リハビリ

あまりに久しぶり過ぎて、いろいろ忘れてます

今日はリハビリ程度にいきます




うちの子どもたち・・・

プリン(12才)♀
パンナ(7才)♀
ジーク(7才)♂
ポンテ(3才)♂

みんな元気でーす

プリンさんがお年のせいか、少しほっそりしたかな


パンナは、気の強さに磨きをかけてまふ

ジークは、シーツにプリントされた金魚に

飛びかかる日々・・・


ポンテは、食べることと甘えることに

パワー使ってまふ


リハビリ、終わり!

りんでございます
すっかりブログ、さぼってしまった ぺこ

さてさて、今日は「ねずみ小僧、うちの子大会!」です
参加者は、パンナ、ジーク、ポンテ
プリンはちょービビリィなので不参加

では、まずパンナから・・・


うん、女の子らしいねずみ小僧ですね


お次はジーク!

なんかちょっとムッとしてる・・・むっ
パンナはヒマなので鼻先で結びやすかったんですが
ジークはメインクーンらしくとんがった顔なので
うまく結べませんでしたぁ~


そしてポンテですが・・・

ねずみ小僧どころか
すっかり主旨が違ってしまったみたい・・・
まるで、ネコ界のキャディーさん!キャハハ
妙に馴染んでいるので、ポンテが優勝かなぁ~



りんでございます

別に読書家でも何でもないんですが
読んだものに対して感じたことを書いておこうと思いました

・・・と言うのも、年々記憶力が衰退しているみたいで
稀に、読んだのに記憶していない本があったりなかったり??

そもそも、ここ10年ほど
個人的にかなりの活字離れ状態にありました
時間がないのと、気力がないのと・・・
そんな感じの活字離れ

この頃はちょっとした時間ができました
昨年までに比べて1日に仕事する時間が半分くらいになり
逆に通勤時間が少し長くなって読む時間が増えました

てなわけで、最近読んだ本

「修道士カドフェル 聖女の遺骨求む」
エリス・ピーターズ

海外ミステリーで、全21作のシリーズもの
これはその1作目

ミステリーということでテンポもよく
ページはどんどん進んだけれど
読過後の印象は薄い、かな

イギリスでTV化されたシリーズだったことや
物語の主人公カドフェルが修道士という
特異な存在だったことで期待が大きかったかもしれない
でも、きっと巻が進むごとに面白くなると期待してます

いまは「楡家の人びと」を読んでいます
カドフェルはちょっと休憩


りんでございます

以前紹介したダンボールハウス
本体はかなり傷んできましたが
傾きながらもなんとかがんばってます

最近はにゃんこたちの出入りで
気づくと引出しがはずれてたりして・・・
しっかり別のものとして一人歩きしてます

ほら・・・


ほらほら・・・


ほらほらほら・・・


引出しだけでも楽しめちゃうポンテの図
(って、寝てるだけだけど





りんでございます

この間、ヒマ軍団をシャンプーしました
あ、軍団って言ってもパンナとポンテの2ぴきなんですけどね

ポンテは毛が多くて絡みやすい子で
ちょっとブラッシングを怠ると
「フェルト王子」になっちゃいます
絡んだ毛がフェルトみたいに、布状になっちゃうんです~~
お手入れ、大変なのです

さてさて、それはともかく
まずパンナ!

うちでいちばん度胸のある子なので
シャンプーするのはそんなに苦じゃない
でもいちばんの暴れん坊でもあるので
違う意味で苦労はあります

乾き切るまでドライヤーをかけさせてくれないので
こんな感じでフィニッシュ!

そして、フェルト王子のポンテ!

普段はのんびりポヤ~ンとしているポンテも
お風呂場ではしっかり抵抗してきました
彼もドライヤーは途中まで

いやいや、それにしてもこのポンテ・・・
イエティみたい
ヒマラヤ山脈に住む雪男とか言うアレです

でも・・・

このショットは、この方の雰囲気を彷彿させる・・・

気のせいかもしれませんね
Nさん、すみません (;^_^A

なんとかシャンプー、ドライヤーと終わったヒマ軍団
お部屋に戻って落ち着いたのか
2人してキャットタワーにのぼって内緒話してました


あ・・・
ジークとプリンのメインクーン軍団は
「超びびりぃー」なので、シャンプースケジュール未定です