”ルミナ” 【天空からのソウルメッセージ~今日の宙模様】

☆ソウルクリエイター”ルミナ”オフィシャルブログ☆

月のサイクル、今日の宙(そら)模様、こころ、次元について
宇宙の法則を”ルミナ”がお届けします♪

 ~今日の宙(そら)模様~
   月のサイクルと星、わたしたちの暮らす「空間(次元)」の働きや動きを
感受、観察し「ことば」にしてお届けしています。


~しあわせのたねまき~
 宇宙(月)のサイクルを知って
循環のサイクルをあなた自身と大切な人、次世代へ。


~ビジョンクリエイション占星術セミナー~
星を通じて人生を知り
人生を通じて星を知る



☆このブログは、ルミナ事務局で管理しています。
 ルミナは、コメント、メッセージなど個人的やりとりはしておりません。

 メルマガ(会員)登録いただきますと、事務局へお問い合わせいただけます。
NEW !
テーマ:

 

空間は、12日かに座満月から20日さそり座で迎える下弦の月までの空間で

2017年前半の基盤を確認、確定します。

 

かに座満月までにわたしたちは

2017年前半それぞれの命を運ぶ船を選んだところ。

 

すっかり船に乗った人もいれば

片足は舟に乗った人という方もいるかもしれません。

 

すでに空間には水が流れ込み

「水」が動き始めています。

 

それぞれの舟は

今、それぞれの出航時間を

待っている

準備している

そんな時間でもあります。

 

 

形にならないもどかしさのようなもの

今年自分はどこへ進んでいくのか?

漠然とした不安のようなものがあることもあるとおもいます。

 

でも、少しずつ自分の魂の向かっている方向が

明らかになっているような感覚もあるでしょう。

 

片足だけ船に乗っている状態ですと苦しい感覚があるかもしれません。

 

思い切ってもう片方の足も船に乗る。

 

そんなタイミングになるのが

20日さそり座で迎える下弦の月です。

 

 

あなたは「願う人」?「行う人」?

 

さそり座下弦の月、

みずがめ座新月

そして、立春までの期間

 

時空に大きなうねりが起こります。

 

この「うねり」は

今いる空間から移動する「うねり」になります。

 

すでにそうである自分を表現する

今年最初のチャンス(心のビックウェイブ)が訪れるとき。

 

実際の行動、アクションは
みずがめ座新月から立春がピーク。

もちろん、あなたのタイミングがベスト。

 

変化することを望んでいる方にはいい機会です。

今までの自分の範囲、領域での行動を

ちょっと超えるイメージを持ってみることをおすすめします。

 

さそり座で迎える下弦の月は

今までの自分を手放すことをサポートしてくれるでしょう。

 

今までの自分を超えるイメージを行動することは

自分への「信頼」が問われます。

 

その「信頼」に降り立つさそり座の領域。

 

そして、その後迎えるみずがめ座の領域は

自分の作った枠、守ってきた枠を超えようとする領域。

 

そう、ここから2月4日立春まで

すでにそうである自分への信頼に降り立つ。

願う人から行う人へ変化する最初のビックウェーブ!

 

 

 

こうやって書くとなんか行動しなくちゃいけないのかと

「焦る」人っていうのも出てくるとおもいます。

 

メッセージってね、

それをしなくちゃいけないものではないのです。

 

そのメッセージを受け取った自分のこころに気づくためのもの。

 

え?それ違うんじゃない?

行動しなくたっていいでしょ。

と思うなら、それがあなたの「今」の真実。

 

行動しなくちゃいけないような焦る気持ちになるなら

行動したいけど行動できない自分がいるはず。

 

その自分に気づくだけでいい。

 

そして、その真実(自分)を生きるの。

 

行動できない自分も真実であるということを大切にする。

行動しないを行動するという真実を生きる。

 

そこに現れている自分や欲求に気づいたなら

その自分を表現していく。

 

それは、自分を大切にすることと同じ。

 

願う人は幻想を生きる

行う人は真実を生きる

 

 

あなたの中の波の音を聴く。

 

 

◇◇◇

1月15日【チャクラダンス&覚醒のフィールド ㏌名古屋】

ご一緒させていただいたみなさまありがとうございました♡

最高に楽しい時間でした~☆彡

スタジオウーヌス・マルガさんのレポート↓

http://www.banyantree8.com/blog/2017/01/115-1361299.html

 

その後、関西を旅し、仲間、先輩と語りあってきました。

水、地球、月と太陽、食、仕事についてあらためて確認した時間でしたね。

 

●2017年イベント続々と決まり始めています!

2月21日!伊勢であのお方と宇宙セミナーです。

2017年あなたのスタートを一気にひきあげるセミナーです。

今年ルミナと駆け上がりたい方スケジュールを空けておいてくださいね!

3月にはホロスコープのサイトもオープン予定!

3月は覚醒のフィールド&チャクラダンス合宿も計画中です。

4月28日はKADOKAWAさんより出版

5月、6月は全国まわります!

さ~~~温めて来たことが一斉開花します。

チェックしててくださいね。

 

●新月のカレー・満月のカレー好評発売中!!

喜びの声をいただいております♡ありがとうございます。

http://www.mooncurry.com/

 

<メルマガ MoonLetter>
新月前日・満月・上弦の月・下弦の月にメルマガを配信しています。
更に詳しい宙模様について
http://neoluminous.com/vd/entry/e/cPHnJap6MCRXjSYU/
 

ルミナ

 

 

いいね!した人  |  リブログ(2)

テーマ:

https://pixta.jp/

 

12日20時34分頃
かに座で満月を迎えます。 
 
2015年、2016年

新生地球における新創造空間の型枠となる基盤が完成し

2016年には天と地を結ぶ柱が立ちました。

 

これが家のようなものだとすれば

今はまだ内装ができていない状態。

これから内装を作っていくところです。

 

それぞれのプランがありますから

全員一斉ではありません。 

これから柱の立つ方もいらっしゃいます。

 

人と比較して焦るとできあがった家が納得いかないものになります。

納得いかなければまた創るだけですけどね。

 

自分のペースを尊重してくださいね。

 

 

そして、この2017年最初にかに座で迎える満月は

それぞれにどんなプロセスであっても

「原点(HOME)の確認(確定)」のタイミングです。

 

初心に帰る

という言葉でもいいとおもいます。

 

大切にしたいこと

大切にしてること

 

それってどうして大切にしてるんだっけ?

それってどうして大切にしてたんだっけ?

 

大切にしようと思うこと

大切にしていることに「きっかけ」があったのではないでしょうか?

