9日いて座満月へむかって

いて座の領域について触れていきます。

 

いて座は銀河中心方向にある星座です。

銀河の中心・・・

 

わたしたちの心がその方向を見る時

真理への探究心、未知なるものへの興味が

湧きおこります。

 

宇宙はどうなっているんだろう?

わたしたちはどこから来たのだろう?

 

考えても考えても答えの出ない世界とも言えます。

 

いて座はさそり座の次のエリアになります。

 

さそり座の領域で得た気づきは

わたしたちがひとつであることです。

 

奥深いところで結ばれたわたしたちは

すべては失っても失われない

手放してもあるということを失うことで知っていきます。

 

それは、限界を超えた先にある感覚。

 

さそり座というエリアは限界を見せる場所。

その向こうにある希望・・・それがいて座のエリア。

 

その感覚を得た時

わたしたちはこころの「自由」を獲得します。

 

自由にもいろいろな定義がありますが

失うものは何もないという「心の自由」に降り立つのが

いて座の象徴する「自由」です。

 

いて座が楽観的なのは

さそり座で体験した「損失」「破壊」はすでに見えないエリアで

心の自由から出発できるからです。

 

その自由は「個」を越えていく最初の力でもあります。

(トランスパーソナル)

おひつじ座の「I am I」から始まった12星座のプロセスは

いて座に辿り着くまで「個人」と「他者(関係性)」との学びです。

 

いて座の自由なこころは

わたしたちに初めて「世界」の広さを見せるのです。

 

個人、他者、世界

この3つが初めて出会ういて座の領域で

わたしたちはより広い領域を獲得します。

 
そして、この「自由」なこころに基づき行動していくのがいて座の領域です。

失うものは何もないというこころは

わたしたちを冒険へ駆り立てます。

 

魂の目的、未知なるものへの冒険心へ向かうのが

いて座の領域でもあります。

 


9日いて座の満月は

2016年11月29日いて座新月で立てた願いへ向かう

「冒険心」「チャレンジ精神」「こころの自由」の完成の満月。

 

あなたは昨年のいて座新月に

どんな願いを立てたでしょうか?

 

その願いを実現するための「冒険心」が

今完成するポイントでもあります。

 

そして、わたしたちの魂の器の縦軸サイズ決めポイントでもあります。

 

その冒険心を持って

どこまで行くか、どこまで高みを目指すか

それは、現実的な目標設定をはるかに越えた

宇宙の真理への探究心であり

自己の限界を超えた先にある景色。

 

 

このいて座満月を迎えるまで

限界のもっと先をイメージしてみてください。

 

そこから現実的な目標設定をするのは

7月のやぎ座満月です。

 

イメージするのは自由にできます。

自分が限界だと思うところから

もう一歩向こうをイメージしてみる。

 

この6月の乗り換えの乗り物が

イメージ通りになるとは限りませんが

いて座のエリアを通過するとき

限界の向こうをイメージしておくことは

進化のポイントになります。

 

明日は木星逆行終了といて座満月についてUPします。

 

 

レディガガの「The Edge Of Glory」をどうぞ。

 

 

◇◇◇

 

 

全国書店・AMAZONにて販売中💖

https://www.amazon.co.jp/dp/4046019301

 

●ビジョンクリエイション占星術セミナー

7月1日・2日 初級 東京募集中 残席7席

http://ameblo.jp/neoluminous/entry-12280041129.html

 

●ARI占星学総合研究所

西洋占星学本格オンライン講座募集開始!残席3席

https://arijp.com/school/onlinecourse.php

7月22日開講西洋占星学初級セミナー募集開始!

https://arijp.com/school/course.php?id=school_beginner

 

●新月、満月、下弦、上弦にメルマガ配信中です。
さらに奥深いところの宙模様と心の動きについて。

https://mm.jcity.com/Register?u=grandtrine&m=4

 

ルミナ

リブログ(4)

リブログ一覧を見る