”ルミナ” 【天空からのソウルメッセージ~今日の宙模様】

☆ソウルクリエイター”ルミナ”オフィシャルブログ☆

月のサイクル、今日の宙(そら)模様、こころ、次元について
宇宙の法則を”ルミナ”がお届けします♪

 ~今日の宙(そら)模様~
   月のサイクルと星、わたしたちの暮らす「空間(次元)」の働きや動きを
感受、観察し「ことば」にしてお届けしています。


~しあわせのたねまき~
 宇宙(月)のサイクルを知って
循環のサイクルをあなた自身と大切な人、次世代へ。


~ビジョンクリエイション占星術セミナー~
星を通じて人生を知り
人生を通じて星を知る



☆このブログは、ルミナ事務局で管理しています。
 ルミナは、コメント、メッセージなど個人的やりとりはしておりません。

 メルマガ(会員)登録いただきますと、事務局へお問い合わせいただけます。

テーマ:
やぎ座満月を越え、
それぞれに新たなスピリットを迎え
次のステージを迎えるための基盤が完成。

スタートラインにいます。

これから新たなスピリットとともに
再び新たな成長の時間を迎えます。


(以下、満月メルマガより抜粋)
これから7月27日おうし座で迎える下弦の月までは
新たなスピリットとの調整です。


おうし座下弦の月に向かい
執着する「安定」は手放すことになるでしょう。



同時にあらたな成長も始まります。
ここからの成長は「他者との協力」がポイントです。

7月25日は
13の月の暦を伝えたホゼ・アグエイアス博士により
地球と銀河が同期する日として
「時間を外した日」としても知られます。

私自身も毎年次元空間を観察してきて
7月25日、26日は空間が変化することを確認しています。
それからライオンゲートと呼ばれる8月8日まで
毎年「上り坂」です。



7月末は流星群の極大が次々に訪れます。
流星群はわたしたちに新しい「情報」を
もたらします。




8月8日ライオンゲートから
8月12日あたりまで次の上り坂です。

人によってはこのやぎ座満月から次の上り坂が始まります。

8月12日にペルセウス座流星群を迎え、
8月13日に土星が順行に戻ると8月後半は
ものごとのスピードがさらにUPしていくでしょう。



この季節の過ごし方は田んぼづくりに
ヒントがあります。

ちょうど稲穂の花が咲くとき
田んぼ(水田)は水を絶やさずに
田んぼに入らないようになります。

この「水を絶やさず、田んぼに入らない」
というのがこの上り坂の過ごし方にピッタリです。


ほおっておくけど
(遊ばせる・自由に咲かせる)
水(こころ)はしっかり水分補給。



創造性、遊び心のしし座の季節でもあります。


しっかりと自分の「花」を咲かせましょう。

ひとりになる時間や自分を養う時間を
とることもおすすめ。

こころもからだもたましいも
次のステージへの準備を。



これから9月に向かい
「他者との協力」を育てていく時。

自分の花をしっかりと咲かせることが
ねたまず、ひるまず
他者と協力できるポイントでもありますね。




この満月を過ぎると
9月に向かい本格的に準備が始まります。

マヤの城も16日から9月5日まで「回帰」のステージへ。
中心への回帰、新しい旅への調整、準備。
9月6日には、再びKIN1となり新たな始まり。

9月9日は木星がてんびん座へ移動。

9月は新しいステージの幕開けになりますが
水星逆行(8月30日~9月22日)が
いい感じでブレーキになりそうです。
徐々に幕は開けて、秋分明けから本格的に。





<今後の星の動きや暦>
※土星逆行中(~8月12日頃)
※冥王星逆行中(~9月27日頃)
※海王星逆行中(11月19日頃)

7月22日 大暑
7月23日 一粒万倍日
7月25日 時間を外した日
7月26日 13の月の暦 新年
7月27日 おうし座で下弦の月
7月28日 みずがめ座δ流星群極大
7月29日 GAP 土用丑の日
7月30日 やぎ座α流星群極大
      天王星逆行開始(~12月28日まで)




<今後の予定・募集情報>

23日、ももカフェさんでお会いできるみなさま 楽しみにしています!



●7月23日 滋賀県高島市 ももカフェさんでお金と経済のおはなし会 

満席

    

●8月28日 ホツマタヱの聖地滋賀県高島市の素敵な古民家で

 アワの歌を学び、歌い、トの教え、日本の神話、世界の神話から新しい時代を語り学ぶ。

 翌日、ボート貸切で琵琶湖クルージングへ!

 一般募集詳細は近日。


●9月24日 チェンジワールド伊勢 企画練り込み中


●9月 2011年より開発してきた新月・満月のカレーリリース


●占星術セミナー 上級セミナー信州、福岡募集開始。

 信州セミナーは満席 福岡セミナー残席3 詳細はメルマガで。

 

●11月5日、6日熊本、11月19日、20日沖縄

バージョンアップして初級セミナー開催決定!

暮らす人たちとつくる星マルシェ。詳細は近日。



<メルマガ MoonLetter>
新月前日・満月・上弦の月・下弦の月にメルマガを配信しています。
更に詳しい宙模様について
http://neoluminous.com/vd/entry/e/cPHnJap6MCRXjSYU/

 

いいね!した人  |  リブログ(3)

テーマ:
このところ、
海王星について考察しています。


このところの海王星のエナジーを体感し
ただの癒し系惑星じゃないなと。

あらためて神話を読み
海王星と対話しながら
昨日のメルマガからも抜粋しながら
海王星についてまとめます。


今月始め太陽と冥王星の180度アスペクトが
ゆるんだとたんに海王星が猛威をふるいはじめました。

世界ではテロやクーデーターが起こっています。

このエネルギーは、海王星ばかりではないのだけど
エネルギーとして現在海王星のパワーが
ものすごいことになっています。

(満月をこえて少し落ち着いている)

このところの海王星考察記事
http://ameblo.jp/neoluminous/entry-12181579756.html
http://ameblo.jp/neoluminous/entry-12182012329.html