 

そこには、大切にできなかったことが

同時に存在もしています。

 

大切にできなかった何かや誰か。

 

もしもそこに罪悪感が残っているなら

そこからも解き放たれるときでもあります。

 

 

 

かに座の物語は
わたしたちに「人生の基盤」
を教えてくれる物語を持っています。
  

人生を生きていく上で大切なもの。

かに座は、人生で一番大切なものを
教えてくれます。
 
 
【かに座の物語】
 
ギリシャ神話に出てくる
巨大な化け蟹カルキノス。
 

暗い水底に住み、
外見は大きく恐ろしく、
堅い殻に身を包みます。
 

でも、そんな見た目とは裏腹に
堅い殻の中には、
強いやさしさを
秘めているのがカルキノス。
 

ギリシャ神話の英雄ヘラクレスが
いくつもの頭を持つ
水蛇の化け物ヒドラと戦ったとき、
ヒドラに参戦したのがカルキノスです。
 

ヒドラとカルキノスは、
同じ沼に住む友人同士であり
異父兄弟です。
 

カルキノスは、
ヘラクレスとヒドラが
戦う様子を見ていました。
 

カルキノスが巨大だと言っても
ヘラクレスにとっては、
足で簡単に踏みつぶせる大きさです。
 

そんなヘラクレスと戦う
ヒドラに参戦することは
カルキノスにとって「死」を意味します。
 

それがわかっていながらも
カルキノスは、
ヒドラの形勢が不利になったとき
飛び出して、ヘラクレスの足を挟み参戦し
ヘラクレスに踏みつぶされてしまうのです。
 

その姿が認められ星座となりました。
 
 
◇◇

 

大切な友人や兄弟、家族のためなら
全身全霊で、
自分の命を投げうってでも助けにいく
大切な存在を守ろうとするのがかに座パワー。

 

 

かに座が「基盤」を象徴するのは、
人生の基盤は「友人」や「家族」によって
支えられていることを表すからです。
 

自分を犠牲にすることを
すすめる物語ではありません。
 

大切な人を大切にする物語。

 

 

わたしたちは、
ひとりでは生きられません。
 

「大切な友人や家族」
 

わたしたちは、その存在なしに
人生を積みあげることができません。
 

積み上げた人生に
自分への「信頼」が生まれます。
信頼は信頼してくれる人がいるからこそ
育ちます。
 

そのうえで可能性は
思う存分、花を開きます。
 

大切なことを大切にする。
大切な人を大切にする。
 
 

全部大切にしようとすると
結局どれも大切にできないということが
起こりますよね。
 
この世に
大切でないものは何一つありません。

 

大切にできないこと、できなかったことを罪悪感にするのではなく 
手放した存在を信頼していく。

 

そして、残りの人生をかけて
大切にしたいことだけ
今、大切にする。
 

 

 

わたしたちが
自分自身、自分の選んだ人生に
誇りを持って
心から”喜び”を感じることができるのは
 
大切なことを大切にできているとき。

そして、「大切」はそれぞれ違っててよくて

それぞれの「大切」を尊重しあえたらいい。

 

それぞれの大切を尊重しあえることって

結局自分の大切を大切にしているかどうかを問われる。 
 

 

自分の原点、初心

大切な人たち、

 

かに座の満月はわたしたちの

原点と信頼を照らすでしょう。

 

 

 

 

 

 

◇◇◇

出版原稿の種みたいなものを書き上げ、

星アプリ会社の東京オフィスの家具選びだった連休が終わり

信州へ戻るバスがなんと!シンガーソングライターのえびはらよしえさんと

お隣の席だった!!ご褒美だ~~!!

http://www.yoshiesing.com/

 

よしえさんとの出会いは2005年。

わたしの目覚めがあったときに出会った人で

まさしくわたしの「原点」で出会った人。

 

たくさんいろんなことのお話しさせてもらって

このタイミングで原点確認をさせてもらえました。

ちょうどあれから12年ひと回り。

 

東京拠点が増えた今

もう一度原点に戻る。

今のわたしからもう一度原点を表現していこう。

 

そして、わたしもよしえさんも「ダンス」が来てることが判明!

そう、今年はダンスだよ!!

 

今年最初のイベントは

【チャクラダンス&覚醒のフィールド ㏌名古屋】

2017年最高のわたしを解き放つ

Happy chakra dance &Transmission of light
あなたの中の神秘ーOPEN SECRET-


あなたの中に隠している秘密(才能)を世界へ解き放つ!
大好きなGIRI&Margaさん、キャサリンのコラボイベントにお邪魔いたします!
 
覚醒のフィールドのカードで今必要としているエネルギーを受け取り、

体に素直になってチャクラで踊るハッピーチャクラダンス。1月15日 名古屋です!

http://www.banyantree8.com/blog/2017/01/115-open-secret-1359272.html細はこちら↓ 
 

 

●2017年イベント続々と決まり始めています!

2月にはあのお方と伊勢でイベントも!近日詳細UP

3月にはホロスコープのサイトもオープン予定!

4月28日はKADOKAWAさんより出版

5月、6月は全国まわります!

2017年春は温めて来たことが一斉開花します。

チェックしててくださいね。

 

●新月のカレー・満月のカレー好評発売中!!

http://www.mooncurry.com/

 

<メルマガ MoonLetter>
新月前日・満月・上弦の月・下弦の月にメルマガを配信しています。
更に詳しい宙模様について
http://neoluminous.com/vd/entry/e/cPHnJap6MCRXjSYU/
 

 

いいね!した人  |  リブログ(8)

テーマ:


 

以下、新春メルマガより一部抜粋です。

 

2016年は

わたしたちの魂の天の枠組みと地の枠組みの魂結びとなった一年でした。

 
2017年は天と地がその間の「人」で結ばれ動いていきます。

どんなに根がしっかりして、志があっても
人間であることを否定すると天と地が結ばれません。

 

自分の欲求や才能の発揮を恐れないで
素直になることはとても重要です。

 

自分の才能や欲求に素直な人にとっては
2017年はより拡大していく年になるでしょう。

 

<2017年 ポイント>

◎自分に正直であること
◎自分の欲求と才能に素直であること

◎やりたいことを今やることをまずは考えてみる

 


注目する星の動きの動きも見てみましょう。

<金星>
3月5日逆行開始 4月15日順行へ

<火星>
2017年は逆行はありません。

<木星>
てんびん座を進行中
2月6日 逆行開始 6月9日頃順行へ
10月10日 さそり座へ移動

<土星>
いて座を進行中
4月7日 逆行開始 8月25日頃順行へ
12月21日 やぎ座へ移動

<天王星>
おひつじ座終盤を進行中
8月5日 逆行開始 2018年1月3日頃順行へ

<海王星>
うお座中盤を進行中
6月18日 逆行開始 11月24日頃順行へ

<冥王星>
やぎ座後半に入ります
4月22日 逆行開始 9月30日頃順行へ

※大惑星の逆行や順行は留まる日があるので
そこ前後2~3日ぐらいの幅を持って読んでくださいね。

<月食> 2月11日・8月8日
<日食> 2月26日・8月23日


2016年12月~2017年4月頃まで
やぎ座の冥王星を軸に木星と天王星がTスクエアを
形成しています。

木星・冥王星は8月中ごろまで90度の角度となります。
木星・天王星は11月頃まで180度の角度となります。

ここに火星が絡み合っていきます。

これは、社会的にも緊張感を伴いつつ
構造変革に効いていく配置ですが
個人においても自立、変容・変革を促すでしょう。

また、2月はしし座で半影月食、うお座で金環日食があります。

2月26日うお座金環食は、目覚めとリセットが
起こる重要な食になります。

無条件の愛を象徴するうお座での食は
自分のやりたいことへの許し、許可ともなります。
2月26日前後から3月春分までは、大きな転換期となるでしょう。

そして、土星はいて座の終盤に入りはじめています。
やぎ座の領域チェックが徐々に始まります。
土星にとってやぎ座はHOMEになります。
現実のチェックをしていく土星がフル発揮していく準備に
徐々に入っていきます。
現実的な部分においてごまかしがきかないラインに入ります。

より一層、自分に正直で誠実であることが
求められます。

そして、現実作りを今の内にしっかりやっていくことも大切ですね。

大きな流れの中では、3月春分・4月までの区切りと
その後5月~7月・8月の区切り
9月~11月で空気感は変化していくでしょう。

さあ、自分のフルサイズを発揮していく2017年。
泣いて笑って
命いっぱいこの生を生きましょう!

