サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

人様から、お金を貰って提供できるだけの何かを形にするためには、最低でも10年は必要。確固とした専門スキルを持たぬ者が「大事なのはお客様」などと主張するのは持たざる者の言いわけ。それを、いかにして成すかを理解せぬ者が、何をするかだけを決めるのは間違いのもと。


テーマ:

前回の記事は、こちら─、
『 技術の研鑽に励む技術者に難癖をつける者たち ~ それに対する技術者からの反論 』



曲がりなりにも人様からお金を貰って提供できるだけの、
商品を開発する技術などというのは、



一朝一夕で築けるものではない。



従って─、



技術者を志した以上は、人生の一時期において、
脇目もふらず技の研鑽に励む期間というものもまた必要なのだ。



そういう意味では─、



私が、この会社で過ごした二十代の期間というのは、



まさに、一人のエンジニアとして、
技術の研鑽に励んだ期間だったと言えるだろう。



それは何度も言うように、
技術者にとっては必要な期間であり、



私が当時、仕事に対して、
そのような "向き合い方" をしていたとしても、



そのことで誰に批判されることではない。



しかし─、



会社の業績悪化は、さらに深刻化しつつあった。



私は、常々─、



「 結果を出すのがプロだ 」



そして─、



「 何事も不可能だと考えるのではなく、
何らかの解決策を見出すのがプロの腕の見せどころである 」



などといった言葉を社長から聞かされていたことから、



我々、技術者はしかるべく、
商品開発にいそしんでいるにもかかわらず、



営業や、当の経営者は、なんたるザマか!
と、彼らに対し、さらなる怒りを増長させていった。



特に─、



当時、私が在籍していた、この会社の社長というのは、
営業畑の人間であり、



技術に関しては、ほとんど、
素人といっても過言ではないほどのレベルと言えた。



そのような─、



技術の「 ぎ 」の字も知らなければ、
開発の「 か 」の字も知らず、



商品開発において、どれだけの、
コストや、手間や、時間や、労力が、かかるのか?



といったことにも、全くもって理解に乏しい者の、
短絡的な "プラス思考" 発言にも、いい加減、辟易し、



私の、営業や経営者の対する憤りは、
日に日に膨れ上がるばかりだった。



しかし─、



結局、事態が好転することはなく、
ほどなくして、私も会社を去ることになる。



( 次回へつづく... )
『 あたなにとって "まとまった金額" ってどれくらい? 』



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフトさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。