【神秘の惑星?海王星】



太陽から8番目の惑星。
青い惑星として知られています。
体積は地球の58倍。

天王星型惑星で
氷に包まれた核を持ち
太陽から45億km以上離れているにもかかわらず
表面温度は50K
中心部が5400Kと言われています。

太陽から遠い惑星で公転周期はおよそ165年。
1846年に発見されてから太陽系を一周したのが
2011年でした。


海王星というと占星術上では
夢、ロマン、流行、理想、神秘、スピリチュアル、
音楽、芸術、癒しなど象徴として

その青い姿もあわせて
神秘の惑星の印象が強いのですが
海王星の風はその時速2000km、太陽系最速とも言われます。

このところの海王星パワーを体感し
海が荒れるように荒々しい一面も持つのだなと
あらためて今海王星と対話しています。

海王星の神様はネプチューン、ポセイドンといった
海の神さまです。

神話は海王星が発見される以前にあり
あとから海王星に名前がついたわけですが
あきらかに現在の海王星は
神話のネプチューン、ポセイドンの特徴を

出しています。


【荒ぶる神 ポセイドン】

ギリシャ神話のポセイドンは大神ゼウスの兄弟で
オリンポス12神のひとりです。

宇宙戦争ティタノマキアで勝利したのち、
弟のゼウスは天、兄のハデスは地下(冥界)
ポセイドンは海をおさめることになりました。

とても怒りっぽい神様として
神話では描かれ
その手にはトライデントという先が三又になった
ほこを手にしていました。

その三つ又のほこが海王星のシンボルマークになっています。





ポセイドンは三又のほこを大地につきさし
泉を湧かせたり、大地を揺さぶったりします。


ゼウスに次ぐ強さを持つと言われるポセイドン。

その強さは大地を切り裂くほどのパワーだったといわれます。

冥界の神ハデスもおののいた
ポセイドンの力をWIKIで次のようにまとめてくれています。

=================
嵐や津波を引き起こし、大陸をも沈ませ
万物を木端微塵に砕くことができる。
世界そのものを揺さぶる強大な地震を引き起こすことも可能で、
そのあまりの凄まじさに、
地球が裂けて冥界が露わになってしまうのではないかと
冥王ハーデースが危惧したほどである。

また、山脈を真っ二つに引き裂いて河の通り道を造ったり、
山々と大地を深く切り抜いて海中へと投げて島を造ったこともある。
==================引用終わり

ポセイドンは海の神でもあり
地震の神でもありました。

ふだんは、イルカを家来に海底の神殿で暮らしていました。



また、ネプチューンはローマ神話での
同一の神になりますが
その起源をたどると「水中の火」の物語があります。

水の中にある神聖な炎のことで
触れてはいけないか、穢れのないものだけが触れることができる炎。
 

これってまるで海王星だなとおもいました。

氷のマントルを持ち、その表面温度は50Kでありながら
中心部は5400Kとも言われる海王星。

まさに水中の火のような惑星。


このあたりは
もう少し神話を掘り下げていきたいとおもいます。


【水、海の象徴としての海王星】


水、海、神秘の象徴でもある海王星ですが
その存在は物理的限界点を越えた先にあり
万物を生みだす母としての海のイメージではありません。

どちらかといえば
ポセイドンが大地を切り裂いたような
破壊的な創造力です。


海王星は幻想をつくりだすことにより
わたしたちの真実を明かします。

また、
自我をなくすことで境界線や構造をとかし
普遍性(世界)とひとつになろうとする働きをしめします。


海王星は、
「構造」を溶解させ、新しい創造性(可能性)をつくりだし
すべては幻想であるということと同時に
すべては可能であるという真実を知らせもします。


土星によって形作られた「現実」という幻想の
構造を溶かしていく海王星。

世界は「構造」でなりたっています。

 
つまり、現在の社会は
海王星はうお座の領域にあり
12星座すべての学びをおえ、
次のサイクルに向かい
「構造の溶解」と「創造」が起こっているといえます。

そして、これから創造する社会は
どんな社会でも可能で在ることも海王星は同時に見せてもいます。

まさに夢を叶えるなら今ともいえます。

ただし、天・海・冥は普遍的な共同体意識に基づきます。

海王星は共同体意識の夢を具現化することに
強いきっかけを見せるでしょう。

個人欲求で海王星のエナジーを使いすぎると
その幻想に溺れることになります。


【海王星の愛と祈り】


この海王星の働きは地球上で多くの人が体験する「愛の力」であると
わたしは感じています。


愛するが故の「幻想」。


わたしたちは幻想に翻弄され、溺れ
崩れ落ちようとする砂の城を
必死でつなぎとめようとします。

その目が覚めるとき
すべてが「幻想」であったことに打ちひしがれ
崩れ落ちた砂をはらって立ち上がるとき
それは「愛」だったと知ることができます。




海王星に問いかけました。

あなたは太陽系の何?


「祈り」


「祈りをもたらすもの」




・・・・泣けた。





今、なぜこれだけ海王星エナジーが猛威をふるっているのか
惑星の配置(ホロスコープ)だけでは説明できないと感じています。

海王星のエナジーを取りこんだ人類全体の
エナジーと共鳴しあってさらにパワーが強くなっているようです。

それも今の社会が「限界点」を迎えているからこそ
天・海・冥の惑星たちが強く働いています。


限界を迎えたわたしたちは新しい世界を望んでいます。
天・海・冥がこれだけ強く働いているのは
わたしたちの「祈り」の力と共鳴しあっているのでしょう。

実際に世界の平和を祈る方たちは
もっと平和な方法を望んでいるとおもいます。

宇宙にとってわたしたちの常識は通用しません。

「祈り」だけは確実に届いているのでしょう。


ポセイドンが山脈を切り裂いて道をつくったりしたように
新しい社会を創っていく凄まじいパワーが感じられます。


海王星は今うお座の中ほどまで進行してきています。
うお座の領域は海王星にとってそのパワーを思う存分に
発揮できる領域であり
12星座最後の領域で次の時代へ移りかわることを示します。


海王星がうお座からおひつじ座へ移動する
2025年頃までに新しい社会は出現しそう。


この「機会」この「エナジー」を
どのように使っていくか、人類のここまでの
学び、教養が問われてもいるとき。


その中で個人の創造的な表現を通じ
共同体の夢を形にしていくのは
わたしたち人類にゆだねられている。

海王星パワーを平和的に使うためには
祈りをアートや音楽、作品として表現することも
力になるとおもいます。


もう崩れていくものを止めることはできない。
そのラインを超えている。

崩れていくものをつなぎとめることよりも
創造性を表現し、発揮していくことで
わたしたちは新しい絆を結んで行く。

 
そして、現在活発化している天・海・冥
トランスサタニアンと呼ばれるこれらの惑星パワーと
調和するには
内なる「土星」「木星」パワーがポイントだと感じています。



幻想を「観じる力」
自分の真実を積みかさねる力
まっすぐに自分の道を歩んでいく「信頼」




そんなものがさらに大切になっていくようにおもいます。

まっすぐに前のみを向いて。



 

最後に。
スーザン・ボイルが夢をつかむステージなんかは
歌も海王星の見せる幻想を歌った歌詞だし
聞く人をひとつにする歌声と
多くの人に夢を叶えるという夢をみせた海王星ステージだと思う。


