サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

人様から、お金を貰って提供できるだけの何かを形にするためには、最低でも10年は必要。確固とした専門スキルを持たぬ者が「大事なのはお客様」などと主張するのは持たざる者の言いわけ。それを、いかにして成すかを理解せぬ者が、何をするかだけを決めるのは間違いのもと。


テーマ:

前回の記事は、こちら─、
『 プログラマー諸君よ、君たちは宝の持ち腐れをしている!』



さて、ここからが本題である。



日本中を見渡せば─、



いまどきプログラミングをやっている人間など、
大勢いるだろう。



しかし─、



日本の人口からみれば、圧倒的に少ないし、



ましてや─、



売り物になるレベルのソフトウェアを、
開発出来る人間となると、さらに絞られる。



そして─、



さらに、自らソフトウェアを開発し、
販売しようと考える人間となると、



その数は、ほんのごく僅かと言って良いだろう。



そういう人間が、マーケティングについても、
しかるべく学び、



ビジネスとして、ソフトウェアの開発取り組むなら、
その成功確率は、かなり高いと言える。



マーケティングというものに、怖気づく必要はない。



曲がりなりにも情報処理という高度な専門分野で、
プロにまで、なり得た人間の頭脳をもってすれば、



決して、難しいものではない。



情報処理の分野で一人前になるには、



通常、大学や専門学校での専門教育から、
実務経験に到るまで 10 年近い歳月は必要だろう。



しかし─、



マーケティングというのは、要するに、



自分が物を買った時─、



  • なぜ、それを買ったのか?
  • なぜ、他のメーカではなく、このメーカから買ったのか?
  • なぜ、他の店ではなく、この店から買ったのか?


ということを問い直す作業である。



あるメンターは、こう語っている。



学生が─、



「 ジュース、一本おごるから、お前のノート、
コピーさせてくれ!」



と友人に、板書したノートを要求する。



これがビジネスであると。



そして─、



恐らくあなたも 10 年以上の買い物の、
"実務経験者" であるはずだ。



もっとも─、



プログラミングという、
知的好奇心をくすぐる世界に夢中で、



今は、他のことは考えられない…、



という時期もあるだろう。



確かに若い頃は、それくらい技術に没頭して、
取り組む期間も必要だ。



しかし─、



覚えておいて欲しい。



君たちは…、



( 次回へつづく... )
『 これだけで!?あなたは今日から世界の上位 1%!』



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフトさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。