魂の占い師 ネプテューンのブログ

魂の占い師: ビギー・ネプテューンが「食と人生」そして、スピリチュアルな日常について、気ままにつづります。


テーマ:

イギリスのEU離脱、参議院選挙、


都知事選挙などなど

世の中騒がしい。


昨年、「2016年は世相が荒れる」と予測


しましたが、予測以上に荒れて来ました。


世相が荒れて来ると「心が壊れた人たち」


が増えます。


占いの現場でもそう感じます。

しかし「心が壊れそうな人」は何とかなるかも


知れませんが、「すでに壊れてしまった人」


にとって占いは逆効果になりえます。


そう言う人は専門家の治療を受けることを


オススメします。


さて、今日はそんな荒れた世相にも


ブレない「平常心」のお話。


私は料理を作るのは好きですが、


「洗いもの」はきらいでした。


食べ終わった後の山のような食器や


調理道具。


「あ〰あ」と思わずため息が…。


以前は食洗器を使っていたことも


ありました。


しかし、あれもけっこう手間がかかりますね。


食器をセットして、また出して。


セットの仕方が悪いと


キレイになってなかったり。


ところがある日、目覚めたのです。


「洗いもの」は「瞑想」であると。


もう40年ほど前に読んだOsho(バグワン)の


言葉「全ての瞬間は瞑想である」が


突然閃いて、
「そうだ!これは貴重な瞑想の時間なのだ!」


一旦そう言う想いで皿洗いを始めると、


お皿やフォーク、茶碗に対する感謝と


愛が湧いて来て、心が洗われるようでした。


そして、ヒビが入ってしまった小皿や


マグカップも捨てずに植木用に


「第二の人生」を与えたり。


Oshoの肉体はもうこの世には


ありませんが、その言葉は


永遠です。


そう、「全ての瞬間が瞑想」であれば…


自然に顔がゆるんで来るのを感じます。




ランタナ



では、来週の予定をお知らせします。


★6月27日(月)原宿占い館:タリム
11:00~20:00
http://www.uranai-tarim.jp/
ご予約お問い合わせは:
0334975825


★6月28日(火)原宿占い館:タリム
12:00~20:00
http://www.uranai-tarim.jp/
ご予約お問い合わせは:
0334975825
※開始時間が12時です


選挙の投票には


絶対行きます。


これは「義務」ではなくて


「権利」です。


納税の義務だけを負って


せっかくの権利を放棄するのは


愚の骨頂ですから。




AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

今朝の私のツイッター


「本日7時36分、太陽が蟹座に入り
夏至を迎えました。蟹座の皆様、...

お誕生日まとめて、おめでとうございます!」
に質問が来ました。

「私は6月21日生まれで双子座だと思って
いたんですが蟹座なんですか?」と。


いい質問ですね。


ここで、もう一度ツイッターの内容を
見ていただきたいんです。


「本日7時36分、太陽が蟹座に入り…」
という事は「7時35分」ならば、
まだ双子座という事なんですね。


つまり今年:2016年6月21日0時~7時35分に
生まれた赤ちゃんは双子座ということ。
さらに、この「星座の境界線」は年ごとに
違います。


ちなみにこの質問者の女性は
1987年6月21日14時23分生まれなのですが、
1987年の場合、太陽が蟹座に入るのは
6月21日23時11分ですから
彼女の場合は、完全に双子座なんですね。


「星座の境界線」は全ての星座に

共通の問題です。
ですから、ネットや雑誌の占いで
「蟹座:6月22日~7月23日」などと

書いてあっても
鵜呑みにしない方が良いでしょう。

境界線は毎年変わりますから。

もしも境界線付近に
お誕生日のある方は一度、

専門家に見てもらうことを
オススメします。


ただし、

「蟹座だと思っていたのに双子座だった」
からと言って性格が急に変わるはずは

ありませんよね。


それは人間の性格というものは

「太陽星座100%」で
決まる物ではないからです。


例えば、

人間の「知性やコミュニケーション・パターン」
を表す水星や「愛情表現、価値観」を

表す金星は、太陽の両隣の星座に

来る確率が非常に高いので、
蟹座でも双子座っぽい人や

獅子座っぽい人は
たくさんいるわけです。


これを聞いて「占星術ってややこしい」

と思うか「奥が深い」と思うか…

それはあなたの性格に寄るでしょうが…。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆さんはHubba Hubba(ハバハバ)と言う言葉を


聞いたことがあるでしょうか?


これはアメリカの古いスラング(俗語)です。


もともとはポリネシアあたりの言葉らしいのですが、


太平洋戦争終了後、日本に進駐してきた


米兵を中心に広まったようです。


もともとの意味は:例えば


美人の女性が通りかかった時などに


「ほらほら、行け行け!」
(早く行かないと誰かに取られちゃうよ!)


