hamonics*ぷらす

ワンコ3頭に振り回される私達家族3人の生活


テーマ:
蘇える変態/マガジンハウス
¥1,420
Amazon.co.jp


楽しみに待っていた本。

病院の待ち時間に読んでて

ふと、思ったのだが


アマゾンで購入したのでね

カバーとかついてないのよ。


で、この表紙に蘇る変態って

はっ!知らない人が見たら

このオバサン、そういう趣味の・・て思われるかと(笑)

読むのやめて、自宅で読みました。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
桐野 夏生
グロテスク

いや~長かった。

重かった。いろんな意味で。

この題名も、インパクト強かったです。

グロテスクですよグロテスク!

確かに、グロかったです。


室井ゆづきさんのHPや、中村うさぎさんの本なので、

東電OLのコラムを読んでから、気になっていた本。

どうして彼女が落ちるとこまで落ちたのか、とても気になってしまったのだ。

読んでて、人の悪意に気分が悪くなりながらも

誰にでも、ちょっとの悪意があるんろうな~とか考えつつ。

そうならないように、気を付けようと思ったのでした。


今月は、図書券を頂いたので、何冊か本を買いました。

テレビは特番ばかりだしね。



AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:
マーティンゆう
羊の国のラブラドール絵日記

いつも読ませて頂いているブログの本です。・・・書き込みはした事ないのですが。

なんだか、とっても素敵な絵本のようで、大事にしたい一冊です。


ラブラドールのクロエちゃんとエビスくん。

neonicoも、この2ワンのように仲良くしてくれたら嬉しいな~

neoはnicoの面倒なんて、まっぴらごめんだわって感じです。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
東野 圭吾
幻夜

白夜のその後の雪穂の話。

一度も雪穂の名前は出てこないけれど、雪穂だって解る。


正直、最低の女だな。

テレビで見ていた女優さんとはイメージ違うなぁ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
東野 圭吾
白夜行

テレビドラマを夢中で見ています。

・・・テレビドラマのが好きです。

上下段の500ページという、長編。

最初は、なかなか読み続けられず・・・

後半から夢中になり昨夜の3時までかかり読み終えました。

ドラマでは武田さん扮する、刑事さんにびびってましたが

本では、雪穂と亮にブルーになりました。

ちなみに夢に出てきたほど。

サボテンの下に埋まっている松浦を夢で見ちゃいました。


そして、雪穂・・・私はどーしても好きになれない。

このまま、幻夜、読みます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

毎月、読みたい本はたくさんあるのだけども

料金がバカにならない。

友人とそんな話しをしていたら、図書館で借りたら?というので

久しぶりに家から、歩いて3分の図書館で本を借りました。

借りれるのは6冊、調子にのって6冊、借りちゃいました。

はまると、同じ作家さんの本ばっかり買い込み、だぶる事も、しばしば。

だぶらないようにメモしとこうと思います。

菊池 興安
少年Aの犯罪

我が子が微妙な年頃なので、なんだか興味を持ち借りました。


ビートたけし
顔面麻痺
弟が、頭の中に出来た小さな物のせいで、顔面麻痺になってしまいました。
それで、借りて読みました。
今では、すっかり元気なビートたけしさん。
考え方、素敵です。
田口 ランディ
もう消費すら快楽じゃない彼女へ

初めて彼女の本を読みました。

実は男性かと思っていたのですが女性だったのですね。

違うランディさんの本も読んでみようと思いました。


とりあえず、この3冊は借りた本。

買った場合と違って失敗しても返せばいいので、

これからは図書館も、楽しみになりました。


鈴木 由美子
ひゃほ~ウニファミリー 2 (2)

犬飼には、おもしろいエピソードが、たまらないです。

1巻も持ってます♪この中に出てくるネギちゃんがneoとキャラかぶります。


ほしの ゆみ
奥さまはマリナーゼ
ネットで有名ですよね。
書き下ろしに釣られて、購入しました。
殿をもすこし、大事にしてあげようと3分間だけ思いました。

と、読書週間の今週です。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
リリー・フランキー
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~

話題作ですねー

ここの所、喘息が出てしまって、家にこもっている最中に読みました。


リリーさんといえば、水10で、こじゃれた雰囲気のおっさん・・・のイメージ。

正直、どんな事をしているのかも解らなかった。

絵を描いてる人だと、殿に教えてもらった程度。


そのリリーさんのおかんの話。

いや、後半は号泣しながら読みました。

癌でおかんが亡くなられた時のくだりでは、私の父の亡くなった時を思い出し。

もー大変でした。

愛犬まで、心配する始末。


それにしても、亡くなる直前まで息子の食事を心配しているとは!

リリーさんのおかん、すごいです。

私なんて、息子の分まで、プリンを食べちゃうのに。

私も、もっと大らかなおかんになりたいです。


この本を読んでリリーさんが大好きになりました。

下ネタも、たくさん言うけれど、おちゃめに見えてきました。


父の私への最後の言葉は

<お前だけが気がかりだ>と言っていました。

腹水でパンパンのオナカを見せて。

また、太ったみたいだろぅと力無く笑っていました。

その後で、

<パパはな、肝癌なんだ。これから、いろいろと大変だけども、よく見ておけ>

と、言ってました。

初めての身内の葬式でした。確かに解らないことだらけの事が多かったです。


小さい弟もいるってのに、大人になっていた私の心配をしていました。

きっと、生きていたら・・・

犬どころじゃないだろう!と怒られそうな毎日をすごしています。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。