サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

会社勤めを始めて、そろそろ十年…。いまだ年収は400万円台。自分が勤める中小企業では、この先も大幅な収入アップは考えにくい。周りを見れば友人達が家庭を築いて行く。将来のことを考えると、もう少し収入を確保したい。そんな、サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト


テーマ:

前回の記事は、こちら─、
『「 自動化 」を人は嫌悪する!? 』



私は以前、ピアノをたしなんでいたことが、
あるのだが、



ピアノの先生に、自動作曲なるものについて、
たずねたことがあった。



すると先生からは─、



「 コンピュータに作曲してもらって、一体なにがおもしろいの? 」



という、非常に辛辣なコメントが、
返って来たことを記憶している。



恐らく、一般的な反応も同様だろう。



どこか、人間の意識の根底には─、



芸術の創作や、



人と人との関わりや信頼関係が求められる、
ビジネスのような活動は、



人間だけが行える "高度" な取り組みであって、
そこに機械などが入り込む余地は一切ない!



と、頑なに拒否せんとする心理が、
はたらいているかのようだ。



まぁ確かに、そういう心理も、
分からなくはない。



時折、ビジネス書などでも─、



「 SNS を活用し、寝ていても売れる仕組み~ 」



「 お客が "ベルトコンベア" に乗って自動的に、

運ばれてくる仕組み~ 」



などと言った表現を見かけるが…、



そこだけを見ると、顧客を一人の人間として、
捉えるのではなく、



単なる "端末" としてしか考えない、
非常に不謹慎な様のように見えなくもない。



しかし─、



先の音楽の例で言うなら、
それでも、私は、こう考えずにはいられない。



もし─、



バッハやモーツアルトが、現代に生まれていたら、
彼らはどうしていただろうか?



最新のデジタル楽器を駆使した、
現代音楽を作曲しただろうか?



少なくともコンピュータという強力なツールを、
見逃さなかったことは間違いないだろう。



ちなみに─、



アメリカなどでは既に CM の音楽制作等において、
自動作曲システムが利用されている。



【 関連記事 】

『 科学者は、なぜモーツアルトを遠心分離機にかけようとするのか? 』



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフトさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。