 

以上メルマガより。

 

 

 

2017年3月春分が明けると新しい天と地の枠組みプラス人であること

3つの領域がすべてフル稼働に!

 

この冬はその前の準備期間。

人生の整理をしながら基盤を固めていきましょう。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(2)

テーマ:

2017年の始まりは土星さんで!

https://pixta.jp/illustration/14133054

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

4月出版の原稿をひたすら書くお正月となりました。

 

毎年正月は

心の上では一年で最も変容が起きる時期です。

 

このことを占星術的に考察してみました。

 

昨年あたりから、もしかして・・・・

と気になっていた日があります。

 

今、その日のチャートを見ると

今現実化している体験は

この日の方がしっくりくることが今日になって見えてきました。

 

バースチャートももちろんしっくりしてるのですが

バースチャートだけではわからないことが

この日のチャートとあわせてみると腑に落ちます。

 

2つ誕生日がある方って結構いると思うんです。

生まれた日と戸籍の誕生日が違うケースが多いでしょうかね。

 

わたしの場合は

蘇り(臨死体験)を体験した日となります。

こういう事例もあるのではないかなと。

 

整理代わりに臨死体験のときのことを少し書きます。

わたしは生まれて間もなくから7歳まで里子に出ていましたが

お正月だけは両親のところへ帰っていました。

3歳の大みそか、親のところにもどったわけですが

ストーブの不完全燃焼による一酸化炭素中毒で

昏睡状態となり病院に運ばれたことがあります。

もうダメだろうからと親族一同病院にそろうことに。

 

昏睡状態中、夢を見ていたことを今でもハッキリと覚えていて

目覚めてすぐにそのことを集まっていた家族親族に話し、

家族も覚えてましたから間違いないとおもいます。

 

夢の中でわたしは一面の草原にいました。黄色や白のお花が

あちこちに咲いていてわたしは花を摘んで遊んでいました。

とても心地よかったことを覚えています。

遠くで祖母が呼んでいる声が聞こえます。

その場所があまりに心地よいので祖母が呼んでいるのは

わかっていましたが動く気持ちになれませんでした。

気持ち良くなって居眠りし始めたとき、青い空が割れて

ゴジラ?みたいな怪獣が現れてびっくりして

おばあちゃんの声の方へ全力で逃げました。

そしたら、目が覚めました。

 

元旦でした。

 

祖母はわたしの回復を祈り、

仏壇の前でずっとお経を唱えてくれていたそうです。

 

ある種の臨死体験かと思います。

 

あらためてその日のチャートをよく見てみました。

今までじっくりこの日のチャートを見ていません。

 

この日をもうひとつの誕生日と考えると

毎年正月付近に変容があることが腑に落ちます。

 

私のセッションでは、2つ誕生日のある方の場合

本来の誕生日をベースにして戸籍上の誕生日なども

あわせて読んでいきます。

 

いまさらですが

自分のこの臨死体験の日、目覚めた時刻で

この日をもうひとつの誕生日として読んでみると

腑に落ちることだらけです。

 

 

まずは、

ネイタルとこの日の進行の星の関係を読んでみます。

ホームベースのアスペクトを持つわたしのネイタルに

進行の土星が入ることにより正六角形が構成されている日でした。

 

 

この配置をどう読むか?

土星先生の学びか・・・恩恵か・・・

どちらもあるとおもいます。

カルマ的なにおいがします。

 

何かが完成してるんだと思うのです。

ある種死のタイミングなのかもしれません。

 

で、この位置に進行の土星がきている日が他にもあるんですが

それが、2005年の覚醒時だったー!

あれもある種の死の体験でしたね。

 

だんだん、この六角形ができる日の意味あいが見えてきました。

 

次は62歳で土星がここにきます。

未来のことは考えないようにします。

 

ちなみに進行の木星がこの位置に来てる日は

多くの人前に出る仕事してました。

 

そして、蘇りを体験した元旦だけを読んでみます。

その日は「新月」でした。

蘇りにピッタリ。(笑)

 

そして、あらためて

その日をバースチャートとして読んでみました。

 

そこには海外の縁がかなり明確に出ています。

 

本来生まれた日のチャートでは海外のご縁があまり

感じられないチャートです。

生まれた日のチャートは、この体験さんざんやったね~という感覚は満載です。

 

ただ、2012年あたりを過ぎてから

生まれた時のチャートをはみだしている?

そんな体験をしてきました。

 

そして、今あらためてみると

蘇り日のチャートが今の自分にめっちゃしっくりくるという

発見が・・・・!!!

 

他にもいろいろと合地点があり唸ります。

両方のチャートの影響受けてるんだな~と

いまさらながらおもいます。

 

性質はネイタルの太陽うお月さそりな感じですが

生き方はやぎ的要素がかなり強いとは感じてたんです。

やぎの人よく集まってくるし

ネイタルで木星やぎだからかな~と思ってましたが

蘇り日もバースチャートと考えるとよりしっくりきます。

 

体験をしめすハウスの配置もどこもピターっとくる。

これも今だからこそだとは思います。

 

そうすると

ここのところ毎年正月付近に変容がくるのも腑に落ちる。

 

やぎ座だから、やっぱりこのチャート2020年12月にむかって

成長してる感じです。

 

この蘇り日チャート面白いのでもう少しじっくり読み進めて

このチャートも意識して生きてみる実験をしていこうとおもいます。

 

 

 

2つの誕生日を持つ以外にも

人生で大きな変容を体験したような日は

チェックしてみるといいかもしれません。

 

そうすると誕生日(バースチャート)ってなんだろう?

