【身体と宇宙とマンダラと占星術】

今日は、占星術を扱うきっかけになった
ボディワークのひとつを紹介しますね。


え?
占星術とボディワークって
関係あるの?

と思われる方もいるかと思いますが
関係あります。

全部ひとつ
全部根っこは同じなんですよね。



”バルーンメソッド”

バルーンメソッドは、
世界のジャズヴォイスプレーヤー
荒井皆子先生によって開発されたメソッドで
呼吸法とイメージ(瞑想)トレーニング、
ボディワーク(身体操作)が
同時になっている
とても優れたメソッドです。


このメソッドは、
シャボン玉のような透明なバルーンを
イメージし、そのバルーンを体の内側で
イメージし、数を増やしたり、
呼吸させたり、動かしたり
「身体を内側から動かしていくメソッド」です。


もともとは、歌を歌うために
受けていたレッスンです。


私は、このメソッドに出会い
まず身長が3cmほど伸び、
歌声も変わったことももちろんですが、
身体が自由になるとともに
「こころ」も自由になっていきました。



【バルーンメソッドと宇宙】

毎朝庭で5分ほど
このメソッドをやるのが日課でした。
いつも通り、庭に出て
このメソッドをして体の中に
イメージで作ったバルーンをふらませたり、
縮ませたりしながら呼吸を整えていると
体の中にあったバルーンが空中へ・・・
飛び出しました。

飛び出したバルーンは、
空中でむぎゅむぎゅ動いています。

直感的にこれは、
曼荼羅じゃないだろうかと思い、
曼荼羅について調べたところ、
まさに曼荼羅の始まりの様子そのものでした。

その日を境に空中のバルーンは、
毎日出現するようになりました。

毎日観察を続けているうちに、
大きなバルーンの中に小さなバルーンが
いくつも入っていることがわかり、
やがて大きなバルーンが天空に12個、
円を描くように並んでいることがわかりました。

さらに魔法陣のようなものが見え始め、
これはホロスコープではないかと直感し、
惑星の動きや月の動き、
世の中のニュースなどとあわせて
観察するようになったのが、
今の占星術(宙模様)を使っている
きっかけです。

予想通り、バルーンは、
惑星や月の動きによって
動くことがわかり、

さらにその天空のバルーンが動くと
自分の体の中のバルーンも
動くことがわかりました。

そして身体のバルーンが動くと
こころも動くことがわかりました。



4年間さまざまな事象、ニュース
まわりの人とあわせて観察し

人間は宇宙の働きの中で生きている

ことを確信しました。

その観察を続けるうちに、
惑星の動きや月の動きを調べなくても
感受するようになっていくぐらい、
感覚の覚醒が進みました。



ただ、このことは
とても慎重に扱ってきました。

人に話したところで
信じてはもらえないだろうと
感じていたからです。


でも、時代は変わりました。
多くの人が宇宙意識に目覚めて
影響を受けていることを
感じていると思います。


宇宙が大きく動くとき
みなさんの相談が多くなります。


これからは、ひとりひとりが
自分で必要な情報を感受して
自分で見極める力がいる時代だと思います。


身体は宇宙と呼応しています。


宇宙意識を開き
正しく情報を受け取り
情報を処理し
発信していくには
ボディの意識、力が大切ですね。


バルーンメソッドの情報は
荒井先生のブログで確認くださいね。
http://m-cha.way-nifty.com/sennin/


明日は、もうひとつ
ボディワークを紹介します。