サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

人様から、お金を貰って提供できるだけの何かを形にするためには、最低でも10年は必要。確固とした専門スキルを持たぬ者が「大事なのはお客様」などと主張するのは持たざる者の言いわけ。それを、いかにして成すかを理解せぬ者が、何をするかだけを決めるのは間違いのもと。


テーマ:

前回の記事は、こちら─、
『【 ※閲覧注意!】専門知識で圧倒的に劣る者たちの反撃の一手、これに多くの技術者たちが斬られた!』



【 ~ 閲覧注意 ~ 】
これ以降の記事には、
ある特定のグループに対する批判や、
一部の方々にとって不快な内容が含まれています。
お読みになる場合は、あくまでも当ブログ運営者の、
個人的見解であるということを、ご理解の上、
自己責任で、お進み下さい。



今は、もう少し、私の自己主張にお付き合いいただきたい。

もう一点、お話しておかなければならないことがある。



それは─、



ニーズの重要性を、ことさら主張する営業たちであるが、



彼らは、ニーズの重要性を説こうなどとは、
一切、思ってはいないということである。



考えてもみてほしい。



彼ら営業は、常にヒエラルキにおいて、
技術者の「 下 」に甘んじてきた者たちである。



そのような人間が、
次にとろうとする行動とは、いかなるものだろうか?



当然、自分が "風上" に立てるポジションを探すことだ。



そして─、



それが、ニーズの重要性を、
説くことであるということは先にも述べた。



では─、



"風上" に立てるポジションを見出した人間が、
次にとろうとする行動とは、一体いかなるものだろうか?



当然、自分が "風上" に立てるポジションを、
維持することである。



従って─、



ここでの、営業にとっての関心事は…、



技術者にニーズの重要性を説いて、
理解を促すことなどではない。



技術力や専門知識において、



どうあがいても技術者には太刀打ちできなかった、
自分たちが見出した、



"風上" のポジションを堅持すること。



それが─、



今後の、彼らの最大の関心事と言える。



むしろ─、



技術者がニーズなどと言うものを理解し、



自分たちと同等や、
それ以上の存在になってもらっては困るのだ。



技術力や専門知識においては、
到底、及ばず…、



ニーズへの理解についても、
自分たち以上の存在とあっては、



もはや─、



"月とスッポン" 以外の何物でもなくなる。



だから─、



彼らは、ニーズの重要性を説きつつも…、



技術者がニーズを理解することに、
ことさら恐れを抱いてもいる。



もちろん─、



このような見解に対して反感を持つ人もいるだろう。



しかし─、



私も、もう十代やそこらの若造ではない。



この世はとかく、本音と建前で成り立っており、



人間の本音とは、まさしく、
建前で覆い隠しておかねばならないほどに、



見るに絶えない代物であるということも、
また知り得てきたことの1つと言える。



ましてや─、



劣等感に苛まれた人間の心理とは、
形容し難いほどに、複雑怪奇な様相を見せる。



【 ~ 閲覧注意 ~ 】
これ以降の記事には、
ある特定のグループに対する批判や、
一部の方々にとって不快な内容が含まれています。
お読みになる場合は、あくまでも当ブログ運営者の、
個人的見解であるということを、ご理解の上、
自己責任で、お進み下さい。



( 次回へつづく... )
『 では聞くが、あなたのその行動は、家族への思いやりか、それとも、自分に対するプライドか? 』



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフトさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。