そんなことをあらためておもいます。

 

毎日が誕生日

 

そんな言葉があります。

 

わたしたちは日々何度も何度も生まれ変わっています。

その日の星のエナジーを取りこみながら

やがて、生まれた日の星(運命)を越えていくのだとおもいます。

 

人は成長のためにストーリーを欲します。

誕生日とはひとつのストーリーです。

 

わたしは、2つ誕生日のある人や

生まれた時間のわからない人には

自分の生きたい星を選ぶといいと伝えます。

 

わたしたちは、成熟していくと

どんな誕生日もフィットしていくようになります。

 

全員が12星座のこころの原型を持つからです。

カードを引いた時、どれもしっくりくるのと似ています。

 

余談ですが・・わたし、血液型も20歳までA型で判定されてたのが

21歳でAB型だと判定されたんです。

 

中学生のとき、一研究でクラス全員の血液型と

見た目の血液型をアンケートでとって統計をだしたことがあります。

クラスメイトのほとんどはわたしの血液型をA型と予測しました。

確かにそのときはA型でした。

ABであることが判明してからは、A型と予測されることがなくなりました。

わたちたちのセルフイメージとは

ほとんど外側の何かで作られているといってもいいかもしれません。

 

 

どの日に生まれても

結局はその星(運命)を全面的に引き受けた時(自分の人生に責任を持ったとき)

すべての才能が全開になると感じます。

 

この引き受けるというのは主体的でない人が

引き受けると依存的、犠牲的になります。

 

主体的に引き受けるということは

選ぶことができる自由があります。

そこには自分の人生への責任があります。

 

言い訳はない世界です。

 

星を引き受けることと

自分に正直に生きることは

まったく同じことだとおもいます。

 

最終的には意味付けのバースチャートはいらない。

祝福は大事だし

人生を理解していくときのよいツールにはなるとおもいます。

(星読みする人間としては矛盾になりますが・(笑))

 

わたしたちは

それぐらい自由な存在です。

 

確かなことは

生きたい人生を今生きることができるということ。

 
それができないってことは

チャートは関係なくって

どこかで自分の人生に責任持ってないんだよね。

 

 

 

 

 

 

2017年

生きたい人生を今生きると決めた人にとっては

快適なステージになるでしょうね。

 

 

 

 

 

◇◇◇

後にも先にも家族がそろった正月はあの元旦だけでした。

(正確には同じ建物内(病院)にいた)

再誕生をあらためて感謝し今日は母の名言をシェア。

 

『寝言は寝てから言えよ』 By 母

 

最近言われてた意味がようやくわかってきた。(笑)

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

新月 12月29日(木)15時54分やぎ座

「封印解除 本当にやりたいことへ向かう」

暦の上では冬至を過ぎ、仕事納めの季節です。
新しい年へ向かい気持ちが移り変わるときですね。

夢を描き、的を絞っていくいて座の季節から絞りこんだ的を、さらに具体的に計画していくやぎ座の季節です。

特にこの新月は、無理だと想うこと、あきらめていたこと、こんなものだと感じることなどの封印解除の時です。
そして、本当にやりたいことを選ぶとき。

 

まずは、自分の願いや考えていることをすべて書き出してみるといいでしょう。
その中から本当にやりたいことを選んでいきます。
お金も時間も人間関係も仕事も健康も何も心配することがなかったら 何をしたいか?

 

どうぞ、その一番やりたいこと(たくさんあってもいい)の 扉の前に立ってみましょう。
そして、扉の前に立つときは孤独感、不安感が出るかもしれません。

 

今回の新月は特にその感覚があるかもしれません。
でも、月の出ない新月が暗闇に星を輝かせるように 暗闇だからこそ、見えてくる輝きがあるものです。

ふだんは気づかない内なる輝きに気づく新月でもあります。
そのとき、扉はすーっと開いていくでしょう。

 

新月の願いごとは
時間、老後、定年後、責任、自己鍛錬、ゴール、目標達成、成功、到達、処理能力、父親、権威、伝統、評判、自己正当化、膝、尊敬、職業、社会的地位、野心、 勤勉さ、達成、賞賛、管理能力、あきらめ、用心深さ、自信のなさ、骨、皮ふ、かゆみなどのキーワードがポイント。

願い事シートのダウンロードはこちら

 願い事シートをダウンロードする

 

上弦の月 上弦 1月6日(金)4時48分 おひつじ座

「エネルギーを注ぐ先を見つめる」

季節は、小寒を迎え冬の寒さが増していくとき。
お正月ムードから少しずつ明けていくときです。

おひつじ座ということで前進しようとする力に囲みが起こり、足止めになる上弦です。
この上弦は水星逆行中でもあります。
この上弦は、2017 年前進していくために必要な浄化の月になります。
過去の間違い、痛み、失望を認め、自分の期待を浄化し、本当にエネルギーを注ぐべきことを明らかにするとき。

 

12月中に整理された旧領域の現実的整理の仕上げや
やぎ座新月、新年に立てた目標がより具体的になり、エネルギーを費やすこと、前進するべきエネルギーの方向を明確にするタイミング。

6日から次のかに座満月まで 2017 年に注ぐべき方向や具体的な目標がより明確になります。

 

満月 満月 1月12日(水)20時35分 かに座

「2017年を作っていく基盤(人間関係)の完成」

2016年7月から創り上げてきた人間関係(基盤)が完成を迎えるとき。

このかに座満月は 2017年夏までともに活動する人間関係がひとつの完成を迎え、2017年に向かい新たな段階へ入ります。

2017年の基盤になる人間関係や大切にしたいことが明らかになり、同時に具体的に自分のできることもだんだんと明確になるとき。

 

この満月から3月春分を迎えるまで 2017年を決める大切な時期です。

ともに人生を編み上げてきた人達との絆は、人生で弱った時頼ることのできる絆でもあります。
それこそが私たちの人生の基盤になります。普段はその存在に気付かないこともありがちな大切な人達。
それは、自分の弱さを見せることができる人達でもあります。

 

あなたには、弱さをさらけだせる人はいますか?
自分の弱さに降り立つとき、本当に大切な人やことが見えてくるでしょう。

 

下弦の月 下弦 1月20日(金 7時15分 さそり座

「根気よくエネルギーを蓄えていく」

季節は大寒。一年で一番寒さが厳しくなるときです。
桜の花は、この一番寒い時期にその幹が赤みを帯びます。

冬の一番厳しい季節の中、樹々や自然はエネルギーを高めます。
人も「寒げいこ」をして、冬のエナジーを取りこむ時。
この季節にしっかりと冬のエナジーを取りこんでおくことは春の発芽の力になります。

 

学習に取り組むことや苦手なことの課題に取り組むことなどおすすめのとき。
また、ご自身の健康に取り組んだり、習慣作りに取り組むこともおすすめです。

 

この下弦から立春、そして、春分を迎えるまで しっかり春に向けて土台になるエナジーを根気よく蓄えていきましょう。

 

新月 1月28日(土 9時8分 みずがめ座

「立春を待つ」

詳細は 1 月にUPいたします!

 

 

 

◇◇◇

月カレー、ルミナ事務所は1月9日までお休みさせていただきます。

1月2日は、2017年宙模様スペシャルメルマガ配信します!