そう、わたしたちは大きなひとつの夢を見ている。
そして、新しい大きなひとつの夢をみることができる。

「夢やぶれて」スーザン・ボイル
https://youtu.be/JTiCvI8B5Ps

保存 保存 保存 保存 保存
いいね!した人  |  リブログ(4)

テーマ:
昨日の続きです。

海王星は現在海王星を守護星に持つうお座に入っています。

ホームにいる海王星はその力を思う存分発揮できるといえます。

海王星のパワーをひしひしと感じています。


前回、海王星がうお座にいたのは
1848年~1861年。

1848年、ヨーロッパは革命の時代
日本でも幕末へ向かいシフトチェンジーが始まり
1853年黒船来航からいよいよ幕末へ。

世界も日本もは新しい時代へ移り変わる混乱の時代でした。


そのころ、天王星はおひつじ座にあり
冥王星はおひつじ座からおうし座へ(地の星座)。

現在、天王星はおひつじ座、冥王星はやぎ座(地の星座)。

革命時代、幕末と雰囲気が
よく似ているともいえます。


海王星が滞在しているうお座は12星座最後の星座。
時代の憧れ(方向性)を示す海王星が幕末から12星座をひとめぐりして
再び新しい時代を迎えようとしています。


海王星は「自我」をなくしひとつになろうとする。
その働きが時に「犠牲」で現れることもあります。

また、
海王星の幻想は方向性を失わせ
「混乱」「混沌」につながります。

海王星は幻想(夢)を見せることで
真実をみせる惑星。

わたしたちは「ひとつ」であることを
教える惑星でもあります。


わたしたちは自分や他者を犠牲にすることなく
海王星のエナジーを使える段階に来ています。

この働きを上手に使っているのが「神話」。
神話は、幻想をみせながら真実を語ります。

人には「神話」「物語」が必要です。

この海王星パワーで
今こそ物語の書き換えをするとき。


物語を書き換えることで
わたしたちは犠牲を選ばずに時代を超えていくことができます。





【2016年やぎ座満月】

さて、今年のやぎ座満月について語ります。


昨年のやぎ座満月までが「個人」のパワーの
封印解除でした。

自分の能力の発揮を恐れることなく
愛で生きる存在へ。

<2015年やぎ座満月とやぎ座の物語>
http://ameblo.jp/neoluminous/entry-12045171085.html



海王星パワーを扱うにはこのやぎ座パワーが
ポイントになります。

そして、やぎ座パワーを封印解除するのは
海王星でもあるのです。


やぎ座パワーは時代の中で
物語を書き替えられ
封印されてきました。

それは、パワー(権力)を扱うパワー。


やぎ座の原型シュメール神話の主人公エンキは
エネルギッシュでユーモアがあり魅力的、
 
権威(パワー)を恐れることなく
交渉術に長け、争いごとの解決役として
活躍し最も愛された神と描かれていました。

このときの交渉に
「あきらめない、ねばり強さ」も持っているのがエンキ。

そのねばり強さが現在のやぎ座の辛抱強さに
つながっています。


ギリシャ神話でエンキは牧神パーンになって
なんかおっちょこちょいでゼウスのために一生懸命働いて
権力を扱うパワーが権力に従うパワーになって
従うことに粘り強くなってる・・・・。

やぎ座の物語をちゃんと書き替えることが
奴隷時代の終わりになる。


これは、やぎ座であろうがなかろうが関係ない。
わたしたちは12星座すべてのこころの原型を
全員が持っているから。

ここは、海王星パワーで
物語を書き替えて封印解除。


パワーを扱うパワーがあるのは
「わたし」であること。



パワーを持つことを恐れない。
全員がパワーを持つことに責任を持つだけで
世界は大きく変わる。



「幻想」がはっきりとわかるようになる。



人がパワーを恐れる理由はいろいろあるけど

パワーを持つことは同時に発揮することでもある。
人はそのことをよく知っている。

本当はパワーを恐れているんじゃない。
パワーを発揮してうまくいかないことを恐れている。

だから最初からあきらめる。
弱いフリをする。

もしくはその逆にパワーを振りかざしたり
証明するためにパワーを使うようになる。

そうすると「幻想」にのまれる。
悪循環に生きる。

それって自分に誠実、正直じゃないから
そうなるよね。


やぎ座には「誠実」のキーワードもある。

自分自身に誠実であること。
自分に誠実だとその能力を発揮することに
恐れもないし、
変なパワーは使わない。

そのことが結局
パワーの奴隷にならない唯一の方法。



やぎ座の新月からおよそ半年。
この半年多くの人が変化を体感しているとおもいます。

自分に正直に生きることを
うながされた人も多いとおもいます。


この満月は
自分自身への誠実さが問われる満月。



天空に浮かぶ「神々の門」をくぐるのは
自分に誠実、素直な自分。


自分自身に誠実、素直であるところへ
自分をおいてみる。

すると自分の能力がみえてくる。

本当に誠実であると
それを発揮することに対して、すーっと行動できる。

そのこころの場所からの行動は
努力も権力もいとわない。

やぎ座の領域の持つ謙虚さや誠実さとは
そういうところなんだと思う。

神々の門をくぐるのは
自分への誠実さ、素直さなんだよね。




よい満月をお迎えください。







<今後の予定・募集情報>

●7月23日 滋賀県高島市 ももカフェさんでお金と経済のおはなし会 

満席 お問い合わせください。

https://coubic.com/lumina/142619

   

●8月28日 ホツマタヱの聖地滋賀県高島市の素敵な古民家で

 アワの歌を学び、歌い、トの教え、日本の神話、世界の神話から新しい時代の「パワー」を語る。

 希望者は翌日、ボート貸切で琵琶湖クルージングへ!

 募集詳細は20日メルマガで。


●9月24日 チェンジワールド伊勢 企画練り込み中


●9月 2011年より開発してきた新月・満月のカレーリリース


●占星術セミナー 上級セミナー信州、福岡募集開始。

 信州セミナーは満席 福岡セミナー残席3 詳細はメルマガで。

 

●11月5日、6日熊本、11月19日、20日沖縄

バージョンアップして初級セミナー開催決定!

