サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

人様から、お金を貰って提供できるだけの何かを形にするためには、最低でも10年は必要。確固とした専門スキルを持たぬ者が「大事なのはお客様」などと主張するのは持たざる者の言いわけ。それを、いかにして成すかを理解せぬ者が、何をするかだけを決めるのは間違いのもと。


テーマ:

前回の記事は、こちら─、
『 良い技術も用いた商品 vs 売れる商品 ~ 売れるのはどっち?ホントにそうか? 』



ラーメン屋の看板娘が経営コンサルタントと手を組んだら / 木村 康宏
¥1,404
Amazon.co.jp


【 ~ 閲覧注意 ~ 】

この記事には、ネタバレ、及び、

ある特定のグループに対する、
批判的な内容も含まれています。

お読みになる場合は、あくまでも当ブログ運営者の、
個人的見解であるということを、ご理解の上、

自己責任で、お読み下さい。



そもそも─、



ニーズについて調査する理由というのは…、



ニーズに即した商品やサービスを形にして、
ユーザに提供するためであって、



「 ニーズは何か? 」



と問うこと自体は、目的でもなければ、ゴールでもない。



そこからがスタートであり、それは言わば、
「 問1 」、「 ステップ1 」に過ぎない。



しかし─、



「 問い 」は5まである。



【 問1 】
ニーズは何か?


【 問2 】
それを実現するには、どのような技術的課題を、
クリアしなければならないか?


【 問3 】
それには、どれだけのコストがかかるか?


【 問4 】
それには、どれだけの時間がかかるか?


【 問5 】
それ以外に発生してくる諸々の手間は?



おおまかではあるが、これらの問い対して…、



100 点満点ではなくとも、
現実的な回答を示さなければならない。



当然─、



技術の「 ぎ 」の字も知らなければ、
開発の「 か 」の字も知らずに、



ニーズの重要性 だけ を主張していればよい、

人間からすれば、



ニーズのことも、
技術のことも、



コストのことも、
時間のことも、



その他、諸々の手間も、



すべてを考えて行動している技術者は、
さぞかし、技術偏重に見えることだろう。



しかし─、



それは決して、技術者が技術偏重になっているのではなく、
彼らの方に考慮すべきことが欠けているのだ。



しかし─、



技術者に対して、



「 ニーズが大事だ!」



などと主張するのであれば、これらの問い対しても、
「 知らぬ存ぜぬ 」では済まされない。



ところが、そう問い返えそうものなら…、



( 次回へつづく... )
『 ハッキリ言っておく。いかにして成すかを知らぬ者が、何をするかを決めてもらっては困るのだ。』



ラーメン屋の看板娘が経営コンサルタントと手を組んだら / 木村 康宏
¥1,404
Amazon.co.jp


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフトさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。