Red Hot Chili Peppers

テーマ:

なんと今年のフジロックにレッチリが来るんですと! 久しぶりじゃないか。

 

9年前の2007年、Stadium Arcadiumがリリースされて来日した時に

ラッキーなことに1度レッチリを見ることができました。

そして、結構マリーナの前のほうで見ることができました。

 

Blood Sugar Sex MagikとCalifornicationからの ドストライクな選曲で

もうそれは、それは興奮しすぎて何一つ覚えていない・・・

記憶にはよかったとしか残っていないです。

 

今年のフジロック含め夏フェスのメンツがとてもわたくしモンキーの ドストライクです!

フジロックもサマソニも毎年親指加えてます。

今年もきっとそうです。

 

レッチリもWEEZERも見たいだす。

ジョン・フルシャンテのギターと美声コーラスは聞くことはもうできないんだなぁ・・・

脱退してから全然レッチリ聞いてません。

 

そんな思いも込めて今日の1曲。 休日の昼下がりにはとてもあってるなぁと思う曲です。

 

 

よくこのライブ映像を昔何回もビデオで見てたなぁ。 と思いました。

そうジョン・フルシャンテがいたレッチリはもう見ることができないけど

もう一度レッチリが機会があったらみたいなあと思いました。

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ネオスタンダード飛田給店

 

東京都調布市飛田給1-22-7 B1F

042-426-7794

営業時間:11:00~18:00

定休日:火曜日

 

京王線『飛田給』 改札右降りて線路沿い、目の前に見えます。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

AD

旅するルイヴィトン展

テーマ:

最近地味だけど小さな嬉しいことが重なっているモンキーです。


浮かれすぎて掃除機を前のめりにかけていたら

親指ぱっくり切っちゃいました叫び

痛みはなく、水っぽいな私の親指。。。と見たら血だらけでした・・・ドクロ

パタパタ、おっちょこちょいがそろそろなくなってもいいお年頃 汗


前置きはさておき、

ヴィトンの回顧展に行ってまいりました。

とりあえず滑り込みセーフ!!

見たい展示物が重なりすべてぎりぎりまでいかず行けずじまいに

なりそうでしたあせる


エルメスの回顧展の時は平日だしすいていたので同様の平日なので

大丈夫だろう、と思っていたのが大きな間違い。


オンライン予約せずに行ったら

列に並んだのですが20分くらいは待ちましたガーン

予約は必要ですね・・・

予約組はスイスイ入って行っており、学生時代の同級生に遭遇。

次の用があったので声はかけられませんでした(残念)



旅するって文字を読んでいなかったせいか

”ハンドバッグやショルダーバッグなどのバッグがきっとたくさん見れるんだ”

などと思惑していたのですが・・・ボストンバッグやスーツケース、トランク、

旅や運搬、ボックス型のもののみでした!


ただ勉強にいろいろなったのと

恥ずかしながらスーツケース職人でそこから始まったブランドだったなんて・・・

勉強不足もいいところだな・・・とそんな自分に反省。

(前のグループに説明しているガイドさんが言っていた。時間があったら一緒について回りたかった・・・)


ゆっくりじっくり見たいものは写真におさめてきました。


テレビで復習できました。奥のものは日本初ヴィトンらしいです。

板垣退助さんのトランクなのです。

上蓋に名前入り。TAISUKE ITAGAKIと。

側面には今も採用されているI.Tと。


スーツケースの目立たない後ろにカタカナ。

これが一番ぐっときたかもです。


↓↓↓↓↓↓↓




そして私が一番LVの中ですきな

グラフィティコレクション。

ストリートカルチャーを盛り込んでいるようなそんな

カジュアルだけど高級感あふれる作品だと思っています。


ストリート系と呼ばれるファッションが私自身のルーツでもあるので

至極の逸品でございます。


今でも全然色あせることなくかっこいいなと思っていたら

マーク ジェイコブスさんの作品だったのね。

上下2つともグラフィティでは初めて見た形です。


帰りにポスターをいただいて次の用へ向かいました。

明日までの展示で無料なので時間があり気になった方は

行かれてもいいかと思います。

やはりこういう時間も必要ですね★

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


ネオスタンダード飛田給店


東京都調布市飛田給1-22-7 B1F
042-426-7794


営業時間:11:00~18:00

定休日:火曜日

京王線『飛田給』
改札右降りて線路沿い、目の前に見えます。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



AD

タマソニック

テーマ:

5月の2週目の週末のことです。


数年ぶりに

マイナーリーグを見ました。


20歳の時に見ていたマイナーリーグ、

15年たった今でも変わらず青春でした。楽しかった。


タマソニで

何年かぶりの人もたくさん。

14年ぶりの再会もしました★


タマソニックはフリーのライブイベントですが、カンパ制で経費を抜いて売上を全部

東北の震災孤児の為に募金されるんだそうです。

駅前でちょっとうるさめの音楽フェスがなぜ何年も連続でできるのか・・・それは、、、


開催地多摩センターのある多摩市と八王子市の2つの市から

やめろって言われているそうですが、募金の金額が半端ないから

市の人もなにも言えないらしい。


募金して、ライブも楽しめて。

音楽や表現の場ってすごいなあと最近じーんと感じます。

たくさんのラウドロック系の音楽を賛同する人たちがたくさん集まれば

こういう形で社会貢献できるんだなって感じました。


大人になってもこういう気持ちでいられるバンドマンの皆さんはやはりさすがです。

頭ガチガチリーマンのモンキーはハッとしましたよ。


もうマイナーリーグも20周年を迎えるそうです。

20年も変わらず”青い空”という曲を歌っているんだからすごい。

そして今も盛り上がる曲でした。


わからない曲半分、わかる曲半分で数年ぶりだったけど

マイナーリーグを楽しめました。



写真上段はmilk cowというバンドのライブの画像です。

アンプがダイブしてますねwww

1度どこかで見たことがあったのですがライブハウスよりも野外のほうが

強烈ですね。パンチしかなかったです。


火を噴いたり、さまざまなパフォーマンスで

会場は知ってなくっても盛り上がってました。めっちゃ笑いました。

あんなに楽しいライブは初めてだったかもです。

ライブも見終わり、友達と次の日おわるであろう

カンタロープメロンフラぺチーノを飲み帰路へ・・・






さすが多摩センター、駅の外も中もサンリオまみれでした!!




昔の写真の話をしていたので

懐かしくなって探したら意を決して一緒に撮ってもらった写真と一緒に

物販でTシャツを買ったらくれた写真が出てきました。



たくさんタマソニで充電、リフレッシュされました。

また夏にみんなと会う約束をしてバイバイしました★


いまでもこういう気持ちも大事だなと思った、そんな一曲も貼り付けておきます


昔はぐるなにっていう曲だけど今は”なにくそ”っていう曲名に代わってます


-----------------------------------------------------------------------



”これ売れるのかな?”と思ったらぜひ一度ネオスタンダード飛田給へ!!

皆様の大切なお品には全品、誠心誠意のお値段を提示いたします。

その他、お使いにならない物がございましたらお気軽にお越しくださいませ★


皆様のご来店心よりお待ちしております。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


ネオスタンダード飛田給店


東京都調布市飛田給1-22-7 B1F

042-426-7794


営業時間:11:00~18:00

定休日:火曜日

京王線『飛田給』 改札右降りて線路沿い、目の前に見えます。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

AD