<メルマガ MoonLetter>
新月前日・満月・上弦の月・下弦の月に
メルマガを配信しています。

http://neoluminous.com/vd/entry/e/cPHnJap6MCRXjSYU/

 

いいね!した人  |  リブログ(2)

テーマ:

 

【2016やぎ座新月とやぎ座の物語】
  

12月29日15時54分頃
やぎ座で新月を迎えます。
 
新月。
月の出ない静かな夜は

暗闇が深くなります。

 

今回のやぎ座新月は、

真っ暗闇に立つような孤独感が映し出されることも

あるかもしれません。

 

でも、暗闇に星たちは輝きます。

暗闇でこそ、見えるものが見える新月。

今回は特にそんな新月かもしれません。
 
新月は星が暗闇に輝くように

奥深いところにある
それぞれの「魂」を映し出します。

 

わたしたちの内側で始まる 
あたらしい冒険
輝き、情熱の発揮へ向けて。

 


やぎ座の物語を
ご紹介します。
 

 
【やぎ座の物語】
 

 
やぎ座というと、下半身は魚、
上半身はヤギの姿が印象的です。
 
 

あの姿は、牧神パーンが
テューポーンに襲われた際に
びっくりして上半身が山羊、
下半身が魚の姿になって
ナイル川へ逃げたギリシヤ神話から
来ています。
 

 

なんとも情けない姿で
描かれることの多い牧神パーンです。
 
 
 

やぎ座は成功、目標達成へ向かうことへ
パワーをくれますが 牧神パーンの姿からは
「成功」「目標達成」のパワーが どこにあるの?
 
 

という感じです。
 
 

物語は、時代とともに
移り変わっています。
 
 

この物語の原型の物語をご紹介します。

 
物語を追って、
時代をさかのぼるとこの物語の原型、
やぎ座を象徴する神は
遠くシュメールやメソポタミアで
最も愛された神の
「エンキ」 であることがわかります。
 
 
 

 

エンキの象徴が
「鯉(コイ)」と「ヤギ」でした。
 
  

やぎ座は上半身ヤギで
下半身が魚ですよね。
  

エンキは、生命と回復を
つかさどる神とも言われ
時間を超越することのできる力を持ち、
高潔で衝動的でエネルギッシュな知識の主、
ユーモアがあり
真理の探究者、魔術、
魅惑の熟達者とも言われていました。
 

そのときの支配神エンリルが
地上に増えた人間をほろぼそうと
世界に洪水を起したとき、
人々に生き延びる智恵を
さずけたのがエンキだと言われます。
 
 
またその時、
エンキは 若い神々の代表に選ばれ、
神々の王エンリルの怒りを静め
世界に平安をもたらしたとも言われています。
 

あらゆる神々の特性を備えているエンキは
あらゆるシーンの解決役、交渉役を引き受け
そのシーンに一番合う自分の能力を使い
権威者を恐れず
時にはユーモアを用い
ものごとを解決し、
目標を達成していきました。
 

その姿は、最も愛された神として
描かれています。
  

 
交渉術に長け、強い使命感を
持っていたことで有名な
坂本龍馬もやぎ座です。
 
  

占星術上では地味な印象のやぎ座ですが
本当はエンキや龍馬のように
エネルギッシュなパワーと魅力に満ちています。

 

やぎ座のパワーは社会を変えていくパワーにつながります。
 

長い歴史の中
やぎ座のパワーは物語によって書き換えられ
エンキのパワーは封印されてきました。
 

やぎ座に生まれた方は特に
自らの封印を解除し
才能を発揮することが
人生の大きな課題かもしれません。
 
 
わたしたちは
全員内なるやぎ座を持っています。

 

全員が自分の持てる力を遠慮なく最大限に発揮すること。

それは、世界の調和につながります。

 

今、全員が自己の制限、封印を解除し

フルサイズを発揮する次元が開かれています。
 

このやぎ座新月は
自分の一番やりたいこと、欲求をまず確認してみてください。

 

いつか・・・と思っていること。
長い時間の先にあると思っていること
一番欲しいもの

自分に正直になって

心の内をすべて書き出してみましょう。

 

わたしたちは、自分ひとりでも
なかなか心の内を書き出せないことがあります。

 

こんなこと、無理かも・・・
そう思うこともすべて書き出してみましょう。

 

全員が全力で魂の喜びを生きて
フルサイズを発揮するとき、人類は調和します。

 

全員が自分の欲求に正直になり遠慮なく、でも思いやりを持って
輝きをフルサイズで発揮することで調和が実現していきます。

 

ここから先、開いていく人って

結局自分の欲求や才能に正直に生きてる人だなと感じます。

 

心の内を書き出したら
一番やりたいことを選んでみてください。

 

お金、人間関係、健康、時間、仕事など
すべてにおいて何の心配もないとき
あなたが本当にやりたいことは何でしょうか?

 

そして、その扉の前へ立ってみてください。

そこに立つとき、まるで自動ドアが開くように
スムーズに扉は空いていきます。

 

もう他の扉は開けようとしても開きません。

 

一番やりたいことの扉の前へ立つとき
孤独感や恐れ、不安感が出ることもあります。

 

そこに立つだけで大丈夫。
何かカギを探す必要はありません。

 

 

 

 
よい新月をお迎えください。
 
 
 
 
◇◇◇

久しぶりの更新となってしまいました!

 

あれよあれよと言う間に東京オフィス、居住地が決定。

4月KADOKAWAさんより出版決定。

あわせて星アプリもデビューになる段取りで

ジェットコースターに乗っているような毎日です。

 

信州の空気を久しぶりに吸って

やっぱり、クリアーだな~~と実感しています。

 

月カレー、ルミナ事務所は1月9日までお休みさせていただきます。

1月2日は、2017年宙模様スペシャルメルマガ配信します!


<メルマガ MoonLetter>
新月前日・満月・上弦の月・下弦の月に
メルマガを配信しています。

http://neoluminous.com/vd/entry/e/cPHnJap6MCRXjSYU/
 

いいね!した人  |  リブログ(10)

テーマ:

 

月は満月を過ぎ

少しずつ月の出は遅くなっていきます。

 

今月は21日冬至をピークに、さらに29日やぎ座新月まで

どんどん移り変わっていく宙模様となります。

 

21日冬至の切り替えは大きな切り替えになります。
魂と心のラインをそろえるタイミングです。

 

 

違和感のあった人間関係、

また新しい人間関係など

人生の基盤となる関係性が
冬至までに心の領域で整理されていきます。

 

ここまでに育てた関係性は次の段階へ

役割の完了した関係性は切り離しとなります。
現実的には次の春分が大きな切り離しのタイミングです。

 

その上で自分にとっての大切なこと、大切にしたいことを

再確認する時間となるでしょう。

 

人生の基盤とは

自分のエネルギー、価値観と行動やフィールドが

一致している(そろっている)状態であることを問われます。

 

そのことはそのまま次世代へ受け継がれます。

わたしたちが自分のエネルギーとあった行動をすること

自分を思う存分発揮することは

自分自身への敬意であり、

地球への敬意となります。

 

人はこれらが一致していないとき

人間関係に違和感や比較を感じ、

自分の関わっていることに自信が持てなかったり、

現実的な生活(経済)状況が不安定になります。

 