暮らす人たちとつくる星マルシェ。詳細は近日。



<メルマガ MoonLetter>
新月前日・満月・上弦の月・下弦の月にメルマガを配信しています。
更に詳しい宙模様について
http://neoluminous.com/vd/entry/e/cPHnJap6MCRXjSYU/






いいね!した人  |  リブログ(9)

テーマ:
20日朝7時57分 やぎ座で満月をむかえます。

現在、空間は植え替え作業をほぼ終えて
満月ゲートを開ける準備に入っています。  

神秘(ミステリー)の空間は
次の次元への道を示しながら
やぎ座満月まで続きます。

 現在は神秘の空間を通過しながら
新しい創造空間を整えています。

創造エネルギーがとても高まり 浄化も強くなっています。



相反するエナジーを見せながら
海王星のエナジーがまったりと
気付かないところでじわじわと
幻想をみせながら世界を包みこんでいます。

海王星のエナジーは
幻想をみせることで真実を教えるエナジー。
頭で理解しようするとややこしいんです。


次の次元への道は
いつでもどこでも
ただまっすぐに開いているのですが
入り口には「幻想(二元・非二元)」の門番がいます。

幻想を抜けることが必要です。
幻想を抜ける方法はいくつかあります。

海王星はこの幻想を
自らにとりこむこと(ひとつになること)で道を開かせます。


道を開いていくプロセスについて触れます。
まず
天・海・冥により
道を開くポイントの直感がもたらされます。
(ただし、この直感は土星のエナジーに左右されます)

そして、
太陽と月と地球の三位一体のエナジーは
道を開きます。

さらに
木星と土星の導き(YESの力(自己肯定感)と積み上げる力)が
開いた道をまっすぐに進んでいく力となります。


すべての惑星のエナジーを取りこんでいると
これらのすべてが「同時」に起こるようになるので
時間(プロセス)というものがなくなります。




世界的にみて 幻想の崩壊(錯綜)が進んでいます。

今を抜けるポイントは
情報に注意すること。

スピリチュアルな情報もね。
 この発信とも矛盾するけど。



情報はただそれとしてある。

視点が変われば 表現(物語)は変わる。

人は見たい情報を見たいようにしか見ない。
そこには幻想が生まれる。


その人が「現実」だと思うものほど
失いたくないものほど
「幻想」だという真実。


個人が「現実」と思うものは
それぞれによって違う。


そして
幻想を創り続ける世界に生きる。




海王星の幻想は 方向感覚を失わせる。

このことを体感・理解する人は
 だいぶ多くなってきています。


そして、その幻想から「感情」が生まれる。

そして、「感情」で人は動く。

さらに見えなくなっていく。
それは、感情が悪いということを伝えたいのではありません。

わたしたちは「感情」を通じてしか
そのエナジーを経験できません。

揺れるエナジーを
まずは自らに取りこむことが
のみこまれないコツのひとつとも言える。


わたしたちは
心をゆらすものを人生で学んでいく。

そのエナジーを取りこむやり方は海王星の学び。

そして、そのエナジーから離れて
自分の道を開くのだけど

多くの人がエナジーを取りこんでいく時
そのエナジーの幻想にのみこまれていく。


そして、「これがわたしの人生」だと
思い込んでいる。


それは、ネガティブな現象だけでなく
ポジティブな現象でも現れる。



感情を経験したら
そこから離れる。


ただ観ること。
これは、「意識」が必要。




やぎ座の物語は時代の中で書き替えられ
長い間封印されてきました。

それはね、「力」を持つことを恐れたから。


やぎ座は海王星の幻想を扱うカギを持つ。


やぎ座のシンボルは
上半身やぎで下半身魚です。

やぎ座はもともと「水(海王星)」の幻想を扱う。


そして、やぎ座は「パワー」も象徴に持つ。


幻想を扱うには、
「パワー」を持つこと。

そして、パワーを持つことは「責任」をともなう。


パワーも責任も
やぎ座の領域。


今、パワーを象徴する冥王星はやぎ座にいる。


わたしたちの社会は
やぎ座の領域でどうやってこのパワーを
扱っているかを学んでいる。


「力」を恐れない。


やぎ座がどうして
エネルギッシュであるのに
非常に慎重であるか。

やぎ座の原型である神話を持つエンキが
どうやってパワーを扱ったか。

やぎ座の神話から学ぶことは
たくさんある。

それについてはまた明日にでも。





 新しい世界を準備している人達は
情報の「網」をくぐって
この揺れるエナジーを敏感に感じ
静かにたんたんと慎重にこの道を開く準備をしてる。

 情報に身をまかせるのをやめて
自分の真実を積み重ねていくとき。

真実は 失っても失われないもの。



20日やぎ座満月は 神々の門をくぐる日となります。  

わたしたちは、この門をくぐると
引き返すことのできないラインを越えます。  









◇◇◇

<今後の予定・募集情報>

●7月23日 滋賀県高島市 ももカフェさんでお金と経済のおはなし会 残席3

https://coubic.com/lumina/142619


 

●8月28日 ホツマタヱの聖地滋賀県高島市の素敵な古民家で

 アワの歌を学び、歌い、トの教え、日本の神話、世界の神話から新しい時代の「パワー」を語る。

 希望者は翌日、ボート貸切で琵琶湖クルージングへ!

 募集詳細は20日メルマガで。


●9月24日・25日 チェンジワールド伊勢 企画練り込み中


●9月 2011年より開発してきた新月・満月のカレーリリース


●占星術セミナー 上級セミナー信州、福岡募集開始。

 信州セミナーは満席 福岡セミナー残席5 詳細はメルマガで。

 

●11月5日、6日熊本、11月19日、20日沖縄

バージョンアップして初級セミナー開催決定!

暮らす人たちとつくる星マルシェ。詳細は近日。



<メルマガ MoonLetter>
新月前日・満月・上弦の月・下弦の月にメルマガを配信しています。
更に詳しい宙模様について
http://neoluminous.com/vd/entry/e/cPHnJap6MCRXjSYU/

いいね!した人  |  リブログ(3)

テーマ:
(上弦メルマガより一部抜粋)

7月12日9時52分
てんびん座で上弦の月を迎えました。

また、金星はかに座からしし座へ移動、
14日には水星もしし座へ移動、
内側の摩擦から「創造」の季節へ入り始めます。


現在、空間は
「ミステリー(神秘)」の中を移動中です。

15日頃まで太陽ー冥王星は
地球を挟んで180度の角度にあり
海王星はドラゴンヘッドと180度、

この神秘を揺らします。


180度配置は、どちらかをとる?
という考えが出やすいかもしれませんが
両方残す、もしくは両方手放して両方残る
そんなときですので
ひとつに絞ろうとしないことで
「自分自身」が明確になります。

