サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

人様から、お金を貰って提供できるだけの何かを形にするためには、最低でも10年は必要。確固とした専門スキルを持たぬ者が「大事なのはお客様」などと主張するのは持たざる者の言いわけ。それを、いかにして成すかを理解せぬ者が、何をするかだけを決めるのは間違いのもと。


テーマ:

前回の記事は、こちら─、
『 世界の裏舞台で暗躍し、あれだけ狡猾で冷徹だった、あの男が唯一成し得なかったこと 』



確かに─、



企業や組織の中で、のし上がって行くというのも、
それはそれで、大変なことではある。



しかし─、



たとえ、その組織の中で頂上にまで、
登りつめたとしても、



そこから一歩、外へ出れば、
世間では、ただの人でしかない。



多少、会社の中で認められ、
自分が大きな存在になったかのような気になっていても、



一旦、そこから離れると、



いかに自分が、組織に守られた存在であったのか、
ということが分かる。



私の知り合いに、こんな営業マンがいる。



彼は、中小の WEB コンテンツ制作会社で、
一案件当たり、数十万程度の受注獲得に日々奔走していた。



そんな折、彼が転職することになり、
ほどなくして、話をする機会があったのだが、



次に移った会社も規模は同程度の、

同業種だと言う。



しかし─、



以前いた会社と異なっていたのは、
その会社が某大手出版社のコンテンツ制作を請け負っており、



自社の営業活動においても、その出版社の名前を、
語れるという "特権" を有していた。



そのような「 看板 」で営業をしていると…、



数百万単位のコンテンツ制作の話を、
訪問先の担当者が、真面目に聞いてくれると言う。



しかし─、



これは、お分かりの通り、彼の営業力が、
突如として向上したわけではない。



「 後ろに立っている看板 」から後光が射しているのだ。



しかし─、



このことで、彼をとやかく言う筋合いはない。



こと、ビジネスにおいては ( いや、ビジネス以外であっても…!)、
結果の伴わない努力は、必ずしも美徳とは限らない。



彼が、より少ない労力で、
何倍もの成果をあげたのなら、それは彼の勝ちだ。



( 次回へつづく... )
『 虎の威を借る狐どもに、一泡吹かせてやろうじゃないか!』



AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフトさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。