おとのは*ことのは*ユートピア

音と言葉と色彩を紡ぐ・ねおみい/山口尚己のブログ

シンガーソングライターであり、ボイストレーナーでもあるねおみいの
無料メールセミナー『ねおみいの一週間webボイトレ』を開講しています。
左にあるバナーをクリックしていただくとお申し込みページにいけます。

「声」はあなたの人生のあらゆる局面に関わる大切なもの。
発声のしくみから簡単なエクササイズ、メンタル面のアドバイスまで。
楽しんでいただける内容だと思います。
一週間にわたって1日一通のメールセミナーをお届けしていきます。

ぜひお気軽にご登録ください!

テーマ:

素敵なアコースティックユニット

acoustiquiさんとのジョイントライブが決まりました。

ねおみいはソロ名義で出演します。

ねおみいのアコースティックバンドneomii & the MoonBow
パーカッショニストくどうげんた氏をゲストにお迎えして、
ウクレレやカリンバ、カレンハープなどをふんわり弾き歌いします。
まだ時間や料金などの詳細は決まっていません。
決まり次第、こちらでおしらせします。
 
 

2017/5/27(sat)下北沢 サーカス

『昼の月 夜の月』

 

【会場】下北沢サーカス

東京都世田谷区北沢1-40-15北沢ゴルフマンション1F

https://www.facebook.com/下北沢-Circus-サーカス-367732379990869/?fref=ts

 

【出演】順不同

 

acoustiqui

ジャズロックバンドQuiで活動する

林隆史gtと吉田一夫ftが、市川ミコルvoとともに

プログレ、ハードロック、ブラジル音楽、歌謡曲などを、

アコースティック編成によって

スペクタクルなアレンジでお送りします。

ゲスト:くどうげんた(per)

 

ねおみい(山口尚己)

詩的イマジネーションに満ちた楽曲と、

生の明暗を輝きに包む稀有な歌声。

ソングライター&ボーカリストとして

独自の存在感を放つ。

素朴な楽器の音色をこよなく愛し、

ウクレレ・アフリカの楽器カリンバ、

アジアの竪琴(カレンハープ)などを弾き歌います。

ゲスト:くどうげんた(per)

ねおみいHP→http://neomii.net/

 

 

【時間&料金】※詳細未定。

決定次第お知らせさせていただきます。

 

 



 

ねおみいはいろいろな形態でライブを行っています。

オリジナルを中心とした企画ライブ、
朗読やダンスとのコラボレーションライブ、
子育て世代のパパママを対象としたミニコンサート、
そのほか、ご要望に合わせてのご依頼を承ります。
ボイストレーニングのワークショップ+ミニライブの企画などもご好評いただいています。

お問合せ・ご依頼は下記までお気軽にどうぞ。


■ご予約・ご依頼・問い合わせ先

Officeネオミュージック

phone/ 070-5021-2462(山口)

mail/ neomusic☆neomii.net ←お手数ですが☆を@に変換してください。

 

 

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ








 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

2017/3/11 初のMISORAコンサートを行いました。

 

読み書き歌うボイスアーティスト・蓮ren さんが

5回に分けて、詳細なライブレポートをアップしてくれました。

素敵な写真もたくさんですので

ぜひ見てみてください♪

 

蓮renオフィシャルブログ↓↓

3/11 MISORAライブレポート①

 

写真はライブ終了後の一枚。

会場のRengeは素敵なオーガニックカフェ。

大きな木を描いた壁の装飾も雰囲気ぴったりです。

 

 

蓮renオフィシャルブログ↓↓

3/11MISORAライブレポート②『ふんころがし物語』

 

今回の新作「ふんころがし物語」はやはり大好評でした!

