サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

人様から、お金を貰って提供できるだけの何かを形にするためには、最低でも10年は必要。確固とした専門スキルを持たぬ者が「大事なのはお客様」などと主張するのは持たざる者の言いわけ。それを、いかにして成すかを理解せぬ者が、何をするかだけを決めるのは間違いのもと。


テーマ:

前回の記事は、こちら─、
『 シビアな論理的思考が求められる社会人の、妄想力 ( 誰にも検閲されない自由な想像力 ) の鍛え方 』



作家の側としても、決して読者に、



途中でページを閉じられてしまうような作品を、
書こうとは、思っていないはずだ。



むしろ─、



いかにして読者に、ページをめくる手を、
止めさせずにおくか?



という課題について、
常に研究している者たちと言えよう。



ダン・ケネディも、レイモンド・チャンドラーを、
敬愛していると著書で述べていたが、



そのような "言葉鍛冶(ことばかじ)" たちの「 技 」に、
日頃から触れておくことは、



我々、ブログや、セールスページを、
作成する人間にとっても、



決して、無益なことではない。



もちろん─、



ブログや、セールスページの中で、
小説を書くわけではないが、



SNS や、ホームページを活用し、文章表現だけでもって、
訪問者に訴えかけなければならない、



ネットビジネスにおいては─、



「 作文 」のテクニックも、
また必要不可欠な要素と言える。



明治時代に活躍した、ある武術家の生涯を、
フィクションを織り交ぜつつ描いた作品があるのだが、



その「 あとがき 」を、オリンピックなどでも活躍した、
あるアスリートが記述していた。



正直言って、あまり文章を書き慣れていない人間の、
読書感想文のような内容で、



ネットの批評などでも失笑をかっていたが、



私も決して、
人のことを笑っていられる分際ではない。



決して、作文が得意ではない、
私のような人間にとっては、



プロの作家が、小説の中で魅せてくれる、
様々な "表現" や "言い回し"、"語り口調" は、



まさに─、



文章表現の「 カタログ 」のようなもので、



これまでにも、幾度となく、
パクらせて…、いや、参考にさせていただいている。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフトさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。