サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

人様から、お金を貰って提供できるだけの何かを形にするためには、最低でも10年は必要。確固とした専門スキルを持たぬ者が「大事なのはお客様」などと主張するのは持たざる者の言いわけ。それを、いかにして成すかを理解せぬ者が、何をするかだけを決めるのは間違いのもと。


テーマ:

私も時々、庭の門番でいるより、
庭師になりたいなんて思うことがあります。
でも、これが私の役割だと思います。
我々は皆、それぞれに人生における役割があるのだと思います。
そうは思いませんか…?

( 出典不明 )



◆◇◆◇◆



これまでにもたびたび、
このブログで述べて来たが、



私はピアノが趣味で、



かつては自分の持てるバイタリティの多くを、
ピアノに注ぎ込んでいた時期もあった。



現在は、子供も生まれ、
自身の余暇に割ける時間は激減したとは言え、



それでも─、



ピアノに関しては、生涯に渡り、
取り組んで行きたい気持ちに変わりはない。



正直なことを言えば─、



"ピアノだけを弾いて生きて行けたら、
さぞかし幸せだろう"



などと、ふと思ったりもするのだが…、



やはり─、



やりたいことだけをして、
食べて行けるほど甘くはないのも、また、



世の常であろう。



以前、こんな話を聞いたことがある。



かつて、新東宝の映画俳優だった本多一夫氏は、
一度、俳優業に見切りをつけ飲食店を始めた。



それが成功し、一時期は、80 店舗にも及ぶ、
事業へと経営を拡大させたという。



これは、たとえ飲食店経営のプロが、
意図的にやろうとしても、



そう簡単に実現し得るものではないだろう。



そして─、



本多氏は再び、演劇の世界へと舞い戻って来る。



飲食店経営で得た資金を元手に、



自ら下北沢に劇場を建設するという大技でもって、
演劇を再開させるのだ。



若手俳優の育成、および、劇団の運営者として。



本多氏の功績により、今日、下北沢は、
"演劇の街" とまで言われる存在になっている。



( 次回へつづく... )
『 ピアノのレッスンで教師と生徒の立場が完全に逆転した、ある出来事とは? 』



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフトさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。