魂の占い師 ネプテューンのブログ

魂の占い師: ビギー・ネプテューンが「食と人生」そして、スピリチュアルな日常について、気ままにつづります。


テーマ:

今週号の週刊文春
「石原慎太郎都政『
血税豪遊』全記録」
はなかなか読みごたえのある内容でした。
過去、数々のスキャンダルが囁かれながら
正面切って批判されることのなかった
この男。「豊洲移転問題」をキッカケに
いよいよ年貢の収め時が来たか?

 

さて、記事の内容ですが改めて驚くことばかり。
実際に読んでいただくのが一番良いのですが、
掻い摘んで言えば:
我々の税金を飲食や出張で湯水のごとく
使いまくった事実が暴かれています。

 

●税金で「内輪の飲み会」
私は豪華な食事や旅行が悪いものだとは
思いません。それが「自分のお金」ならば
何をしようが自由ですから。
しかし、税金が原資である「知事交際費」
で一本4万円近いワインや一本3万円の日本酒を
飲んでいたとすれば…そして、その宴席を
共にしていたのが側近やブレーンなどの
身内ばかりと言うのが許せません。
その目的も「都政懇談」とは何とも
ふざけた話ではありませんか。

 

 

●豪華旅行の数々
出張旅行も「世界陸上視察」目的の
ドイツ・ポーランド旅行が約4811万円、
「IOC総会出席」のデンマーク出張が
約4652万円。以下ずらりと並んでいますし、
その他にも家族同伴の「観光旅行」としか
思えないような出張も数々。
これでは公私混同を指摘されて辞任した
舛添前知事がかわいそうな気がしてきます。

 

 

●身内重用…公私混同の極み
そして、石原氏の「身内重用主義」の
極みとも言えるのが「若手芸術家育成」を
目的とした文化事業であるTWSだったのですが、
自分の息子(四男)である延啓氏を
館長にし、2006年までに7億6千万円の
補助金がつけられていたのです。
このTWSの運営も当然ながら非常に
不透明なもので(もう驚きませんが…)
猪瀬知事時代に予算を減らされた…
ところが、小池現知事によれば選挙期間中に
石原氏から「四男のイベントの予算を復活して
欲しい」と頼まれたとのことです。

 

●日米関係の変化
さて、これ以外にも色々あるのですが、
私がこの記事を読んで思ったのは
「今までジャパンハンドラーズによって
守られていた状況が変わったのではないか」
ということです。
そのヒントは…おそらくトランプ政権誕生と
関係があるでしょう。つまり戦後の日本を
操ってきた「ジャパン・ハンドラーズ」の
影響力が薄くなったのではないかということ。

 

では「ジャパンハンドラーズ」とは何か?

 

この辺の話になると長くなるので、
またの機会にしますが、とにかく
トランプは「壊し屋」ですから、
しばらくは彼が暴れまわるのを見守るしか
ないでしょう。
それによって様々なシステムが壊れていきます。
そして、その中には「壊れた方がいいシステム」も
たくさんあるはずです。

「石原氏はもう高齢なのでかわいそう」などと
言う人もいますが、とんでもない。
問題は私人としての彼ではなく「公人としての行い」に
あるのですから、キッチリとけじめを
つけるべきでしょう。

 

 

では、来週の予定をお知らせしましょう。

 

★2月20日(月)原宿占い館:タリム
11:00~20:00

http://www.uranai-tarim.jp/
※ご予約・お問い合わせは
0334975825 まで

 

★2月21日(火)原宿占い館:タリム
11:00~20:00

http://www.uranai-tarim.jp/
※ご予約・お問い合わせは
0334975825 まで

 

激動の世界です。
この時代を選んで
生まれて来た自分の魂に
改めて感謝します。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は、占いのお話です。