真ん中はキレッキレなオスのふんころがしを演じる小泉ちづこさん。

MISORAのステージは、演劇的な要素も強いのがまた魅力です。

 

 

蓮renオフィシャルブログ↓↓

3/11MISORAライブレポート③『日本国憲法~ルミナリオ』


蓮さんが「井上ひさし著 子どもに伝える 日本国憲法」を読み、
それに続けてねおみいの「ルミナリオ」。

一番は全てアカペラで。

ちづこさんの「決意」の瞳。

 

 

蓮renオフィシャルブログ↓↓

3/11MISORAライブレポート④『青いバナナの歌』 『約束事』

 

アジアの竪琴カレンハープで風に踊る木の精霊の歌を歌う。

切られゆく木の精霊と少女の物語。

アンケートでは大変人気だったようです。

 

 

蓮renオフィシャルブログ↓↓

3/11MISORAライブレポート⑤『ハナミズキのみち』 『たんぽぽ』

 

3月11日は日本人にとって忘れられない日。

東日本大震災で25歳の息子さんを亡くされた

淺沼ミキ子さんの書かれたお話に
画家・黒井健さんが絵を描かれた

絵本『ハナミズキのみち』。

 


 

お話はもとより、柔らかいタッチで描かれた絵が

とても美しく胸に迫る絵本。

 

この絵本の投影と朗読のあとに

ねおみいは自作のゴスペル調のアカペラ曲

「いのちいっぱい」を歌います。

 

私はこのようなシビアなストーリーを持つ作品の上演に

参加することは初めてだったため、

演技教師の方に教えを乞い、この日に臨みました。

 

おかげでこの作品を通して、

自分自身が見てくださる方に何を届けたいのか

よりくっきりとした気持ちで

ステージで歌うことができました。

 

『いきろよ いきろ

いのち いっぱいに』

 

また何度も何度も、

この作品をたくさんの方に届けていきたいと思う。

 

 

蓮さんの渾身のライブレポートも読んでくださいましたか?

 

次回MISORAコンサートは夏頃かも??

 

どうぞご期待ください♪

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ








 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

2017年3月11日、

日野市のカフェRengeでMISORAコンサートでした。

 

会場は満員御礼!

 

お忙しい中お越しくださった皆様、

ありがとうございました!

 

 

読み書き歌うボイスアーティスト・蓮ren

音と言葉と色彩を紡ぐ、ねおみい

バリ舞踊・小泉ちづこ

 

 

この三人による歌と踊りと語りのコンサート。

 

 

それぞれがそれぞれの枠から最大限のはみ出しを試みつつ、

物語の花束を次々と繰り出します。

 

 

終了後にお客様に書いていただいたアンケートでは、

「この三人のコラボレーションに無限の可能性を感じます。」

「1×1×1=∞ですね!」

などなど、、

こんな嬉しい感想をたくさんいただけました!!

 

 

読み書き歌うボイスアーティスト・蓮ren

 

蓮renさんとは、

昨年9月に二人での歌と語りのライブを行いました。

 

そのライブで、

ねおみいのオリジナル曲をモチーフに

蓮さんがお話を書いてくださり、

それがとても好評でした。

 

その時来てくださったお客様がたくさん

今回も足を運んでくださって、

そして、そのお話も今回はダンスが加わり

バージョンアップしたということで

更に好評で、とても嬉しかったです!

 

 

音と言葉と色彩を紡ぐ、ねおみい

 

オリジナル曲が

お話の柱になっているという、

ねおみいとっては新鮮な形態のステージ。

曲たちが喜んでる!と、

満面の笑み。

 

 

バリ舞踊・小泉ちづこ

 

バリ舞踊を軸に、どこまでもクリエイティブに

世界を開いていく小泉ちづこさん。

本当に素晴らしい!の一言です!

これまでに2度ほどステージを拝見して

すっかり惚れ込んでしまったねおみい。

今回初めてご一緒させていただきましたが、

リハーサルの時から感動をたくさんプレゼントしてもらいました!

 

 

ゲスト・バナナダンサーズを迎えて♪

 

ちびっこダンサーズを迎えてにぎやかな場面です。

 

今は子どもの日常が、テレビやゲームなどで溢れていますが、

昔から子どもはお話に育てられてきました。

このちびっこたちのお話への喰いつきを目の当たりにすると、

想像力をかきたてるお話を聞くということが

人間形成にとても大切な役割を果たすのだ、という説に

とても説得力を感じます。

 

そしてそれは、子どもにとってだけでなく

大人にとって同じではないのかと、そんな風に思う。

 

 

MISORAはお客様がそう睨んでくださったように、

たくさんの可能性持ったユニットです。

 

 

これからMISORAは、お話の花束を両手いっぱいに持って

いろんなところに訪ねていきたいと思っています!

