サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

人様から、お金を貰って提供できるだけの何かを形にするためには、最低でも10年は必要。確固とした専門スキルを持たぬ者が「大事なのはお客様」などと主張するのは持たざる者の言いわけ。それを、いかにして成すかを理解せぬ者が、何をするかだけを決めるのは間違いのもと。


テーマ:

前回の記事は、こちら─、
『 誤解してない?技術偏重ではダメな理由 』



ラーメン屋の看板娘が経営コンサルタントと手を組んだら / 木村 康宏
¥1,404
Amazon.co.jp


【 ~ 閲覧注意 ~ 】

この記事には、ネタバレ、及び、

ある特定のグループに対する、
批判的な内容も含まれています。

お読みになる場合は、あくまでも当ブログ運営者の、
個人的見解であるということを、ご理解の上、

自己責任で、お読み下さい。



また─、



彼らは、こう主張するのも好きだ。



「 良い技術を用いたからといって売れるわけではない、
売れるものを作らなければ売れない。」



しかし─、



曲がりなりにも人様からお金をもらって、
提供できるだけの商品を開発する技術などというものは、



一朝一夕で習得できるものではない。



例えば─、



料理にしても、まずは、
どこかのレストランで修業をさせてもらって、



お客様に、お出しできる料理が、

何とか一人前に作れるようになるまでには、



最低でも十年くらいの、研鑚に励む期間が、
必要だろう。



これは─、



私が過ごしてきたソフト開発の世界でも、
他の業界でも同様だ。



そして─、



まずは、そういった基礎や土台を習得した者が、
その腕をもって、お客様が望むものを提供する。



こういうスタンスなら感心するが…、



そのような土台を持たぬ者が、



「 良い技術を用いたからといって売れるわけではない!」



などと主張したところで、



それでは素人料理の域を出るものではないし、
当然、お客様から、お金はいただけない。



こういう話をすると─、



「 そんなことは分かっている!」



という返答が返って来るが、
彼らは、何度も言うように、



技術の「 ぎ 」の字も知らなければ、
開発の「 か 」の字も知らない。



それでは、分かっているも何もあったものではない。



何も分かってなどいない。



それでは、持たざる者の自己正当化と、
言われても仕方がないのだ。



そもそも─、



ニーズについて調査する理由というのは…、



( 次回へつづく... )
『 立派な身なりの愚か者がいるように、見かけは立派な愚行がある。』



ラーメン屋の看板娘が経営コンサルタントと手を組んだら / 木村 康宏
¥1,404
Amazon.co.jp


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフトさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。