ねりまねこ・地域猫

地域猫活動を推進するNPO法人ねりまねこのブログ
練馬区公認ボランティア、東京都動物愛護推進員


テーマ:
最後のパブリックコメントのお願いです!!

前回のパブコメでの意見を受けて、夜8時以降の展示が禁止されることになりますが、猫カフェ業者が反発し、夜10時まで展示営業させるよう要望しています。
猫カフェだけに特例を設けることは、法の抜け道となる危険があります。

杉本彩さんが、猫カフェ業者へ反対する意見をわかりやすく書いています。
緊急 パブコメ募集 猫カフェについて



2分で送れるパブコメ

下記の送付文書例をコピーして、赤字部分を入れて、メール、FAX、郵送でお送りください。
意見は、ご自分の意見でも、そのままコピーでもOKです。
例とは逆に、「猫カフェの規制緩和に賛成」でも構いません。
※意見の見本は、ゆきももこさんからお借りしました。

◆送付文書例

動物の愛護及び管理に関する法律施行規則の一部を改正する省令の一部を改正する省令案等(概要)」に関する意見
氏名(企業・団体の場合は、会社名/部署名/担当者名):
住所:〒
連絡先電話番号、FAX番号、電子メールアドレス:
意見:猫カフェの営業時間は他の動物取扱業と同様に、午前8時から午後8時までとすべきです。

理由1:猫カフェの夜間営業を許可することが、法の抜け道となり、非公式な生体販売の営業が可能となる。
理由2:猫は夜行性だが、1日の約3分の2を寝て過ごす。不特定多数の人間に常に晒される状態は大きなストレスである。
理由3:猫カフェは営利目的の商売であり、生命を慈しむ動物愛護精神にそぐわないばかりか、動物への責任を負わずにただ可愛がるだけという、無責任な考え方を助長する。
理由4:正規のパブリックコメントで圧倒的多数意見を受け公布されたものに対し、営利目的の業者からの反対意見を受け入れ、経過措置を検討することは国民への裏切りである。

◆送付先
「環境省自然環境局総務課動物愛護管理室宛て」
・電子メールアドレス
aigo-seirei04@env.go.jp
・FAX :03-3581-3576 
・郵送:〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁舎5 号館

◆締切 5月7日(月)
 メール、FAXは24時まで、
 郵送は17時まで、必着です!

締切間近のため、どうぞ宜しくお願い致します。

飼い主のいない猫のために、ワンクリックお願いします。
左は地域猫ランキング、右は猫ボランティアランキング
に飛びます。
 
AD
いいね!した人  |  コメント(40)  |  リブログ(0)

ねりまねこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「動物愛護」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。