結局、何かに揺れるときというのは
その何かにフォーカスしていて
自分のことを忘れていることが多いものです。

また、ものごとには
解決する必要がないものもあります。

今は、植え替え中。
植え替える先に目がいきがちですが
「器(鉢)」はひとつではありません。

そして、育てるのもひとりじゃない。


4月~6月は「自分自身」を明確にしたときですが
これから9月に向かい
「他者との協力」を育てていく時。

自分自身を明確にすること(自立)は
自分でなくてはできませんが
「育てる」ことは
むしろひとりではできません。

ここまで伸びた芽を
ひとりではなく、みんなで育てていく
”広い視野”に立っていただくと
進みやすくなるでしょう。

180度の星の配置は
わたしたちに両方の視点を経験させて
それぞれの良さを認めていく広い視野を
もたらしてくれる配置。
 
太陽と冥王星の葛藤から創造へ
http://ameblo.jp/neoluminous/entry-12177780787.html


わたしたちはここから
やぎ座の満月を目指します。

やぎ座の満月は植え替えの完了でもあり
新たな「スピリット」を迎えます。

その準備が始まっています。


天体のやぎ座を見上げると
逆三角形に星が結ばれます。
 
ギリシャの哲学者
プラトンの弟子たちは
この逆三角形を
「神々の門」と呼び
 
地上のいろいろな
束縛から解放された魂が
この門を通って天国へ行くのだと
考えたと言われています。
  
やぎ座満月は
天国への門(引き返せない門)をくぐり、
神(内なる神性・可能性)と出会う満月です。

新たな「スピリット」が何であるか
それは、現在神秘に包まれています。



やぎ座満月を迎えると
9月に向かい本格的に準備が始まります。

マヤの城も16日から9月5日まで「回帰」のステージへ。
中心への回帰、新しい旅への調整、準備。
9月6日には、再びKIN1となり新たな始まり。

9月9日は木星がてんびん座へ移動。

9月は新しいステージの幕開けになりますが
水星逆行(8月30日~9月22日)が
いい感じでブレーキになりそうです。
徐々に幕は開けて、秋分明けから本格的に。


<今後の星の動きや暦>
※土星逆行中(~8月12日頃)
※冥王星逆行中(~9月27日頃)
※海王星逆行中(11月19日頃)

7月12日 てんびん座上弦の月
     金星しし座へ
7月14日 水星しし座へ
7月16日 マヤは回帰のステージへ
7月17日 GAP
7月18日 GAP
7月19日 土用入り
7月20日 やぎ座満月 





◇◇◇

<今後の予定>

●7月23日 滋賀県高島市 ももカフェさんでお金と経済のおはなし会 残席5

https://coubic.com/lumina/142619


●7月23日ももさん・ルミナと継体天皇ゆかりの土地を巡るツアー 満席 

 

●8月後半 ももさん、ルミナと琵琶湖の隠されたゲートを開く 募集近日開始


●9月8日~9日 熊野古道を開いた三石学さんと歩く熊野合宿ツアー満席


●9月 チェンジワールド伊勢 企画練り込み中


●9月 2011年より開発してきた新月・満月のカレーリリース


●占星術セミナー 上級セミナー信州、福岡募集開始。

 信州セミナーは満席 福岡セミナー残席6 詳細はメルマガで。

 

●11月5日、6日熊本、11月19日、20日沖縄

バージョンアップして初級セミナー開催決定!

暮らす人たちとつくる星マルシェ。詳細は近日。



<メルマガ MoonLetter>
新月前日・満月・上弦の月・下弦の月にメルマガを配信しています。
更に詳しい宙模様について
http://neoluminous.com/vd/entry/e/cPHnJap6MCRXjSYU/
いいね!した人  |  リブログ(4)

テーマ:
月はかに座新月ゲートを閉じて
次へ向かい始めました。


この春から明確にした志や本当にやりたいこと
そして、そこに降ろした根
そして、太陽に向かい伸びて来た枝葉。

十分に大きくなった
わたしたちの「基盤(器)」の入れ替え(植え替え)

基盤は、志を支える仲間や大切な人の
変化で現れるかもしれないし
仕事上で現れるかもしれないし
ライフスタイルに現れるかもしれませんが

ステージの変化を表します。

これから9月からの領域サイズ変更に向かい
具体的な準備に入ります。


この基盤の入れ替え、植え替えを
まるでサポートするように
15日頃まで太陽と冥王星は地球をはさんで180度
真逆の方向にあります。

たましいの望む方向(太陽)が家庭や守りたいものの領域(かに座)にあって
正直に生きたい(冥王星)が仕事や社会の領域(やぎ座)にある。

どっちか(もしくは両方)正直に生きてきてない人の場合
家族をとれば正直に生きられない
正直に生きると家族を犠牲にする

みたいな葛藤が生まれやすい。

あっちを立てるとこっちが立たない
こっちを立てるとあっちが立たない。

そんな葛藤や摩擦を創造性を使って
新しいスタイルや理解を生みだしていきます。


この配置は両方の視点を経験していない人にとっては
どちらかに逆転する可能性大。


両方の視点を経験してきている人にとっては
ここから新しい創造性が生まれていきます。




【冥王星について】

冥王星と語り合ってみました。
結構、寡黙。(笑)


占星術では破壊と再生、変容の星として
有名な冥王星。

科学でもまだまだわかっていないことが多い
神秘の星。


その軌道は黄道面より17度もずれていて彗星的なところも。

月よりも小さく質量も地球の半分。
この星のどこに破壊と再生の力が?
と思うような星です。

それでも、多くの人のホロスコープと人生と
冥王星が語り合う時
この冥王星のエネルギーとのつながりは
人生の切り替わりにおいて雄弁です。

そして、その切り変わりの体験は
その人の根源的な生きる力
人を惹きつける力として再生していきます。


2015年7月

NASAの無人探査機ニュー・ホライズンズが
冥王星へ接近通過し、
その姿をわたしたちは見ました。


「スプートニク平原」と呼ばれる
ハート形の領域は多くの人の目を釘付けにしました。

冥王星は愛の星だった。


2016年6月2日ナショナルジオグラフィックの記事に
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/060200198/

================================
冥王星で最も目立つ、明るいハート形の領域「スプートニク平原」は、
地質学的に「生きている」ことが明らかになった。


『ネイチャー』6月2日号に発表された2本の論文では、スプートニク平原の下にある氷の対流が、その表面をたえず新たに覆い直し、多角形のパターンを作り出しているという発見が報告されている。
=================================
とハートの領域がとても活動的であることが
記事になっています。

冥王星自身が絶えず「変容」している星であるといえます。



冥王星と愛を語るのであれば
それは「真実の愛」だとおもいます。

正直な愛。

(ここに来ると冥王星は雄弁になってきたので
やはり真実の愛は冥王星にとってとても重要のよう)


