おとのは*ことのは*ユートピア

音と言葉と色彩を紡ぐ・ねおみい/山口尚己のブログ


テーマ:

急遽ライブの予定が決まりました!

 
12/14木曜日午後、JR高尾駅徒歩3分の素敵なカフェ「いまここ@杜丸」で
ミニライブを行います。

 

民族色豊かなアコースティックバンド「neomii& the MoonBow」での活動に加えて、

新しく素朴な民族楽器の弾き歌いスタイルでのライブ活動をスタートしたねおみい。

 

アジアの竪琴「カレンハープ」、ハワイのウクレレ、アフリカの楽器カリンバ、

などを弾きながらオリジナルソングや季節の歌などを歌います。

 

さらなる詳細は追ってお伝えしますね!

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ








 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

これから年末にかけて、「第九」を練習されている方も多いかもしれません。

 

ねおみいが月一回第一土曜日に行っているワークショップに

年末に向けて「第九」を練習されている方が参加してくれました。

 

「私がカバーしているのは通常はポップスやジャズなど、マイクを使うのが前提のジャンルで、

お伝えしていることは声楽とは同じ部分もあるし違う部分もあります。」

 

ということを事前に了承を頂いて参加していただきました。

 

その方は、長年コーラスをされているそうですが

発声の基礎となるエッセンスは学んだことがなかったそうなので、

なんらかのお役には立てるだろうと思いました。

 

参加してくださった後、とても嬉しいご感想をいただきましたので

紹介させていただきます!

 

 

「楽しいひと時でした。

現在練習中の第九で、指揮者の先生が「身体の力を抜いて」

と言うのが疑問でしたが、今回の講座でその意味がわかりました。

また顎を引いて、喉を開けると声が楽に出ることも。」

 

「久々のコーラス参加、本番は2ヶ月後、気持ちよく歌いたいのに、

高音が思ったように出ないことで悩んでいました。

高音=顎を上げた方が良いと思い込んでいたのが、顎を引いた方が楽に出せることが

体感(実践)できた事などが、嬉しかったです。

顔面のストレッチを教えていただけて、自宅や本番でも使えます。

受けて良かったと思っています。」

 

どんなジャンルにも通じる発声のエッセンスを実感できて

私も嬉しかったです!

 

ねおみいは発声の仕組みからわかりやすくお伝えし、

その人の持つ楽器としての声が最高に輝くことを目指してレッスンしています。

 

実は歌を教えるようになったのはここ5年くらいなのですが、

こんなに歌を教えることに熱くなれる自分がいることに

今正直驚いています。(笑)

 

本当に熱く熱く、染み渡るように私に音楽を叩き込んでくれた

今は亡き師匠の魂が私に乗り移っているんだなって、感じています。(感謝)

 

以前より声が出なくなった、、と感じている方も大丈夫!

一緒に取り戻しましょう。

是非ねおみいにご相談ください!

 

「うたの教室」↓↓↓

http://neomii.net/vocalclass.html

※コーナートップに無料メール講座のバナーがありますが、

この無料講座は9月いっぱいで終了しました。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ



 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日も話題に上ったうちの娘は小学二年生。

今年は初めての学芸会でクラスでお芝居をするそうです。

 

最近では小学校の学芸会でも「オーディション」と銘打って

配役を決めるようです。

 

昨日台本をもらって、今日ははいよいよそのオーディションだという。

 

やっぱり主役がやりたいそうなので

昨日は夕食後、ちょっとしたコツを伝授しました。

 

体育館のステージで生声で勝負!な訳ですから、

やっぱり大きい声を出せる子が有利でしょう。

 

でも、必ず結果を出すボイトレ講師は

こんな時「腹から声を出せ。」とか野暮なことは言わないのです。

 

 

<コツその1>

まずは、声を出す前に息を吸い込まない。(吸い込むとのどが詰まる)

 

私「試しに息を大きく吸い込んでから声を出してごらん。」

 

娘「ほんとだ。のどがつまった感じがする〜」

 

私「今度は吸い込まずにそのまま声を出してごらん。」

 

娘「楽に出るね〜」

 

 

<コツその2>

眉毛を上げて声を出す。(鼻の奥が開いてよく響く)

 

私「じゃ今度は眉毛を上げて声を出してごらん。」

 

娘「え?眉毛あげるって?こんな感じ?」(眉毛あげる)

 

私「そうそう。(笑)じゃ少し離れたとこからこっちに向かってセリフ言ってみて。」

 

娘『こっちへ来てごらんよ!』

 

娘「わー!出しやすい〜!!」

 

 

大成功!!

