ねりまねこ・地域猫

地域猫活動を推進するNPO法人ねりまねこのブログ
練馬区公認ボランティア、東京都動物愛護推進員


テーマ:
私の猫デビューは小学生の時です。
学校帰りに、人なれした茶とらの子猫に出会いました。
いっしょにいた友達は親が反対して飼えなかったので、私が連れて帰りました。
私の親も反対だったはずですが、怒られた記憶はありません。

後で、母と一緒に拾った場所に行き、近隣の人に尋ね
野良猫の子だと確認した上で、うちの飼い猫にしました。

 

私達は小学校で動物を介した「命の授業」を行っています。
その時のボランティア仲間と、
「捨て猫を見つけたらどうしたらいい?」という質問に、
小学生相手に、どんな回答をするべきか、と議論がありました。

皆さんなら、なんと答えますか?

①「自分で飼えない動物を、無責任に拾ってはいけません」
飼えないのに、「かわいい」「かわいそう」だけで、持って帰り、
死なせてしまうかもしれません。
大人相手なら、そのとおりかもしれませんが、
子供相手には、ちょっとクールな回答です。

かわいそうな猫を助けたいという、優しい気持ちを
最初からあきらめさせるのは、もったいないです。


「保健所や動物愛護センターなどにお願いしなさい」
センターが保護して飼い主を探すのは
決められたわずかな期間だけで、最終的には殺処分になります。
その事実を隠して、丸く収めるのは、子供をだますことになります。


知り合いの獣医さんは、こんな答えをしていました。
③「かわいそうだと思うなら、手をさしのべてあげて。
後は、私のところに連れてくればいい。」
親御さんの事情を考慮して、無理なら病院で引き受けるということです。

私は獣医さんほど寛容ではないし、自信もないので、
「うちに連れてこい」とは言えません。
(そんなこと言ったら、あっという間に多頭飼育崩壊するし・・・)

私自身も、いい答えがあるわけではありませんが
そんな話がふってきました。
さてどうしよう?(;^ω^A


   
ある公園に、5匹の子猫が捨てられました。
それを見つけた小学生の子供達は、
なんとか助けようと、一匹づつ、家に連れて帰りました。

その後、猫たちはどうなったか?
明暗が別れることになりました。

子供の思いに応えるために、大人はどうしたらいいのか、
一緒に考えてみてください。

つづく

※関係する方にご迷惑にならないよう、
事実はそのままで、特定されないように内容を一部変更します。


飼い主のいない猫の対策を広報するために、ランキングに参加中です。
ポチ、ポチ、ポチっと、クリックの応援よろしくお願いします!m(_ _ )m

 
 
  
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

ねりまねこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「地域猫ボランティア」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。