それはときに残酷なまでに
信じたい嘘や幻影をはがしていく。

信じたい嘘や幻影を守ろうとするとき
人は自分をコントロール(支配)する。

いちばん失いたくないものほど
コントロールの力が働く。

そんなとき
冥王星のエネルギーとつながるわたしたちは
そのコントロールをことごとく破壊していく。

容赦ないという言葉が冥王星にはよく使われるけど
ものすごくまっすぐなんだよね。


正直に生きようと決める時は
幻想と決別する必要がある。

何も失っていないということを
失うことで知っていくプロセスはとても苦しいもの。


失いたくないものを失ったとき
残っているのは真実の愛。

それは、自分自身でもある。

わたしたちは
冥王星のエネルギーを学ぶとき
真実の自分と出会う。


冥王星ののプロセスは
自分自身との絆を結ぶ力になり
何があっても生きていく力になる。



またルパン三世ネタですが・・

『カリオストロの城』って
実に冥王星的物語だとおもいますね。

財宝、権力を自分の利益のために追いかける伯爵と最後のありかたは
冥王星的ストーリー。

最後、遺跡が現れる(財宝が本当の姿を現す)物語、
そして、物語を通じてクラリスは強くなっていますよね、
これも冥王星的ストーリー。

ということでルパンネタ・シンボル。
今回の太陽ー冥王星、それを取り囲む星の配置(ミスティックレクタングル)は
権力とたましいの方向で葛藤しながら強くなっていったクラリスから

「カリオストロの城を背にルパンを見送るクラリス」

ここまでのみちのりは
あっちもこっちも立たない人生だった。
そんなプロセスを経て

ラストシーン、クラリスはどっちかフォーカスして
嘆いているわけでもルパンを追いかけるわけでもなく
両方のエネルギーを学び終えたクラリスは

真実の愛とともに
風に吹かれて
すっと大地に立ってる。


その自分で、ここから本当にやりたいことを
生きていくよ~~


という感じ。
不安にフォーカスしやすい方は
最後のシーンのクラリスをインプット。


次の満月あたりは
そんな感覚で大地に立つ。






◇◇◇

<今後の予定>

●7月23日 滋賀県高島市 ももカフェさんでお金と経済のおはなし会

https://coubic.com/lumina/142619


●7月23日ももさん・ルミナと継体天皇ゆかりの土地を巡るツアー 

https://coubic.com/lumina/153405

 

●8月後半 ももさん、ルミナと琵琶湖をめぐるツアー企画中


●9月8日~9日 熊野古道を開いた三石学さんと歩く熊野合宿ツアー満席


●9月 チェンジワールド伊勢 企画練り込み中


●9月 2011年より開発してきた例のあれリリース


●占星術セミナー 上級セミナー信州、福岡募集開始。

信州は残席1です。

 11月熊本、11月沖縄 初級セミナー開催決定!詳細は近日。



<メルマガ MoonLetter>
新月前日・満月・上弦の月・下弦の月にメルマガを配信しています。
今日は配信日です。
更に詳しい宙模様について
http://neoluminous.com/vd/entry/e/cPHnJap6MCRXjSYU/
 




いいね!した人  |  リブログ(2)

テーマ:
チェンジワールド淡路島を笑いの渦に包んだ

スーパーウーマン
くまがいももさん




先日の淡路島勉強会の様子


ももさん

ももさんは、お若いのですが3児の母であり
ももカフェさんを経営し
なんと滋賀県高島市の市会議員でもあります。

ももカフェさん
http://momo-cafe.jimdo.com/


高島市は素晴らしい~!
と言いたくて2013年市議選に立候補されて
無所属で上位7位当選されたももさん。

最初であったときから
その笑顔と笑い声にわたしはやられてしまってるのですが(笑)
チェンジワールドに参加くださったことをきっかけに
ますますももワールドに魅了されてしまいました。

そのパワーと魅力に
ぜひ、であってほしい!

こんな議員さんいること
日本の政治に希望持てます。

そして、ももさんの伝えてくれる
豊かさの話し、世にも不思議なお金の話し
経済の世界への疑問から生まれた
『おかねのひみつ』という絵本。



【お金のひみつ】絵本を読みたい方はこちらから
http://momo4ende.jimdo.com/


これを多くの人に伝えていきたいと
ももさんとのコラボが生まれました。

知ることは力になる


お金のこと、経済のこと、政治のことって
「難しい」「わからない」「どうせ変わらない」
って思っている人多いと思う。

わたしたちは、この限界に来ている経済や政治を変えていく力があること。

それには、まず知ること。

そして、国や政治家のせいにしている場合じゃない。

ひとりひとりが
自分の生き方に責任を持って
次の世代へこのいのちをつなげていくことに
関心を持つことで社会は確実に変わる。

ももさんとルミナの話しで
難しかったお金と経済のことが簡単に!!

お金ってそもそも何?
豊かさはどこから生まれる?
経済はお金がなくてもまわる。
今の経済の仕組み。
これからの経済循環。
ベージックインカムって何?


経済は変わるんだってことを
実感してもらうお話会を滋賀県高島市ももカフェさんで
7月23日㈯ももさんといたします。


そして、本当の豊かさについて考える。
もちろん、豊かさにはいろいろな価値感がある。
自分にとっての豊かさを考えてみる。

お金を理由にあきらめてることがあれば
お金が中心になっている生き方。

いのちを中心にした生き方へ。

それが次の世代へいのちをつなげていく。



おはなし会の
詳細はこちら
https://coubic.com/lumina/142619

午前中は、小人数で継体天皇ゆかりの土地を巡るミニツアー
も!
詳細はこちら
https://coubic.com/lumina/153405


ももさんとルミナに会いに来てくださいね!
8月後半にももさんとルミナと行く琵琶湖をめぐるツアーも企画中!

先日の淡路島の勉強会から一部公開します!






<今までのお話会、勉強会参加者の声>

●お金の部分の循環を大きな視野で捉える事が
できました。
ももさんの、クリアーなエネルギーから発せられる
言葉の気持ち良いこと!
お金に、支配されない生き方。
とても共感しました。

●ももさんのお話、わかりやすくてとてもよかったです。
モモさんの突き抜けるような明るいお人柄もすてきでした。
「自分の住んでいるところの自然の素晴らしさを伝えたい!
友人に経済のことを知らせたい!」という純粋な思いが
当選や本の出版につながったのだろうな、と思いました。

チェンジワールドでのお話はいくつものおどろきと気づきがありました。
・お金は「借金」ということ。
・全員が貯金をおろしたらそんなものはないということ。
・お金は創造するためのもの、ということ。

など
他にもたくさんのご感想いただきました!
ありがとうございます♪





いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
4日20時1分
かに座で新月を迎えます。 
 
この新月はステージの「植え替え」の合図。


今回の天空図は通常のかに座新月と一味違い
五芒星の響きを持ちます。

この五芒星からのメッセージは

「他者の要求からの解放」
(自分の聖域、創造性領域の発展へ向かう)

