サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

人様から、お金を貰って提供できるだけの何かを形にするためには、最低でも10年は必要。確固とした専門スキルを持たぬ者が「大事なのはお客様」などと主張するのは持たざる者の言いわけ。それを、いかにして成すかを理解せぬ者が、何をするかだけを決めるのは間違いのもと。


テーマ:

※この記事は 2014/2/12 の時点での状況を元に、

書かれています。



前回の記事は、こちら─、
『 小保方さん報道(2) ~ だって『 プロジェクトX 』は、みんな好き ( だった ) でしょ? 』



特に今回は─、



あの権威あるイギリスの科学雑誌『 ネイチャー 』に、
一度、掲載を断られた。



それどころか─、



「 過去何百年の生物細胞学の歴史を愚弄している 」



とまで酷評された。



ところが、まさにそれが─、



生物学の通説を覆す常識破りの大発見であり、



そして─、



それを率いたのが、まだ若干30歳の、
若手研究者だった、というのだから、



物語として、これほど痛快なものがあるだろうか?



まさに─、



「 小 」が、過去何百年と続く圧倒的「 大 」たる、

学術的権威に対して戦いを挑み、



鮮やかに「 一本 」を取ってみせた!



とでも言おうか…。



特に日本人は、このようなエピソードが、
大好きである。



そして─、



その成功物語を、よりドラマチックに描くためにも、
過去の苦難の経緯を、ことさら詳細に記述し、



また─、



その主人公の個性を浮き彫りにするためにも、



  • おばあちゃんから貰った割烹着
  • 研究室にはムーミン


といった要素を、文面に書き加えて行く。



こうすることで、読者は─、



我々となんら変わらない、
一人の人間としての主人公を知り、



より深い共感をもって、その人物を、

脳裏へと焼き付ける。



創作でも、付け加える細部の描写が、
ぐんと話の信憑性を高める。
そして、聞く者を話の中に引きずり込むばかりか、
他の時代へも引き戻す。

『 ミスター・セバスチャンとサーカスから消えた男の話 』
( ダニエル・ウォレス )



このような記述の、され方に対し…、



※この記事は 2014/2/12 の時点での状況を元に、

書かれています。



( 次回へつづく... )
『 小保方さん報道(4) ~ それをあえてやるのがストーリーテラーだ(改) 』



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフトさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。