 

 

実は今まで娘に声の出し方を教えたことはありませんでした。

 

本人が必要と感じていないところに

あーしろこーしろと言ってみても、それは決して断じて実になるものではない。

まあ大体、親のアドバイスは煙がられるのがオチなので

聞かれるまで何も言わないと腹をくくって今まできました。(笑)

 

今回初めて「主役に選ばれる!」と言う目的が彼女の中に生まれたので

歌の講師をやっている母の言うことを

たまには素直に聞いてみようという気になったようです。

 

 

さあ、主役の座奪取なるか!?

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年度は娘の通う小学校のPTA役員になり、

9月10月は繁忙期で全くブログが書けず!

 

もともと弱い社会性のリハビリの場として

ありがたく修行させていただいております!

 

しかしそろそろ山を超えましたので、またブログをポツポツ

アップしていきたく思います〜!

 

 

さてさて、タイトル通りに

先日は、娘とパパと一緒にビルマ語の絵本を作りました。

 

日本語の絵本に、翻訳シールを切り貼りして作る絵本。

 

これはシャンティ国際ボランティア会さんのプロジェクトで

アジアの難民キャンプの図書館に贈られます。

詳細は是非シャンティさんのサイトでご覧になってみてください。

⇨ http://sva.or.jp

 

娘と写真付きのパンプレットを見ながら、読んで聞かせながら

チョキチョキぺったんして作りました。

子どもの中に国境を超えた助け合いの心を育てるためにも

とても素晴らしいプロジェクトです!

 

 

楽しかったので、制作工程も写真でご紹介してみます。

 

申し込みをすると、本とシール、それから製作者の署名をするために、

その国の言語であいうえおが表記された表が送られてきました。

 

 

では、切り貼りです。

 

意外な落とし穴は、

切り貼りする文字が馴染みのない言語だと

台紙から切り取ってしまうと文字の縦横がわからない。

つまり、逆さまに貼ってしまう危険があること!

 

 

最初タイトルの文字シールをうっかり逆さまに貼ってしまいましたが、

幸いすぐに気づいて直せました。ほっ

 

 

シール貼りが完成したら、

同封のあいうえお表を見ながら署名。

 

ビルマ語の文字はくるくるととても愛らしくデザイン的!

あいうえお表と見比べながら、暗号を解読するように

文字の法則性を見つけようとしましたが、

これがなかなか難しいのでした。

 

 

同封されていた新聞記事に涙しました。

タイの首都バンコクのスラムで生まれ育ち、現在外交官として活躍している

オラタイ・プーランラープ・グナシーランさんの記事。

貧困の中、図書館が彼女の未来の道を切り開く存在だったとのこと。

この絵本作りが意義深い活動であることを改めて思い知る。

 

 

実は今回同封されてきた

本が送られる国のリストの中に、

私が愛用している竪琴「カレンハープ」を産んだカレン族の名前を見つけたのです!

 

 

ミャンマーとタイの国境付近に住むカレンの人たちも

多くの少数民族の人たちと同じように厳しい状況下に置かれているということ

ますますリアルに感じました。

次回はぜひカレンの子どもたちにも本を贈りたい。

 

上の写真が我が家のカレンハープ。

 

もうこの運動は30年つづく活動だということで、

今年の募集は10月いっぱいまでなのですが、

毎年毎年募集していますので、

ご興味のある方は、是非是非サイトをご覧になってみてください。

↓↓

絵本を届ける運動 http://sva.or.jp/lp/ehon/

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


 体験レッスンのお問い合わせはこちらへ!

neomusic★neomii.net (お手数ですが★→@に変更してください)

070-5021-2462(山口)

※メールの場合3日経過しても返信がない場合は、なんらかの理由でメールが届かなかった可能性がありますので、お手数ですがお電話での申し込みをよろしくお願いします。

 

※電話は稼働中は出られない場合がありますので、
伝言メッセージをお残しください。折り返しお電話を差し上げます。

  


「うたの教室」とは?

