Fri, April 05, 2013

プラトンのエロース(恋慕)とキリストの愛:無双陰陽原理の気的身体理性:プラトン・ネオルネサンス

テーマ:Green Heart:緑のこころ
饗宴 (岩波文庫)/岩波書店
¥630
Amazon.co.jp

饗宴 (新潮文庫 (フ-8-2))/新潮社
¥452
Amazon.co.jp

プラトン全集〈5〉 饗宴 パイドロス/岩波書店
¥4,410
Amazon.co.jp

もう少しで、プラトンの『饗宴』を読了するが、やはり、プラトンのエロース(性愛恋)は、無双陰陽原理の気的身体理性に、また、セクシー・スピリチュアリズムに通じると思う。
 その視点から、キリスト教の愛の問題性が見えてくる。キリスト教の愛は、確かに、道徳的愛、倫理的愛であるが、恋慕的側面をほとんどもっていず、性愛・性欲的側面を低く見ているのである。
 つまり、道徳的愛と性愛が分裂的になるのである。両者をつなぐべき恋慕的側面がないのである。
 それに対して、プラトンのエロースは恋慕であり、肉体的であり、また、天上的、霊的である。そして、後者は真理や善に通じるのである。
 単純化して言えば、キリスト教的愛は、天と地を切断して、精神的愛と肉体的愛を分離してしまい、両者をつなぐものがないのである。言い換えると、霊的愛が優位であり、肉体的愛が劣位であり、二項対立的なのである。
 それに対して、プラトンのエロース(恋慕)は、地上的エロース(恋慕)と天上的エロース(恋慕)の両面があるものの、キリスト教的愛とは異なり、分離せずに、いわば、階梯になっているのである。
 あるいは、神と人間をつなぐ中間的存在・神霊として、エロースを捉えているのである。
 ここには性愛と精神愛が融合されてあり、過不足ないのである。
 無双陰陽原理の気的身体理性やセクシー・スピリチュアリズムであるが、それらは、プラトンのエロースに通じるのであり、キリスト教的霊的愛にではない。
 いったい、キリスト教は何に役立っただろうか。
 やはり、プロテスタンティズムと資本主義の相関性があり、資本主義の形成に役立ったということかもしれない。
 しかし、今や、ポスト・キリスト教時代である。プラトン・ネオ・ルネサンスの時代である。

プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神 - Wikipedia

ja.wikipedia.org/.../プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神 - キャッシュ - 類似ページ
プロテスタンティズムの倫理と資本主義の『精神』』(Die protestantische Ethik und der
'Geist' des Kapitalismus)は、ドイツの社会学者マックス・ヴェーバーによって1904年~
1905年に著された論文。研究者や学生はしばしば略してプロ倫と呼ぶ。


追記:D.H.ロレンスの『逃げた雄鶏(死んだ男)』は、意外に思われようが、キリスト教的愛からプラトン的エロース(恋慕)への転回を意味していると言えよう。そう、地上的エロースと天上的エロースの融合という意味合いが強い。とは言え、やはり、プラトン的エロースを想起するのである。
世界文学全集〈第28巻〉息子と恋人・死んだ男―カラー版 (1968年)/河出書房
¥788
Amazon.co.jp

The Man Who Died/UMash Marketing Ltd
¥価格不明
Amazon.co.jp

THE ESCAPED COCK/classic novellas of D. H. Lawrence
¥価格不明
Amazon.co.jp

St. Mawr & The Man Who Died (Vintage)/Vintage
¥996
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

resurrectionさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。