サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

人様から、お金を貰って提供できるだけの何かを形にするためには、最低でも10年は必要。確固とした専門スキルを持たぬ者が「大事なのはお客様」などと主張するのは持たざる者の言いわけ。それを、いかにして成すかを理解せぬ者が、何をするかだけを決めるのは間違いのもと。


テーマ:

前回の記事は、こちら─、
『 営業部 vs 開発部 ~ 勝者なき戦いは、なぜ起こる? 』



ドリルを売るには穴を売れ / 佐藤 義典
¥1,543
Amazon.co.jp


【 ~ 閲覧注意 ~ 】

この記事には、ネタバレ、及び、

ある特定のグループに対する、
批判的な内容も含まれています。

お読みになる場合は、あくまでも当ブログ運営者の、
個人的見解であるということを、ご理解の上、

自己責任で、お読み下さい。



また─、



「 自分は会社の業績を改善したいだけだ。」



などと言う主張も、先の批判的言動を、
正統化する理由にはならない。



何故なら─、



それも結局のところは…、



「 会社の業績改善に取り組んでいる自分に、
協力しようとしない、お前たちに問題がある。」



という批判的主張の言い換えに過ぎないからだ。



それは─、



火に油をそそぐ行為に他ならない。



その後は─、



もはや売り言葉に買い言葉である。



著者は、マーケティングサイドの人間であり、
私は開発サイドの人間。



つまり─、



ここで述べたことは、開発サイドの人間の "言い分" として、
読んでもらえたら嬉しい。



そして─、



双方の人間の話を聞くことは、決して無益なことでは、
ないはずだ。



本書の中で著者は幾度となく、
登場人物に次のように語らせている。



「 マーケティングは会議室で起きているんじゃない。」



自分が物を買う時─、



  • なぜ、それを買ったのか?
  • なぜ、その店で買ったのか?


その思考のプロセスの中にこそ、
マーケティングの重要なカギが隠されていると。



私の経験上、文系出身の営業マンが、
技術や開発にまで取り組んで行ける可能性は、



ゼロではないにしても、
かなりハードルは高いと言わざるを得ない。



しかし─、



少なくとも社会人であれば、二十代の新卒であっても、
十年以上は世間で買い物をしてきた経験があるはずだ。



つまり─、



それは、本書が主張する内容をから言えば、
十年以上のマーケティング経験者ということになる。



従って─、



自分自身が買い物をする時の視点を、
少し意識するようにすれば、



誰しもマーケティングに取り組んで行くことは、
難しいことではない、



と本書は繰り返し読者に語っている。



そして…、



( 次回へつづく... )
『 読書 ( 毒書 ) をもって、毒を制する 』



ドリルを売るには穴を売れ / 佐藤 義典
¥1,543
Amazon.co.jp


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフトさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。