そこそこ歌えるけれど
まだ何かが足りない気がする、、
とお悩みのあなたへ。

発声の仕組みの知識を知ること、

そしてその知識に基づいた的確なアドバイスが

あなたのパフォーマンスを別次元に引き上げます。

感覚的ではなく、

しっかりとした発声の知識に基づいた本格的なレッスンに

好評をいただいています。

 

発声の仕組みを図解したテキストを用いて丁寧に解説します。
きっとあなたの常識がくつがえる楽しい経験になると思います!

 

もちろん初心者の方も歓迎します!

 


 講師プロフィール

ボイストレーング&ボーカル講師

山口尚己/ Naomi Yamaguchi

 

 

ジャズ、ボサノバ、ロック、ソウル、Jポップ、アニメソング、童謡唱歌、世界の民族音楽など、幅広いジャンル、ステージ、レコーディングでの活動経験を生かして、多角的にアドバイスします。
カウンセリングについての知識も生かして、歌に大切なメンタルのフォローも大切にしています。

【経歴】
・大学在学時にジャズクラブでジャズボーカリストとしてスタート。
・アニメ作品『機動戦艦ナデシコ』『夢のクレヨン王国』挿入歌担当。
・つのだ☆ひろ氏のレコーディング&ステージサポート。
・ミュージックスクール『アップロードハウス』で作曲を学ぶ。
・2009年自ら率いるアコースティックユニット「neomii & the MoonBow」で吉祥寺音楽祭コンテストで準グランプリ受賞。
・その他ステージ、レコーディングなど多数。

 

  
 レッスンの内容

声楽以外の各ジャンルに対応しています。
歌に大切なポイントを三つのカテゴリーに分類し、高音から低音までバランス良いあなた自身の声を発見していきます。

 

・身体の脱力
・顔面のストレッチ
・腹式呼吸のためのエクササイズ
・歌うための身体の仕組みを知ろう
・ミックスボイスで高い音を楽々だそう
  ※ミックスボイスとは地声と裏声をミックスした発声法のことです。
・リズムについて
・作詞作曲(希望者のみ)
・マイクの使い方とステージング(希望者のみ)

 

 


 開講クラス

@単発グループレッスン

 

発声の基礎を体感するグループレッスンを行っています。
単発開催ですので、お気軽に受講いただけます。
(月一回・主に第一土曜日開催)

名 称:目からウロコのボイストレーニング・入門編

日にち:月一回・主に第一土曜日
 
会 場:スタジオペンタサウスサイド(吉祥寺駅徒歩1分)
     http://www.studiopenta.net/rehearsal/south.html

参加費:50分 3000円

お申込み・詳細は下記へどうぞ
※単発グループレッスンについては「ストリートアカデミー」で受け付けています。

↓↓↓

ストリートアカデミー「うたの教室」
https://www.street-academy.com/myclass/12434


 

@マンツーマンレッスン(おすすめ)
 

名 称:うたの教室 吉祥寺

場 所:スタジオペンタサウスサイド(吉祥寺駅徒歩1分)
     http://www.studiopenta.net/rehearsal/south.html

料 金:2種類のどちらかを選べます(*料金表示は税込です)

●一回づつ 50分 6000円(スタジオ代込み)
※お友達などとのシェアレッスンもご相談ください。

●チケット制 5回分チケット 25000円(3ヶ月有効)

日 時:希望日時で調整をします。まずはお問い合わせください。

 

 


 マンツーマンレッスンのお申込み・お問合せ

neomusic★neomii.net (お手数ですが★→@に変更してください)

070-5021-2462(山口)

※メールの場合3日経過しても返信がない場合は、なんらかの理由でメールが届かなかった可能性がありますので、お手数ですがお電話での申し込みをよろしくお願いします。

 

※電話は稼働中は出られない場合がありますので、
伝言メッセージをお残しください。折り返しお電話を差し上げます。

  

  


 受講者様の声

たくさんのお声をいただいています!

