おとのは*ことのは*ユートピア

音と言葉と色彩を紡ぐ・ねおみい/山口尚己のブログ


テーマ:
先日体験レッスンを受けられたNさんから
素敵なご感想をいただきました。


詩のようなリズミカルな言葉で表現してくださって、
そしてご親切に宣伝まで!(笑)
私自身も大感激でした!ありがとうございます!


とても素晴らしい声という楽器をお持ちなのに
ご自身ではその魅力にあまり気づいていなかった、ということは
本当にとてもよくあることなのです。


Nさんは、虹の向こう側への旅に出発しました!


************

昨日はボイストレーニング初体験!
歌手の山口尚己/ねおみいさんに
丁寧に教えて頂きました。
今回はお試しレッスンでしたが、
目からウロコの体験ばかり。
「身体で覚える」という事で
力の抜き方を全身から発声器官まで。
息ってこう入れるんだ⁈
こうすると楽に声でるんだ⁈
声ってこんな所に響くんだ⁈
こんな場所が緊張してたんだ⁈
びっくりポン!の連続で
面白くてなりませんでした。
ねおみいさんは、褒め上手で
とても幸せな気持ちにさせてくれます。
最初と最後に「夕焼け小焼け」
を歌いましたが、
全然違ってまたビックリ。
自然と体が動いて鳴る感覚。
とにかく気持ちいいのです。
習うことの苦手な私ですが
これは面白くてなりません。
続けて変わっていきたい!
声がもっと広がること
気持ちよく歌えること
心が歌に響くこと。
それが夢だった。
夢が叶いそうです。
ねおみいさんに大感謝❣️
虹の向こうに
一歩あゆみだしました。
ねおみいさん、ありがとう!
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

うたのレッスン関心ある方は
コチラご覧ください❣️
http://www.neomii.net/vocalclass.html


ブログランキング・にほんブログ村へ









AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
やっと完成しました!

ねおみいのセルフコラボ動画第二弾をYouTubeにアップしました。


前作「冬の星座」とはまた違うイメージの作品になりました。

冬の星座
https://youtu.be/ZY0p8nEChs0

今回はオリジナルの楽曲『なみだたまゆら』と自作の切り絵を組み合わせました。


切り絵は今回は巻き物のように横に流れていくイメージで作ってみました。


曲はCD「月の虹の話」にも収録されている曲ですが、セルフカバーで全く別アレンジになっています。


この曲について今までも何度かブログに書いていますが、昨年春に旅立った友人であるシンガーソングライター持田裕子とコラボした作品です。


民族音楽が大好きな私の雰囲気に似合うように無国籍的なメロディを生み出してくれた彼女は、やっぱり天才だったと思いを新たにします。


佐々木真里氏のプロデュースにより、より作曲者の意図に近いアレンジになりました。


今回もアジアの不思議な竪琴、カレンハープを弾き歌いしています。



この世でないような、あの世でもないような。



ぜひご覧になってみてください。






ブログランキング・にほんブログ村へ








AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は知人の知人がタブラが欲しい方を探しているということで、耳寄り情報としてブログにも書かせていただきます。


最近では名前を聞いたことがある人も多いかもしれませんね。


タブラというのはインドの太鼓です。


新品でハードケース付き。

私はタブラに詳しいわけではないのですが、ひょっとしてこれは美品ではないでしょうか!

10000円でお譲りしますとのことです。


未確認ですが、もし送料などがかかる場合は負担する必要があるかもしれません。


ご興味がある方は、私ねおみいまでご連絡くださいませ。


neomusic☆neomii.net
(☆を@に置き換えて下さい)


FacebookやTwitterからメッセージいただいても大丈夫です!














