国際派ITコンサルタントの - PTへの道 -

人生折り返した中年男の最後の挑戦 - 経済的、時間的、思考的自由をつかみ取れ!!
世界を舞台に、ビジネスで原資を稼ぎ、投資で大きく増やし、旅をしながら思索する ・・・ PT実現までの全道程を公開!


テーマ:
早速、PayForexを使ってみました。

今回は、試しに10万円を僕のHSBC香港の口座へ送金してみます。

PayForexでの送金手順は以下の通り。


① PayForexの国内の入金口座へ振り込み → PayForexの自分の口座へ反映される

② PayForex内で両替 (外貨で送金する場合)

③ PayForexのサイトで海外送金を指示


事前準備として、PayForexのサイトで、送金先の登録をします。

これは、銀行名、支店名、口座番号、SWIFT、銀行住所を入力して登録します。

サイト上で上記を入力するだけなので、ものの数分で完了します。


では、早速始めましょう。

① PayForexの国内の入金口座へ振り込み → PayForexの自分の口座へ反映される

PayForexの国内の入金口座は、郵送されてくる取引パスワードの書面に記載されています。

PayForexのサイトにログインして確認することもできます。

そこへ普通に振込みを行います。

PayForexの国内の入金口座は、三菱東京UFJ銀行でした。

僕の国内のメインバンクも三菱東京UFJ銀行です。

インターネットバンキングでさくっと振り込みます。同行間だったので、手数料無料でした。

朝の9:00ごろ振込みしたら、同じ日の昼の12:00前には、PayForexの自分の口座へ反映していました。


今回は円貨で送金することにしたので、②はスキップします。(理由はのちほど)


③ PayForexのサイトで海外送金を指示

これは、あらかじめ登録してあった送金先を指定して、送金金額、通貨を指定するだけですので、やはり数分で完了。

送金指示後にPayForexからきたメールでは、送金先への反映には2営業日ぐらいかかると書いてありました。

送金結果は、また確認してから報告します。


一連の作業は、非常にスムーズに進みました。


 * * *


ここで、為替レート、送金手数料を見てみましょう。


今回行った、10万円を送金、送金先ではHKDで使用したい場合を例とします。

(1)PayForex内で両替した後、送金する場合

  ・本日(7/27)のPayForex内の為替レート 1JPY = 0.096899HDK
  ・HKDの送金手数料 一律146HKD

  以上から、10万円は、9,543.90HDK として送金されます。


(2)PayForexから円で送金して、HSBC内でHKDへ両替する場合

  ・10万円の送金手数料 1,980円 (円の金額によって段階的に変わります)
  ・本日(7/27)のHSBC内の為替レート 1JPY = 0.098865HDK

  以上から、10万円は、9,690.75HDK として送金されます。


(3)比較情報として、ロイズ銀行の送金サービスを使った場合

  ・本日(7/27)のロイズ銀行内の為替レート 1JPY = 0.095329HDK
  ・送金手数料 2,000円

  以上から、10万円は、9,342.24HDK として送金されます。


為替レート、手数料とも、ロイズ銀行よりお得ですね。

ただ、為替レートはHSBC内の換算がもっとも良かったので、僕は今回は(2)の方法を採りました。


いいね!した人  |  コメント(0)