是非ご覧ください。

↓↓↓

「うたの教室ご感想」ブログ
おとのは*ことのは*ユートピア
http://ameblo.jp/neomammy0601/theme-10091550299.html

 


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

『うたの教室』への感想が届きました!

 

この生徒さんはかなり本格的にライブ活動をされています。

初期のカウンセリングで元々アーティストとしてどんなことがやりたかったかを

もう一度見つけることができて、その後ますますキラキラ輝き始めました!
そんな姿をみていると、私もとても嬉しいです!!

 

たくさん書いていただきましたが、ご本人曰く、

「良かったことがありすぎて書ききれないけれど、なるべく簡潔にまとめました!」

とのことです⭐︎

 

************************

 

『うたの教室』に通う前は、
高音を出す時に力み過ぎて

歌が聴きづらくなったり、

音程が定まらなかったり、

今年に入って同じ曲の同じ箇所で

いつも咳き込んでしまったりという事があったのですが、
5月から山口先生のうたの教室に
通うようになってからは、
ライブでもスタジオ練習でも
『良い声だね』『うたが聴きやすくなった』と
言われる事が多くなってきて、
通って良かったなぁと思いました。

 

私はバンドではVo&Keyなので、
ライブと同じ鍵盤を弾きながらのレッスンは、

非常に実践的でためになります。

 

鍵盤を弾きながら歌うときの姿勢、
マイクのポジション等、細かく一つ一つ
丁寧に教えていただけるのと、
毎回動画と写真を撮って解説をしていただいたり、

その動画をメールで送っていただけるので、

あとで見返して練習できて嬉しいです。

 

テキストを用いて、声帯の動き等を
目で見ながら解説してもらえるのも
理解しやすいポイントだと思いました。

 

もっともっと歌や声の事をたくさん
山口先生から学びたいと思ったので、
これからもレッスン頑張ります!

 

************************

 

ねおみいの歌のレッスンでは

感覚的ではなく、しっかりした発声の仕組みの知識に基づいた

本格的で実践的なレッスンが受けられます。

 

「熱く楽しく目からウロコなボイトレ」をお望みの方は

是非『うたの教室』へお申し込みください!

 

ねおみいHP『うたの教室』↓↓↓

http://neomii.net/vocalclass.html

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ








 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2017年8月27日

場所は代官山「晴れたら空に豆まいて」。

 

コンサートでもない、ミュージカルでもない、朗読劇でもない、演劇でもない、

間口は広いが奥も深い、歌と語りと踊りのコンサート。

3月に続いて2回目のMISORAのステージが繰り広げられました。

 

題して『空の音 宇宙の言葉 蒼の身体』。

 

和テイストが人気のライブハウスの天井に大小の提灯をレイアウト。

 

歌と民族楽器・ねおみい

作朗読家・蓮ren

バリ舞踊・小泉ちづこ

 

このトリオが、お客様をつかの間の小旅行にお連れしました。

 

 

新作『風のマリヤ』。

ねおみいの「風のストール」という楽曲をモチーフに

蓮renがファンタスティックに織りあげた物語。

小泉ちづこのダンスを観る人は、

そこに若くてピチピチ、ハツラツとした天馬が疾走している姿を見ます。

ねおみいがかき鳴らすウクレレの音色は、

不思議に草原の風をイメージさせる。

 

 

 

ゲストはスーパーマルチミュージシャン佐野篤氏。

様々な楽器を駆使して彼が紡ぎ出す音の世界はまるでマジック!!

音楽が生き生きと命を輝かせる。

 

 

 

「風のストール」を首になびかせ天馬マリヤが翔ける!

 

 

 

 

バナナダンサーズもグレードアップしたと評判でした!!

 

 

 

お疲れ様でした!!

みんないい笑顔!!!!