安全や保障をもとめて飲んできた要求から
自分を解放させるとき。


最近、こんなご報告も立て続けにいただいています。

「自分の志と沿わない、生活のために請け負ってきた仕事をやめました」



個人はもちろん
社会全体の基盤の植え替え(取り替え)が行われる方向に
思った以上のスピードで動きはじめています。

わたしたちの新しい意識は個人だけでなく
社会全体で植え替えするところまで育ちました。


20日やぎ座満月まで
この育ってきた「意識」に合う「枠組み」へのチェンジ。


またかに座は「経済基盤」を象徴もします。
「経済基盤」の植え替えスタートです。
これについては明日のメルマガで。



ただし、これは指をくわえて「待ち」の姿勢
お任せではチェンジできません。

行動することは
行動することを受容することです。


わたしたちは「受容」について
人生を人任せにするために学んだわけではありません。



かに座は「受容」「ハートチャクラ」の
領域でもあります。

かに座という星座は
イメージの誤解があると感じます。


かに座の受容は
女性性であり、包み込むような慈愛
消極に受け取られがちですが
(ある面ではそうです)
大切な人、ことを守るためには
どんな大きな存在、困難にも立ち向かう行動力があります。

とても活動的な星座領域です。



かに座の物語は
わたしたちに「人生の基盤」
を教えてくれる物語を持っています。
  


【かに座の物語】
 
ギリシャ神話に出てくる
巨大な化け蟹カルキノス。
 

暗い水底に住み、
外見は大きく恐ろしく、
堅い殻に身を包みます。
 

でも、そんな見た目とは裏腹に
堅い殻の中には、
強いやさしさを
秘めているのがカルキノス。
 

ギリシャ神話の英雄ヘラクレスが
いくつもの頭を持つ
水蛇の化け物ヒドラと戦ったとき、
ヒドラに参戦したのがカルキノスです。
 

ヒドラとカルキノスは、
同じ沼に住む友人同士であり
異父兄弟です。



カルキノスは、
ヘラクレスとヒドラが
戦う様子を見ていました。
 

カルキノスが巨大だと言っても
ヘラクレスにとっては、
足で簡単に踏みつぶせる大きさです。
 

そんなヘラクレスと戦う
ヒドラに参戦することは
カルキノスにとって「死」を意味します。
 

それがわかっていながらも
カルキノスは、
ヒドラの形勢が不利になったとき
飛び出して、ヘラクレスの足を挟み参戦し
ヘラクレスに踏みつぶされてしまうのです。
 

その姿が認められ星座となりました。
 
 



(ギリシャ神話より)
◇◇◇


大切な友人や兄弟、家族のためなら
全身全霊で、
自分の命を投げうってでも助けにいく
大切な存在を守ろうとするのがかに座パワー。



かに座が「基盤」を象徴するのは、
人生の基盤は「友人」や「家族」によって
支えられていることを表すからです。
 

自分を犠牲にすることを
すすめる物語ではありません。
 

大切な人を大切にする物語。




今回の新月は

大切なものを守るために

自分を犠牲にしてきた方法から

解放される新月。


このタイミングでの別れの決意も多いでしょう。


神話も

個人欲求の段階から共同体意識の段階へ書き換え。


物語も「概念」のステージが

大きく変化しています。


旧概念も並列していますが

旧=悪ではなく

旧領域は「可能性」として残されます。


新領域では

個人を守ってきた段階から社会全体で

大切なことを大切にしていくプロセスに入りました。


これまでの次元では

大切な人が自分の身内だけだったのが

共同体意識のひらいた領域では

社会全体が家族であるという意識を持って

このかに座新月を迎えます。


方法は個人奉仕と共同体奉仕の2極となっています。




かに座領域はわたしたちのハートチャクラと連動しています。

わたしたちのHeart(第4cチャクラ)は
earth(ゼロ アースチャクラ)と連動しています。

HEART=EARTH


この新月は わたしたちのハートと地球の道がひらく新月。

結びあわせるのはわたしたちの役割です。




2016年かに座新月

あなたを証明してきた

あなたを安心させてきた

「灯り」を消してみる。


暗闇に光る星たちは 

わたしたちのハートに本当に大切なものを映すでしょう。

 










◆◆◆


<今後の予定>

●7月23日 滋賀県高島市 ももカフェさんでお金のおはなし会

https://coubic.com/lumina/142619


●7月23日ももさん・ルミナと継体天皇ゆかりの土地を巡るツアー

https://coubic.com/lumina/153405

 


●8月後半 ももさん、ルミナと琵琶湖をめぐる超ヤバイ(笑)合宿ツアー


●9月8日~9日 熊野古道を開いた三石学さんと歩く熊野合宿ツアー

募集中 残席2席 詳細は事務局へお問い合わせください。


●9月 チェンジワールド伊勢 企画練り込み中


●9月 2011年より開発してきた例のあれリリース


●占星術セミナーについては、後半はもっと面白くしていきます。



<メルマガ MoonLetter>
新月前日・満月・上弦の月・下弦の月にメルマガを配信しています。
今日は配信日です。
更に詳しい宙模様について
http://neoluminous.com/vd/entry/e/cPHnJap6MCRXjSYU/
 

いいね!した人  |  リブログ(3)

テーマ:
6月28日午前3時19分
おひつじ座で下弦の月を迎えました。

昨日のメルマガより抜粋・追記します。



これから7月20日やぎ座満月まで
ステージの植え替えがすすみます。

植え替えにあたり
自分の「花」が開いていくこと
前進することへ
エネルギーを集中する時。


今年4月~ここまで
多くの人が自分の一番大きなテーマに
向き合い、すでにここまでに
手放す物は手放して来ていますが
最後のひと絞りといったところ。


6月いて座満月は
今年前半の総まとめ的満月でしたが
この総まとめの流れは7月4日かに座新月を
迎えるまで続きます。

火星が逆行している6月30日までが
今年前半の手放し、総まとめのピークになります。

新しい創造空間の準備に
忙しい方も多いでしょう。

ここでしっかり手放しできると
7月かに座新月、やぎ座満月を
スムーズに迎えることができるでしょう。


7月4日かに座の新月は
太陽と冥王星が地球をはさんで180度の角度をとり
強い変容、揺さぶりのある月になります。

かに座は「人生の基盤」を象徴する星座。
ここでの揺さぶりで本格的に「植え替え」です。

空気感がぐっと変わっていくでしょう。



【ここまでの流れと今後の次元】

5月頃から新創造空間に向かう
柱が立ちました。

6月グランドクロスには
新創造空間と旧創造空間を結ぶ柱となり
新創造空間の扉が開いたのが
6月夏至になります。

現在は柱は消え
旧創造空間と新創造空間が
並列している状態です。

通常は、こうした旧創造空間と新創造空間が
並列すると旧創造空間全体を整理し
新創造空間へ移行するのですが
今回は違います。

これから旧創造空間をフルサイズで循環させながら
新創造空間もフルサイズで循環させ
ふたつの領域を結ぶ新しいデザインを
作っていきます。
(その完成は2020年頃までかかります)