私が仕事をしている原宿占い館タリムでは

受付で「占いに必要な情報」をあらかじめ

お客様に記入していただいています。

記入欄には生年月日などの他に

「占い項目」というのがあります。

恋愛、結婚、仕事、健康、人間関係などが

主な項目です。

「占い」と言うものは、やはり世相を

反映するものです。

女性のお客様の場合、

昔は「恋愛」や「結婚」などの相談内容が

80%以上だったのですが、ここ4~5年は

「仕事関連」がかなり増えています。

「もっとやりがいのある仕事がしたい」

とおっしゃる方も少なくありません。

「派遣労働」が増え、

使い捨てのような労働環境が

増えたせいかも知れません。

多い日は半分が仕事関連の相談と

言う場合もあります。

仕事関連の相談と言っても様々です。

本人自身の仕事、例えば「転職」や

「適職」に関する相談も

多いのですが、本人以外の仕事関連の

相談もあります。例えば…

「今、付き合っている彼の会社が倒産してしまった」

「彼がリストラされそう」

「彼が勝手に仕事を辞めてしまった」などなど。

そして、この彼と「このまま付き合っていていいのか」

「結婚相手としてどうなのか」と言うようなお話。

ところが、意外と「彼の仕事の内容」を

知らない女性が多いのに驚きます。

「で、彼はどんな仕事をしているんですか?」

と尋ねると、

「会社員」「営業」「セールス」「IT系」などと

非常に曖昧。会社の名前も所在地も

知らなかったり、「何を売っている会社」

なのかも知らない場合も少なくないのです。

当然、彼の年収なども知らない。

恋愛中の場合、どうしても自分に

不利な事は言いにくいものです。

時には、カッコ良く見られたくて

思わず「ウソ」をついてしまうことも

あるでしょう。

それでも恋愛の場合はまだ

「イイカゲンな奴」で

許されるかも知れません。

しかし、結婚相手となればウソは

許されない場合もあります。

時にはそのウソが破局の原因と

なってしまうかも知れません。

職業や収入、肩書き、そして学歴など。

さらに「結婚歴」…バツイチ、あるいは離婚訴訟中とか、

「子供がいるかいないか」とか。

また、恋愛歴も

一応チェックしておくべきですね。

長年の同棲相手がいたとか「婚約不履行」とか。

一番最悪なのはフタマタ状態のまま

「別れ切れずに」結婚に至る場合です。

恋愛はロマンティックなものですが、

結婚はリアリティーそのもの。

それは「ビジネス」と言っても良いくらいです。

甘い新婚生活も2~3年もすれば

厳しい「現実」と向き合って

生きていくことになります。

子供を持てば、もっと大変です。

結婚歴33年の私が言うのですから

間違いありません。

パートナーと共に「あらゆる問題」を

乗り越えていくのが結婚と言う

「修行の道」なのです。

そんな大事なパートナーを選ぶわけですから、

収入や職業、相手の育った環境や家族関係など

最低限知っておかなければならないことは

知り、全て納得した上で「永遠の愛を誓う」。

これが悲劇を防ぐ知恵だと思います。

結婚は「宿命」ではありません。

「ともに運命を乗り越えていくパートナー」を選ぶ

責任は自分にあります。

甘い幻想は判断を狂わせます。
※以上は2015年の記事に加筆したものです。

 

では、今週の予定をお知らせしましょう。

 

★2月13日(月)原宿占い館:タリム
11:00~20:00

http://www.uranai-tarim.jp/
※ご予約・お問い合わせは
0334975825 まで

 

★2月14日(火)原宿占い館:タリム
11:00~20:00

http://www.uranai-tarim.jp/
※ご予約・お問い合わせは
0334975825 まで

 

時間の流れが加速度を

増しています。この渦に
巻き込まれないように、
全体を俯瞰して動きましょう。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私がアメブロにブログを書き始めて

もう7年になりますが、

いまだに人気のある記事の

ひとつがこの「最強の立ち直り法」です。

最初にアップしたのは2013年6月5日ですが、

2015年9月に再度アップし、

今週もまたランキング入りしていたので

先ほど自分でも読んでみたんですが、

「ふむふむ…なかなか良い」

と思ったので、再度シェアしたいと思い

アップしました。
※一部、加筆・編集してあります。


「最強の立ち直り法」


もう10年ほど前になりますが、

「ザ・シークレット」と言う本が売れたのを

ご存知でしょうか?

私の敬愛する山川ご夫妻が翻訳した本で、

いわゆる「引き寄せの法則」について

書かれた本です。


この本がキッカケとなって、

次々と「引き寄せ」関連の本や

DVDが出版され、セミナーなども

盛んに行われ「引き寄せブーム」

が巻き起こりました。


しかし、現状はどうだったでしょうか?

あの本を読んだ人がみんな

「自分の望むもの」を

引き寄せられたのでしょうか?

おそらく、多くの人が一番

引き寄せたかったのは「お金」

だったのでしょうが、

実際に大金を引き寄せたのは

セミナーの主催者と本の著者・出版社だけ

だったのでは?

「何だ、何も変わらないじゃないか!」

と本をブックオフに売ってしまった

人も多いのでは?