 

 

蓮renさんがご自身のブログに、

詳細なライブレポートをアップしてくれています。

そちらも紹介していきますね!

 

 

そして最後になりましたが、

スタッフとして多大にお力を貸してくださった皆さま

会場Rengeのスタッフ皆さまにも

心から感謝の気持ちをお伝えさせていただきたく思います。

 

 

ありがとうございました!!

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ





 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

いよいよMISORAコンサートは明日になりました。

http://ameblo.jp/neomammy0601/entry-12013566750.html

 

このコンサートは、普通のコンサートと比べると

演劇的な要素も強いのですが、

一つの物語を上演するというスタイルではなく

ライブのように短いお話をたくさん上演していきます。

 

ボイスアーティスト蓮さんが書き下ろした小品に

音楽と踊りが色彩と陰影を加えて立体的にしていきます。

 

この世界はまさに物語の花束!

私はその花束に、いろいろな声と音を編み込みんで行きます。

 

この三人でのコンサートは初になりますが、

リハーサルの時から「これこの三つ巴はちょっといいかも!?」

と、ワクワク感がとまらずにいます。

 

紹介したいお話が目白押しなのですが、

やはりその中でもぜひ今日紹介したいのは

コンサートが行われる3月11日にちなんだ

「ハナミズキの道」という絵本を朗読する演目です。
 

これは蓮さんの作品ではなく、

浅沼ミキ子さんという方の作られた絵本。

津波に襲われた海岸沿いにハナミズキの並木を作る活動をされている方です。

 

その訳と、その想いが、この絵本の1ページ1ページに込められています。
 

浅沼さんの息子さんは、市の職員として避難誘導中に

津波に巻き込まれて命を落とされました。

その絵本には、息子さんが夢の中で、ハナミズキの道を作って欲しいと浅沼さんに語りかけたということが描かれています。

子どもを持つ母親として、私はその絵本を涙ぐまずに読めません。

 

浅沼さんの想いがたくさんの方々にお伝えするべく、

そして、人生の荒波の中に耐える世界中の人の心に届くように、

精一杯の想いを込めて演奏したいと思います。

 

コンサート主催の蓮が書き加えた、津波のシーンも胸に迫る演出です。
私とダンスの小泉ちづこが、荒れ狂う自然を表現。

私は太鼓を叩くのです。
奥深いイメージの音が出るように、マレットを手作りしました。
 

この作品の最後には自作曲「いのちいっぱい」を無伴奏で唄います。
ぜひ会場の皆さんと声を合わせて歌いたい。
 

頑張ります!

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ








 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

2017/3/11のMISORAコンサートのリハーサルは順調に進んでいます。

 

歌と語り踊りのコラボレーション。

 

ひとつの物語を、言葉と歌と踊りが渾然(こんぜん)となって、立体的に掘り上げます。

 

ああ、こんなことがやりたかった!

 

このメンバーでリハーサルを重ねるたびに、そんな感激でいっぱいになっているねおみいです。

 

昨年9月の蓮さんとのライブの時に上演した作品も、小泉ちづこさんの踊りが入って作品に込められた想いがよりくっきりわかりやすく届く印象!

 

 

もともと蓮さんがねおみいの作品を気に入ってくださってコラボがスタートしたということで、今回もねおみいの曲に物語をつけてもらった新作がまたすごいんですよ。

 

 

この曲は、かなり前の作品で、正式にCD化はしてないいわば眠っている曲だったのですが、このユニットにこれほど似合う曲はない!と思い作品化を提案しました。

 

 

その曲はふんころがしの歌、「スカラベ・ケペル」という曲です。

 

 

この曲は今森光彦さんという写真家の方の「スカラベ」という写真昆虫記を見て触発されて書いた曲です。

 

 

以前は夏秋文彦さんと須藤かよさんのユニット「ウストキネ」のおふたりにバラフォン(アフリカの木琴)とビリンバウ(ブラジルのパーカッション)でサポートしていただいて演奏していました。

 

 

今回の新たなふんころがし物語の中では、私はこんなカリンンバを弾き歌いします。

 

 

 

この子、なんだか風貌もどことなくふんころがしに似ている!