人間関係、家族のことや仕事のこと

自分の人生の基盤、大切にしたいことを再確認し

自分が元気になれないことを手放したり

大切な人達にどのように自分が扱われたいかを

示すときでもあります。

 


その上で自分の輝き、誇りに持てることを確認してみてください。
冬至には、基盤と輝きが循環する道が通ります。

 

 

 

ステージの移り変わり最中は

「そろって」いない苦しみがあるかもしれません。

今月は旧領域と新領域が分れて行くときでもあります。

 

わたしたちは日々の中でこころを”そろえ”ながら生きています。

日本はこの「そろえる」ことを日常の中で

簡単にやさしく身につけていく習慣を持っています。

その習慣は大きな切り変わり、いざという時発揮されます。

「草履(ぞうり)をそろえる」という言葉があります。
武道でよく使われる言葉ですね。
シンプルな言葉ですが深いことばです。

草履をそろえる。
今で言えば靴をそろえるということになりますね。

そんな些細なところに「こころ」はあります。
目に見えるものすべてに「こころ」が現われています。

 

今年の冬至はおとめ座で下弦の月を迎えます。
おとめ座はそんな「こころ」を大切にする領域です。



ぞうりをそろえる行為(意識)は
何も考えずに積み重ねることだけでも
わたしたちは、自分のこころをそろえること
そして、人とこころをそろえる意識が育ちます。


日本における「躾(しつけ)」とは、
”こころをそろえる”ことを基本にしています。
古来より「こころ」を大切に扱ってきた民族ですね。

自分のこころをそろえる
人とこころをそろえる

 

右足と左足がそろっていると
足をすっといれることができて
一歩踏み出すのは楽ですね。

そろったとき、ものごとはスムーズにいくようになっています。

結局それは「素直」な状態をつくることになります。

 

右手と左手をあわせる行為も

同じ「素直」なこころの状態のありかたをつくります。

イメージだけでもいいと思います。
草履をそろえるイメージをしてみてください。
それだけでこころが「素直」になる感じがしませんか?

 


わたしたちの日常には
こうして、いつでも「こころ」をそろえて「すなお」になるための
行為があります。

 

草履をそろえる意識は

 

日々をていねいに生きる意識と同じです。
これは、「こころ」を大切に扱うことにつながります。


子育てをしている方であれば
お子さんに教えてあげてください。

どうして靴をそろえるのか

「こころをそろえてるんだよ」と。

お子さんがその意味を今知る必要はありません。

ことばには「意識」がのります。
意識はこころに自然とはたらきかけます。

意味がわからなくても
こころをそろえる意識が育ちます。

それを習慣にするのが「しつけ」です。


こどもさんというのは
概念がないのでより真理に近いところで
生きていますから感覚で「わかる」はずです。

それが大人の事情?で押し付けているか(笑)
宇宙の理(ことわり)に沿っているかは
こどもにとって一目瞭然です。

宇宙の理に沿っていることは
聞いてくれます。




右足と左足
こころをそろえたところが「今ここ」です。
今ここから、あたらしい一歩が始まります。

 

 

冬至、やぎ座新月、新しい年に向かって。

 

 

 

 

◇◇◇

 

 

●ゼロ磁場の満月の水と新月の水を使って作った

月のカレーいよいよ発売開始しました!

http://mooncurry.com

喜びの声をたくさんいただいております!

今まで食べたカレーで一番おいしい!という声もいただき

嬉しい限りです。

 

生産者の見える素材、グルテンフリー、オイルフリー

保存料や安定剤などケミカルなものは一切使用していません。

栄養価は高く、カロリーは低く、一切の妥協なく作った安心して食べられるカレー。

そして、一番の自慢は美味しいこと!!

新月カレーはデトックスに♡

満月カレーは心と体の調整に♡

 

心とからだ、エネルギーを調和して喜びが循環するカレーです。

一度ぜひ食べてみてください。

 

<メルマガ MoonLetter>

新月前日・満月・上弦の月・下弦の月にメルマガを配信しています。
さらに詳しい宙模様をお届けしています。

(現在9500名以上の方にご登録いただいています)
http://neoluminous.com/vd/entry/e/cPHnJap6MCRXjSYU/

 

ルミナ

いいね!した人  |  リブログ(10)

テーマ:

明日14日12月14日午前9時7分
ふたご座で満月を迎えます。

 

また、ふたご座流星群極大日でもあります。
 
1212で内なる太陽と銀河の中心が結ばれ
迎える

ふたご座の満月。

 

11月29日~12月8日期間、12月12日の”イニシエーション”を終え

2017年を創造していくコミュニケーションの完成と始まりとなる満月。

 

2017年夏までともに活動する仲間とのコミュニケーションが
ひとつの完成を迎え、2017年に向かい新たな段階へ入ります。
また、その仲間とともに学んでいくことの新たな始まりでもあります。

 

このふたご座の満月前後~冬至まで、

「情報」に敏感になってみてください。
あなたの2017年をより開いていくための

「情報」やこれから学ぶといいことの情報が

友人やインターネットなどからもたらされるでしょう。


神社や気になる場所へ行ってみる、気になる本を読んでみる。
そんなこともおすすめです。

 

そんな気になる「情報」ピンと来た情報に「的」を絞っていくことで 

次のやぎ座新月につながります。

 

 
さて、今日はふたご座の物語を紹介いたします。
 
大神ゼウスと人間界の妃レダ
の間に生まれた双子。
 
双子でありながらレダの血を多く引き
人間の子として限りある命を持って
生まれた馬術の達人兄カストルと
ゼウスの血を多く引く神の子として
永遠の命を持って生まれ
拳闘の名手とされた弟ポルックスの物語。

 

ふたりはとても仲良しで
数々の冒険、難関をふたりで
協力しながらのりこえていきます。
 
ふたりの最後はさまざまなお話がありますが
 
限りある命を持って生まれたカストル
が死んでしまったとき、
ポルックスはひどく嘆き悲しみました。
 
ポルックスはカストルを人間界の死者の間に
残し、自分だけ永遠の命とともに天に昇る
ことを受け容れませんでした。
 
ゼウスはふたりが一日おきに
天上の神々の間と地上の人間の間で
一緒に暮らせるようにし
二人はふたご座になりました。
 
 
ふたご座はコミュニケーションが
テーマともいわれますが
それは、どんなコミュニケーションでしょうか?
 