 

 

引き続きさらなるライブレポをお楽しみに♪

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ








 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ご報告が遅くなりましたが、日曜日に行われたMISORAコンサート、

たくさんの満開笑顔に包まれ無事終了しました。

 

今回のコンサートは当日が宮沢賢治の誕生日だったということで、

彼へのオマージュ的な作品、その他、

おもに私の作品を軸にして生まれた物語で綴る二時間。

 

普通のコンサートともちょっと違う、ミュージカルでもない、朗読劇でもない、

間口は広いが奥が深い、そんな未知の感覚のステージ。

 

作朗読家の蓮さんとバリダンサーの小泉ちづこさんとのユニット・MISORAに加えて

ゲストの佐野篤さんに手厚く支えていただき、

とても充実した時間をお届けできたのではないかと思います。

 

当日の写真が届く前に、今日はまず直前のリハーサル風景をアップします。

 

当日ダンサーとしても参加した娘は、

ここしばらく家でもリハーサルでも本番でも

母の歌声と音楽の集中砲火にさらされました。(笑)

 

その結果、今も演目として登場した曲をエンドレスに鼻歌で歌い続けているという、

母シンガー冥利に尽きる日常です(笑)

 

当日のレポはまた写真が届いたらアップしますね!

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ








 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

8/27(日)代官山「晴れたら空に豆まいて」でのMISORAコンサート

新作が続々生まれてワクワクなエネルギーが渦巻いてます!

 

今日はその一つをご紹介したいと思うのですが、

その前にMISORAメンバーのバリダンサー・小泉ちづこさんをご紹介します!

 

小泉ちづこさんはインドネシア・バリの伝統舞踊を軸にして

ご自身のオリジナルやその他のクリエイティブな活動で

日々たくさんの感動を観る人に与え続けている素晴らしいダンサーです。

 

ちづこさんのHPからバリ舞踊の紹介を抜粋。

 

「自然との親しみや戯れから生まれる宇宙の一部であることの深い安らぎと喜び」

バリ島の芸能はすべてが織り込まれた曼陀羅のように鮮やかに魂に語りかけてきます。

 

そんな風に語っているだけあって、ちづこさんはダンスの中で

人間はもちろん、神様、精霊、動物、虫、などあらゆるものを

その身体で表現する力がものすごいのです!

 

 

今回の新作の一つは、ちづこさんが自身の作品のために書き下ろした詩

「太陽と月のレゴン」を読ませていただいて、めっちゃ素敵だあ、

と思っていたところ、とある日「曲をつけてみない?」とちづこさんより

声をかけてもらって生まれた作品です。

 

「太陽と月のレゴン」

by Chizuko Koizumi

 

太陽が昇る 月が沈む
月が昇る 太陽が沈む

for only one, one for all

ただいま yura yura 横顔に
ただいま 永久の キスをして

花とハチが踊りだす
ハチと花が響きあう

for only love, love for all

無限に 飛び立つ 虹の空
無限に 飛び立つ 虹の海

 

 

 レゴンはバリ島の踊りの用語だそうです。 

古くは魂とかからだとか踊りそのものを指すことばだったそうですが、

 今は、踊りの形式を表すことばになっていて、

その形式の意味は、「一つの魂二つのからだ」。 

 

つまりレゴンというのは二人一組で踊るダンスなんですね。

宇宙の中で太陽と月が踊っている様子。

こんな世界を音楽で表現できたならとても嬉しい!

 

「これを種にねおみいさんに自由にイメージしてください」と言ってもらい、

アジアの竪琴カレンハープを奏でながら

自由な気持ちでメロディを紡ぎました。

 

ちづこさんにも気に入ってもらえ、

さらにMISORAメンバー作朗読家・蓮renさんにも気に入ってもらえ、

今回のMISORAコンサートの冒頭で演奏することになりました。

 

ダンスと音楽も二つで一つ。

ステージとお客さんも一つの魂。

こんな気持ちで声とハープを奏でたいと思います!!

 

 

 

ぜひお見逃しなく!!!
 

