はいどうも

今回は復帰してからのお金稼ぎを振り返りたいと思います。
他の人のこういった話は殆ど聞いたことが無いのですが
できれば聞いてみたいですね!
履歴が少し長いので興味があればどうぞ。
(一度投稿前に消してしまって纏める気失せた^^;)

結構稼いだつもりでも億には届かなかったので、
億プレイヤーは本当に凄いなあと、改めて思いました。

ドラクエ10はお金に余裕があるとないとで楽しさが段違いだと思うので
職人を敬遠されている方は、怖気づかずにチャレンジしてみてください!

ちなみに私が普段使っているさいほうシートはこちらです。
LibreOfficeのインストールと、マクロセキュリティの設定(中以下)が必要です。)
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org5269973.zip.html
(ダウンロードパス:neqlol)

****
<成果>
 期間:2ヵ月(6月中旬~8月中旬)
 開始時現金:100万G
 終了時現金:3500万G
 さいほう収支:+6700万G

僕は単純作業をやっているとすぐ飽きてモチベーションがダダ下がりするので
モンスター討伐、キラキラ拾いは一切やっていません。

<さいほう勝率>
 はごろも下(プラ☆3):70%位
 マスター一式(超☆3):70%位
 無法下(奇跡☆0~2):75%位
 退魔(上以外):60%位
 退魔上:56%(1131/2000)

<履歴>
~5月中旬~
約1年ぶりにドラクエ10に復帰。
課金はメイン垢のみ。さいほう職人はサブ垢なので金策できず。
収入はクエスト報酬やふくびき景品のみとなり、1万Gの重さを思い知る。
前回引退時に失っていた庶民(失礼)感覚を取り戻す。

~6月中旬~
キッズタイムを利用してサブ垢で久々のさいほう。
僅かな時間で万単位稼げる事に感動し、サブ垢課金を決める。
昔なじみの商材を縫って小銭を稼ぐ。
さいほう師匠のやな先輩に「無法も縫えば?」と言われて無法下にも手を出す。
下を選んだの理由は「はごろも下で慣れたので、下に対して安心感があったから」
 商材:はごろも下、マスター一式、無法下
 収支:+650万G

~6月下旬~
休止前の目標だった1000万Gが近づき、満足していたのだが、
周囲の継続プレイヤーにとっては割と普通の資産であることに気付いてしまう。
焦燥感に駆られ、一番単価の高い装備に乗り込む事に。
 商材:退魔下、退魔上
 収支:+1690万G(212/356)

~7月~
ビギナーズラックなのか、乗り込みに成功したので調子に乗って退魔を縫いまくる。
途中3日間で500万Gの赤字を経験して萎える。
退魔に若干退屈したためレイブンに挑戦し、黒字にはなったものの
売れ行きの悪さ(退魔比)と難易度の高さに乗り込みを断念。
 商材:退魔上
 収支:+2560万G(590/1059)

~8月上旬~
さいほうのためだけにサブ垢に課金するのがもったいないので
メイン垢(元道具職人のレクロル)でさいほうを育てることに。
いっぱつしあげで無理やりレベル35付近まで上げたあとは、再び無法下を縫いまくる。
(はやて腕→マタドール腕→きじゅつ腕で3日程度でした)
 商材:無法下
 収支:+100万G(育成費用を入れると-100万程度)

~8月中旬~
レベル44になり、再び退魔に返り咲く。
退魔一式に挑戦するも、上以外の部位の☆3利益に満足できず撤退。
(勝率よりも目先の金額に目がくらみました)
後半はバザーでの処分が面倒になり、モーモンバザーで投げ売り。
 商材:退魔上
 収支:+1670万G(329/585)
****

おわり
AD