サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

会社勤めを始めて、そろそろ十年…。いまだ年収は400万円台。自分が勤める中小企業では、この先も大幅な収入アップは考えにくい。周りを見れば友人達が家庭を築いて行く。将来のことを考えると、もう少し収入を確保したい。そんな、サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト


テーマ:

前回の記事は、こちら─、
『【 ※閲覧注意!】そもそも、技術者はユーザーの視点が分かっていないなんて誰が言った!? 』



【 ~ 閲覧注意 ~ 】
これ以降の記事には、
ある特定のグループに対する批判や、
一部の方々にとって不快な内容が含まれています。
お読みになる場合は、あくまでも当ブログ運営者の、
個人的見解であるということを、ご理解の上、
自己責任で、お進み下さい。



ただし─、



そのような外野からの批判があった時に、
むやみに喧嘩をしてかかるのも賢明なことではない。



主張してきた相手が─、



取り引き先なのか?
上司なのか?



それとも─、



先輩か?後輩か?



はたまた─、



同僚か?



それらに応じて、対応を切り替えるのもまた、
社会人としてのしかるべき行動と言えるからだ。



そもそも─、



日々、技術の研鑽に励み、
自分との闘いである技術者の仕事というのは、



コミュニケーション能力やプレゼン能力も、
もちろん重要ではあるが…、



すべては、要求されたものを、
期限内に開発すること。



その一点にのみ集約される。



そして─、



その要求さえ実現できれば、
そこに付け足すべき「 説明 」は、一切不要となる。



むしろ─、



クチかずの多い人間というのは、
自分が知る限り…、



己の能力の低さを、言葉で "補わなければ" ならない、
者たちである場合がほとんどだ。



しかし─、



営業というのは、まさに、
会社における「 外交 」を担当する部署であり、



クレームも含めて、日夜、顧客対応に当たっている、
「 交渉 」の猛者たちと言える。



このような両者が「 議論 」という、
フィールドで対峙した場合…、



専門知識においては、圧倒的に劣る者が、



「 専門家 」を言い負かしてしまうということもまた、
世の中では往々にして起こり得る事実だ。



そこは─、



技術者と言えども議論における戦法、ひいては…、



「 社内外交 」のテクニックも、
身に付けて行かなければならない。



とは言うものの─、



社内における、こういった一連の「 交渉 」に関しては、
実は、ある "必殺技" が存在する。



【 ~ 閲覧注意 ~ 】
これ以降の記事には、
ある特定のグループに対する批判や、
一部の方々にとって不快な内容が含まれています。
お読みになる場合は、あくまでも当ブログ運営者の、
個人的見解であるということを、ご理解の上、
自己責任で、お進み下さい。



( 次回へつづく... )
『【 ※閲覧注意!】平社員なのに社内で神のごとき影響力を持つ奴 』



AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフトさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。