私も当時は正直「引き寄せの理屈は

わかるけど、現実はなぁ…」と

思っていました。

そんな時、ニール・D・ウォルシュの

メルマガを見て

頭の中の霧が晴れるような気がしたのです。

ニールはあの「神との対話」シリーズの著者です。

それは「引き寄せの法則」についての

コメントでした。

(以下、日本語に翻訳しました)

**********************
「みんな、引き寄せの法則なんか

ウソだと思っているかも知れないね。

確かに、人生、望んでいないことが

起こることは珍しくない。残念ながら、

引き寄せの法則について書かれている

本には一番大事なポイントが

抜けているんだ。


それは『本当に望むことが

起こる前には、それと正反対のことが

起こる』ということ。

つまり『大波が来る前には

一度波が引く』という現象なんだ。

だから、望む状態と正反対のことが

起こったら『来た来た!』と

喜ぶべきなのに、

『何だこれは!バカバカしい!』

と放り投げてしまう人がほとんどなんだ。

一番大事な時に、引き寄せるのを

中断してしまうから、

望みが叶うはずはないよね。

だから、最悪のことが

起こったら、『ありがとうございます!』と

感謝の気持ちを表現すべきなんだよ」

以上メルマガより
**********************


これ、ホントに目からウロコでしたね。

それからは、最悪なことが起こっても

すぐに立ち直ることができるように

なりました。

もちろん、一瞬はヘコみますが、

回復は早いです。

ピコ~ン!とね。


「最悪なことが起こったら、ありがとう!」

これ、最強の立ち直り法です。

絶対役に立ちますよ。

 

 

*****************

 

では、来週の予定をお知らせしましょう。


★2月6日(月)原宿占い館:タリム

11:00~20:00

http://www.uranai-tarim.jp/

※ご予約・お問い合わせは

0334975825 まで


★2月7日(火)原宿占い館:タリム

11:00~20:00

http://www.uranai-tarim.jp/

※ご予約・お問い合わせは

0334975825 まで


耳を疑いたくなるような

ニュースも多いです…が、

「時代の大きな転換点」

に立って見ている自分。

とてもエキサイティングです。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私が毎週セッションをしている「原宿占い館タリム」に

初めて出たのは2003年7月31日でした。

あれからもう13年、毎週たくさんの方々と接し、様々な

ストーリーを聞かせていただいているのですが、

最初の頃は…適当…と言うのではありませんが、割と気楽に

構えていました。それでも何とかなっていたからです。

しかし、ある時からお客様には「真剣に」向き合わないと

ダメだと思うようになりました。

それはある手紙がキッカケでした。


 

先日、不思議なことがありました。

家で古い資料を片づけていたら、パラリと封筒が

落ちたのです。宛名を見ると


神宮前1-7-2 サンズビルB1 タリム ネプチューン様


差出人の名前はありません。この住所は現在のタリムが

移転する前、竹下通り沿いにあった時の古い住所です。


「ん?何だろう」と中を見ると、便箋二枚に書かれて

いたのは、お客様からの手紙…あっ!思い出した。

あの手紙だ!


忘れられない内容の手紙でした。以下、抜粋します。

*******************************************************


突然ですみません。先日伺ったKといいます。ボロボロと

泣いていたので覚えて下さっているかもしれません。

伺った時には職場からとっさに逃げ出し

死ぬつもりでいました。


あなたに占っていただいて涙が止まらず本当に

励まされました。


あの後、今いる●●まで来て死ぬつもりでした。(略)

身近な人に遺書をかき、封筒に入れ、前日買ったナイフで

自分の首すじを何度か夜中に刺しましたが(略)飲んだ薬も

吐き出すばかりで夜が明けてしまいました。

死ぬこともできず本当に情けなかったです。


薄汚れた姿でさまよい、途方にくれていた時、

あなたの言って下さった言葉を思い起こしました。


「あなたは落ち込んでも絶対死なない」

死のうと思った直前に、遺書を書きながら、あなたにもらった

カードに好きな言葉、こうなりたいという言葉として

『自由』と書きました。

その時は死んで自由になりたいと思っていましたが、

死に切れなかったその後は、しっかり生きて職場の人々を

見返してやろうと思いました。


さまよったあとは、手持ちのお金で服を買って着替え、

●●で職探しをし、何とか住みこみの仕事を見つけて

働き始めました。


*****************************************************


(以上抜粋終わり)

その後、Kさんはリラクゼーション関連の資格取得を目指し、

学校に通う予定と書いてありました。

 

 

 

Kさん、あれから10年。

元気で暮らしていらっしゃるでしょうか。


手紙の最後に「捨ててくださって構いません」と書いて

ありましたが、大事にとっておきます。


自分への励ましとして。ありがとう、Kさん。


 

では、今週の予定をお知らせしましょう。

★1月30日(月)原宿占い館:タリム

11:00~20:00

http://www.uranai-tarim.jp/

※ご予約・お問い合わせは

0334975825 まで

 

★1月31日(火)原宿占い館:タリム

11:00~20:00

http://www.uranai-tarim.jp/

※ご予約・お問い合わせは

0334975825 まで

 

沈丁花の蕾も膨らみ、


春が近いのを感じます。

今年の春は、何だか

特に楽しみです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

太陽系には「天王星」と言う星があるのを
ご存知だと思います。地球⇒火星⇒木星⇒土星
⇒天王星の順ですから、かなり遠い惑星です。
地球からの距離は27億km~30億km。
毎日24時間歩いて天王星まで行くと7万7000年
かかる(ぶっ!ありえない!)という膨大な距離です。