 

 

アフリカの大地にたくましく生を輝かせているふんころがしの物語にとても似合う音色。

これは我ながらナイスだと思う。

この楽器は親指だけでリズミカルに演奏するので、親指を鍛える必要があると感じて、提案した昨年から少しづつ親指の筋肉を鍛えました!

おかげさまで親指はいい感じに仕上がってきました。(笑)

 

 

こんな着眼点で曲を作ってしまう私とセンスがぴったり合致するこのメンバー。

 

これはなんだか面白いことが始まりそうです!

 

 

蓮renさんがブログにMISORAコンサートリハーサルについて書いていますので

ぜひそちらもご覧ください♪

 

 

▶︎蓮ren(宝木美穂)オフィシャルブログ「幸せのロールケーキ」

 

 

3/11(土)豊田のRenge(れんげ)さんでお会いしましょうね!

ライブ詳細ページはこちらです。↓↓↓

▶︎http://ameblo.jp/neomammy0601/entry-12013566750.html

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ



 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨年7月からスタートした「わらべうたちゃんねる」は
再生回数が25000を超えました。

助産師・平尾時栄さんとのコラボ企画。
始めた当初はこんな数字を想像していませんでしたが
「わらべうた」に関心を持っている方がたくさんいらっしゃることを
肌で感じるとはこのこと。
とても嬉しいです!




ご自宅で楽しんでいただくのはもちろん、ふれあいの輪の中で楽しむわらべうたは、お母様とお子様にとって何よりも素晴らしい心の栄養になります。
『絵本とわらべうたを楽しむ親子の会』へのご参加を、心よりお待ちしています!


▶︎『絵本とわらべうたを楽しむ親子の会』

▶︎『絵本とわらべうたを楽しむ親子の会』お申込み



ブログランキング・にほんブログ村へ










いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本を読む時間がなかなか取れない日常ですが、
ここしばらく気になっていた、
フースラーという人の「うたうこと」という本を
やっと読む時間がとれました。
 
 
フースラーという人は、
1960年代に声が出る仕組みについて
それまで知られていなかった
画期的な発見を発表した人として有名です。
 
 
手にしてみれば、
思っていたよりとにかく文字がたくさんで
なかなかとっつきづらい本。
まだ全部は読みきれていません、、
 
 
でも読み進めていると、
今まで自分が経験的に感じていたことがポンと書いてあったり、
目からウロコなことや、
今までいろんなところで学んでいたことは
ここが出典だったのかと改めて気付いたり、
インプットはやはり大切ですね。
 
 
その中で、面白いな、と思ったことを紹介してみます。
 
 
フースラー博士の解剖学的な見地によると、
声を作る器官である声帯は、
話すことよりも歌うことを目的に作られたとしか思えない構造をしているそうです。
「話すためだけのものだったら、こんなに緻密で美しい構造である必要はない」んだそうです。
 
 
だから人間は本来、話すよりも前に歌っていたのではないかとのこと。
器質的に問題がある人でなければ、
すべての人が本来すごい歌声を持っているはずだ。
でも、すべての人が歌うことをそんなに得意にしていないのは、
言語の獲得によって本来もっている歌声を封印してしまっているからだ。
 
 
とのことなんです。
 
 
へえ〜そうなんだ〜面白いな!と思いました。
 
 
確かに、生まれたばかりの赤ちゃんが、
「あー」とも「おー」とも「うー」とも判別のつかない声で「おはなし」しているのを聞くと、
とても心地い響きを感じたりしませんか?
身体の深〜いところから出ている感じ、これはなんだろうなあ、と
よく感じていたんです。
確かに赤ちゃんはそんなとき、
「おはなし」していると言うより
「うた」っているみたいだったりするような気がします。
 
 
そんなこともあって
今朝は赤ちゃんが出している
そんな「喃語」をイメージして歌ってみたら
やっぱり、よく喉が開く感じがして歌いやすかった!
 
