サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

人様から、お金を貰って提供できるだけの何かを形にするためには、最低でも10年は必要。確固とした専門スキルを持たぬ者が「大事なのはお客様」などと主張するのは持たざる者の言いわけ。それを、いかにして成すかを理解せぬ者が、何をするかだけを決めるのは間違いのもと。


テーマ:

前回の記事は、こちら─、
『【 ※閲覧注意!】企業にとって最重要であるにもかかわらず、なぜか世間からは評価されない仕事 』



【 ~ 閲覧注意 ~ 】
これ以降の記事には、
ある特定のグループに対する批判や、
一部の方々にとって不快な内容が含まれています。
お読みになる場合は、あくまでも当ブログ運営者の、
個人的見解であるということを、ご理解の上、
自己責任で、お進み下さい。



にもかかわらず─、



そこには歴然としたヒエラルキーが存在する。



くしくも、この 10 月 ( 2014 年 10 月 7 日 )、
青色発光ダイオードを開発した業績により、



3人の日本人がノーベル賞を受賞したニュースが、
日本中を駆け巡ったが、



高度な技術開発については、
黙っていても世間は称賛の目を向ける。



しかし─、



営業については、関係者でもない限り、
得てして注目されることはない。



世間での、営業という仕事に対する認識は─、



"何かを生み出すわけでもなく、ただ物を売っているだけでしょ?"



といった程度のものでしかない。



もし仮に、営業の人間が何らかの企画を提案し、
それが、たまたま上層部の人間の目にとまるなどして、



あわよくば、商品開発部門に転属…、



などといったことがあったとしたら、
それは "大抜擢" と言える。



私が以前いた会社では、実際にそのような事例があった。



しかし─、



開発の人間が、営業部にまわされるとなれば、
それは、ハッキリ言って "左遷" である。



そもそもからして─、



世の中には「 文系 」と「 理系 」というものがあり、



「 文系 」よりも「 理系 」に行く者の方が、
"頭が良い者" という差別意識があることは周知の事実だろう。



一部の資格職ば別としても、



その後─、



社会に出て何らかの技術職や専門職に就いていく者と、
「 それ以外 」の者というのは、まさに、その延長と言える。



だから─、



技術者を志す者に言っておく。



この先、あなたがたが、どのような会社のどのような部署で、
仕事に取り組むことになるかは分からないが、



社内外にかかわらず、次のようなことを主張してくる人間と、
必ず出会うはずだ…。



【 ~ 閲覧注意 ~ 】
これ以降の記事には、
ある特定のグループに対する批判や、
一部の方々にとって不快な内容が含まれています。
お読みになる場合は、あくまでも当ブログ運営者の、
個人的見解であるということを、ご理解の上、
自己責任で、お進み下さい。



( 次回へつづく... )
『【 ※閲覧注意!】技術者を志す者に言っておく、次のような人間は "取り扱い" に注意せよ!』



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフトさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。