1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年12月16日(土)

水泳部 忘年会

テーマ:よもやま話

場所は、開店間もない「いずみ田赤坂店」!

 


最年長は75歳、最年少が67歳の冷たいプールで一緒に泳いだだけのジジイ達14名です。

 

 

ただしコレでも昔は紅顔 の美少年スイマー!

 

 

北九州からの参加者もいて、二次会の「CHANTEZ」まで、飲めや歌えの大騒ぎとなりました。(疲)

 

 

懲りずに1/18、新年会 もやることに・・・(笑)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年12月14日(木)

宮崎市が飲酒禁止令!

テーマ:よもやま話

ア○市長の真似はしたら、いかんバイ!

 

大人が何処で、どんな酒飲もうが自由な基本的人権 のある国やなかったとかいな?

 

宮崎市は11日、20代の男性職員が道交法違反(酒気帯び運転)容疑で警察に摘発されたことを受け、全職員に対し、17日までの1週間は職員同士の飲み会で酒を控えるように通知した。嘱託、臨時を含む職員約3700人と市長ら特別職が対象。
 市によると、男性職員が8日夜、居酒屋で友人とビールや焼酎を飲んだ後に車を運転。カラオケボックスの駐車場で酒気帯び運転が発覚した。市は11日の綱紀委員会で通知を決定した。亀田人事課長は「再発防止の覚悟を行動で示したい。忘年会の予約を取り消すことは求めないが、ソフトドリンクを飲むように指導する」と話した。
 飲酒に絡む不祥事が続いた福岡市でも2012年、自宅外の飲酒を1カ月禁止する「禁酒令」が出て議論を呼んだ。 <記事転載>

 

何の効果もない人気狙いのパフォーマンス!(断)

 

福岡市の場合、ウチは予約ドタキャンで70万円ほどの損害が出ました。ア○市長に弁償の請求書を送りましたが、未だに払って貰ってません。(怒)

 

酒ナシ忘年会はOKだから、まだマシかな?

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年12月13日(水)

伊方原発運転差し止め!

テーマ:原発に関する話

筋書き通りの”まやかし判決”のような気がします。

 

その訳は、判決理由の第一が阿蘇山火砕流の危険性という”荒唐無稽”なものであることです。

 

 伊方原発3号機(愛媛県)の運転差し止めを、住民が求めた仮処分の即時抗告審で、広島高裁は13日、申し立てを却下した今年3月の広島地裁の判断を取り消し、四電に運転差し止めを命じる決定を出した。裁判長は「阿蘇山(熊本県)の噴火で火砕流が原発敷地に到達する可能性が十分小さいと評価できない」などとし、火山災害による重大事故のリスクを指摘した。高裁レベルの差し止め判断は初めて。期限は来年9月末まで。仮処分はただちに効力が生じ、今後の司法手続きで決定が覆らない限り運転できない。 <記事流用>

 

停止しなければならない”本来の理由”は、・・・

 

①超々大規模災害に繋がる”事故”の危険性

②廃棄物処理などを含め、社会的に”超高コスト”
③時代遅れで、クリーンエネルギー開発の”足かせ”

 

3人の裁判官の本意は測りかねますが、これでは電力会社と国に絶好の反論チャンスを与えるようなもの!

 

どちらに転んでも最高裁まで行くならと、今回は国側が(論点のすり替えで)敢えて ”負け”を選んだとしたら・・・


 伊方原発3号機の運転差し止めを命じる仮処分決定が伝えられると、支援者から大きな歓声が上がった。拍手や太鼓の音とともに横断幕や旗が振られ、握手する人や涙ぐむ人の姿もあった。
 「勝ったー」と高裁から走り出た住民側の○○弁護士は、「高裁レベルの決定で原発が差し止められたのは初めて。極めて重要な意義がある」と力強く語った。「流れを大きく変える歴史的な転換点だ。政府や電力会社は決定を真摯に受け止め、
原発を再稼働させない方向に転換するよう心から要望したい」と訴えた。 <記事流用>

 

不思議 なコメントする弁護士ですねぇ?(怖)

 

電力会社や国側が再稼動を諦めるなんてことは、200%ナイ!のが分っていて、何故このような発言をするのか理解に苦しみます。

 

結果として伊方訴訟が最高裁 で負ければ、全ての原発で”再稼動のお墨付き”が出たのも同然となります。

 

コノ手の勝訴で、喜んではいけないと思います。(汗)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年12月12日(火)

パワハラ経験

テーマ:よもやま話

入社10年目の会社員時代、私の加害者経験です。

 

新卒セールス全員を、江〇川台研修所に集めての研修でフィールド・トレーナー(F.T.)を務めました。

 

F.T.とは現場実務者による訓練という意味です。選ばれた私は、少し調子に乗っていたかも知れませんね。(汗)

 

一日に 3~4時間しか寝れない過酷な研修で、疲れ果てていたであろう新卒達は、私の講義の際に集中を欠き、居眠りをする者も多くいました。

 

『コラァ~、てめ~ら!!』 (親譲りの大きな声)

 

『俺の話を聞きたくないんだったら、この教室から出てけ!そして実家に帰って、二度と戻って来んな!』

 

『お前らみたいに研修受けるだけで 給料を貰ってる奴を、”穀潰し”って言うんや!』

 

『その給料、誰が稼いでるのか知ってるか?』

 

『責任は全て俺が持つから、やる気の無い奴はスグ辞めろ!なんなら、全員辞めたって構わんぞ!』

 

気迫に押されたのか?それ以後真剣に講義を聴いてくれました。専任トレーナーからも・・・

 

アレ以降、新卒達の態度が変わりました。ホントに感謝しています』と、丁重にお礼を言われました。

 

退職後、皆との飲み会での後日談です・・・

 

『実はアノ後、研修生全員で話し合いしました。結論は各々の赴任地で売りまくり・・・

 

アノ 泉〇っていう野郎にだけは、絶対負けないように頑張ろう!』と約束し合ったそうです。(講義の内容は、全く覚えてナイ!笑)

 

今ではリッパなパワハラでしょうが、そんな時代でした。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年12月10日(日)

くんちの竹笛 練習日

テーマ:福岡の飲食店

ついに待ちに待った練習日!

 

毎月9日(くんち)の夜7時半から唐津神社本殿で保存会主催の練習会が開かれます。

 

特別に参加を許され、勇んで博多から駆けつけましたが・・・ う~ん、どうも様子がおかしい?

 

着いた時には本殿での囃子納めが終わり、皆さんが打ち上げに行かれるところでした。(唖)

 

先日の市丸さんを見掛け、『もう、終わったとですか?』

~『ありゃ、今来たと?折角やけん、一緒に打ち上げに来んね?』

 

 

お言葉に甘えて、博多で言う”なおらい”に参加です。

 

<唐津神社の宮司さんはじめ、お歴々も参加して・・・右端が市丸さん>

<この人の顔、どっかで見たこと?NHKくんち親子3代のバイク店の人やん!>

<次の世代を担う小・中学生の諸君も大先輩の話を真剣に・・・>

 

来月9日からは、ちゃんと7時半から練習会が開催されるとのこと。また、来るけんね!

 

まぁ、今日は皆さんとの”顔合わせ”ということで・・・(笑)

https://ameblo.jp/neribeichou/entry-12327907608.html

https://ameblo.jp/neribeichou/entry-12303851791.html

https://ameblo.jp/neribeichou/entry-12325118553.html

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。