 

 

 

MISORA物語その2

歌と踊りと語りのコンサート  
 そら              そら             そら
『空の音 宇宙の言葉 蒼の身体』

 

8月27日(日)

時間:開場:11:30 開演:12:00 終演:14:00
会場:代官山『晴れたら空に豆まいて』 代官山駅徒歩30秒

料金:前売/4,000円 当日/4,500円 
親子チケット/4,500円 
(+1ドリンク600円)
小中学生/1,000円 未就学児無料

ゲスト:バナナダンサーズ!(ばなみ・ばなね・ばなち)
スペシャルゲスト!:佐野篤(チェロetc.)
 

要予約
【MISORA8/27申込フォーム】

今年の3/11、初コンサートをしたMISORA
その好評を博したコンサートがさらに
パワーアップします!
一緒に楽しい時間を過ごしましょう♪

MISORA
〜あなたがみたことのないSORAがある〜
歌う人。踊る人。語る人。
このコラボレーションを私たちは、MISORA(みそら)と名付けました。
あなたが見たことのないSORAがある。
三つの空に映し出される物語は、過去へ、未来へ、ロマンへ、絶望、そして希望へ。
MISORAは、いつか忘れかけていたあなた自身へ還る旅。

 

蓮ren  作・語り・歌

ねおみい  歌・民族楽器

小泉ちづこ バリ舞踊

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日は8/27(日)MISORAコンサートのリハーサルでした!


 

今回のために新作も続々生まれ、

コラボレーションの楽しさを味わっています。

 

新作の一つは

コンサートの日8/27がちょうど宮沢賢治の誕生日なので、

トリビュート作品として宮沢賢治作詞作曲の『星めぐりの歌』を

アフリカの楽器カリンバで弾き歌うことに。

そしてこの曲をモチーフに作朗読家・蓮renさんが

スケールが大きくて、ちょっぴりコミカルで、そして胸がキュンとなる

素敵なお話を書きました!

 

 

 

今回はマルチな才能で大活躍する佐野篤さんをお迎えします!
昨日のリハーサルで佐野さんと初めてご一緒させていただきました!

 

リハーサルに熱中しすぎてあんまり写真を撮れなかったので残念〜

 


佐野さんはチェロ、ビオラ、バスリコーダー、エレキバイオリン、

ギター、ジェンベ、鈴などたくさんの楽器を持ってきてくださって、

お芝居の要素も強いMISORAのステージを音楽で支えて豊かに彩るあれこれを、

熱心に企んでくださいます!

 

 

 

いろいろな楽器や音楽に大変造詣の深い佐野さん。

写真はリハーサルの合間にねおみいのカレンハープとカリンバを

調整してくださる。

 

音楽への愛情がひとかたならない佐野さんマジックのおかげで

作品の輝きがあれよあれよと増していくミラクルを味わいました!
これはすごいことになってきましたよ!

 

ぜひお見逃しなく!!!
 

 

 

 

MISORA物語その2
歌と踊りと語りのコンサート
    そら                そら                  そら
『空の音 宇宙の言葉 蒼の身体』

 

8月27日(日)

時間:開場:11:30 開演:12:00 終演:14:00
会場:代官山『晴れたら空に豆まいて』 代官山駅徒歩30秒

料金:前売/4,000円 当日/4,500円 
親子チケット/4,500円 
(+1ドリンク600円)
小中学生/1,000円 未就学児無料

ゲスト:バナナダンサーズ!(ばなみ・ばなね・ばなち)
スペシャルゲスト!:佐野篤(チェロetc.)
 

要予約
【MISORA8/27申込フォーム】


今年の3/11、初コンサートをしたMISORA
その好評を博したコンサートがさらに
パワーアップします!
一緒に楽しい時間を過ごしましょう♪

MISORA
〜あなたがみたことのないSORAがある〜
歌う人。踊る人。語る人。
このコラボレーションを私たちは、MISORA(みそら)と名付けました。
あなたが見たことのないSORAがある。
三つの空に映し出される物語は、過去へ、未来へ、ロマンへ、絶望、そして希望へ。
MISORAは、いつか忘れかけていたあなた自身へ還る旅。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ





 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)