ブログランキング・にほんブログ村へ








AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


GWは愛知県の実家に帰省しました。


世界一のプラネタリウムがある愛知県自慢の名古屋市内白川公園の科学館にファミリーで行ってきました。


子どもの時は遠足でよく行ったけれど、リニューアルされてから初めて行きました。

とても広くて展示もクリエイティブなイメージでジャンルも幅広く、現代的なイメージ。

小さな子どもから大人まで楽しめるよう工夫されていてとても面白かったです。




なぜでしょうね。

こうみえても小さい頃から科学大好きっ子だった私が、特に萌え萌えとしてしまうのは化石のコーナー。

化石を題材にした曲だってあるくらいですから。



今日は話のついでのきまぐれに、化石をテーマにしたオリジナルの歌詞をご紹介してみます。


これを書いた時は、自分史の中では精神的にかなり危うい時代でした。


死にたいという気持ち、永遠に生きたいという気持ち、
そんな葛藤がこんな世界感を生み出しました。


背景的な状況はありがたいことにずいぶん変わりましたが、
今でも結構気に入っている曲です。




本当の旅人 作詞/ねおみい(金田めろん)
アルバム『ティル•ナ•ノグ』より


時間は砂の中に

憂いは化石の中に

君が届けてくれた オハイオの石の貝よ

本当の旅人になりたいよ

どうしたらなれるかな


時計は虹の中に

祈りはキノコの中に

君が見つけた 森のつややかな丸い傘よ

本当の旅人の眠り方

教えてはくれないか


季節は影の中に

心は風の中に


いつか教えておくれ

旅人はたまに

悩むかい

そして 歌うかい


そして、、、






ブログランキング・にほんブログ村へ








いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:




コーラス参加させていただいたシンガーソングライター•タカーシさんのCD発売記念ライブにゲスト出演させていただきます。

ねおみいも貴重なお時間をいただいて、カリンバや竪琴をふんわり弾き歌いさせていただきます。


タカーシさんの新譜
『こころのこえ』すごくいいです!


ぜひお出かけください。






6/4(土)タカーシ『こころのこえ』CD発売記念ライブ


場所:下北沢 音倉

タカーシの大好きなミュージシャンたちと1夜限りのお祝いライブ

時間:18:30開場19:00開始
料金:2500円(別途1D500円~)

出演:
TOMBI(バンド編成)
タカーシヒロユキ
田原キヨ(ベース)
山本恭久(パーカッション)
スペシャルゲスト:ねおみい(ボーカル、コーラス)

※更なる詳細はウサトリーヌレーベルのブログへどうぞ!
兎鳥犬録音社的音楽紀行


・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚


ねおみいはいろいろな形態でのライブを行っています。

オリジナルを中心とした自主企画ライブ、
子育て世代のパパママを対象としたミニコンサート、
そのほか、ご要望に合わせてのご依頼を承っています。

ご依頼は下記までお気軽にどうぞ。


■ご予約・ご依頼・問い合わせ先

Officeネオミュージック

phone/ 070-5021-2462(山口)

mail/ neomusic☆neomii.net ←お手数ですが☆を@に変換してください。


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚




いいね!(20)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日「ピンカリアン」情報として友人に提供してもらった動画の載っているサイトをリンクしました。


友人から譲り受けた不思議な竪琴のふるさとを訪ねる旅。
これまでの経緯についてはぜひ過去のブログをご覧ください。



この楽器のふるさとを教えてください!!
http://ameblo.jp/neomammy0601/entry-12100119457.html

不思議な竪琴の名前は!
http://ameblo.jp/neomammy0601/entry-12100119457.html

ピンカリアン
http://ameblo.jp/neomammy0601/entry-12117356858.html

ピンカリアンその後
http://ameblo.jp/neomammy0601/entry-12154519962.html

そして、さらにその友人からもらった情報からネットをいろいろ見てみて、だんだんなんとなくですが、様子がわかってきました。


◆今までなんとなくわかったことのまとめ◆


・通称「カレンハープkaren harp」はタイの言葉でピンカリアン、カレンの人の言葉ではテナク(デナー)、ミャンマー地域ではタナキクロ、と呼ばれているらしい。


・タイ北部のカレン族のキャンプにはいろいろな部族の村があり、テナウ(タナキクロ)がよく演奏されているのはその中でも伝統的に精霊信仰をする仏教徒の部族の住むホエンヒーラートナイ村で、その部族では他の部族より音楽が大切に捉えてられているらしい。


・カレンの社会では伝統的な音楽と楽器は一時すたれる傾向にあったが、文化の復興を意識する新しい世代が積極的にテナク(タナキクロ)などの伝統楽器や伝統的な歌を演奏するようになっているらしい。