天王星

 

さて、天王星はあるポイントに戻って来るのに
約84年かかります。これを占星術では「天王星周期」と
呼びます。
2017年、天王星は牡羊座の20度~28度の間を動きます。
前回、このポイントを通ったのは1932年4月~1934年5月の
時期です。
この時期に何が起こったか、まずそれを見て行きましょう。

 

●1932年
5月15日 5・15事件勃発:海軍将校によるクーデター未遂事件
      これより前1月28日には第一次上海事件、
      3月1日には満州国建国
5月26日 斎藤実内閣誕生 軍部・官僚からなる「挙国一致内閣」
       総理の斎藤実は海軍大将
7月30日 ロサンゼルスオリンピック開幕(~8月14日)
8月2日  ドイツ:ナチスが選挙で圧勝。第一党に躍進
11月8日 アメリカ大統領選でルーズベルト(民主党)が勝利
12月23日 大日本国防婦人会発足

●1933年
1月30日 ヒトラーがドイツ首相に就任、ナチス政権獲得
2月4日 長野県で教員が思想問題で多数(66校、230名)検挙される
    (長野県教員赤化事件)
2月20日  作家小林多喜二が治安維持法違反容疑で逮捕される
       東京・築地署に留置され特別高等警察の拷問により

       虐殺される
2月24日 国際連盟が日本軍の満洲撤退勧告案を42対1で可決。

       松岡代表退場
2月27日 ナチスによるドイツ国会議事堂放火事件
3月3日AM2:30:48 三陸地方大地震

       (M8.1、死者3021名、不明43名、負傷968名)
3月4日  フランクリン・ルーズベルトが第32代米大統領に就任
       ニューディール政策始動。
3月24日 ドイツ国会で全権委任法可決され、ナチス独裁が確立
3月27日  日本政府が国際連盟脱退の詔書を発布
4月7日  米国で14年ぶりに飲酒解禁
4月10日 関東軍が長城線を越えて華北に進撃開始
8月1日  改正図書館令施行 (政府による図書館統制強化開始)
8月9日  第1回関東地方防空大演習実施
8月18日  ナチス・ドイツ主導で開発された国民ラジオの一号機
       VE301Wが初公開
8月24日  5・15事件被告に対する減刑嘆願書が7万通殺到
10月14日 ドイツが国際連盟を脱退
11月8日  蚕糸恐慌。生糸暴落し産繭・生糸の輸出統制開始
12月5日  米国で憲法修正第21条批准 (禁酒法廃止)
12月23日AM6:39 皇太子明仁親王(今上天皇)誕生

      (サイレンにて通告)

 

●1934年
1月26日  ドイツ・ポーランド不可侵条約締結
     (1939年9月1日ドイツが侵攻し破られる)
3月1日  満州国にて帝政実施。執政溥儀が皇帝となる
3月13日  イタリアの独裁者ムッソリーニ、スペイン王党派と協定

 

ざっと振り返ってみましたが、ひとつの流れが感じられますね。
それは戦争に向かう流れです。
主な要因としては、1929年の世界大恐慌後の

政治的・経済的混乱から世界がまだ立ち直っていない

状態ということ。そこにファシズムや軍国主義が芽吹き

育って行った。この年から約5年後の1939年9月1日、
ヨーロッパで第二次世界大戦が始まり、さらに2年後

1941年12月8日には太平洋でも戦端が開かれるのです。


もちろん、歴史は螺旋状に動いていきますから、

84年前の出来事がそのまま繰り返されるとは言えません…

が、昨今の世界の動きに何かキナ臭いものを感じて

いるのは私だけではないでしょう。
ドイツやフランスにおける極右の台頭も気になりますし、
アメリカのトランプ新大統領にも、何をするかわからない

胸騒ぎを感じます。

ひとつ、言えることは私たち人類は、この84年の間に

様々なことを体験し、学んできた…はず…と言うことです。
幸い、今はインターネットの発達もあり、ラジオと新聞しかなかった
84年前よりも様々なことを知ることができるようになりました。
もちろんガセネタやプロパガンダもありますが、そこは「直感」で
真実を見抜いていきましょう。

私は未来に希望の光を見出しています。

しかし、その希望は誰か…例えば救世主のような存在…

から与えられるものではない。
私たち自身が作り出す光なのです。


では、今週の予定をお知らせしましょう。

★1月23日(月)原宿占い館:タリム
11:00~20:00

http://www.uranai-tarim.jp/
※ご予約・お問い合わせは
0334975825 まで

★1月24日(火)原宿占い館:タリム
11:00~20:00

http://www.uranai-tarim.jp/
※ご予約・お問い合わせは
0334975825 まで

 

歴史ってホント面白いですね。

著者によって解釈が違うのも

興味深いことのひとつです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。