 
しばらくこれを自分のテーマにしてみようと思った朝でした。
 
 
 
 
ブログランキング・にほんブログ村へ








 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


空・宇宙・蒼フライヤー表web用

MISORAライブ
空の音 宇宙の言葉 蒼の身体
〜そらのおと そらのことば そらのからだ〜』


息をするように歌い、祈るように語り、跳ぶように舞う・・・
ねおみい、蓮ren、小泉ちづこが、2016年、奇跡のように出会い、
3/11に、MISORA(みそら)として結集します。


日にち:
3/11(土)
時間:15:30〜17:30 (15:00 開場)
料金:一般/前売:3,000円+500円 当日:3,500円 +500円
   小中学生/前売・当日:500円+500円 
   ※500円は飲み物代です。
会場:カフェ畑Renge 30名(要予約)
   ※お子さんはシートに座る形になります。
出演:
蓮ren(宝木美穂):朗読・歌・作家
ねおみい:シンガーソングライター
小泉ちづこ:バリ舞踊

【上演予定】
物語『空の音 宇宙の言葉』(挿入曲:『空の音』)
物語『約束事』(挿入曲:『どどうと』)
 歌『ルミナリオ』『いのちいっぱい』『青いバナナの歌』
〈書き下ろし新作〉物語『スカラベのお話』&歌(仮題)  
   物語&歌:by 蓮ren(宝木美穂)& ねおみい

『子どもに伝える日本国憲法』作:いのうえひさし
『ハナミズキの道』文:淺沼ミキ子 絵:黒井健
(3/11、被災された方の描かれた絵本です)  他

☆子供達もダンスで参加します♪

【予約フォーム】

【お問い合わせ】
takaragimiho@gmail.com 070-6670-1412(宝木)


********************




ねおみいはいろいろな形態でライブを行っています。

オリジナルを中心とした企画ライブ、
朗読やダンスとのコラボレーションライブ、
子育て世代のパパママを対象としたミニコンサート、
そのほか、ご要望に合わせてのご依頼を承ります。
ボイストレーニングのワークショップ+ミニライブの企画などもご好評いただいています。

お問合せ・ご依頼は下記までお気軽にどうぞ。


■ご予約・ご依頼・問い合わせ先

Officeネオミュージック

phone/ 070-5021-2462(山口)

mail/ neomusic☆neomii.net ←お手数ですが☆を@に変換してください。


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
MISORAコンサート
『空の音 宇宙の言葉 蒼の身体
〜そらのおと そらのことば そらのからだ〜

息をするように歌い、祈るように語り、跳ぶように舞う・・・
ねおみい、蓮ren、小泉ちづこが、2016年、奇跡のように出会い、
3/11に、MISORA(みそら)として結集します。

【予約フォーム】

離れていたのに、
3人がずっと同じように大切にしたきたもの・・
それは、もしかしたら、慈しみあう心。
平和を尊び大切にする心。
目に見えない豊かさを大切にする心・・・。

子どもからお年寄りまで世代の違う人たちが、
そんな様々な「好い心」で
暖かく繋がることができる場所を
生み出すことを目指して。

日野市豊田の、カフェ畑『Renge」さんという素晴らしい場所で、
皆さんと一緒に物語のお花を咲かせましょう♪ 
Rengeさんのお茶を飲みながら、
特製焼き菓子もいかが?

