2012-02-06 17:41:38

iPhoneゲーム大賞2011 ノミネート作品

テーマ:iphoneアプリ

先日告知した「iPhoneゲーム大賞2011」のノミネートが開始されたので、当ブログからのノミネート作品を軽く紹介したいと思います。


言うまでもないですが、「私個人」の独断と偏見で選んだノミネート作品ですので、文句や苦情はなしでお願いします。


それでは、どうぞ!!



大賞

「DungeonRaid」

今までインストールしてきたアプリの中で、一番起動回数が多いアプリです。

いわゆる「マッチ3パズル」+「RPG」といった感じのゲームです。英語なのでルールは分かりづらいのですが、一度ルールを理解すると恐ろしいほどにハマります。「1日中やってろ」と言われてもできるくらい中毒性があるので、時間を奪われるのが唯一の欠点ですね。見た目が地味なので「本当におもしろいのかよ?」と思われるかもしれませんが、本当におもしろいです!


アイディア賞

「Cut the Buttons」

実際にハサミを使うような感覚でハサミを使い、布についているボタンを切っていくカジュアルゲーム。

この独特の操作方法は、最初に見た時に衝撃を受けました。「ありそうでなかった」操作方法は、一見の価値ありだと思います。ただし、iPhoneでやるには画面が小さいと思うので、持っている人はiPadでやったほうがいいと思います。ちなみに、Cut the Ropeとはなんの関係もありません


アップデート賞

「モンスターハンター Dynamic Hunting

あのモンハンがiPhoneに!ということで話題になったアプリです。初期バージョンではモンスターも少なく、武器の種類も少なかったのですが、度重なるアップデートでモンスターも武器の種類もどんどん追加されていき、iPhone独自の「モンハン」としての地位を確立しました。


無料で賞

「クイッククエスト」

「1分でできる」RPG。

仲間をスロットみたいにランダムに決め、道中装備やスキルを習得し、敵をスラッシュで切り倒し、最後に待ち受ける魔王を力の限り画面をこすって倒せばクリア!というシンプルな内容です。正直、最初のうちは「こんなものか」と思って放置していましたが、ふと気になってやり直してみると、「仲間を見つけるのが楽しい」ことに気づき、思わずやりこんでしまいました。本当に1回1回が1分程度で終わるので、時間がなくても遊べます。しかし、タッチの感度が悪い(反応範囲が狭い?)のが残念です。が、それを差し引いてもおもしろいアプリです。


RPG賞

「DragonSlasher」

渋いシルエットのようなグラフィックが特徴的な、アクションRPGです。正直難易度は高めなので、ぜひゲーマーの人にプレイして欲しいアプリです。

このアプリが「うまい」と思ったのは課金のタイミング。このアプリは無料ですが、すべてプレイするには課金が必要になります。ですが、課金を求めるタイミングが「このゲームに慣れて、続きをやりたい」と思うタイミングなのです。このゲームが合わないと思った人は、課金を求める前にこのゲームをやめていると思うので、そういう意味では「課金でフルバージョンに!」というアプリの中ではとても良心的だと思います。まあ、課金といっても85円なので、全然高額ではありません。しかも、課金をするのは1回だけです。安い上におもしろいので、試してみる価値ありです。


アクション賞

「Terra Noctis」

スーパーファミコン時代の雰囲気満載な、横スクロールアクション。

当ブログでも紹介しているので、詳しくはそちらで。

「ねじ巻きナイト」

雰囲気、ゲーム性、グラフィック、そして何より完璧な日本語を兼ね備えたラン系ゲーム(キャラクターが勝手に移動し続けるゲーム)。とにかく日本語が秀逸なので、ぜひ1度プレイしてみてください。


シューティング賞

「デススマイルズ」

弾幕シューティングの大手、CAVEから発売された横スクロールシューティング。ゴシックホラーな雰囲気がたまらないのですが、「シューティングゲームとしてはボリュームがある」ということがオススメする理由です。定価1000円と高いですが、値段に見合った価値があります。