・カレンハープ(テナク・タナキクロ)の奏者の中には現代的なアプローチで新しい時代の音楽をクリエイトしている音楽家もいる。


動画も karen harp というキーワードで検索すると、とーってもたくさん出てくることがわかりました。


弦の数は様々。
楽器のデザイン的に自分の持っているハープとドンピシャ!という動画にはまだ出会っていませんが、

・ガチョウみたいな形。
・スチール(金属)の弦でしかもその弦が縮れている。
・弦が張ってある胴の部分に金属が張ってある。


という特徴的なところは同じなので、ほぼ同系の楽器と思われます。


最初知りたかった構え方や曲などは、動画を見れば一目瞭然なのでした。



そして、ある程度予想はしていたのですが、タイにいるカレンの人達は皆難民キャンプと言われるエリアに住んでいる人たちなので、自分が飲み込んだことのほどんどは、いろいろな国際支援団体の報告資料に記載されていたことでした。


つまり過酷な状況下に置かれてきた人達だということです。


そしてその中にはこんな素晴らしい方がいるということを知り、感動しました。


下記は「日刊チェンマイ新聞」が製作したという動画です。


チ・スウィンチャン インタビュー



チ・スウィンチャン 『道程』



この動画に登場するのは、チ・スウィンチャンというシンガーであり、カレンの社会のリーダー的存在の一人でもあるようです。
弾いているハープは8弦ですね。
ハープももちろん、意思のこもった言葉に胸打たれます。歌声も美しくて素敵です。


動画の中でカレンの人たちの歴史や宗教観が語られていますが、その宗教観、日本人の感覚ととても通じるものがあると思うのは私だけでしょうか。


ぜひぜひ見ていただけたら嬉しいです!






ブログランキング・にほんブログ村へ







いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
またずいぶん放置してしまった、アジアの竪琴の話題です。

友人から譲り受けた民族楽器の故郷を探せシリーズ。

これまでの経緯について、良かったら過去のブログをご覧くださいませ。

この楽器のふるさとを教えてください!!
http://ameblo.jp/neomammy0601/entry-12100119457.html

不思議な竪琴の名前は!
http://ameblo.jp/neomammy0601/entry-12100119457.html

ピンカリアン
http://ameblo.jp/neomammy0601/entry-12117356858.html


どうやらタイに旅行に行った人が同じタイプの楽器を買ってきたらしい。という情報をいただいて連絡してみたタイの大使館。
「ピンカリアン、その楽器のことは知っている。ミャンマーの大使館に聴いてみたらいい。」
と言われたまではトントンと進んだかに見えました。

が、ミャンマー大使館の窓口の女性にの担当の方にに英語でメールするように言われ、その通りに書いて送りましたが、、
一ヶ月くらい経ってもお返事がなく、もう一度メールしたもののやはりお返事はなしでした。


ところが!

灯台下暗しというのかなんというのか、ずっと以前から何かと応援していただいたり、サポートしてくれているAさんから非常にコアな情報が届いたのです!

そのAさんの情報によると、、

ピンカリアンというのは、タイ語だということ。
確かにタイ大使館の男性も、「ピンカリアンというのはカレンのハープという意味です。」と言ってた言ってた。

つまり、ミャンマー大使館にタイ語の名前でたずねても、わかるはずないってことだ。
そりゃそうだ、、

Aさんは参考になりそうなURLをご親切に教えてくださいました。

フォートラベル『チェンマイ日記』
http://4travel.jp/travelogue/10454789

わあ!すごい!
動画がある!

おお~!
これだこれこれ。(でも弦が8本でうちのは6本。)

Aさん凄い!!

下の方にスクロールしていくと、カレン族の人たちの村の様子なんかもよくわかってなお嬉しい。

動画ってのはやはりパワーありますね。
百聞は一見にしかずの言葉通り。
すっごいリアルだわ~
こんな弾き方してるんだ~


感慨たっぷりです!




