サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

人様から、お金を貰って提供できるだけの何かを形にするためには、最低でも10年は必要。確固とした専門スキルを持たぬ者が「大事なのはお客様」などと主張するのは持たざる者の言いわけ。それを、いかにして成すかを理解せぬ者が、何をするかだけを決めるのは間違いのもと。


テーマ:

※この記事は 2014/2/10 の時点での状況を元に、

書かれています。



前回の記事は、こちら─、
『 小保方さん報道(1) ~ マーケティングの視点から一言 』



「 誰も信じてくれなかった 」
「「 間違い 」と言われ夜通し泣いた 」
「 何度も詐欺師呼ばわりされた 」
「 過去何百年の生物細胞学の歴史を愚弄していると酷評された 」



肝心の研究内容からは、
ズレた切り口であることから、



このような観点からの記事を、
批判する方々も、おられるのだろうが、



一連の報道メディアを擁護する気はないものの、

マーケティングの視点から、一言、述べるなら…、



物語として、その人物を浮き彫りにする、
というのはセオリーだ。



その偉業を成し遂げた人物の、
背後にあるストーリーにスポットを当て、



その人物がたどった苦難の道のりを描くことで、
読者は、その人物に感情移入し、共感を抱く。



「 物語 」という表現手段は、文章の中に、
読者を引き込んで行く上での強力なツールだ。



私がネットビジネスについての勉強を始めた頃、
あるネット起業家が、ブログでこう述べていた。



「 小説を読め 」



作家というのは、物語の構成から、
その文章表現に到るまで、



読者をあきさせることなく、いかに先へ先へと、
読ませ続けるか?



という点について、常に研究している、
専門家と言える。



従って─、



そのような観点から、小説に触れてみることは、
文章表現において、大いに役立つ。



こと、ネットビジネスのような、



SNS や、ホームページによる文章のみによって、
販売活動を展開して行くビジネスにおいては、



まさに「 教科書 」と言えるだろう。



専門家や研究者を対象とした専門書ならともかく、



報告書のような記事では、
興味をかき立てるものには、なり得ない。



※この記事は 2014/2/10 の時点での状況を元に、

書かれています。



( 次回へつづく... )
『 小保方さん報道(3) ~ それはまさに日本人が大好きなシナリオだった!』



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフトさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。