾度となく鑑賞し ( 当時は VHS ビデオ )、



あの V8 の "怒号" に、
魅了された人間の一人だったが、



今や私も、人並みに所帯持ちとなり、



週末にはプリウスで、
五歳と四歳になる子供たちを、



近所のショッピングモールに連れて行く日々が、
板についてしまった今日においては、



再び、あの世界観に舞い戻る精神力も無く、
公開当初は、スルーしていた。



しかし─、



先日、何気なく眺めていた、
Amazon のレビューの一文に目が留まり、



今回、おそばせながら、
DVD を手にすることとなった次第である。



※ネタバレ注意!
ここから先は、作品のストーリーに関する、
内容にも触れています。
お読みになる場合は、そのことを踏まえた上で、
自己責任にて、閲覧を願い致します。



( 次回へつづく... )
『『 マッドマックス 』に見る、我々の "進歩" した社会 』



AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフトさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。