神と人。
 

ふたご座のコミュニケーションとは、
ふたつの異なる世界が手ををつなぎ
折り合い、認め合い、乗り越えていくコミュニケーション。
 
異なる世界をつなぐための言語(コミュニケーション)
異なる世界をつなぐための情報や知識
異なる世界をつなぐためのこころ
 
ふたご座はそんなことを
象徴します。
 


わたしたちは、
さまざまな事象や経験、出逢いの中で
やってくるものや人と向き合い
折り合い、認め合い
また乗り越えて、こころを育て
一年の締めくくりにふたご座の満月を迎えます。
 

コミュニケーションは
ひとりでは成しえない
希望や可能性をひらきます。

数々の冒険を乗り越えた
カストルとポルックスのように。
 

 

昨年のふたご座満月より、コミュニケーションは、

言葉や国境をを超えて意識の交流次元が開かれています。

テレパシーという言葉に近い感覚かもしれません。
 
また、2015年以前が 
理解する(される)ための交流であったとすれば
理解を越えた先、ともに創造していく交流です。

 

人は理解したい理解されたいという意識にいるとき

「自分」のことしか見えていません。

 

そこにゴールがあるとき

本来の目的を見失います。

 

理解できない、理解されないことに落胆する意識次元です。

 

「創造」に目を向けるとき

理解は「理(ことわり)を解く」プロセスになります。

その違いを知り認めあい、そこから創造へ向かいます。
 

 

みなさま、よい満月をお迎えください。
 

 

 

◇◇◇

2017年のプロダクトに向かい

チームのコミュニケーションもひとつの完成を迎えました。

来年はますます面白くなりそう!

●ゼロ磁場の満月の水と新月の水を使って作った

月のカレーいよいよ発売開始しました!

http://mooncurry.com

喜びの声をたくさんいただいております!

今まで食べたカレーで一番おいしい!という声もいただき

嬉しい限りです。

 

生産者の見える素材、グルテンフリー、オイルフリー

保存料や安定剤などケミカルなものは一切使用していません。

栄養価は高く、カロリーは低く、一切の妥協なく作った安心して食べられるカレー。

そして、一番の自慢は美味しいこと!!

 

心とからだ、エネルギーを調和して喜びが循環するカレーです。

一度ぜひ食べてみてください。

 

<メルマガ MoonLetter>

新月前日・満月・上弦の月・下弦の月にメルマガを配信しています。
さらに詳しい宙模様をお届けしています。

(現在9500名以上の方にご登録いただいています)
http://neoluminous.com/vd/entry/e/cPHnJap6MCRXjSYU/

 

ルミナ

 

 

いいね!した人  |  リブログ(5)

テーマ:

人生には転機と呼べるシーンが度々訪れます。

この転機を占星術を通じて見ると

自分の内なる星の活性化が見えてきます。

 

人生の転機のきっかけを与えるのは

トランスサタニアン(土星を越える)とも呼ばれる

天王星、海王星、冥王星たち。

 

この星たちは現在の状態が

「限界(土星)」を迎えると活性化し始めます。

 

天、海、冥は

土星がルールする常識、枠、制限を飛び越えて

わたしたちに限界を超えるための「直感」を与えます。

 

それは、社会の常識、今までのマインドに支配されません。

魂の目的だけに純粋に向かう直感です。

思いがけない形、予想していない展開で訪れることも多いものです。

 

その直感を受け取って行動できるかどうかは

わたしたち自身によります。

行動しなければこの機会は過ぎ去っていきます。

 

この機会を得て

内なる星がどのように活性化するかはそれぞれのプロセスによります。

 

~「月」の活性化・家に帰る~

たとえば、バリバリやっていた仕事をやめて

自分の時間をとるという方向へシフトチェンジしたなら

それは、内なる「月」が活性化し始めて

自分の「家(心のホーム)」を調えようとする働きへシフトします。

 

外側へ向いていたこころが自分自身に向かい

日常を丁寧に生きることや自然と触れること

評価されないアートなどに取り組んだりします。

スピリチュアルな学びをして自分の内面と向き合ったりする時間です。

人や自然、自分の身体に優しくなります。

 

月がなければ地球は安定しません。

わたしたちは地球と同じ存在です。

月のエナジーが安定することにより

自分らしさを取り戻す、自分軸を取り戻し、地球とひとつになっていきます。

 

自分の月星座を知ることで

エナジーの取りこみ方が見えてきます。

 

~「金星」の活性化・魅力を発揮する~

月が癒され十分にそのエナジーを取りこむと

「金星」が活性化してきます。

 

女性の場合は、女性らしさを発揮するようになります。

十分に満たされた月のエナジーは内なる自尊心につながり

自分の女性的な魅力を発揮していくようになります。

※子宮系はこのプロセスにあたる

金星星座を知ることで

具体的に魅力の発揮の仕方が見えてきます。

 

男性の場合は、女性にやさしくなります。

女性がよりその魅力を発揮できるような行動に

つながります。

 

女性はその男性の優しさを受け取っていくことも

金星の活性化につながります。

 

そして、この金星の調和力を通じて

内なる男性性と女性性は結びあいます。

内なる男性性と女性性が結ばれると「創造性」へ向かい始めます。

 

男女ともに太陽のエナジーとつながる道を開き、

火星(行動力)のエナジーを活性化し

魂の輝きの発揮(創造性の発揮)へ向かいます。

 

 

~太陽パワーを開花させる~

太陽パワーはいつも内側にありますが

月と金星がそのエナジーを取りこみ満ちたとき

ぶれないこころ、健全な自尊心につながり

他者と比較することなく

内なる太陽(魂の輝き)を発揮し始めます。

 

内なる月、金星、内なる星たち全員とともに

太陽の力を後ろから支えるようにして人生の道を開き

魂の方向へシフトチェンジしていきます。

 

 

今、多くの人が

内なる月→金星→とプロセスを進め

太陽の発揮へ向かい転機を迎え

新たな人生のステージに来ている方も多いと思います。

 

個人のプロセスもありますので

時間はそれぞれに違います。

 

特に「地」の星座や不動星座が多いとゆっくり進んでいくので

人生のプロセスは時間がかかります。

 

 

【ルミナの場合】

わたしは、月がさそりで金星はおひつじ。

今年は太陽うおが活性化してきていて

太陽の新たなステージを切りひらいているところです。

 

振り返れば

自分の生きかたを問い直しタイへバックパーカーの旅へ行った2004年

転機となったモンゴルへの旅が2005年

そこからバリバリ人生を生きていたことをぷっつりやめてから

月の自分を癒し養い、もう12年になります。

 

この12年の間にサラリーマンをやめて開業するプロセスもあり

たびたび月→金星→太陽の活性化があったわけですが

今回はすべての内なる星座がMAX活性化しはじめてきているのを感じます。

ちょっと怖い・・・。

 

え~こんなに人生がシフトしていく人っているのかな?

