ブログ ビジネス真実践

殿堂入メールマガジン、ビジネス真実践のブログです。


$ブログ ビジネス真実践

$ブログ ビジネス真実践

アマゾンへのリンクはこちらをクリックしてください。

 http://goo.gl/tmmRe


<主な全国取り扱い書店>


・丸善&ジュンク堂 ・紀伊国屋書店 ・三省堂書店 ・有隣堂 

・八重洲ブックセンター  ・談、文教堂浜松町店 ・ブックファースト 

・BOOK EXPRESS ・平安堂長野店 ・戸田書店 ・Bキヨス ・オリオン書房 

・アミーゴ書店 ほか。


テーマ:


■時間もお金も無駄にしないためにも


人材育成の一環で規模や業界関わらず様々な企業が
社内のルール、マニュアル、基礎知識などを教えたり、
キャリアップのため研修やOJTなどを行っています。

そうした研修やOJTの際に、ある一定のところまで教え

「ここまでで何かわからないこととかありませんか?
 大丈夫ですか?」

と聞くと、大抵が

「大丈夫です。問題ありません。」

と応えます。

果たして、この「大丈夫です。」

は本当に大丈夫なのでしょうか?

 

非常にわかり易い例でと例えます。


例えば、

新入社員にAという製品についてスペックや用途といった
基礎知識を説明し教えます。

ひととおり教えたところで、

「大丈夫?」と聞くと、

新入社員は「大丈夫です。」と応えます。


「では、今説明したAという製品について
そのまま説明してみてくれる?」

と尋ねると、


新入社員はタジタジになってしまいます。


そう、大丈夫ではなかったのです。


ではなぜ大丈夫じゃなかったのでしょうか?


そこには、指導する人の「大丈夫」と
新入社員の「大丈夫」とにギャップがあるからです。

・指導する人の意図する大丈夫は「Aという製品が説明できるレベル」
・新入社員の意図する大丈夫は「Aという製品の内容を理解するレベル」


研修やOJTを行うと、
こうしたギャップは細かな所で多々生じます。

そして、このようなギャップが生まれる主な要因は3つあります。


・指導する際に「大丈夫なライン=ゴール」がきちんと決めれられていない。
→ 先ほどの例からいくと、
Aという製品を説明できるようになるのがゴールであることの共有不足。


・「大丈夫?」と聞かれたら条件反射的に「大丈夫」と応える。
→ 多くの人がこの傾向にあります。性格にもよるでしょうが、仕事の現場では
とくに「相手に弱みを見せたくない。」「出来ないヤツだと思われたくない。」
「評価に響く」などの要因により、オウム返しでそう応えてしまう人が多い。


・本人が大丈夫だと思っていても他人から見ると大丈夫じゃない。
→ 本人が自信を持って大丈夫だと思って業務をこなしていても他人からすると
全然業務が出来ていないように映る。能力判断や評価について客観的に基準が
ないことから起こるケース。


こうしたギャップを生み出す要因を十分に踏まえて研修やOJTを実施しない限り、
せっかくの研修やOJTは徒労に終わります。


では、人材育成の研修やOJTを無駄にしないためにはどのように
実施すればいいでしょうか?


それは簡単なことで、
先に挙げた3つの要因を指導する人が指導される人に伝え、
理解してもらった上で実施することです。


「今から始める研修の最終目標はみなさんが、○○出来るように
なることです。よろしいですか?」

「今日行うOJTでは、Aさんが○○について自信を持って取り組んで
貰えるようになることが目的です。」

「今から始める研修について1つだけお願いがあります。
どんな些細なことでも構いません。不明点や分からないことは
その場でスグに挙手してください。」

「大丈夫だと思っていても第3者から見ればそうではないことも
あります。今日のOJTでは、Aさんは普段通り業務を
実施してください。そのうえで客観的に見てAさんの業務を
より良いものにしていきましょう。」


いかがでしょうか?

このように研修やOJTを実施する際には必ず初めに意図すること、
目的などを明確に伝え、そのことを互いに理解・合意した上で
実施することです。

そうでないと、いつまで経っても「やらされてる研修やOJT」
「業務の一環」で終わり、時間もコストも無駄になります。


御社では、研修やOJTプログラム、きちんと機能していますか?


■今日のまとめ 


『大丈夫じゃないことを前提に研修やOJTを行う』


・研修やOJTを実施する目的を列挙する。
・列挙したことを実施する人、される人、双方理解合意して
行えているか?社内でチェックする。
・書籍「ビジネス真実践」はこちら
⇒  http://goo.gl/tmmRe


 syotenn
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


営業戦略・マーケティング戦略
プランニングサポート
 コンサルティング

ner-rap(ネアラップ)
http://ner-rap.com/

 

■今回の「ビジネス真実践」はいかがでしたでしょうか?
ご意見・ご感想など、ぜひお送り下さい。
ご遠慮なくどうぞ→ info@ner-rap.com


※このメルマガは著作権により保護されています。
 従って、許可無く内容をWEBサイトやメールマガジンへ転載
することを原則として禁じています。
 但し、発行した内容が、同僚・部下、上司、取引先様等へ伝えることが
役に立つというのであれば出典先を「ビジネス真実践」と明らかにして転載して
下さい。その際ご一報下さると幸いです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■まぐまぐニュースで「ビジネス真実践」を
取り上げていただいてます。

ご確認頂いたうえで、よろしけばお友達や同僚、
取り引き先様などへも教えてあげて下されば幸いです。

過去の人気記事
⇒ https://goo.gl/RMhmaF

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【あとがき】

 


研修やOJTを定期的に行っていても
それが身にならなければ全く意味がありません。

身になっているかどうかは、もちろん研修やOJTを
受けた本人の努力にもよるところが大きいのは事実です。

また経営側からすると「きちんと研修や
OJTプログラムを提供している」だけで済ませて
いるところが多いのも事実です。

つまり、一過性のイベント化として終わっている
ケースがほとんど。

普段の業務に活かせ、且つ、結果にも現れる、
受けた本人もそれを体感できる、そのようなことに
までコミットして実施しなければなりません。

そのためにも本文を参考にぜひ研修、OJTを実施して
みてください。

 


▼音声ドラマ!


ダメリーマンが世界を?いや、会社を救う!?

世界は救いませんが、とある会社を救います(笑)


営業成績ビリケツのサラリーマンが、
ちょっとづつ「気づき」ながら、
しかし、確実に成長していくという、
ちょっとためになるショートストーリーです。

そんなストーリーを『全話完全音声』収録しましました。


ラジオドラマを聴いている感覚で、是非お楽しみください!

僕もちょい役で出演させてもらいました(笑)

http://book.dmm.com/detail/b671agobs00171/

 

▼こちらは原作本です。

「お荷物ダメリーマンときどきエリート
    ~ところてん男子90日の戦い」
http://goo.gl/USmXVe

 

▼「ダメリーマン、読みたいけどスマホで読めない!」
という方へ・・・
スマホやタブレット端末で電子書籍を読むには?
をブログにアップしましたので、ご参考ください。
http://ameblo.jp/nertrap/entry-11770090856.html

image


▼こちらは、ipadやiPhoneで最も手間がかからず 「ダメリーマン」
を読むには?という記事をアップしました。
http://ameblo.jp/nertrap/entry-11785622506.html

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。