みたいなニュアンスだったようですが、


その内に「急げ急げ!」「さっさとしろよ!」


みたいな感じで使われるようになったのです。


私が子供の頃、父がよく使っていたので


記憶の奥にこびりついています。


明日は「父の日」なので


父のことを考えていたら、この「ハバハバ」も


思い出しました。


今日は、父の想い出話です。



父の写真(20歳頃)

父はテキサスのダラス生まれで、


父方の先祖はスコットランド系。


18世紀にスコットランド東部から


アメリカに渡って来ました。


私の父の父(つまり私の祖父)は


テキサスの民主党員で、


リンドン・ジョンソンのブレーンだった


と聞いています。


リンドン・ジョンソンは、ケネディ政権では副大統領を


務め、ケネディ暗殺後は第37代大統領に


昇格した人物です。


任期中にベトナム戦争を拡大したため、


タカ派のイメージが強いのですが、


米国内ではケネディの政策を引き継ぎ


公民権運動(有色人種の法的権利を推進する運動)


を法制化した功績もあります。


「自分が大統領になるためにケネディを消した」などと


言う陰謀黒幕説もありますが、


それはありえないと思います。


ケネディを消したのは全く別の組織でしょう。


(この件についてはまた別途書きますが)


父は若くして弁護士の資格をとり、戦争が終わると


連合国占領軍の一員として日本に渡って来ました。


占領軍と言うと軍人ばかりだと思うでしょうが、


様々な専門家の民間人も来ていました。


法律の専門家は「東京裁判」や法律の整備


の必要もあり、かなりの人数が


来日していたはずです。


父は、当時アメリカの航空会社で


働いていた母に会い、


結婚を申し込んでから「日本で成功しよう」と


決心したようです。


そして横浜で弁護士事務所を開き、主に


船舶や船員に関する事案を扱い「海事弁護士」


としてメキメキと実績を上げて行ったのです。


しかし、父の成功に対する願望はその程度


では満たされなかったようです。




両親と私(中央)


副業で始めた横浜:本牧のレストラン&バーが


大当たりし、その後は米軍基地や施設のある


立川や麻布などに次々と店舗を


広げて行ったのです。


それでやめておけば良かったのかも


知れません。しかし、ここで父は人生を賭けた


大勝負に打って出たのです。


それは…長くなるので


この話の続きはまたの機会に。


今思えば、父の人生はホント


ロックンロールだったと思います。



では、来週の予定をお知らせします。


★6月20日(月)原宿占い館:タリム
11:00~20:00
http://www.uranai-tarim.jp/
ご予約お問い合わせは:
0334975825


★6月21日(火)原宿占い館:タリム
11:00~20:00
http://www.uranai-tarim.jp/
ご予約お問い合わせは:
0334975825


私たちは実にエキサイティングな


時代に生きていますね。


最近、特にそう感じます。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

舛添都知事辞任となると当然「次」に


注目が集まりますが、


橋下、東国原は絶対イヤ!


できれば、前回次点だった


宇都宮先生に再出馬して


いただきたいですね。

前回の選挙は小泉のペテンに


騙された人も多く、反自民・公明票を


割られてしまったけど、


今回は野党もしっかり統一候補を


立てて自公の推す候補に


対抗していただきたい。


できれば公約に「利権にまみれた


東京オリンピック返上」を掲げて欲しい。


そして、辞めたからと言って


舛添問題は曖昧にせず


徹底的に追求して欲しいです。


さらに舛添以上に悪質だった


石原都政にも徹底究明の手を


伸ばしていただきたい。


そして自民公明派の知事:三代


にわたる不正を明らかにすべきです。


東京は世界で最もクリーンな


都市を目指すべきです。


魂の汚れた知事はイラナイ!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「歴史は繰り返す」と言う


言葉があります。


古代ローマの歴史家


クルティウス・ルフスの言葉と


されていますが…この言葉には


全く同意できません。


確かに過去と「似たような出来事」


は起こります。


戦争も繰り返されて来ました。


しかし、宇宙の基本原理は「周期律」ではなく


「らせん状進化」なのです。


一見すると同じような出来事も


「時間の経過」が加わることで


全く別の意味を持ちますし、


そもそも諸条件や環境が違う。


歴史に関しては、マーク・トウェインの言葉


「歴史は繰り返さないが、


韻を踏むことがある」の方に同意します。



それでは、宇宙の基本原理「らせん」


について、もう少しお話しましょう。


私たちの太陽系を例にとりましょう。


「太陽系」のイメージは、


普通、太陽を中心に惑星がグルグル


回っている状態ですね。


そして季節が巡ります。


春が来て夏、秋、冬と進み、


また春が来る。


しかし、太陽は宇宙の中心では


ありません。


太陽自体が時速7万㎞という


猛スピードで宇宙空間を


進んでいるのです。


当然、地球も太陽や他の惑星と一緒に


猛スピードで進んでいるわけです。


この画像をご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=0jHsq36_NTU



目が回りそうですね。


でも、これが現実に


起こっていることです。


ですから、


昨年と今年は季節は似ていても


宇宙空間におけるポジションは


全く違う。


もちろん、時間も経過していますが、


私たちは宇宙の別の場所に


移動しているのです。


この宇宙の「螺旋状進化」の法則は


私たちの魂にも当てはまります。


私たちは生まれ変わるたびに、


進化しているのです。


「信じられない!」ですか?


信じなくてもかまいません。


信じなくても魂は進化しますから


大丈夫です。


そして、進化した私たちは


過去に犯した同じような過ちを


食い止める事も可能なのです。


では、来週の予定をお知らせします。


★6月13日(月)原宿占い館:タリム
11:00~20:00
http://www.uranai-tarim.jp/
ご予約お問い合わせは:
0334975825


★6月14日(火)原宿占い館:タリム
11:00~20:00
http://www.uranai-tarim.jp/
ご予約お問い合わせは:
0334975825



「今という時代」を後で振り返ると


きっと思うでしょうね。


「ああ、あの時、私たちは


歴史の分岐点にいたんだ」と。







いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。