サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

人様から、お金を貰って提供できるだけの何かを形にするためには、最低でも10年は必要。確固とした専門スキルを持たぬ者が「大事なのはお客様」などと主張するのは持たざる者の言いわけ。それを、いかにして成すかを理解せぬ者が、何をするかだけを決めるのは間違いのもと。


テーマ:

前回の記事は、こちら─、
『 ニーズは分かっている。いやそれでは 20 点だ!』



また、彼らは─、



「 技術者は、使う側の視点が分かっていない。」



と主張するのも好きだ。



しかし─、



このことも、私の経験上から言えば、
誤りである例を少なからず見て来た。



そもそも─、



技術者とて、技術者である以前に、
一人のユーザーであり、



マーケットを構成している一人の消費者である。



従って─、



「 技術者だから、ニーズが分かっていない。」



などということもなければ、



「 営業だから、ニーズが分かっている。」



などということもない。



少なくとも、私の周囲では、
そういう例は、少なからずあった。



むしろ、技術者の方が、
参考になりそうな他社の商品を実際に使って、



一般ユーザと同様に試用してみる、体験してみる、
といったことは、しばしば見られた。



それを、頭ごなしに、



「 技術者はニーズが分かっていない。」



などと主張するのは、



「 ブロンドの美女は、頭は空っぽに決まっている。」



と主張するのと同レベルの偏見に他ならない。



確かに─、



ルックスも完璧で、頭も自分より上とあっては、



もはや、立ち直れないほどのコンプレックスに、
苛まれることだろう。



だから、世間は往々にして、



「 そのような見目麗しい人間は、

頭は大したことはない!絶対、そうだ!

そうに決まっている!そうでなければ、おかしい!」



そう決めつけることで、
"折り合い" を付けようとするのだ。



しかし─、



ブロンドの美女が、頭は空っぽである、
という客観的根拠は、何も無い。



「 技術者は、ニーズが分かっていない。」



との主張も同様だ。



「 自分たちが逆立ちしても通用しない、
高度な技術や、専門知識を身に付けた人間は、
そこに、あぐらをかいてしまい、
使う側の視点などを、考慮する発想は、
持ち合わせてはいない。
絶対そうだ!そうに決まっている。」



そう決めつけたいのである。



世間は通常…、



( 次回へつづく... )
『 専門家でも知らないこと?そんなの山ほどあります。』



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフトさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。