切なくて楽しい・・どこにもない物語の世界。
とっておきの時間をご一緒に過ごせること、
楽しみにしています☆

3/11はぜひ、日野市豊田まで。
お誘い合わせの上お越しくださいませ♪


空・宇宙・蒼フライヤー表web用

空・宇宙・蒼フライヤー裏web用


*****************
空の音 宇宙の言葉 蒼の身体
〜そらのおと そらのことば そらのからだ〜』
日にち:3/11(土)
時間:15:30〜17:30 (15:00 開場)
料金:一般/前売:3,000円+500円 当日:3,500円 +500円
   小中学生/前売・当日:500円+500円 
   ※500円は飲み物代です。
会場:カフェ畑Renge 30名(要予約)
   ※お子さんはシートに座る形になります。
出演:
蓮ren(宝木美穂):朗読・歌・作家
ねおみい:シンガーソングライター
小泉ちづこ:バリ舞踊

【上演予定】
物語『空の音 宇宙の言葉』(挿入曲:『空の音』)
物語『約束事』(挿入曲:『どどうと』)
 歌『ルミナリオ』『いのちいっぱい』『青いバナナの歌』
〈書き下ろし新作〉物語『スカラベのお話』&歌(仮題)  
   物語&歌:by 蓮ren(宝木美穂)& ねおみい

『子どもに伝える日本国憲法』作:いのうえひさし
『ハナミズキの道』文:淺沼ミキ子 絵:黒井健
(3/11、被災された方の描かれた絵本です)  他

☆子供達もダンスで参加します♪

【予約フォーム】

【お問い合わせ】
takaragimiho@gmail.com 070-6670-1412(宝木)
 
 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ








 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ねおみいの「うたの教室」は、いろんな方が門を叩いてくださいますが、
精力的にライブ活動をなさっている方も多いです。
 
実際にライブ活動をされている方は、悩みや改善したいポイントが具体的です。
 
昨年の秋、1月末のライブを目指して問い合わせてくださったシンガーMさん。
Mさんも精力的にライブ活動をされているお一人です。
 
Mさんは非常に熱心にトレーニングをされて、非常に短期間に成果をあげました。
 
そして、実に具体的でわかりやすいボイストレーニングの感想を寄せていただきました!
 
補足ですが、ねおみいのうたの教室では、
いわゆる地声と裏声の境界をなくしてなめらかに自由に行き来できるようにトレーニングしていきます。
 
Mさんの感想の中に出てくる「地声何%、裏声何%」というのはその訓練の中で出てくるキーワードです。
ご興味がある方は、是非ねおみいに詳しくお尋ねくださいね!
 
 
<Mさんのご感想>
 
自分の声がもっとこうだといいなぁ、
そんな風に思うことは割と普通にあると思います。
もちろん私もです。
 
子供の頃から合唱を始め、二十歳くらいまで声楽の発声法で歌ってきました。
でもその後、自分の音楽の方向性がポップス、そして英国古謡へと変わっていき、
声楽的な声ではなく、「自然体の声」を求めるようになりました。
 
私にとってまず追求したかった「自然体な声」とは、
地声と裏声の声質の変化が少ない歌声でした。  
 
今回のレッスンでは、目指したい声と目的が明確だったので、
トレーニングではボイスチェンジの音域に焦点を当ててもらい、
裏声には地声を混ぜ、地声には裏声を混ぜるといった練習を反復しました。
 
声帯の構造や声の出る仕組みも教わったことで、
自分では見えない口の中の「肉」ですが、
どう使うかをイメージして声を出すことができていきました。
 
すると、声が変わるというか、声を操れるようになっていったのです。
 
どの辺りの音域で、自分の中で地声何%、裏声何%がいいのかがわかってきたのです。
 
その過程がとても面白かったですし、
今まで不自由に思っていた音域が自由になっていくのが嬉しかったです。
 
そして今の段階で求めていた「自然体な声」を出せるようになりました。
やった!  
 
計6時間のレッスンを受け、2ヶ月弱の自主トレーニングを経て臨んだライブでは、声への苦手意識がなくなったことでメンタル全体にも楽、というか自然でいられました。
 
そして何より、一歩成長できた自分の歌声に自信が持てました。  
 
自分の声が、歌が、もっとこうだといいなぁ、の次の壁にぶち当たり、
一人では乗り越えられそうにない!その時は、
また相談、レッスンをお願いしたいと思います。
 
 
 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)