パズル賞

「Amazing Breaker」

美しい氷(ガラス?)の彫刻を、爆弾を使って破壊するパズルゲーム。音楽も含めて「美しい」雰囲気のアプリですが、適度な歯ごたえがあって、ちょうどいい難易度なのもポイントが高いです。


マッチパズル賞

「Bejeweled Blitz」

本当は「Bejeweled2」というアプリにしたかったのですが、今は公開されていないので、代わりにこのアプリを。スタンダードなマッチ3パズルなので、誰でも楽しめるアプリだと思います。


シミュレーション賞

「開幕!!パドックGP」

私はほとんどシミュレーションゲームをやらないのですが、唯一プレイしてハマったのがこのアプリです。「一流のレーシングチームを作る」という内容なのですが、レースシーンが見ていて楽しいです。


戦略ゲーム賞

「A Knights Dawn」

ものすごくやりこんだ縦型タワーディフェンス。銃を使うユニットが強すぎるので、このユニットだけでクリアできるまでやりこみました。ですが、アップデートで仕様が変わってしまったのが残念です。本当に残念です。

「Army of Darkness Defense」

主人公(プレイヤーキャラクター)が前線で戦える、一本道のRTS(リアルタイムストラテジー)。滑らかなグラフィックで大軍と大軍が戦うのは、見ているだけでもおもしろいです。


レース・ドライブ賞

「Riptide GP」

いわゆる「水上レース」ですが、一応この部門に入るのでしょうか?

ジェットスキーを使った水上レースなのですが、とにかく水の表現がすばらしいです。派手なゲーム展開はありませんが、やっていて楽しいアプリです。


スポーツ賞

「ホームランバトル2」

ひたすらホームランを打つだけのアプリ。なのに、これほどおもしろいとは…。とにかくネットを介した対人戦が異常におもしろいです。


ベストメーカー賞

「CAVE」

弾幕シューティングゲームの大手。アーケードなどで配信されていたゲームを、非常に高い完成度で次々と移植する姿勢は、他の追随を許しません。ゲーム自体のおもしろさ・完成度も、とてもレベルが高いです。これからも、続々と高クオリティーのゲームを発売して欲しいですね。


iPad賞

「Kingdom Rush」

最近飽和気味のTD(タワーディフェンス)業界において、一石を投じたアプリ。

単純に、ゲームとして「やっていて楽しい」アプリ。iPadを持っているなら、ぜひプレイして欲しいアプリです。


クソゲー賞

「Plush Wars」

このアプリを選んだ理由は、「操作性が悪い」「ゲームバランスが悪い」そして「やっていて爽快感がない」です。

このアプリを簡単にいうと、「固定された砲台を操作して迫ってくる敵を撃退する」というものなのですが、まず砲台の操作性が悪い。向きを変えるのも一苦労で、砲撃の強さの調節も難しい。さらに、向かってくる敵も大量かつ移動速度が速いので、「砲台を敵のほうに向ける→中々向けられない→やっと敵のほうを向く→敵が近くに→砲撃の強さを決め…決め…決め→どーん!ぎゃあああ!」のコンボが多発します。せめて、敵を直接タップで攻撃とかに変更すれば、爽快感があって楽しいアプリになると思います。



以上がノミネート作品です。


他の賞、たとえば「FPS・TPS賞」は、「良い!」と思ったアプリがどれも甲乙つけがたく、しぼれなかったので断念。


「ソーシャル賞」や「オンラインゲーム賞」などは、私が「オンラインでなければプレイできないゲーム」が嫌いなので、ノミネート作品はありません(そんな中でも、「オンラインでなければちゃんとプレイできない」ホームランバトル2にのみハマりました)。


2011年のiPhoneアプリ市場は、色々と「革新」があった年だったと思います。


2012年にはどんなアプリが出てくるのか。


すでに「これは!」と思うアプリも何個かあります。


今年も、iPhoneゲーム市場が盛り上がるといいですね!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

優馬さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。