※旧領域がフィットしていない手放しの対象の人は
今月ちゃんと手放すことが重要!!
手放すことでちゃんと新領域を生みだします。


2つの世界を結ぶ新しいデザインが生まれるまで
二極化は進みます。

新しいデザインは人間にゆだねられています。
二つの世界を結ぶことができるかどうかは
わたしたちしだいです。



今年の9月からはそれぞれの領域のサイズが
「倍」になります。

人間の発揮できる領域はわずかと言われていますが
その領域がひろがります。


それにあわせてこの7月は現実的に「植え替え」がすすみます。
この4~6月はそのためのこころ・意識の準備期間でした。



開いていく自分を恐れないこと。


多くの人がこの4月から新領域も感じながら
並行している旧領域との間で揺れ動いてきたかもしれません。
そのふたつは別々に動いているように
感じるかもしれません。


ここまでの期間は自分の「志」「本当にやりたいこと」を
見つめる期間だったともいえます。

まだ猶予はあります。

9月になるとプラスもマイナスも「掛け算」になります。
自分に正直でないことは
いまのうちに整理しておきましょう。


そして、これから3か月は9月に向けて
新創造空間を
しっかりと準備(デザイン)していくことで
9月以降の流れにスムーズにのれます。





【現在の星の動き】

28日下弦の月の配置は摩擦のある響きですが
とても創造的です。

月ー火星、天王星ー土星、太陽ー火星
これらの惑星は摩擦しながら(アスペクト144度)
創造的な自己表現にむかいます。

木星ー海王星、土星ー海王星、金星ー冥王星は
対立(180度)し、緊張を生みだしていますが
海王星と冥王星は調和の角度もとり
これらの緊張を創造性に向けています。

火星ー天王星ー水星は150度YODを形成。


全般的には、摩擦、葛藤を感じやすい配置ですが
これは、生みの苦しみ。

新しい創造空間の起動に向けての
アイデア、表現を生みだすことに使っていくといいでしょう。

手放すことと生みだすことは同じ作用なので
手放すことに苦しみを感じる場合もあるかもしれません。


かに座新月から7月15日頃まで
太陽ー冥王星が180度になり
根底的な変容をうながしていきます。

4月から6月まで感じて来た揺さぶりとは
また違う揺さぶりがあるともいえます。

選挙も開催される7月は
個人だけでなく
社会全体が「基盤」の植え替えになりそうな流れ。
まだこの流れは”決定”していません。

この植え替えを実現するのは
わたしたちしだいです。

支配と依存の世界は終わりへ。



個人においては、この6月までに手放すべきことを
手放して来た人にとっては
新しい領域での創造的自己表現を生みだすパワーになり
手放してない人にとっては
手放しを強くサポートします。

今年は、次々に変容していく自分に
とまどいもあるかもしれませんが

創造的な自分であること
自分に正直にあること
志に根があると
これらの配置は創造的な喜びのある配置です。


「志」に根がおりていないと
揺れにふりまわされます。


これからかに座新月を迎えるにあたり、
自分がどこに根をおろすか
大切にしたいことは何か
志は何か
何を「人生の基盤」にするのか
「決める」ということが
今後9月を迎えるにあたりスムーズにさせます。






<今後の星の動きや暦>
※土星逆行中(~8月12日頃)
※火星逆行中(~6月29日頃)
※冥王星逆行中(~9月27日頃)
※海王星逆行中(11月19日頃)

6月28日 おひつじ座下弦の月 一粒万倍日
6月29日 一粒万倍日 GAP
6月30日 夏越の大祓
    火星順行へ 水星かに座へ
7月1日 半夏生
7月4日 かに座で新月 GAP




◇◇◇
沖縄からから始まった今年の柱たての旅
信州、大阪、東京、福岡、広島、北海道、淡路島、日立の国まで
多くの方と「出会い」、道を結ぶことができました。
ありがとうございました!

出あってしまったので生まれちゃいます。
すでに次がどんどん生まれています。

チェンジワールドセミナー動画販売中!
大阪セミナー・東京セミナー・淡路島勉強会
合計3つのセミナーを動画でご覧いただけます。
メルマガ読者様限定販売となります。
http://change-world.jimdo.com/movie/


●滋賀県高島市 ももさんコラボお話会
お金のこと、経済のことをもっと身近に。

日:2016年7月23日(土) 13時~
会場:ももカフェ
募集・詳細は7月から



<メルマガ MoonLetter>
新月前日、下弦、上弦、満月に詳しい宙模様と
こころや人生の生きかた、新しい経済についてなど配信しています。

http://neoluminous.com/vd/entry/e/cPHnJap6MCRXjSYU/ 



いいね!した人  |  リブログ(6)

テーマ:
チェンジワールド淡路島 キャンドルナイトで
即興での歌、音、舞い。

☆クリスタルボウル 後藤かよさん

☆歌 天と大地の歌い手 Maki Reeさん(北海道)
http://ameblo.jp/zenkokyu-ree/

☆天地舞い 山下俊行さん(信州)
https://vital-energy.themedia.jp/




インスパイア~いのちを吹き込む~

こうした音楽やアート、舞いといったものは
「インスパイア」があります。

わたしたちのたましいにダイレクトに響くもの。

あらゆる垣根をこえて
わたしたちの奥深いところに響き
いのちに灯をともし
わたしたちに一体感をもたらす
これは、占星術で言えば「海王星」の働き。


海王星のはたらきとは
垣根(自我)を溶かしひとつにする働き。

国境も時間も空間も飛び越えて
普遍的、根源的な世界とつながり
同時に多数の人を包み込んでいく力。

時に「自我」をなくすということは
犠牲的でもある。

だから海王星は犠牲も象徴する。

でも、その犠牲のおしえるものは
代表的な「愛」の力でもある。

自分を犠牲にする方向ではなく
世界に溶け込みながら
わたしたちは「愛」を表現していく。

その究極の形が芸術。

そして、昇華された芸術は
わたしたちのいのちをインスパイアする。



ここでの
即興もまさに「自我」をなくすところから生まれているけれど
トランスではなく
演者は、常に自分の中に観察している自分もいて
「無」を体現しながらも意識的です。



いのちを吹き込むもの
いのちのふるえるものに出あい触れること。

いつもいのちがふるえたあの瞬間へ降り立つこと。


わたしたち人間は
食べ物で動いているわけじゃない。


いのちを響かせあうこと
いのちをふるえさせることで生きている。

そのたましいからのふるえは
地球、宇宙全体に響いていく。







いいね!した人  |  リブログ(1)