ブログランキング・にほんブログ村へ







いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:






先日音楽系の大出展イベント、『M3』に行って来たことを書きましたが、今日は駅のベンチで改めてあの日を振り返る。


場所は東京流通センター、時間は11時
から15時半まで。


こういうイベントは、もともとコミックマーケットが発祥だと思いますが、今はアートとか、イラストとか、ハンドメイドグッズだとか、いろんなジャンルで増えているみたいです。


なんと言うのでしょうか。
それほど便がいいとは言えない場所で、しかもかなり短時間。


それなのに、それはとにかく、もんのすごい人出なんです。


出展も色とりどり1000組。
応募したら必ず出られる訳ではなく、公平に抽選です。


うわあ、音楽は人の数だけあるんだなあ。


私は、動画製作をお手伝いいただいているT さんのお薦めにより、民族楽器を手に弾き歌いできるブースを確保。


お隣さんとの距離も想像以上に接近した感じがあり、初めてゆえ場に馴染むのに少しだけ時間を要しましたが、ライブやらイベントやらストリートやら一通りやってきた底力を発揮。
最後まで楽しませていただきました。


正直なところ、ネオミュージック は多数派に属さないことを自負する音楽ジャンルですので、バチガイ感を微妙に感じないわけではなかったけれど、それでもちゃんとこの臭いをかぎ分けて、ネオミュージックを見つけてくれる方々がいてくださることに、私は心から感激しました!


ありがとうございます!


そして、改めてあの賑わいを振り返ると。


もうマスメディアの時代ではないと言われて久しいけれど、やっぱりそうなんだな、と。


自分の聴きたいものは自分で探す。という時代の気運をリアルに肌で感じられたこと、自分にとって収穫でした。



水は動いてる。



戦わず。抗わず。でも流されず。



泳ぎを楽しむ。



ブログランキング・にほんブログ村へ







いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


先日は四谷のポプラ社9F にて、助産師平尾時栄さんと「絵本とわらべうたのを楽しむ親子の会」でした。

光が差し込む広々としたスペースで、わらべうた、絵本、そして手のひら楽器と、毎度盛りだくさんの内容で楽しんでいただいています。

オープニングはねおみい作のいつものテーマソング「ポプラの木の下で」。



平尾さんのわらべうたコーナーでは春がテーマになったわらべうたでほっこりとふれあい遊び。

たんぽぽをテーマにした曲や絵本に合わせてポーンとたんぽぽちゃん投げて遊んで楽しい。

みんなで投げているたんぽぽちゃん`sはこちら。



ポーンと下から上に投げる動作はまだ小さい子達には難しいもの。
遊びを通して子ども達の潜在的な力がうまく引き出されていきます。

それがわらべうたの醍醐味です。


また、終わった後「もし万一の時、遊び道具も何にもないという状況で赤ちゃんと過ごさなければならないときにも、わらべうたを知っていると必ず役立つはず。」と平尾さんが語ってくれ、うんうんと頷きました。



ねおみいコーナーでは手のひらサイズの素朴な楽器でセッションタイム。

小さな子たちもママと一緒に、それぞれ思い思いにリズムを表現してくれます。


広くて明るいお部屋はピクニック気分を味わえて良いですね!


最後にこの日登場した絵本をご紹介します。



■長新太のねえねえ•絵本(2)
『あんよ あんよ ねえ あんよ』

長新太 作
ポプラ社刊
21cm x 19cm/定価 918円 (税込)




■色のえほん2『たんぽぽ ぽん』

みやがわよりこ 絵&文
イザラ書房発売/青い林檎社刊
約15×15㎝ 16p/定価 2,100円(税込)


ご参加いただいた皆さま、お手伝いいただいた皆さま、今回もどうもありがとうございました!



ブログランキング・にほんブログ村へ







いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は東京流通センターで行われた大イベント「M3」に出展してきました。

M3は半期に一度くらいのペースで開催されている音楽系の大きな展示会イベント。

初めての出展でしたが、出展数はなんと1000組!

音楽は人の数だけ。
沢山の音楽中から、ねおみいの音楽に白羽の矢を立ててくださった方々に、海よりふか~く感謝の気持ちを感じています。

ありがとうございました!




写真で抱えている楽器はミャンマーのカレン族の竪琴です。

ねおみいのCD「月の虹の話」を沢山の方に知っていただく他に、今日のもう一つの密かな目的は、この楽器のことやミャンマーのことなどに詳しい方に出逢う!ということでした。

残念ながら途中で弦が切れてしまってこの楽器での演奏は断念しましたが、ミャンマーやカレン族のことをご存知の方に出逢えてとてもハッピー☆


願いは届くものです!



ブログランキング・にほんブログ村へ







いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。