海王星人の玩具アルバム。

海王星人が所持しているBB戦士・ウルトラヒーローシリーズ(UHS)・ウルトラ怪獣シリーズ(UMS)・フィギュア(figma・リボルテック・フィギュアーツ)等の画像を掲載するアルバムです。

ごくたまに、しれっと過去にここに投稿した事にして日にち改竄する事があります。

か劇。act.26
五人メノリボ

 





風神
「いやあ、まさか我等(われら)風神・雷神以来二年振りにリボルテックの仲間が加わるとはな」

雷神
「五人目のリボルテックか。急な加入だったな。海王星人は欲しいリボルテックは今の処(ところ)無いとか言っていたのにな」



ウッディ
「なあなあ、早く呼んでくれよ~」

骸骨剣士
“早くもにやついているな……”

風神
「分かった分かった、呼んでやる」

雷神
「おーい、ポッコー」

ポッコ
「はぁい」



ウッディ
「おおっ!」

ポッコ
「ポッコでぇす」

ウッディ
「……」



ポッコ
「よろしくお願いしまぁす」

風神
「御前(おまえ)……」

雷神
「女子(おなご)にしては大きいな」

ポッコ
「サイズが1/10ですし、身長15センチですからねぇ」

ウッディ
「……」

 



ドキドキ

 





ドキドキドキドキ

 










ドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキ

ウッディ
“確かに大きいなあ音譜 それに可愛い~ドキドキ



「やあ、よろしく、ポッコ」

ポッコ
“い、いやらしい顔をしてるなぁ、この人……”

風神
「おい」



雷神
「御前は近付くな」

ウッディ
「何でだよ。俺はただ普通にポッコにあいさつがしたいだけなんだよ」

風神
「其(そ)れだけじゃないだろ」

雷神
「御前の事だからどうせポッコに触りたいとか言うんだろ」



ウッディ
「違うよ、ツンツンしたいだけだよ。お臀部(でんぶ)ツンツン、ツンツンツンツン



風神
「何がお臀部ツンツンだ。御前の様な馬鹿は逮捕されろ!」

雷神
「大人しくしろ!」



ウッディ
「こんなナイスバディのポッコを前にして大人しくしていられるかあっ!!」

風神
「な、なんて馬鹿力だ……!!」

雷神
「ぬうう……我等だけでは押さえられないかもしれん!!」

ポッコ
「……えっ?」



骸骨剣士
「カタカ! タカタカタカタカタカ!」
(まずい! これは逃げた方が良い!)

ポッコ
“カタカタ言ってわからないけど、多分『逃げろ』って言ってる気がする……!”
「……うん!」



   タタタタッ

ウッディ
「待ってよ~! ポッコちゃ~ん!」

 











ポッコ
「はぁ、はぁ、はぁ……」

????
「はぁ、はぁ、はぁ……」

ポッコ
「……?」



ウッディ
「はぁ、はぁ、はぁ……オンナのカラダぁ……」

ポッコ
「きゃあああっ!!」



ウッディ
「ツンツン……お臀部ツンツン……」

ポッコ
「み、みんなは……!?」

ウッディ
「何とか振りほどいて逃げてやったんだよ……うへへへへ……」

ポッコ
「こ、来ないでぇっ!」



ブルブルブルブル

ウッディ
「おやおや、メチャメチャ震えているじゃないかあ」

ポッコ
「来ないで! 来ないで!」



ウッディ
「さあ、ツンツンさせてくれよぉ。
 ツンツン、ツンツン……」

ポッコ
「嫌ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」

????
「ヴィィナァァァスッ!! クラアァァァァァッシュッ!!!」

?????
「てぇぇぇぇぇいっ!!」



ドゴォォンッ!!
 
ガスッ!!

ウッディ
「トヨシマァァァァァッ!!」

ポッコ
“何でおでんツンツン男の名前みたいな叫び声……?”



ミロのヴィーナス
「大丈夫?」

なぎさ
「ウッディに変な事されなかった?」

ポッコ
「う、うん、大丈夫……」

なぎさ
「良かったぁ……」

ミロのヴィーナス
「あなたがか劇。に来るって知った時から心配はしていたけど、案の定だったわね」

ウッディ
「ぅ……ぅぅ……」

ヴィーナス・なぎさ・ポッコ
『!?』



ミロのヴィーナス
考える人直伝のヴィーナスクラッシュを受けてまだ動けるの!?」

ウッディ
「今回だけは負けられない……」

なぎさ
「しぶといわね!」

ウッディ
「まだまだガキのなぎさともBBA(ババア)体型のヴィーナスとも違う、ほどよく実った肢体(ナイスバディ)を前にして、絶対に負けられないっ!!」



 


なぎさ・ヴィーナス
『誰が

「ガキ」「BBA」

 なのよぉっ!!!むかっ



ウッディ
「絶対に負けられないんだあっ!!」

なぎさ
「もっとイタイ目にあわせないとダメみたいねーー」



ズドーンッ!雷

ウッディ
「サンダーーーーーーッ!!!」

ヴィーナス・なぎさ・ポッコ
『!?』

風神
「漸(ようや)く見つけたぞ、ウッディ」



雷神
「イナズマエフェクトを手に入れたから試しにウッディに落としてみたが、結構効くようだな」

ミロのヴィーナス
「ありがとう!」

風神
「然(しか)し、何時(いつ)もながらに凄まじい性欲だな」



雷神
「さて、此奴(こやつ)、どうしようか?」

風神
「仕置きでもした方が良いのではないか?」

ミロのヴィーナス
「月に代わってお仕置きよ!」

雷神
「セーラームーンかよ」

風神
「じゃあ我は緑だからセーラージュピターだな」

雷神
「何でだよ」

風神
「済まん済まん、ジュピターは雷の技を使うから御前だったな」

雷神
「我も御前もジュピターじゃない!」

風神
「そんな事より此奴を連れていくぞ」

雷神
「御前がボケておいて『そんな事より』じゃないだろ!」



ずるずるずるずる

風神
「では、此奴は持っていくぞ」

なぎさ
「テッテー的にオシオキしておいてね!」

雷神
「勿論だ」

 



ミロのヴィーナス
「初登場なのにウッディに追い掛けられて、大変だったね」

ポッコ
「はい……」

なぎさ
「でも、私達が守るから、安心して」

ポッコ
“これからやっていけるかな……”

 

この話が少しばかり難産で、タイトルがかなり難産だった事を書いて終わり。

 

(執筆期間:2016年12月18日~20日)
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。