というぐらい変化しながら進んでいく自分の在り方に

マインドはまったくついていってない感じ。

 

つかんでは手放すさそりと

海という世界に自分をゆだねて泳ぐうお。

 

すべての内なる星座を通じて

あらためて太陽星座である「うお座」の人生の進み方について

理解が深まっています。

 

うお座をどのように表現するか

その言葉はたくさんあります。

 

わたしは「捧げる」という言葉が今ようやくピッタリしています。

どの星座の領域にも全身全霊での生き方があります。

うお座の生きかたとは捧げる全身全霊なのだと体感しています。

 

捧げるというと犠牲的に思えるかもしれません。

わたしは、うお座の犠牲について

それは、捧げることを制限したとき犠牲が起こることを理解しました。

全身全霊でないほうが疲れちゃうんです。

出し惜しみするとほんと疲れます。

全身全霊で捧げていく生き方はうお座の領域の自由です。


他者から見ると全身全霊で忙しく見えるようですし

その人の中に犠牲の心があるとわたしを止めようとします。

魂と結びあって生きていない人には脅威にもなるのだと思います。

 

すべてを信頼しきって全身全霊で自分の力を創造性へ捧げることが

うお座の領域でもっとも自由で輝いていられることを

今深く体験しているところです。

 

そして、全身全霊で生きられる大きなフィールド(水)を求めて

「今」を手放し変化していく自分を止められないこと。

 

現実的には今を手放す切なさと葛藤しながら

でも、やはり進んでいくことを選ぶ自分しかいないんだよね。

 

1212に思うところでした。

 

 

 

 

 

◇◇◇

今月はほとんど東京滞在。

今日から占星術のシークレットセミナーです。

お会いできるみなさま楽しみにしています!

 

そして、なんと20年ぶりにショートカットに!!

人生変化し過ぎてマインドの整理にヒーヒー言ってます。

 

●ゼロ磁場の満月の水と新月の水を使って作った

月のカレーいよいよ発売開始しました!

http://mooncurry.com

喜びの声をたくさんいただいております!

今まで食べたカレーで一番おいしい!という声もいただき

嬉しい限りです。

 

生産者の見える素材、グルテンフリー、オイルフリー

保存料や安定剤などケミカルなものは一切使用していません。

栄養価は高く、カロリーは低く、一切の妥協なく作った安心して食べられるカレー。

そして、一番の自慢は美味しいこと!!

 

心とからだ、エネルギーを調和して喜びが循環するカレーです。

一度ぜひ食べてみてください。

 

<メルマガ MoonLetter>

新月前日・満月・上弦の月・下弦の月にメルマガを配信しています。
さらに詳しい宙模様をお届けしています。

(現在9500名以上の方にご登録いただいています)
http://neoluminous.com/vd/entry/e/cPHnJap6MCRXjSYU/

 

ルミナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(6)

テーマ:

いて座新月~12月8日の期間は

いかがでしたか?

 

星の運行に関係なく 

毎年、「日」によって宇宙のプランが

実行される日が決まっています。

12月は実行日の多い月です。

12月8日と12月12日、12月21日22日、12月28日もそのひとつになります。

 

毎年10月末から11月初めには

大きな空間でもある無意識層は翌年の空間へチェンジとなります。

 

その後1111の開通を迎えると

翌年の空間の創造が顕在意識レベルで始まります。

 

新しい空間の創造が始まるまでに

古い空間はかなり整理(破壊)されてきていますが

それでも最後の最後に残っているものがあって

最後の最後が現実的に取り除かれるのが11月。

 

最終的に12月8日までに翌年に持ち越せないエネルギーが

取り除かれ1212を迎えます。

 

意識できるこころの上で

手放しを決めるようなときでもあり

決意をするようなときでもあります。

 

現実的には新しい空間と古い空間が同時に存在しているようにも

感じるかもしれません。

 

今年の場合は、11月29日いて座新月に

新生地球NEWグリッド開通となっています。

 

11月29日から12月8日までは

個人においては来年を迎える上で浄化が起こりやすかったかもしれません。

 

同時にそれぞれの潜在的な空間に

宇宙の「種」が蒔かれた時間でもありました。

 

また月は7日うお座での上弦の月を迎え

いて座の新月新たな旅に向かい港を出航したわたしたちが

大海原に出て来たようなタイミングでもありました。

 

方向が見えなくなる大海原に出た時

ワクワクするのか不安になるかは人によって違います。

どちらも同じ旅の途中です。

 

コンパスを持っていようがいまいが

先を心配する人はしますし

心配しない人はしません。

 

こうしたとき、人は無意識の恐れが出やすくなります。

 

意識的な恐れは導き役にもなってくれますが

無意識的な恐れは時にあらぬ方向へ人生を導きます。

 

ワクワクが無意識的な恐れからのこともあるものです。

 

感情は目安にはなりますが

その奥に悲しみや恐れを隠すことに気づかないこともあります。

そうするとワクワクジプシーになります。

 

わたし自身は

感情でものごとを選択することはすすめません。

 

たとえば、「喜び」を感じる方を選ぶという方法ですね。

(プロセスとしてはある)

 

なぜなら「魂」の欲求は

喜びも悲しみも関係ありません。

 

喜びだからする

悲しいから、苦しいからしない

 

というような条件付けや理由などひとつもありません。


あるとすれば

「したいからする」という感覚でしょう。

「(すでに)そうである」とも言えます。 

 

この感覚と結びあうと

すべての感情を受け容れ

起こることのすべてを許し

純粋な命として生きる状態に入ります。

 

 

12月12日【1212】は創造性への無条件の愛が開く日。

 

12月8日までに決意されたことが

次の行動へ向かい道が開く日。

 

すべての理由を一度置いてみましょう。

その上で

「したいからする」

という純粋さを生きることを自分にゆるす→決意(約束)

 

それがわがままになるのか魂の生き方にになるかは

魂の約束を果たしたときにわかります。

 

 

太陽の力が一番弱まる12月。

冬の寒さは命の温度、あたたかさを感じさせてくれます。

 

そのあたたかさこそが

あなたの魂のエナジー。

 

太陽の力が弱まるからこそ見えてくる魂の温度。

 

いて座に太陽が入っている季節。

銀河の中心方向にあるいて座の領域は魂の方向

真理を象徴する領域。

 

輝く太陽はその力を弱めて

わたしたちの内なる太陽(魂)を感じさせてくれるのです。

 

1212

創造性への無条件の愛が開く日。

内なる太陽と銀河の中心が結ばれ

一本の道となる日とも言えます。

 

あなたの内なる太陽のあたたかさを感じてみてください。

 

 

 

 

◇◇◇

ギリシャより戻りました。いや~~~感無量です。

これほど同じ思いの人達に会えるとは!

これから地球規模で動いていきます!

 

●ゼロ磁場の満月の水と新月の水を使って作った

月のカレーいよいよ発売開始しました!

http://mooncurry.com

喜びの声をたくさんいただいております!

今まで食べたカレーで一番おいしい!という声もいただき

嬉しい限りです。

 

心とからだ、エネルギーを調和するカレーです。

一度ぜひ食べてみてください。

 

料金は今までのレトルトカレーの常識で考えると高いかもしれませんが

人間が健全に食べられる素材で作るとこれぐらいになるんだということを知ってほしいとも思っています。今の経済と日本に溢れている食品の品質を本来あるべき自然な姿に戻していくことへのプロダクトでもあります。みんなが本当の意味で循環する豊かな生き方へ。

 

<メルマガ MoonLetter>

新月前日・満月・上弦の月・下弦の月にメルマガを配信しています。
さらに詳しい宙模様をお届けしています。

(現在9500名以上の方にご登録いただいています)
http://neoluminous.com/vd/entry/e/cPHnJap6MCRXjSYU/

 

ルミナ

 

いいね!した人  |  リブログ(10)